先輩後輩

検索結果:21件

  • 彼は誰時の唄(下)

    月木の午前中に更新します。

    817,400

    0


    2022年6月27日更新

    *先に彼は誰時の唄(上)をお読みください。 高校を卒業し7年。10年以内に経済的にも精神的にも頼れる大人になって迎えに行くという小野田の言葉を、非現実的だと理解しながらも気持ちの支えにし、高森は日々を過ごしていた。 ある日、鐸明高校で体育教師をしている角原から実家に電話がかかってきて、元5,6号室のメンバーで取り壊しが決まっている寮を見に行かないかと誘われる。迷いながらも行くことにした高森は久々に小野田と再会することになるが……。 高森目線で語られる、社会人になった二人の物語。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間3分

    この作品を読む

  • 件のふたりの間柄

    距離感バグってる新人秀才と中堅社畜の話。

    0

    0


    2022年6月9日更新

    おいしい時間は〝誰か〟と居たい。 「付き合ってねえのこいつら?!」が合言葉だ!! 新人秀才→中堅社畜、社会人ふたりの日常話です。短編やSSをまとめた連作となります。時系列は行ったり来たり。現在進行形で進む、彼らの話の数々をどうぞ! ・中堅社畜 坂上 始(さかがみ はじめ) 真面目で堅物。料理がべらぼうに上手い。 ・新人秀才 水樹 鈴(みずき れい) あざとさ満点の気分屋。家事スキル皆無。 ※年齢制限描写が出る作品の場合、冒頭に注意を記入しています。ご参考までに。 ※この作品は、紫苑さまと共同で作成する作品です。初出はぷらいべったーとなります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間16分

    この作品を読む

  • サツキの花が咲く頃に

    サツキの花が咲くころにお迎えに上がります

    500

    0


    2022年6月5日更新

    朝、咲津木(さつき)賢吾(けんご)が寝ぼけまなこで郵便受けに刺さった新聞を抜いた時に一枚の紙が落ちた。 【サツキの花が咲く頃にお迎えに上がります】 奇妙な手紙に疑問を抱きながら、誰にも打ち明けられないままに時間が過ぎる。 恋人の莉華と訪れた植物園で異変は起きた。 他の小説投稿サイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 黒百合高校の電子巫女-Electric Shrine maiden-

    オカルティック百合学園

    94,800

    795


    2022年6月5日更新

    これは、憧れの先輩と絆を育むまでを描いたオカルト風味青春劇。 黒百合高校新入生の大戸留美は、弓道部のエースで校内の人気者の鳥居澪と出会う。 澪は昔、留美を悪霊から救ってくれた「巫女のお姉さん」なのではないか?淡い期待を持って近づく留美。しかし澪は極端に幽霊の話をされるのを嫌がり、留美から距離を置いた。でも今度は澪から接触してきたのはなぜ? 再会した二人を襲う悪霊。弓弦の音は聖なる力を帯び魔を祓うというが、澪の鳴弦では悪霊が退かない。 絶対絶命に思えたその時、悪霊よりもずっと邪悪な――エレキギターの音色が鳴り響いた。 恐い噂を解決するのは手芸部? エレキギターで除霊? たとえ怪異でも、お守りで繋がった少女たちの絆は断ち切れない。 1ページ2000文字以内でサクサクちょい読みOKかつ改行・スペース多めの読みやすいレイアウト! 表紙はサークルミラーイメージ様作の「少女組み合わせ立ち絵素材」を使用して制作いたしました。 エブリスタより「ノベプラ百合フェア2020」参加のため転載。 続編の短編連作「黒百合高校手芸部の怪奇日誌」やyoutubeでの動画作品も公開しております。

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

  • 黒百合高校手芸部の怪奇日誌-Electric Shrine maidenⅡ-

    オカルティックゆりんゆりん学園

    614,953

    5,220


    2022年2月16日更新

    公立黒百合女子高校の古い校舎は、怖い噂でいっぱい。 けれど先輩と後輩でお守りを交換すれば魔の手に狙われなくなるという風習が根付いている。 そんな黒百合高校でお守りを作り、怪異に立ち向かうのは手芸部だった。 新入生で霊感少女の大戸 留美(おおと るみ)は、お守りを交換したパートナー鳥居 澪(とりい みお)と手芸部に入部し、不思議な現象や様々な人間模様を目の当たりにしていく。 怖いプロローグからのハッピー/ほのぼのエンドが魅力の短編連作スタイル! 前作「黒百合高校の電子巫女」を読んでおくとよりお楽しみ頂けます。(4万文字程度でサクっと完結) 1ページ2000文字以内でサクサクちょい読みOKかつ改行・空行多めの読みやすいレイアウト!エブリスタでも同時公開。 表紙はサークルミラーイメージ様の「少女組み合わせ立ち絵素材」を使用して制作いたしました。

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • 穢川恋の友情

    バレンタイン短編。友情って難しいらしい。

    4,500

    未参加


    2022年2月14日更新

    「仁奈」の脇道の、小さなお話。 バレンタイン前日、中学二年生の薄氷春は、美術部の一つ上の先輩・穢川恋にデパートのスイーツコーナーに連れて行かれる――。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 彼は誰時の唄(上)

    寮で同室になった先輩と後輩の1年間の話

    388,200

    0


    2022年2月14日更新

    明け方を指す「カハタレドキ」ーーそれはやがて、二人にとってかけがえのない時間となっていった。 高校一年生の三学期、寮替えに伴って、2号館寮長の高森と同部屋になった小野田。 小野田は、幼いころ骨折してまで自分のことを救ってくれた日花里を、いつか自分がヒーローとなって守りたいと思っていたが、自分の兄と日花里が結婚し実家で同居を始めるのをきっかけに寮のある鐸明高校へと入学し、いまだに恋愛にも興味を持てずにいた。 一方、高森も彼女がいないようであったが、実は前年に同室だった同性の先輩を好きだったようだという噂を聞き、小野田はそれが本当なのか気にするようになっていく。 小野田のランニングのために毎朝ふたりきりで過ごす時間を重ねるうちに、二人の仲は徐々に縮まっていくが…… 小野田目線で語られる、高校の寮での日々の物語。

    読了目安時間:7時間32分

    この作品を読む

  • 異文化 こみゅにけーしょん ムズカシ

    両思いなのにセフレと勘違いする。

    2,100

    0


    2022年1月3日更新

    イマイチ自分に自信が持てない、アカデミーの留学生・マツリは密かに思いを寄せていた先輩・竜人のエンリーハと肉体関係を持つ。以来、エンリーハに誘われれば体を重ねることを繰り返し「これはセフレってやつだろう」と納得する。ハナから恋をあきらめていたマツリは、エンリーハが飽きるか留学期間が終わればこの関係もなくなると考える。しかしあるときそれが勘違いだったと気づく出来事が起こる。 ※両思いなのにセフレと勘違いするベッタベタだけど好きなやつを書きました。都合上、性的に露骨なセリフが含まれています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • キスのさきゆき

    「キスのあとさき」の続編です

    44,100

    0


    2021年12月28日更新

    一緒に暮らし始めた相良と小浪。順調に関係を深めてきた二人だが、職場の同僚の恋を応援するために合コンに参加することになり、少しづつすれ違いはじめ……。 ほのぼのリーマンBLです。

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • キスのあとさき 後日譚

    キスのあとさきのその後の話

    9,300

    0


    2021年12月20日更新

    キスのあとさきのその後の話を、周りの人たちの目線で語ります。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • キスのあとさき

    キス勝負から始まった職場の先輩後輩の話

    32,500

    0


    2021年12月19日更新

    飲みの席でキス勝負をすることになった職場の先輩後輩である相良と小浪。それがきっかけで二人の仲は変わり始め……。 ほのぼのリーマンBLです。他サイトのBLコンテストで佳作をいただきました。

    読了目安時間:2時間30分

    この作品を読む

  • 【百合】――ね

    ひさびさに百合が書きたくて……

    6,700

    0


    2021年8月8日更新

    夏休み中の学校で起きた、ほんの一瞬のおはなし 部活の先輩と一緒にいるときに先生に頼まれた雑用は資料室の掃除。 誰も使っていないであろう薄暗い資料室。 こんなところ掃除する必要ないのではないかと思うけれど、真面目な先輩は先に入っていってしまう。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 望遠鏡なんて要らない

    あの夜勇気をくれたのは流れ星じゃなくて。

    1,555

    0


    2021年5月5日更新

    二人だけの天文同好会。流星群観測をしながら、たったひとりの後輩は言う。 「望遠鏡なんて要らないんです」

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 星に名前なんて要らない

    あのとき、ぼくは彼を殺したのかもしれない

    7,000

    0


    2021年5月4日更新

    高校の天文部で後輩だった彼は、あるとき不思議なことを言った。 「星に名前なんて要らない。そう思いませんか、先輩」

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • あなたの二番でも

    収拾不可能多角関係BL。

    700

    0


    2020年11月14日更新

    秋瑠(あきる)と春夫(はるお)は一卵性双生児ではない。それどころか血の繋がりすらない。なのにこのふたりはぞっとするほど瓜二つで、秋瑠は春夫を「双子の兄弟」として扱い、春夫もそれに甘んじている。そこに割って入るのは不可能だと感じながらも、春夫の後輩であるルカはひょんなことから彼の思い人の存在を知ってしまう。「双子の兄弟」に執着する秋瑠に知られればどうなるか――。ルカはひどく卑怯な手と知りつつ、「二番目でいいから」と春夫に迫り恋人になることを承諾してもらう。一方、それを打ち明けられたルカの幼馴染である洸(こう)は春夫を批難する。しかしルカの意思は固く物別れに終わり、落胆する洸を双子の兄である涼(りょう)は慰めながら、内心彼が「失恋」したことを喜ぶ――。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 恋心と恋心、秋の風。

    凍える秋の日は、誰かの温もりが欲しいもの

    2,000

    0


    2020年11月7日更新

    「明日は一日、私の彼氏として振る舞ってくださいね」 冷たい風の吹く、そんな秋の日。 後輩の少女の奇妙な願い。それを叶えるため、俺はデートをする。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 放課後の魔法使い

    あの夏コン参加作品

    23,000

    11


    2020年8月5日更新

    夏の日、放課後、片想い。 魔法が使えたら、きっと……見つめるだけの私じゃなくなる。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 君の生きる希望となるならば。

    8000字の青春恋愛小説

    500

    0


    2020年5月31日更新

    屋上で「めんどくさい女」と出会った。 彼女の話は唐突だし、こちらの質問には答えない。 ただ彼女の顔が非常に好みで、小聡明さに騙されてしまうから 揶揄われていると分かっていても、心を乱されてしまう。 めんどくさがりな後輩男子×あざとい先輩女子。 青春恋愛小説。 約8000字の短編。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 『好き』になれない

    『好き』になれない少女の物語

    1,100

    0


    2020年2月14日更新

    バレンタイン百合のお話です。 「好き」になれない先輩が好きな後輩のお話。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • その言葉を言わせたい

    正直すまんかった。

    1,300

    0


    2019年11月23日更新

    もうすぐクリスマス。憧れの人である先輩と聖夜を共に過ごしたい『私』は、勇気を振り絞り彼に伝える。 帰って来た返事はNO。気落ちして寝入る私だったが、後から来た返事は――。 年の瀬フェア用に書いたもの。作者の性根の悪さが窺える作品です。 深夜テンションで書いたからなおさら酷い。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 鬼頭幽明録~先輩と僕~

    僕の日常はほぼ怪異と先輩で占められている

    2,000

    0


    2019年8月4日更新

    八柳葉介は、大学でオカルト事が大好きなちょっと変わった先輩と出会う――。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む