個性

検索結果:5件

  • 小槻先生の秘密

    ヒューマンドラマ

    202,800

    2,705


    2021年7月24日更新

    人見知りの中年作家・小槻健司は、年中自宅に引きこもって小説を書くだけの生活を送っている。彼にとって「作家」は職業というより、もはや生き方といえた。 ある日、「たまには......」というほどの気持ちで外に出てカフェに入った彼に大学生の野上萌が声をかける。偶然にも彼女は作家・小槻健司のファンだった。健司は咄嗟に自分の正体を隠すが、「自分の小説を読んでほしい」という萌の強引な頼みを断れずにUSBメモリを受け取る。 萌との関わりを億劫に感じながら、「実は作家・小槻健司である」という秘密を守ろうとするたびに意外な一面を発揮する健司。唯一の親友であり恩人でもある玉置恭介、そしてその息子の幸一など、まわりの人々を「秘密保持」のために巻き込みつつ、彼は人生のターニングポイントを迎える。 ある意味で人生の終局までを見通せてしまっているような男が、一つの出会いをきっかけに新しい境地を切り拓いていく。そして彼の姿が「秘密」に関わる人々にさまざまな力を伝播していく。 互いに影響しあいながらそれぞれの失敗、苦手、弱み、壁、に立ち向かい、答えを探していくヒューマンドラマ。

    読了目安時間:5時間51分

    この作品を読む

  • 滑舌が悪くてまともに詠唱出来ない俺が異世界で魔道士になった結果〜ほとんど俺のオリジナル魔法しか放てなくなってた〜

    魔法使いに滑舌悪い人いないの謎ですよね?

    4,900

    0


    2021年4月26日更新

    滑舌が死ぬほど悪い主人公大久保陸は、ある日コンビニでバイトをしていた時に、噛みすぎて魔法陣を展開してしまう。 わけも分からぬまま転移した場所はまさかの拷問場―― さっそく元の世界に帰ることを決意した陸だが、その為には多くの敵と戦う必要があった。仕方なくダンジョンに足を踏み入れ、受けたくもないクエストを受ける陸に集まる仲間は、難アリの仲間ばかり……。 100パーセント矢が当たらない、神具がもはや飾りのアーチャー。 王の娘は、優しさと正義の具現化……。優しすぎて敵は倒せないし、倒したとしても1時間の念仏を唱え続け……。 「めんどくせぇぇぇぇぇっ!!」 まともに詠唱を唱えられない代わりに奇抜な魔法を放ってしまう陸の、どこか変わった英雄譚が今始まる!? 「俺の最強魔法は、女湯に何食わぬ顔で溶け込むことの出来る魔法。マサニカレールーだぜ!」 弱い―― 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    読了目安時間:1時間15分

    この作品を読む

  • STAR SKY GUARDIANS

    深淵の中で輝く星は、何よりも孤独だった。

    100

    0


    2020年10月8日更新

    あるところに世界を救った者がいた。禁術を作った者もいれば鳥とともに世界を駆け巡った者もいた。龍同士の戦争を終結させたものもいた。復讐を切に願った者もいた。崩壊する世界をどうにかしようとする者もいた。これはその物語のうちの一つ、世界を救った英雄の物語。 世界が残酷なことを俺は知っている。どんなに願ったって叶わない願いがあることも知っている。それでも、命をつないでくれた人のために足掻いてみたいんだ。 少年洋一と友人の葵、春香、宗次、鉄は謎の人物の襲撃にあい、逃げ込んだ先の古代遺跡から1000年以上も前の時代に離れ離れとなってたどり着く。 何もかもが理解できない中、それでも皆と元の時代に帰るために、洋一はその方法を探し始める。 ”汝、今この時に何を望むか” その問いに応えた時から、彼の運命はさらに大きく狂い始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間7分

    この作品を読む

  • 日常あるある-左利き編

    気ままに更新していきます( ¨̮ )

    2,400

    0


    2020年8月13日更新

    日頃感じた左利きあるあるを更新していきます! きっと共感してくださる人も… いらっしゃるかと?|ω`) 気軽に読んでくださると嬉しいです🍺

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • アンバランス☆ガールズ

    アンバランスか?ナイスバランスか?

    4,300

    0


    2020年8月10日更新

    私こと堀川麻里乃(ほりかわ・まりの)はこの春、丘の上にある櫻が丘女子学園の演劇部に入部することになった。しかしそこは弱小演劇部な上にやばい女子達の集まりだった… 個性は豊かだけど、そのぶん団結力の高い演劇部が四苦八苦しながらも成長していく学園ドラマ。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む