検索結果:20件

  • 朝起きたら妹が告白してきたんだが……そもそも、俺の妹は本当の妹なのだろうか?

    妹だらけの世界で生活する物語⁉

    600

    0


    2022年3月28日更新

    《 あらすじ 》 来栖尚央【くるす-なお】が朝、リビングに入ると、妹の来栖梨華【くるす-りか】が居た。そして、いきなり愛らしい姿を見せてくるのだ。 これは妹なのか? という、そんな疑問がまず最初に、尚央の脳内を支配する。 いや、違う。 この妹はどこか似ているが、自分の知っている妹とは何かが異なっていると思った。 尚央が知っている妹は、あまり口数が多い方ではない。二か月前に、色々なことがあり、喧嘩をしてしまい、口さえもきいていなかったからだ。 そんな妹が馴れ馴れしく話しかけてくるわけがない。 それに加え、デートをしようとか、いきなり言ってくるわけがないのだから。 だが、どこが明確に違うのかと問われると、ハッキリとは答えられなかった。 しまいには、ここは夢の中だと思い込み、不思議なひと時を過ごそうと思ったのだが、この世界は何かがおかしい。 兄妹が付き合うことが国から義務付けられていたことに、尚央は驚きを隠せず、困惑した日々を、妹らと一緒に送ることになった。

    読了目安時間:3時間43分

    この作品を読む

  • 娘の様な義理の妹に俺が恋なんてするわけが無い。

    娘か? 妹か? 恋人か? 

    300

    0


    2022年3月20日更新

    深澤賢作(ふかさわけんさく)29才 彼女いない歴年齢……俺はもうすぐ魔法使いになる。 でも良いのさ、俺にはかけがえの無い愛する人がいるから。 この春遂に高校生なる妹、深澤雪(ふかさわゆき)15才 彼女はとある雪の日、親父が家に抱いて連れてきた。 俺へのプレゼントだと言って。 不登校の引き籠りだった俺は、仕方なく雪の、赤ん坊の面倒を見る事に。 そして数年後……親父は俺達血の繋がらない兄妹を残して、逝ってしまった。 俺は親父と一緒に死のうって……そう考えた。 このまま生きていても意味が無いって……。 雪と一緒に後を追って……、でも出来なかった。天使の様に微笑む雪を傷付ける事なんて俺には……出来なかった。 あれから十数年……雪が遂に高校生に、そして俺はもうすぐ魔法使いに……。 血の繋がらない妹と29才コミュ障男 二人は兄妹なのか? 親子なのか? それとも……。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

  • 決して色褪せることのない夏の日々に ボクは諦めきれない恋をした

    少年×幼馴染お姉ちゃん 夏 青春 恋物語

    4,700

    0


    2022年1月25日更新

    ※22.01/05 エピローグに追加をしました。 現在書き進めている本一冊分の青い春系の恋物語。 完結までもってきました。 【あらすじ】 蒼井ナツシには好きな人がいる。 けれど、その気持ちをナツシはずっと秘密にしていた。 何故ならその好きな人は、 一回り近く年上で、 幼い頃から知ってるお姉さんで、 今は一緒に暮らしていて、 何より、兄である陽(よう)の恋人だった。 複雑な気持ちを抱えたまま月日は過ぎていき、 もう三人で仲良く楽しんだ夏は訪れることはない。 それでも――再び夏は来る。 決して忘れられない、新しい夏が――。

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 妹に死ねば良いと500回も言われたので来世にワンチャンかけようと決意した

    妹からの罵声はキツイ……

    0

    0


    2021年11月1日更新

    兄は小学6年の頃から一つ年下の妹からウザい、キモイ、黙れ、死ねば良い等酷い事を言われてきた。 そのように言われるような事は何もしていないと思っている兄は、そんな妹によって心を削られていた。 兄は、見た目は中の上で偏差値51の学校の高校1年生。 妹は、兄視点で見た目は良いが、性格は兄に対しては最悪の中学3年生。 兄の心の拠り所は学校と部活の野球。 しかしその野球も中堅校ではあるが、甲子園には届かない。 負けると、妹から無駄なんだから辞めれば良いのにと言われる始末。 怪我をして松葉杖になっても病院に迎えにすら来ない家族。 辛辣な妹の事を母親に相談しても思春期の女の子だからとまともに取り合ってはくれない。 唯一父親だけは、試合を見に来てくれる程度。 冷え切った家庭環境に嫌気が差しており、家に帰る時間が近付くと身体が拒否反応を示し、嘔吐すらしてしまう。 心も身体ももう限界だった。 そんな時、累計500回目の死ねば良いのに発言を受けて兄は決意する。 「来世にワンチャン願うくらいは良いよな。」 来世こそいわれのない罵声や罵倒のない世界と家族でありますようにと。 初めての胸糞妹を書きます。 幅を広げるためにあえてそうしました。 なお、今回幼馴染は主人公の汗の匂いを嗅ぐ変態です。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 永遠の宿題〜愛すべき兄に捧ぐ〜

    もうこの世界にいない、大好きな兄へ

    4,600

    100


    2021年8月6日更新

    これは私の経験から作ったお話です。 兄と呼んだ人、私に年の近い母のいとこのこと。 ずっと考えて続けて、やっと言葉にできました。 「一人で遠く行ってしまった」兄へ捧げる私の気持ち。 言いたいことはいくらでもあるけれど、これくらいがちょうどいい。 短編の中で、思い返してほんのり微笑むくらいが。 ちょっと切なくて寂しくて、でもちゃんと前を向くことができた。 どこまでが本当でどこからが物語なのか、その辺りは謎にしておいてください。 こんな兄妹愛もあるのだと、少しでも感じてくださったら嬉しいです。 ※この作品では自死を扱っておりますが、容認・推奨するものではありません。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 虚花火

    お兄ちゃんのCVは櫻井孝宏さんでお願いし

    500

    0


    2021年7月17日更新

    兄妹が花火大会に行って会話をするだけ。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • シザー・マジシャン・(髪と一緒に悪縁までカットする美容師の話)

    悪縁を断ち切るハサミ 旧プラナリア企画

    16,600

    162


    2021年5月21日更新

    高校生の真由美は付き合っていた男の本音を聞いてショックをうけ、長く美しい髪を無造作にザクザクと切っていた。そこへ、美容師の兄が帰ってきて……。 あっき小太郎さまのイラストからヒントを得て小説を書きました。イラストアップは後ほど。機械音痴ですみません。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 日々奇蹟

    誤字脱字がありましたら申し訳ないです。

    1,000

    0


    2021年4月11日更新

    不干渉だった兄妹がひとつ屋根の下で日常生活を送る話です。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • モブになると消滅する世界へ転生しました 

    令嬢になったけど…おや?

    0

    0


    2020年9月6日更新

    実験的にノベプラでも投稿はじめようと思います。 微妙に別タイトル、ほぼ同じストーリーをなろうでも投稿中。 実験しているところ以外はなろうと同じになる予定です。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 君の影に。-僕と約束の妹-

    小学生と高校生の甘いちゃラブコメ(嘘)

    2,100

    100


    2020年3月20日更新

    かつて絵を描く事が大好きだった黒川真一。だが、今ではその気持ちが嘘のように失くなり、筆を手放したいとさえ思っていた。しかし、絵を描く事をやめようとすると夢の中でキラキラと光る小さな影に止められ、やめれないでいた。 ある日、そんな真一の元に自分を妹にしてほしいと懇願する少女──白間都が現れ、真一の日常は一変する。そして、都と一緒に暮らす事になった真一は、彼女との心の触れ合いで少しずつ、少しずつ、情熱を取り戻していき、前へと歩み出す。 これは、影を見続ける『兄』と本当の妹にはなれない『妹』の長い、長い恋の物語です。 ・当作品は、1話(章単位)完成毎にチャプターをひとつずつ公開していきます。(文字数や話の都合上複数公開する場合も) 更新頻度は不定期。ただいま休載中。 ・他サイト(カクヨム、なろう)にも投稿しています。 ⚠︎カクヨム版の1話は改稿前の物になります。 ・イラスト(ラフ)を入れるので、横読み推奨です。 イラストがあるのは『ギャラリー』と(☆)がついたものになります。 イラストは上達次第、随時更新していきます。 ・本作品は、意図的に視点、人称を変更させています。基本は真一視点の一人称で、各キャラに視点が変わる場は(side.キャラ名)と表記しています。(△)は三人称になります。

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • 櫻の思い出~秘密~

    淫靡で耽美な、根暗な文学的作品。

    3,500

    0


    2020年3月12日更新

    兄と、妹の、禁断の愛。 ちょっと文学的な雰囲気を臭わせつつ、重苦しい不幸な家での、狂った愛を描く。 兄は人を殺したことをあると嘯き、妹の私は病弱で血を見たがる女王様。 父は死に、書斎には、般若のお面や猟奇の本だらけで、母は父の死に気が狂う。 高校三年の三月の終わりごろ、兄は、桜の木の下に、妹の私を誘い… 淫靡で耽美な暗い文学的物語。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 初夏のとびら

    高校最後の夏を前に、私は憂鬱と闘っていた

    9,600

    0


    2020年1月21日更新

    夏のはじまりって、なんだかウキウキしますよね。 私たちの暮らすこの世界全部を元気にしようと、照りつける太陽がめいっぱいの日差しを降り注いでくれているからでしょうか。 だけど、心の重さにそんなワクワクを押しつぶされつつ日々を過ごしたこともあったように思います。 皆さんはどうですか? 人の心はほんの少しのきっかけで、ポジティブになったりネガティブになったりします。 コントロールしにくい多感な時期は、特にそうかもしれませんね。 この作品は、ささいな悩みからなかなか抜け出せずにいる女の子の、ある朝のお話です。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • お父さん臭い

    世のお父さんたちに捧ぐ

    10,000

    5


    2019年9月3日更新

    お父さん臭い。そんな事を言われた時、そしてそう感じた時、思い出してください。 それはちゃんと意味があるのですと。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 妹はだいたい知っている

    兄は悔しいけど妹の世話を焼いてしまうのだ

    1,600

    0


    2019年9月3日更新

    兄(26)……静岡の片田舎で一人暮らしをする会社員(兼業農家) 妹(19)……東京で一人暮らしをする大学生 互いに一人暮らしをしている兄と妹。 妹は毎回突然兄に連絡をしてきては無茶を言う。 疎ましく思いながらもついつい世話を焼いてしまう兄の明日はどっちだ!

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • ウォーク・イン・パントリー

    同性愛要素有

    0

    0


    2019年8月5日更新

    双子の同化と一日。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 歯車な俺と運命な妹

    拙いと思いますがよろしくお願いします。

    650

    0


    2019年7月25日更新

    幼井信児は人の寿命が見えていた。 そんな彼には寿命が僅かな妹、恋がいる。 これは二人の兄妹の恋物語。

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 妹のパンツを拾ったら、妹が勘違いして急に甘えて来るのだが?

    妹っていいよね。(ただし2次元に限る)

    6,400

    0


    2019年7月22日更新

    作者が(妹って可愛いよな……)と「妹さえいればいい」を読みながら考えて作った作品でっす( 'ω') ある日、兄が妹のパンツを拾った事で始まる、勘違い系ラブコメ!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 終焉の星

    兄妹の悲しい短編です

    1,400

    0


    2019年7月18日更新

    あるところに二人きりの兄妹が住んでいました。 兄はとても強大な力を持っていました。 嫉妬した人々は兄には敵わない為、妹に八つ当たりをするのでした。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 兄に彼女が出来ました。どうやらその恋人は私の親友のようです。

    気軽に読める恋愛短編小説です。

    1,100

    0


    2019年7月8日更新

    いつも一緒に居る事が当たり前になっている兄。 普段から面倒見が良く、時々うっとうしくも感じるけど、私以外の人のものになると初めて知った時、動揺が収まらなかった・・・しかもそれが私の親友だったなんて。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 君の影に。(読み切り)

    イメージを信じて、感性を裏切らない。

    5,150

    0


    2019年5月24日更新

    かつて絵を描く事が大好きだった真一。しかし、とある事をきっかけに変わってしまった。今の真一は絵を描く事に虚しさを感じ、絵を描く事で苦しんでいた。それでも、真一は絵を描く事をやめれず、無気力なまま絵を描き続けていた。どうしてそこまで絵を描く事にこだわるのかも忘れて。 そんな真一の元へ「私を貴方の妹にしてくださいっ!」とお願いする少女が現れた。その少女との出会い──再会が、真一の眠っていた情熱を呼び覚ます事になる。 影を見続ける『兄』と本当の妹にはなれない『妹』の物語。 ・元々カクヨムで投稿していたもの1話完結に改稿した物です。一応、alight、小説家になろう、pixiv、マグネット等他サイトの方にも投稿しています。(1話のみ) ⚠︎プロト版になります。

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む