偉人

検索結果:7件

  • 明けの明星〜ルシフェルの紋章を持つ少女が終末の未来を変えるまで〜

    これは人類が世界に打ち克つ物語である。

    1,300

    0


    2021年7月25日更新

    ある日、人々に紋章が宿り、異能の力に目覚めた。 自然の脅威そのものとなった者、偉人が成した伝説・偉業を体現する者、動物の野生を獲得した者、ある概念を支配する者。 これは、そんな四系統の紋章者で溢れる世界にてとある実験によって生み出された、ルシフェルを宿す一人の少女が保護された先で時に戦い、時に仲間とバカをやりながら少しずつ成長していく物語である。

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • 異世界大戦記-戦火-

    星火燎原

    0

    0


    2021年7月5日更新

    異世界で女体化した偉人が、擬人化した武器や兵器を手に異世界の戦争に介入する。 あやかしや魔物が大陸に存在し、魔族を魔物と認定している国もある。 この世界には神と呼ばれる種族がいる。その規格外な力によって異世界人を召喚した。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 神降し達の黄昏時《ラグナロク》

    全ての俺TUEEEを蹂躙する!

    724,500

    2,810


    2021年6月22日更新

    魔法が効かない! 神の奇跡も寄せ付けない! 物理法則すら無視する! 全てのチートを蹂躙する荒唐無稽のバトルファンタジー開幕! ・あらすじ: 現代より少し未来。魔術は技術として世界に普及していた。 都内唯一の“魔法科高校”に通う神崎詩織は、突如学園を襲ったテロ事件で一人の少年と出会う。 その身に一切合切の魔力を持たぬ少年。 物理法則を無視し、魔術を寄せ付けず、神の奇跡を蹂躙する“神降し”の少年。 ──シュウ。 記憶を無くしたシュウと、彼ら“神降し”の闘争の物語が、幕を開ける。 ・読みどころ: 『夕方六時のテレビ東京』 小さい頃、学校から帰って来た自分達を冒険の世界に連れて行ったあの日の冒険譚を、もう一度。 圧倒的スピードでチートすら蹴散らす出鱈目どもの闘争劇。 俺TUEEEEを鼻歌まじりに凌駕するバトルアクションと、ほんのちょっぴりの恋模様をどうかお楽しみください。 ・アルファポリスにも掲載しております。 ・☆のついた話には挿絵が付きます。 玉子氏(@tamagokikaku)の描く挿絵にも注目! https://mobile.twitter.com/tamagokikaku 挿絵のある話数には☆が付きます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:38時間51分

    この作品を読む

  • ソクラテスだって鼻クソくらい食ってたと思うよ

    鼻クソって、けっこうウマくね?

    500

    0


    2020年12月21日更新

    ひまつぶしにテキトーに考えた格言をお送りします。 ひまつぶしに書くので、ひまつぶしにしかなりません。 そのへんの忖度はしてください。 「カクヨム」「NOVEL DAYS」「ノベルアップ+」「アルファポリス」「ライトーン」に投稿しています。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 1日1偉人

    偉人から学ぶお話

    1,200

    0


    2020年10月12日更新

    主人公は、いろんな偉人と出会って変わっていく。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 否応なしに異世界に転移させられた俺が女勇者と魔王討伐!?

    異世界と現実が交差する…新感覚異世界転移

    5,800

    0


    2020年3月23日更新

    魔術名家「上原家」の養子である高校一年生の青年、上原(うえはら) 遥(はるか)は謎の存在によって殺されてしまった。 次に目が覚めたらそこは咲く季節が違う花が咲き乱れる、天国と見まごう美しい世界で遥はそこにいた白い男に契約を持ちかけられる。 「君は不当に殺されたんだ。 生き返らせてあげる代わりに、異世界に行ってもらえないかな」 否応なしに戦乱の異世界に転移させられた遥はそこで何を見て、何を感じるのか?魔術名家「上原」の目的とは? 現実世界と異世界の事情が複雑に絡み合う新感覚異世界転移モノ爆誕!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

  • 灰色少女と万能人

    歴史上の偉人が好きです

    200

    0


    2020年3月21日更新

    神器。それは神が作ったとされる奇跡の道具。その全ては、今は|碧き水晶星《ラピスラズリ》と呼ばれている世界が、まだ地球と呼ばれていた頃にかつて歴史に名を残した偉人や罪人の名が付けられている。神器を使っていない時は人の姿をしているが、一度その名を口にすれば姿を変える。ある神器は剣となり、ある神器は銃となり、ある神器は人に宿って魔法と区別のつかない力を与える。 主人公の綾辻カレンは、イギリス、ルネサンス時代を代表する芸術家、別名『万能人』と謳われた偉人『レオナルド・ダ・ヴィンチ』の名とその能力を持った神器、個体名『ゼーレ・ダーヴィンシー』と共に旅をしていた。ゼーレと旅をする際に姉妹の方が都合がいいからとゼーレ・綾辻・ダーヴィンシーと名乗らせている。 ある町でカレンとゼーレは、ヘンリー・ルーカスという罪人の名を持つ神器を持つ人物と会う。その人物は完全に神器に飲まれており、衝動的に殺人行為を繰り返していた。殺されてたまるかとカレンはゼーレの真名のレオナルド・ダ・ヴィンチを使って倒すも、どこかからそれを見られていたのか他の神器持ちや万能の神器を欲する人に狙われるようになる。ゼーレを狙ってくる連中をなんとか撃退しつつも、別の町にてチェスの偉人『ボビー・フィッシャー』の名を持つ神器の持ち主と遭遇。その人物はカレンを引き取ってくれた両親を殺した『覇王』項羽の名を持つ神器を持った人物とつながっていた。情報を聞き出すべくカレンとゼーレはボビー・フィッシャーの持ち主と激戦を繰り広げ、数の暴力に苦戦しながらも辛くもカレンが勝利を収める。しかしフィッシャーはどこに項羽がいるのか、何が目的でゼーレを狙ったのかは知らず、すべてを語りきる前に絶命してしまう。 両親を殺した項羽に復習するために、カレンは引き続き旅をする

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む