全寮制男子高校

検索結果:1件

  • 城下町スクールライフ(一年生編)

    全寮制男子高校の日常です

    30,600

    0


    2021年3月31日更新

    (ボーイズラブではありません。女装、恋愛、スーパー生徒会などもありません) 本州の最西端にある、九州との境目の湾岸都市、長州市(ちょうすし)。 八百年前には源平合戦と呼ばれる戦の最終決戦地、百五十年前には維新(いしん)の重要な舞台にもなった。 現在では寂れた静かな城下町となっている報国町にある、全寮制の男子高校[報国院(ほうこくいん)男子高等学校]。 藩校からの歴史を持つ学校は、現在も多く、維新志士の子孫が通うという。 東京で生まれ育った乃木(のぎ)幾久(いくひさ)は、明治の元勲、乃木(のぎ)希典(まれすけ)の子孫である。 しかし、ドラマで乃木希典が無能という表現をされてしまい、クラスメイトからいじめにあう。 つい反撃するも、時期は中学の卒業前、進路もいじめた相手と同じ学校へ決定済み。 悩む幾久に、父は言った。 「幾久、父さんの母校へ行ってみないか?」 教育ママの母親からも逃げたくて、サッカー選手の夢も消えた主人公、乃木幾久は、父の母校である長州市の報国院男子高等学校へ進学する。 そこで出会ったのは、幾久と同じく維新志士の子孫である、個性的な先輩達だった。 『ブラックバード』と呼ばれる、真っ黒な制服を纏う、少年たちの成長ストーリー。 悩み、考え、時には喧嘩もしたりする男の子たちの日常です。

    読了目安時間:3時間53分

    この作品を読む