内政

検索結果:10件

  • トラウマと迷信を失われた技術で打ち破れ!

    ♡12,050

    〇1,000

    異世界ファンタジー・連載中・44話 青猫海葉

    2019年8月23日更新

    氷河期が到来し、人類は生き延びることに成功したものの、新グレートブリテン王国ノーデン領では技術水準と文化が中世ヨーロッパ並みに後退してしまった。 人に言えない母親に性的虐待を受けていたという過去を持つ女嫌いの主人公、次期領主オーランドは教会の言うことに従わねばならず、外国との交流もない閉じられた世界に息苦しさを感じていた。 ある日、彼は「幸運のお守り」の白い蛾のペンダントを気まぐれに買った。 驚くことに、そのペンダントは女の声でしゃべるペンダントだった! 信じられないことに、ノーデン領を襲った外からの攻撃に対処する方法をオーランドに授けた! さらにはノーデンを豊かにするための失われたはずだった旧世界の技術と、海に沈んだと教会が言っている外国と交流できる可能性まで指し示したのだ! 女は苦手だが、カーラと名乗るこの虫のペンダントは信頼できる。オーランドはカーラの助言に従って、領内の改良を始めるのだった――。 産業革命×異世界の、転生なし異色ファンタジー、ここに開幕。 原作者による登場人物紹介https://novelup.plus/story/138310886 続編「絹の娘たち」https://kakuyomu.jp/works/1177354054888685832 原作 種 『彼女は正に絹の娘』 アレンジ 青猫海葉 この物語はフィクションです。実在の艦艇、組織、人物とは一切関係がありません。 *カクヨム、なろう、pixivにも掲載しています

  • 腹ペコ魔王(♀)国造り奮闘記

    ♡20,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・39話 紗雪ロカ

    2019年8月23日更新

    「それでは魔王様、勇者が攻めて来ますので我が軍を率いて何とかして下さい」 「……え?」 気づけばそこは暗黒城の玉座で、目の前には金髪碧眼のイケメンが跪いている。 私が魔王の生まれ変わり?何かの間違いです勘弁して下さい。なんだか無駄に美形な人外達に囲まれてるけど逆ハーとか求めてないんで家に帰して! これは、渋々ながらもリーダーを務めることになった平凡OLが(主においしいゴハンを食べる為に)先代魔王の知識やら魔法やらを駆使して、争いのない『優しい国』を目指して建国していく物語。 ※この話は別所にも公開しています

  • 元サラリーマンが送る内政&冒険活劇

    ♡22,126

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・89話 八十八

    2019年8月23日更新

    些細なきっかけで死んでしまったサラリーマン大月承治(おおつき じょうじ)は、天界人(?)との契約により異世界で人生をやり直すことになってしまった。 エルフ、獣人、ドラゴン、魔法――そんなファンタジーが蔓延る世界で、元サラリーマン大月承治が始めた新たな生業とは……机の上で書類を作成し、出入りするお金を計算し、依頼された事務手続きを進めるデスクワークだった! いや、それって転生する前とやってること変わらなくない? 承治の持つ能力は、転生時に与えられた『一級言語能力』と、過去に培った事務知識だけだ。特別な力なんて夢のまた夢。まるで一般人だ。 そんな承治は、王宮に務める聡明で美人なエルフ族の上司・ヴィオラの下でデスクワークに励みつつ、異世界特有の様々な事件に巻き込まれていく……。 元サラリーマン大月承治の運命やいかに!

  • ゲームに似た世界で必死に生きる人達の話し

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話 戸村和多利

    2019年8月23日更新

    ある日突然、MMORPG「ネクストテラ」のプライヤ達はゲームの世界に取り込まれてしまった。 しかしそこは、ゲームの時のシステムは消え失せ、ゲーム内とよく似た魔法が使えるだけの19世紀頃の世界だった。 探検家と呼ばれたプレイヤ達はギルドや貴族達の派閥闘争、そして戦争に巻き込まれながらも必死に生きてゆく。 果たして探検家達は元の世界に生きて帰還する事が叶うのか。それともこの世界で馴染み生活していく事を選ぶのか。 【この作品は「カクヨム」「アルファポリス」「小説家になろう」と重複投稿をしています】 ※この物語はフィクションであり、実在する国家・団体・地名・人物とは一切の関係はありません。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※この物語は、実際に起こった災害や事件、戦争を参考にした模写が出てきます。

  • おねショタもの。設定、世界観重視

    ♡3,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・20話 西方政府軍兵士あるいはスターバスターココナッツ

    2019年8月21日更新

    平凡な女子高生だった藤野美咲は、突如、異世界に転移させられた。 異世界に送られた彼女は、事態を把握する間もなく、現地で最強を誇る帝国 アウルム帝国の軍隊に捕えられてしまう。その後、皇帝への献上品として、帝都に送られた彼女を待っていたのは、皇帝の唯一の男子である皇子 フィリウスの奴隷としての扱いだった… そして約150年ぶりに現れた異世界からの人間を自らの奴隷として所有することになった第1皇子 フィリウスは、美咲を性欲の対象と見ていたのであった。 突如として異世界に飛ばされ、年下の皇子の奴隷となった女子高生は、元の世界に戻ることが出来るのか? 彼女の存在は、異世界をどう変えていくのか。 戦記物と内政物の要素を併せ持つファンタジーとなる予定です。

  • なろうでも連載してます

    ♡320

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・20話 糸井嵜 諸常

    2019年8月20日更新

    高校生2年の冴えない男子、小野倉正志は塾からの帰り道、信号無視をしたトラックに轢かれそうになった女の子を助けた代わりに、トラックな轢かれてしまった。 何故かもう一度目が覚めるとそこは、病院でも自宅でもなく、デッカイ(そしてボロい)中世東欧風の城の中だった!? 聞くと俺は王国の王太子になったのだという。 破綻の1歩手前な財政に詰みかけてる周辺状況、さらに国内貴族の対立に死にかけの王とこれでもかと死亡フラグ満点の王国を生き残させる為、王太子のギリギリの戦いが繰り広げられる!?

  • 悪役令嬢よ、山を掘れ

    ♡15,900

    〇20

    異世界ファンタジー・連載中・25話 甘味亭 太丸

    2019年8月5日更新

    石マニアをこじらせて鉱業系の会社に勤めていたアラサー研究員の末野いすずはふと気が付くと、暇つぶしでやっていたアプリ乙女ゲームの悪役令嬢マヘリアになっていた。 しかも目覚めたタイミングは婚約解消。最悪なタイミングでの目覚め、もはや御家の没落は回避できない。 このままでは破滅まっしぐら。何とか逃げ出したいすずがたどり着いたのは最底辺の墓場と揶揄される炭鉱だった。 これは生き残る為に山を掘る悪役令嬢の物語。

  • 邪悪な文明の圧倒的異世界蹂躙!!

    ♡13,550

    〇2,300

    異世界ファンタジー・連載中・32話 鹿角フェフ

    2019年7月25日更新

    生まれてから一度も病院から出ること無く18年という人生を終えた青年、伊良拓斗。 彼は死後、不思議な世界で目覚める。 困惑する彼に語りかける少女は、驚いたことに彼が生前一番好きだったシミュレーションゲーム『Eternal Nations』に出てくるキャラクター――。 「一人世界征服」「チートロリ」「壊れ性能」でおなじみの英雄ユニット『汚泥のアトゥ』だった。 破滅を司る文明『マイノグーラ』の支配者となったイラ=タクトと、現実世界を知る配下アトゥ。彼らはその邪悪な力を持って――ひたすら内政する為に引きこもろうと企んでいた!

  • 皆様の声援のみが力の根源です。

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話 ヨルシカ

    2019年7月22日更新

    高校生、氷堂 誠(ひょうどう まこと) は、現実世界で助けた男の子?に巻き込まれ、異世界へと飛ばされてしまう。 周りの支援もあって、徐々に飛ばされた先の世界、ラヴィエンテの事を学んでいく誠。 そして気付くのだった、この世界には酒がない。 しかも冒険者がいないという事に。 異世界に飛ばされた、酒造り職人の息子、誠が、世界初のお酒と、世界初の酒場、そして世界初の冒険者ギルドを立ち上げる! やがてギルドは、始まりの冒険者の国へと……。 一癖もふた癖もある冒険者達に囲まれながら、誠は今日も酒を振舞う。 冒険者達の、無事と成功を願って。 今宵もギルドには、賑やかな笑い声が響き渡るのだった。 ──異世界に飛ばされた少年が、その世界にはないお酒とギルドを作り、冒険者達を育てていくという開拓話です。 そしていつか、異世界初、冒険者の王国を……

  • ツン甘執事と天才王女の異世界恋愛譚!

    ♡2,800

    〇未参加

    恋愛/ラブコメ・連載中・14話 ぱすと

    2019年6月6日更新

    建国以来の才媛と謳われたエレナ王女、しかしその中身は前世で非道の限りを尽くした『元』悪役令嬢でした。 そんな彼女が不本意ながらも国政を立て直し、王国を躍進させる……予定です。 *セルフレーティングは念のためです。そこまで派手なことにはならないと思います。 *本作品は『小説家になろう』の方でも連載しております。そちらに加筆修正をかけたものをこちらに連載する予定です。