兄弟愛

検索結果:6件

  • 爆砕の妹(ダイナマイト・シスター)

    岩手県が舞台の作品です。

    2,900

    0


    2021年5月12日更新

    岩手県盛岡市の高校生、三浦勇斗(みうらゆうと)は屋上で授業をサボっていた時、自分のスマホに謎のメールが届いていたことに気づく。 そのメールはシスターウォーという自分の理想の妹・姉と共に戦うというゲームの案内であった。 当初、ソーシャルゲームのようなものだと認識していた勇斗は興味本位でそのサイトに登録した。 学校から帰ると、勇斗を待っていたのはソラという人工生命体『シスター』を名乗る美少女であった。 勇斗はソラから他のシスターと戦わなければならないことを聞く。 ソラと契約の儀を交わした勇斗は『血縁術』という超能力を扱えるようになった。 勇斗とソラはシスターウォーを通じて他のシスターと戦っていくうちに、世界の命運を掛けた壮絶な戦いに巻き込まれていくことになる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

  • エンドレスワルツ

    それは果てしない、後継者争い。

    1,900

    0


    2021年4月12日更新

     スカイハイ。 ユアメリス大陸の山岳地帯。通称、グランドマウンテンの頂上に位置する。難攻不落の城。 スカイハイの城主でありながら、近隣一帯の地域を統べる領主。アーカム・フェニックスは王家から厚い信頼を寄せられ、北部総督の任に就いていた。 しかし、そのような地位に甘んじるほど、アーカムは自惚れてはおらず、次世代に向けて息子たちへ「誉れ高く死ね」という恐ろしいモットーを提言する。 それはフェニックス家より代々伝わりし、夢・挑戦・達成の試練であり、十五歳を迎えた者から順に下山していき、各々が生きた証を大陸中に残すこと。 そして、最も優秀な成績を挙げた者に家督を譲る。言うなれば、ある種の後継者争いであった。 そんな数奇な運命を持つ主人公。ランドル・フェニックスは、十三人いる内の中でも血の繋がった兄弟。兄、イーサン・フェニックスを支持していた。 ランドルにとって地位や名誉など気休め程度にしか思えず、自らの命を賭けるには不十分な内容と感じていたからである。だが、自身の十五歳を目前に控えたある日の出来事。彼は想像を絶する体験を経て、大いなる目的を見つけ出す。それは夢と形容するには酷く、あまりにも凄惨な内容だった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • 一人じゃないぼく達

    面白いと思ってくれたら嬉しく思います

    1,500

    0


    2021年1月29日更新

    ぼくの父親は黒い羽根が生えている烏天狗だ。 ぼくの父親は寂しがりやでとっても優しくてとっても美人な可愛い人?妖怪?神様?だ。 大きな山とその周辺がぼくの父親の縄張りで神様として崇められている。 父親の近くには誰も居ない。 参拝に来る人は居るが、他のモノは誰も居ない。 父親には家族の様に親しい者達も居たがある事があって、みんなを拒絶している。 ある事があって寂しがりやな父親は一人になった。 ぼくは人だったけどある事のせいで人では無くなってしまった。 ある事のせいでぼくの肉体年齢は十歳で止まってしまった。 ぼくを見る人達の目は気味の悪い化け物を見ている様にぼくを見る。 ぼくは人に拒絶されて一人ボッチだった。 ぼくがいつも通り一人で居るとその日、少し遠くの方まで散歩していた父親がぼくを見つけた。 その日、寂しがりやな父親が一人ボッチのぼくを拐っていってくれた。 ぼくはもう一人じゃない。 寂しがりやな父親にもぼくが居る。 ぼくは一人ボッチのぼくを家族にしてくれて温もりをくれた父親に恩返しする為、父親の家族みたいな者達と父親の仲を戻してあげようと思うんだ。 アヤカシ達の力や解釈はオリジナルですのでご了承下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • そして、兎の少女は弓を鳴らす 〜風の冒険者、嫉妬の堕女神へ宣戦布告〜

    異世界バトルファンタジーです。

    178,000

    1,410


    2020年10月19日更新

    風の冒険者、仲間も世界も全て救う! 元草食系男子と、ウサミミ少女の異世界バトルファンタジー! ◆ 前世の彼は、自分に自信のないごく普通の男子高校生、三鷹ルノ。 不慮の事故により「アレルガルド」に転生する際、神々から「風の力」「叡智の眼」「生命に干渉できる力」を与えられる。 転生後、獣人の村で待ち受けていたのは、人間と亜人を脅かす魔物「鬼人」だった。 彼らの襲撃を受け、多くの村人が犠牲になる中、 ルノは偶然にも神々から授かった「風の力」と「叡智の眼」を開花させる――! 「――僕は、お前達を許さない!」 どうにか鬼人を追い返すことに成功したルノは、 鬼人に親を殺されたウサミミ少女を仲間にし、剣の修行を始めるのだった。 様々な種族の国を旅したあと、人間が統治するバスタリシア王国を訪れたのだが……。 そこで、奴隷として働かされるエルフの少女と出会い、物語が大きく動き出す!! ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― この小説は3部構成を予定しています。 1部 救出編 (前編:修行編 後編:王都救出編) 2部 堕神戦争編 (前編:詳細未定 後編:詳細未定) 3部 アナザーワールド編 (前編:詳細未定 後編:詳細未定) ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 次の小説は、奴隷として働かされるエルフ少女目線のサイドストーリー。 「奴隷日記。私はエルフに転生して奴隷成金令嬢に仕えることになりました。」 URL : https://www.alphapolis.co.jp/novel/910828589/428395481

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間19分

    この作品を読む

  • 転生したこの世界では10歳になると、身体に魔力が通り始め司祭様に魔力を見てもらう事ができる。 俺は全ての記憶を取り戻した5歳からずっとこの瞬間を待っていたッ! ずっと、ずっとッ!――。 司祭様と俺を囲う橙赤色の魔法陣が現れる。 だんだんと光は強くなり二人を螺旋状のオーラが包み始める。 周りの子供達は自分達とは違う圧倒的な煌々とした輝きの強さに胸が高鳴り、魔法陣から駆け抜ける風に髪を揺らして瞳孔を開く。 「はああァァァァ!」 司祭の声と同時に魔法陣の輝きが爆発し、風と光が教会の中を全て包み込む。 終わると全員棒立ちで立っていた。 「「「おお! これはすごいんじゃねぇか!」」」 子供達が口を揃えて騒ぎ立てる。 俺自身も他の子供達とは違う輝きの強さで胸一杯に期待が膨らむ。 (さぁ! 俺のユニークスキル! これでやっと、やっと、この村に貢献できる! 全てを俺に託してくれ! 女神様!) 司祭が口を開く。 「あ、えっと……魔力0です」 「「「はああああああァァァァァァ???」」」

    読了目安時間:2時間39分

    この作品を読む

  • ハッピーエンドは、スタートライン

    最愛の弟を守るためなら、何だってする

    1,000

    0


    2020年7月12日更新

    大阪屈指の進学高校に通いながら、家を出るため東京の大学を目指す優等生​​〈恭助〉は、突然家にやって来た腹違いの弟〈夏希〉と暮らすことになった。 寡黙だった夏希は徐々に恭助に心を開いていったが、同時に、過去に母親を自殺に追い込んだ父親から、虐待を受けるようになった。 恭助は、自分を一途に愛してくれる弟に抱く異常な独占欲を自覚しながら、将来の選択を決断できずにいた。 恭助と夏希。二人の兄弟が掴み取る幸せは、偶然か、必然か。 「ハッピーエンドは、スタートライン」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間42分

    この作品を読む