俺tueee

検索結果:22件

  • 2020年10月25日更新

    荷物持ちとして冒険者パーティに所属する、武器が大好きな少年、ルカ。 彼が持つユニークスキル〈アーマー・コミュニケーション〉は装備品と心を通わせることができるだけのいわゆる外れスキル。 スキルの不遇さと戦闘面での弱さから無能の烙印を押され、役立たず扱いの彼はある日、パーティのリーダーであるルシウスにボコボコにされ、ダンジョンの地下に突き落とされてしまう。 ダンジョン内にいるのは、自分よりもはるかに強いモンスターたち。絶体絶命の大ピンチの中、彼のスキル〈アーマー・コミュニケーション〉が覚醒する! なんとルカのスキルは、神器を美少女に変化させ、会話をすることができるものだった!ダンジョン内で発見したボロボロの神器『聖剣エルリーシャ』が、スキルの効果で美少女に変化。二人は意気投合し、ダンジョンからの脱出を決める。 神器であるエルリーシャの力で格上のモンスター相手に無双し、レベルアップの末、ルカはチート級の強さを手に入れる。強くなりすぎたルカは冒険者ギルドやそのほかの勢力に大きな影響を与えることに。自分を裏切ったかつての仲間たちを超え、最強の冒険者になるため。ルカは新たな神器を探し、さらなる強さを求める。 〈アーマー・コミュニケーション〉の能力によって美少女化する武器や、新しく出来た仲間たちと世界最強を目指す成り上がりストーリー。 小説家になろう様にも投稿しています。

  • 最強二人の異世界攻略!

    ♡1,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話・11,449字 津ヶ谷

    2020年10月25日更新

    綾瀬樹、都内の私立高校に通う高校二年生だった。 ある日、樹は交通事故で命を落としてしまう。 目覚めた樹の前に現れたのは神を名乗る人物だった。 その神により、チートな力を与えられた樹は異世界へと転生することになる。 その世界での樹の功績は認められ、ほんの数ヶ月で最強賢者として名前が広がりつつあった。 そこで、褒美として、王都に拠点となる屋敷をもらい、執事とメイドを派遣してもらうことになるのだが、このメイドも実は元世界最強だったのだ。 これは、世界最強賢者の樹と世界最強メイドのアリアの異世界英雄譚。

  • 毎日更新中です╰(*´︶`*)╯♡

    ♡10,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・167話・141,244字 コウ

    2020年10月20日更新

    ある日森の中、熊さんにじゃなくて 主人公は目を覚ますと森の中にいた。 記憶を巡るが何故森に居るのか覚えがない。 そして小さな体。 目線に入るほど長く伸びた白銀の髪の毛。 そして主人公は自分が関西の大阪で 育った事を思い出す。 更に憶えているのは年齢は25歳働き盛りで 仕事をこなす毎日だった筈。 頭によぎるのは死んで違う世界に 飛ばされる異世界なんちゃら。 でも死んだ記憶も無ければ 自分の名前も思い出せずに そのまま森の中を彷徨っていると そこで新たな出会いが。 新たな世界にやってきた人間が違う世界で どんな事が出来るのか。何をするのか。 森でのこの出会いがこの後の人生を 大きく変える出来事となる。 そしてこの世界で旅をして生きていく事になった 主人公がどんな人生を歩んでいくのか? サクサク読めるストーリー! 面白おかしい主人公に目が離せない? どんどんと話が進んでいく物語を 是非楽しんでいってください!

  • さしゅがですごしゅじんさま!

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・8話・25,284字 にーりあ

    2020年9月25日更新

    魔王を倒して俺は貴族になった。けれど貴族生活なんてやってられない。そもそも宮中の腹芸とか無理だ。 だから俺は世界を旅することにした。様々な場所や様々な種族を見て今更ながらにこの世界を見聞しようと考えた。 一人旅もいいが魔王討伐の旅でそれもお腹いっぱいだ。今度は誰か連れて何人かで旅してみるのも悪くないな。 そうだ、奴隷を飼おう。

  • 天然村人の無双ファンタジー

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話・10,370字

    2020年9月12日更新

    何の取り柄もない普通の村人ロキ。 そんな彼は十五歳になり、スキルを授かる。 だがそれは【レベルアップ】という聞いたことも無いスキルだった。 使ってみても変わった変化が起きない【レベルアップ】は、彼が気づかないうちに無限にレベルが上がり続けていたーー! ※この作品は小説家になろう様にも掲載しています。

  • 2020年9月11日更新

    転生者であるレインは貴族として辺境で国の外からくる魔物を倒す役目を続けていた。 そんなレインが成人の15歳になった日、役目の特権でもあった王女との婚約が発表される......はずだった。 しかし、その場で婚約が破棄され、役目が取り上げられてしまう。 その上、身元を引き受けてくれるはずの家からはその日のうちに追放されてしまった。 特に王国に未練のなかったレインは王都から出たその足で王国から遠く離れた国へ行き、開拓村にたどり着く。 今までも辺境で開拓のようなことをしていたので、レインは開拓村に参加することにした。 その開拓民生活は今までの生活と比べて自由の多い生活だった。 レインはそこで村を強化したり、弟子をとったり、魔の森を探索したりしながら楽しく生活していく。 そしてレインの行動が国を大きく動かすことのなる。レインの気づかぬうちに……。 レインののんびりとした第二の生活が始まった?

  • ヒロインのエルフが一途で健気な女性です

    ♡4,350

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話・69,248字 あきつしま

    2020年8月13日更新

    出来損ないの魔術学院に通って、出来損ないと言われ続けている高校生の俺、アイゼアはいつもいつも退屈でつまらない生活を送っていた。 そんなある日、俺のことを『ご主人様!』と言ってくるエルフの女性に出会い、何の起伏もない俺の日常が変化していく。 彼女によると、どうやら俺は過去に存在していたとされる天才魔術師の生まれ変わりで、ケイティと名乗ったエルフの女性は、その天才魔術師の奴隷だったらしい。 三千年の時を超え、再び邂逅した天才魔術師(現在は転生して記憶もなく落ちこぼれ)と、天才魔術師の元奴隷であるエルフとのラブラブでちょっとエッチ、そしてハーレムなファンタジー物語です。 ※7/7 追記 話の展開上、少し無理がある部分が出てきたので、2話以降書き直しています。公開済みのものを一度非公開にして、再度投稿しているので宜しくおねがいします。(話の流れはおおまかな部分で言えば変わりません。) カクヨムでも投稿しています。そちらのほうが半日ほど投稿が早いです。続きが早く読みたい方はそちらを覗いてみてもいいかも……です。 カクヨム:https://kakuyomu.jp/works/1177354054901833575

  • 2020年8月9日更新

    物語の舞台『エルモウンド』では十三歳になると試練を突破した者は『剣神』から『神剣』を授かることができる。 幻の種族『ナインズ』の少年アルスレア・アルル・アーレが授かったのは、なんの力もない『ひのきのぼう』。 彼はアルスレア・ミュラーと名を変えて、ひのきのぼうを手に帝国一の名門校ユーゼリック学園に入学した。 そこでは様々な出会いが待っている。アルスを敵視する神剣科の同級生。彼に魔術を教わりたい特進科の女の子アルテミシア。 そして先輩にまで目を付けられて過ごす日々。そんな時、学園は反帝国レジスタンスに占拠されてしまう。 授業をサボっていたアルスは、人質にはならず、たった一人の孤独な戦いをすることになる——と思いきやひょんなことからアルテミシアとともに戦うことになり、ついにはレジスタンスの兵士を撃退した。 一緒に過ごすことでアルテミシアとの距離が縮まっていく。 春が終わりかける頃、彼女の家から食事に招かれたアルスは、そこで一族の仇、その一人と出会う。 その男は、アルテミシアの父だった。 一族を滅ぼされた幻種のレア少年が帝国の闇と戦う物語。

  • 書籍化決定! 続報をお待ちください。

    ♡62,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・129話・181,445字 塩分不足

    2020年8月8日更新

    書籍化に伴い改題しました。 旧題:外れスキル『鑑定眼』は超万能チートスキルでした ~魔道書の力で魔道具が作れるようになったので、訳有りパーティーを最強に導きます~ なろうでの更新は終了いたしました。 外れスキル『鑑定眼』しか持っていない冒険者のシンク。 彼は自分が冒険者に向いていないと理解しながら、必死に努力してパーティーに貢献していた。 しかし、ある日突然「お前は今日でクビだ」とパーティーを追放されてしまう。 その日の帰り道。 ショックの中で立ち寄った行きつけの道具屋で、一冊の古びた本を見つけた。 白紙のページしかない本だったが、鑑定眼で覗いてみると、『魔工の書』という魔道書だったと判明する。 魔道具の作成方法について記された本を読んだことで、新たなるスキル『魔道具作成』を取得。 翌日。 魔道具作成スキルを手に、新しいパーティーに加入する。 可愛らしい女の子だけのパーティーだったが、どうやら訳有りだったらしい。 剣の速度が異常すぎて、どんな剣でもすぐに折れてしまう剣士。 上級魔法しか持っていないけど、魔力量が極端に少ない魔法使い。 目で追えないほどの速度で走れる代わりに、自分で止められず服も全部破けてしまう槍使い。 癖のあるメンバーしかいないパーティーを、シンクの魔道具が最強へと導く! 一方その頃。 シンクを追放したパーティーは、彼を失ったことで思わぬ苦境に立たされていた?

  • 不定期更新になる可能性が高いです

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・5,105字 ネコlove/SK.Reaper

    2020年7月31日更新

    クラスごと転移した高校二年生の主人公冷夜は、勇者という職業を授かる。 魔王を倒しに行くも無様に負け、さらにはクラスメート全員も惨殺された……。 魔王への復讐の為に悪魔に心を売り、様々な種族の本拠地を周り、強いものを集めて行く。 そんなクラス転移復讐異世界ファンタジー。

  • 七人の追放者が、七王国を統一する!

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話・6,600字 ナガマツタロウ

    2020年6月28日更新

    七王国が群雄割拠する大陸。大国ドラゴニアの軍師だった主人公のキバは、兵法の天才だったが、「当たり前のことしか言わない無能軍師」のレッテルを貼られて追放される。小国アルザスに流れ着いたキバは、軍師として、そこで他の七王国から追放されてきた者たちを束ねて、七王国を次々に倒していくのだった。

  • 「もったいない」な勇者、登場。

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・4,664字 ナガマツタロウ

    2020年6月27日更新

    【今日から毎日、朝7時前後に更新します!】 レベル1。装備は木剣。 そんな奴隷階級の少年、アトラスは、騎士学校に入学する。 彼を「貧乏野郎」とクラスメイトたちはバカにするが、そんな彼らをアトラスは軽々倒してしまう。 ――なんでそんなに強いのに、レベル1なんだよ!? ――手数料が勿体無いから、一回もレベル鑑定してもらったことないわ。 ――なんでそんなに強いのに、装備木剣なんだよ!? ――鉄の剣とか買うのもったいない。 そう、彼は超絶貧乏性で、金を一切使わないと言う「縛りプレイ」で強くなったバケモノ剣士だったのだ。

  • ご主人さま、メイドへのお触りはご法度です

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話・15,251字 津ヶ谷

    2020年6月18日更新

    友達の妹を庇って一度死亡し、異世界に転生した叢雲御影。 死んだ御影は神によってチートな力を与えられ、異世界にそのままの年齢で転生した。 そこから数年。世界最強の賢者として名が知れ渡った御影は、依頼先の森で一人の少女を拾う。 それをきっかけに冒険者を引退し、趣味であったメイドカフェを開くことにした。 しかし、巻き込まれ体質は変わらないのであった。 「ご主人様、メイドへのお触りはご法度ですよ?」 これは転生賢者が異世界でメイドカフェを経営する物語。

  • 異世界×エロのマンガ原作プロットです

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話・2,796字 震電みひろ

    2020年6月12日更新

    「ウルトラジャンプ・マンガ原作プロットコンテスト 舞台は異世界の辺境地区の都市・ナーリタニア。 周辺には二つのダンジョン、東にクゥワトリガ神殿遺跡、西にシャンクラ迷宮があった。 この二つのダンジョンのみならず、河や沼や樹海から様々な魔物が現れる。 主人公タダオ・サイトーはナーリタニア1の勇者。 周辺からは「ザ・ブレイブ」「ノー・タブー」「ダイ・ハード・マン」と呼ばれている。 誠実さと野性味が混じるその容貌は、逞しく引き締まった身体とあって、街中の女性の憧れの的でもある。 パーティには「白銀の聖少女」と呼ばれる白銀の髪を持つ赤目の美少女・シータ・ムーンライト。 敏捷性は並ぶ者がない「褐色の疾風」と呼ばれる獣耳の美女・ナーチャ・ガーネット。 身軽で情報に素早い「桜色の舞姫」リシア・トルマリン。 そのいずれも隙あればタダオを肉体関係に持ち込もうと狙っている。 それだけではなく、街中の女性、城壁外の女魔物、迷宮の女妖魔、サキュバスなど、様々な女性がタダオを狙っている。 その全てを撥ね付けるタダオの嫁・レーコ・ティルアーノ・アクアマリン。 「勇者には人気も大切」という事でタダオは結婚している事は周囲には伏せている。 そしてレーコは古えの大魔法使いである。 一時は「世界の三分の一を手に入れた」とさえ言われた偉大な魔女「グレート・ウィッチ」。 だが今のレーコにはタダオとの生活が全て。その姿は献身的で可愛らしい奥様。 だがタダオの浮気には鬼のように目を光らせている。 そしてダンジョンから帰るたびにタダオが浮気をしていないか、「夫婦の夜の営み」でその精液の量と濃さをチェックしている。 もし万が一、タダオが浮気をしていようものなら、それは恐ろしいことになる。 よってタダオは、どれだけ魅力的な美女が迫ってこようと、決して浮気をする事はできない。 レーコとの生活を守るため、ダンジョンに潜っては魔物を倒し、宝を手に入れる。 そしてレーコにも一つの秘密があった。 彼女は「封印を解いた相手と結ばれる」という呪いがかけられており、その封印を解くのは 聖魔王バルバディオスのはずだった。 だがそれを一足先にタダオが解いてしまったのだ。 聖魔王はレーコを手に入れようとする。 それはレーコの中には封印された大暗黒神『六道覇滅殺魔薩』が眠っているためだった。

  • 2020年5月10日更新

    どこにでもいそうな16歳の高校生であるレイはある日、突然の交通事故により死亡してしまう。 目を覚ました彼に待っていた世界は天国でも地獄でもなく、リベルタと呼ばれる広大すぎる異世界だった! レイのそばには同年代と思われる人達が多数おり、誰一人としてここがどんな世界なのか、なぜこの世界に来たのかわからない。 一人の女性に案内され着いた先にあるのは、リベルタ総合受付兼志願兵寮紹介所、ユグドラシルと呼ばれる案内所だった。 そこで彼らはこの世界に来たのなら、提示する二つの内、必ずどちらかを選ぶようにと説明される。 一つ目は寮に入って講習を受けた後、志願兵となってモンスターを倒し、成果を挙げ、帝国直属の戦士である正規兵を目指す。 二つ目は志願兵になることを拒否し自ら働き口を探してこの世界で生きていく。 志願兵になり、正規兵を目指すことに決めたレイは流れでその場にいた五人とパーティーを組み、生と死が間近に存在するリベルタを生きていく。 自己中心的な性格を持つナオト。 冷静に物事を判断し、他人に優しいコウヤ。 レイをそのまま女にした様な性格をしたアヤ。 一番小柄かつ声も小さく小動物のようなユイ。 女子ではあるが、非常に男勝りな性格をしているハンナ。 やがてレイは、かつて人々から「死神」と呼ばれ、恐れられていたノアに師事するようになり、リベルタで生きていく術を直接彼から学んでいく。 そして、レイはノアに誓う。俺は大切な仲間を守れるように歴代正規兵の誰よりも強くなってみせる。それこそ、誰も敵わない史上最強の正規兵になってみせる!と。 これは、どこにでもいそうな一人の少年が史上最強の正規兵を目指し、徐々に成り上がっていく物語。 タイトル回収は相当後になります。 ※小説家になろう様にも転載しております。

  • 英雄を望んだ青年の果て無き戦い!!

    ♡6,110

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話・52,625字 デーティ

    2020年4月6日更新

    主人公、世導英斗の親友である幼馴染みは、女性から何度も告白を受ける。 小さい頃から仲が良かった英斗は、とうとう我慢の限界を感じていた。 そんなある日、謎の白い空間に引き込まれる。 それは、唐突だった………… これから始まる物語りは、少しの恨みを持った英斗の異世界転生譚!! 英斗が望むは、モテモテ人生! 青春を桜花できなかった少年のやり直しを描きます。 ぜひ、読んでみてください

  • 途中からほのぼのとしたお話になります。

    ♡1,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・68話・154,423字 桜木はる

    2020年3月24日更新

    ※タイトルが不確定なため、終わりに(仮)を付けました。 漫画を描いていたら、倒れて死んでしまった。 高橋明美(23)は、そんなことから異世界へと転生した。 この頃流行のチート転生。 能力が与えられてるのかと思い色々試したが………… 特に何もなかった。 普通の家庭に生まれ、普通に生活して、普通に外に出て、その世界じゃどこにでもいる普通の冒険家になった。 そして、誕生してから17年の歳月が経ったある日。 彼女はある転生者に殺されかける。 その後、見知らぬ女性に助けられて一命をとりとめた彼女は、その女性と共にあることを決意したのであった………… 『チート能力者、潰す』 的な趣旨のことを―――― ――――――――――――――――――――――――― ※(このお話は基本的に日常・冒険が主です。チート能力者潰しはあくまでその過程であるものです) ※小説家になろうにも更新しております。

  • 2020年3月22日更新

    『世界が闇に包まれる時、光の勇者が現れてその闇を払う』 予言の書に記されている通りに、大魔王は勇者一行に撃ち滅ぼされ、世界に光は取り戻された。 それからしばらくの後、国の復興が一段落した時に、勇者と姫の間にひとりの子が出来た。 だが、その息子は、剣も魔法も碌に使えない上に政にも興味はないと言う有様であった。 『ぼんくら王子』『バカ王子』『勇者の出がらし』『失敗作』 などなど、市井の評判も散々なのだが、当の本人はそんな事は全く気にせず日々遊びほうけてばかり。 そんな折に、国王夫妻が流行り病で急死した。 その隙を突き、ぽっと出の|勇者《たにん》が国王の座についた事に不満を抱いていた、貴族たちは、王子から国を奪い去った。 「けけけ。これで俺も晴れて自由の身ってやつか」 「いえ、お坊ちゃまは十分自由に過ごしていらしたかと」 あまりにもチート過ぎるが故に、その能力を自ら封印していた王子は、唯一彼について来た幼馴染のメイドと共に、冒険の旅に出る。

  • まさかの俺YOEEE!?

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・3,081字 Ren

    2020年2月27日更新

    主人公ユウマはある日夢を見た。 自分に剣を向ける男。 魔王城の最深部、玉座の間。 足元に転がる死体。 とてもリアルだった。 養父母から真実を打ち明けられ、自分が勇者であることを知ったユウマは、魔王城を目指して旅に出る。 何もせずとも体力が減る虚弱体質。 俺YOEEE勇者の冒険譚、開幕!! ※他サイト掲載あり。

  • 脇道にそれた異世界ファンタジー

    ♡31,900

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・50話・215,309字 エーアイデータ

    2019年12月2日更新

    読んでくださった方には、本当に感謝いたします。 今後も、面白い作品を目指して頑張ります。 ------------------------------------------------------- やり込んだゲームに、まさかの召喚 だが、ゲームのキャラクターではなく、リアルの自分そのままで召喚されて、チート能力は皆無であった。 しかし、偶然に召喚されるタイミングで、リアルの自分は死んでしまった瞬間だった為か、ステータスがありえないバグを引き起こす。 ステータスバグによる、ファンタジー世界での自分探しの珍道中のお話 特に目的なく様々な世界を巡るバグ主人公。 そして、主人公が全く考えていなかった自分の正体を知る事になる。 行くつく先はどこだろうか?