冒険者ギルド

検索結果:12件

  • ファンタジーコメディ

    ♡380,332

    〇10,070

    異世界ファンタジー・連載中・376話・918,022字 秀典

    2020年9月20日更新

    ギルド戦力調査部とは、ギルドを利用してくださるお客様に(冒険者に)安心な冒険を提供する為に設立した部署である。 冒険者を支援する縁の下の力持ちなのだが、その業務は過酷だ。 仕事内容は、野にいるモンスターの能力値を決めたり、新種のモンスターを発見したりと様々で、そのレベルや力、色々な能力値や技の設定まで調べているのは、彼等の力があるからなのだ。 攻撃をを受け止めその力の数値を測ったり、モンスターの居る場所の調査をして依頼書を書いたり、近くの町に依頼を探しに行ったりと、真っ先に調査しに行く彼等は冒険者以上の過酷さがある。 測量士と呼ばれる職業のクー・ライズ・ライトとウェポンテイマーという職業のファラ・ステラ・ラビスは、今日もそんな仕事に奔走していた。 測量士とは、自身の手で結界をつくることで力を発揮する職業である。 敵の特殊能力を変換し、自身のステータスにプラスするという旅には向かない能力を持つ。 だからあんまり戦いには参加しないし、結界に引き込むのに苦労する。 そんな彼は頑張りたくない人なのだった。 かってに襲いかかって来る敵。 なぜか襲いかかって来る仲間。 襲いかかって来る貧乏と借金。 草を食って喜べる彼に幸せな人生が訪れますように。 ☆☆☆ 基本コメディ、というか全部コメディです。感動はしません。だいたい変な人物に変にからまれて変が加速して行きます。主人公が不幸になったりならなかったり、色んなことがあって日々を生き抜いてゆく物語です。ギルドの仲間もおかしな人が続々出て来て基本ダメな人だらけです。真面な人の方が少ないですよ。当然主人公もダメな人です。 三月から19時更新予定。だいたい二日に一回更新。

  • 街がある。彼らは支え合って、生きている。

    ♡53,000

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・119話・498,977字 下間 悠

    2020年9月18日更新

    ※ 「この街のギルドは冒険者の保護と育成に手厚い?」 から改題しております 地球から異世界に飛ばされてきた日本人男性、アキラ。 彼を囲むのは金髪巨乳のギルド受付嬢。 黒髪オデコちゃんの凄腕門番衛士。 そしてなにやら得体の知れない赤毛の妖怪……いや、エルフ? そんな三人にあれやこれやと世話を焼かれて。 アキラは異世界の街で、冒険者として『普通』に生きて行く。 魔王を倒すわけでもなく、王国を興すわけでもなく。 街に住む者の一人として、自分にできることを探して暮らしている。 他愛のない、だけどかけがえのない日々を紡ぎながら。 彼が暮らすのは、ラウツカと言う名の街。 白く大きな城壁と、実り豊かな海を持った、どこにでもある素敵な港町。 街の住人とアキラの日々が、ここから始まる。 登場人物紹介 ()内は愛称 東山暁(アキラ) 1984年生まれ、26歳の日本人、とぼけているが仕事ぶりは真面目 エリザベス・ヨハンセン(リズ) 1999年生まれ、20歳のアメリカ人、巨乳受付嬢 ウォン・シャンフェイ(フェイ) 1345年生まれ、24歳の中華人、武術の達人 ルーレイラ(ルー) 年齢200歳を超える赤エルフ、博識だけど酒癖が…… クロス・クロルデン(クロ) 白毛の狼系獣人、もふもふ担当 ロリータ・ラブシック(エルツー) 18歳の並人(ノーマ)の魔法使い、ロリ担当 ウィトコ 本名、生年月日不明、ネイティブ・アメリカン、スー族の転移冒険者 ドラクール・ブラッドスピア(ドラック) 竜族獣人(リザードマン)の屈強な男 リロイ・ジャックウェル(リロイ) ラウツカ市ギルド支部長のイケダンディー 大河内虎四朗(コシロー) 1843年生まれ、日本出身の転移者で攘夷の志士、最後の侍

  • シリアスな世界でゆるふわコメディ!

    ♡153,650

    〇2,100

    異世界ファンタジー・連載中・27話・58,534字 寿甘(すあま)

    2020年9月16日更新

    人類はまだ、世界の20%ほどしか網羅していない。 各国の王は、自国民の暮らしを豊かにするため未知の領域を開拓し、領土を拡大しようとしていたのだが、どの国も他国を出し抜こうと独自に開拓者を派遣しており、足並みが揃わないでいた。 未知の領域には、恐ろしい魔物や踏破困難な地形が無数に存在するのに、である。 そんな状況で、開拓者達を相互支援する組合ーー冒険者ギルドーーを立ち上げた女性が、個性的な冒険者達に振り回されながらギルドを運営していく物語。 目指すは、世界一の巨大組織!

  • 剣と魔法の王道物。これぞ最強キャラ小説!

    ♡75,551

    〇115

    異世界ファンタジー・連載中・132話・469,468字 帆ノ風ヒロ

    2020年9月13日更新

    竜の存在を信じるかい? 絶滅してから二百年。今や夢物語だ。 でもな、俺の秘密を知る奴は、きっとこう言うはずさ。 あいつは竜の化身だと。 大型魔獣も圧倒の、無双の力を手に入れた。 冒険者の俺に与えられた称号は「碧色の閃光」。 力の謎を解くための旅だったのに、 美人魔導師との出会いが運命を変えたんだ。 きっとこれも何かの縁だ。酒なら奢るよ。 俺の話にとことん付き合ってくれ。 夢と興奮に溢れて、少しスケベな冒険譚。 決して退屈させねぇよ。 著作者:帆ノ風ヒロ 無断転載は固く禁じます。

  • 転生した高校生が異世界を過ごす!

    ♡3,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・79話・296,825字 カムラ

    2020年9月12日更新

    現代に生きる高校2年生17歳の剣持匠真は両親と死に分かれ、一人の生活を送っていた。 そんな彼は、生まれながらの不幸体質の影響か、行く先々で不幸に見舞われる。 なので彼は、周りを巻き込まないように友などは作らず、なるべく一人でいるようにしていた。 ある日、彼は、不幸な事故によりその生涯を終えた。 意識を取り戻した時に目に飛び込んできたのは、土下座をして謝ってくる、神を名乗る美女。 この出会いをきっかけに、匠真の新たな人生が始まる。 ◎R15は保険です。 基本はのんびり、たまーにシリアスがあるような作品となっています。 初執筆作品なので、暖かく見守ってくださると嬉しいです!

  • 2020年8月1日更新

    「お前に、ランク偽造の疑惑がかかっている」 逃げ回ってばっかりだし叫んでばっかりのSランクソロ到達冒険者『ノア・レルヴィン』は突然ギルドマスター『代理』に追放を言い渡される。 しかし彼は未だ存在しないと噂されるSランクソロ、依頼達成率最高を意味するレインボーカードを持ったSSR級の冒険者だった。 だがその性根はコミュ障ビビリ。魔物怖いし、幼馴染のギルマスはちょうど不在だし、これ幸いとばかりに帰ろうとするのだが……道中で故郷に置いてきた妹にばったり! 妹の前で格好良くしたい彼は逃げるのをやめ、更に昨今のギルドでは『わざと追放させるよう誘導する詐欺』が流行っているらしいと知り、己の疑いを晴らすことになる。 え? 依頼の様子を配信してるの? 生き恥をさらすことになっても知らないよ? 掲示板まで立ってる? マジ? 本当に大丈夫? 妹の前でしか実力を発揮できない。なのにそこに妹がいない……なら、その場にいる人を妹だと自己暗示すれば万事解決だよね! お前ら全員妹だオラァ! そんなSSR級雷属性チートのやべーくらいうるさいお兄ちゃんが、詐欺や召喚獣乗っ取り、ブラックギルド事件、立場乗っ取り事件などを解決していくお話。 ※ 感想返信はできませんが、したほうがいい・気になったものがあった場合あとがきにて答えます。 ※ ある程度書き溜め済みです。

  • 約束のしるしに、これを預けていくよ。

    ♡62,650

    〇1,820

    異世界ファンタジー・完結済・108話・310,070字 月音

    2020年7月26日更新

    幼い頃に出会った少年との再会を夢見て、独学で白魔法を学んだレフィスは冒険者ギルド「フレズヴェール」の門を叩いた。 紆余曲折の末、晴れて冒険者の証を手に入れたレフィスの仲間になったのは、無愛想な魔法剣士と毒舌エルフ、無駄に色気を垂れ流す妖艶な美女の三人。 一癖も二癖もある仲間たちとファーストキスを奪われたり、猫になったり、舞踏会に潜入したりしながら、優しくも強い友情と、そして切なく温かい愛情を育んでいく。 十年前に反乱の起きたルナティルスの秘宝ブラッディ・ローズを巡り、知らない間に国家間の争いに巻き込まれていくレフィスたちの運命は……。 笑いあり、シリアスありの冒険&恋愛ファンタジー物語。 読みやすいように、1章ごとに話を纏めています。(旧・Bloody Rose。タイトル変更しました) ※他サイトでも投稿しています。 ※表紙はなおん様からの頂き物です。無断転載禁止。

  • 東の国から来た娘はテイマーになりたい!

    ♡11,100

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・3話・7,392字 杵島灯

    2020年7月20日更新

    東の国からテイマーという職にあこがれて西の国へやってきたサヤ。 しかし彼女は巫女としての能力は高くても、自身には特に何の能力もない娘だった。 冒険者ギルドで「国へ帰った方がいい」と言われた彼女は、それでもやっぱりテイマーになりたいらしい。 果たしてサヤは本当にテイマーになれるのか? ◆不定期更新です。 ◆R15は保険です。 イラスト:白玉ぜんざい(@shiratama5222)様 作品ロゴ:紅蓮のたまり醤油@小説家になろう(@buU6eVC5WX4dNxM)様

  • 小説家になろう!にも掲載中(。・w・。)

    ♡3,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・113話・409,089字 キキ

    2020年5月25日更新

    …これは不運か作為か…? 少女の投身自殺に巻き込まれ電車と衝突し死んでしまった30歳独身の会社員…主人公『黒永悠』。 死んだ悠を待ち受けていたのは天国でも地獄でもない…狭間と混沌の領域…そして綺麗な女の声だった。 声の主は驚くことに異世界の女神だと告げる。 悠は名前も知らぬ異世界の女神から特別なスキルと加護を授けられ地球とは似て非なる不思議な異世界…パルキゲニアへと召喚された。 ……しかし、召喚された場所は名を奪われし祟り神が封印された恐ろしい祠の中だった。祟り神に襲われた悠は授かったスキルで危機的状況を切り抜けるも意図せず祟り神の契約者となってしまう。 契約者となった悠は魔女モーガン・ル・フェイと出会いこの世界で生きる最低限の知識と闘う力を彼女から学ぶ。 そしてモーガンの助言に従い契約者としての力を活かすべくミトゥルー連邦の首都『ベルカ』にある冒険者ギルド総本部『金翼の若獅子』で無所属の冒険者として活躍していくのだった。 普通に暮らしたい悠の願望と裏腹に刺激的な日常が彼を待ち受け日本で暮らしていた時は得られなかった…家族…友達…仲間との絆が次第に強く芽生えていく。 …これは女性の好意に鈍感で呆れるほど理想主義者の主人公が異世界で奮闘する物語である。

  • 2020年5月10日更新

    どこにでもいそうな16歳の高校生であるレイはある日、突然の交通事故により死亡してしまう。 目を覚ました彼に待っていた世界は天国でも地獄でもなく、リベルタと呼ばれる広大すぎる異世界だった! レイのそばには同年代と思われる人達が多数おり、誰一人としてここがどんな世界なのか、なぜこの世界に来たのかわからない。 一人の女性に案内され着いた先にあるのは、リベルタ総合受付兼志願兵寮紹介所、ユグドラシルと呼ばれる案内所だった。 そこで彼らはこの世界に来たのなら、提示する二つの内、必ずどちらかを選ぶようにと説明される。 一つ目は寮に入って講習を受けた後、志願兵となってモンスターを倒し、成果を挙げ、帝国直属の戦士である正規兵を目指す。 二つ目は志願兵になることを拒否し自ら働き口を探してこの世界で生きていく。 志願兵になり、正規兵を目指すことに決めたレイは流れでその場にいた五人とパーティーを組み、生と死が間近に存在するリベルタを生きていく。 自己中心的な性格を持つナオト。 冷静に物事を判断し、他人に優しいコウヤ。 レイをそのまま女にした様な性格をしたアヤ。 一番小柄かつ声も小さく小動物のようなユイ。 女子ではあるが、非常に男勝りな性格をしているハンナ。 やがてレイは、かつて人々から「死神」と呼ばれ、恐れられていたノアに師事するようになり、リベルタで生きていく術を直接彼から学んでいく。 そして、レイはノアに誓う。俺は大切な仲間を守れるように歴代正規兵の誰よりも強くなってみせる。それこそ、誰も敵わない史上最強の正規兵になってみせる!と。 これは、どこにでもいそうな一人の少年が史上最強の正規兵を目指し、徐々に成り上がっていく物語。 タイトル回収は相当後になります。 ※小説家になろう様にも転載しております。

  • 納豆はパンに挟んでも美味い!

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話・10,694字 下間 悠

    2020年3月3日更新

    白く美しい城壁を持つ港町、ラウツカ。 その街に暮らす赤い髪のエルフ、ルーレイラは長旅の冒険を終えて帰還する。 冒険者が住む街と、そこに暮らす他の者たちの、些細でありふれた、それでもかけがえのない一日。 そんなお話。 登場人物紹介 ルーレイラ 赤い髪のエルフ。魔法を使って冒険のための道具を作成するのが得意。 フェイ 長い黒髪を持った女衛士。主に城壁城門の番をしている。 リズ 金髪巨乳のギルド受付嬢 ドラック 竜獣人(リザードマン)の男性。大剣を使った白兵戦担当。

  • 異類婚姻譚異色ファンタジー

    ♡19,800

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・189話・474,143字 東導 号

    2020年2月24日更新

    魔法無き異世界から召喚された最強の隠れ勇者と、ふたりのエルフの運命ともいえる出会い。 紡ぎ結ばれる友情、訪れた永遠の別れ、再会への渇望。温かくも儚《はかな》い恋愛ファンタジーです。深き地下世界に暮らしていたダークエルフの王女エリンは、怖ろしい悪魔王と眷属に父と一族全員を殺された。悪魔に穢される寸前のエリンを圧倒的な力で助けたのは謎めいた魔法使いダン。絶対に付いて行く、連れて行く筋合いはない、押し問答の末、エリンはダンの家へ無理やり『押しかけた』のだ。一方、高度な召喚魔法により勇者としてダンをこの世界へ呼び出したエルフの魔法使いヴィリヤ。彼女は、いつしか湧いたダンへの熱い恋心を持て余す。神に呪われたダークエルフの謎とは一体何なのか? ふたりのエルフの恋の行方は一体どうなる?