出会い

検索結果:42件

  • 深奥の遺跡へ  - 炎と杯の歌 -

    彼らは絶望から立ち上がる、何度でも

    198,900

    410


    2021年7月31日更新

    彼らは絶望から立ち上がる。何度打ちのめされようとも。 彼らは諦めない。昨日より今日、今日より明日と信じられるようになるために。 人と闇の怪物がせめぎ合う世界。忌み子と疎まれ、孤独の中で育った青年ファルハルド。彼は命を狙う追手からの逃走の果て、同じ痛みを抱えるジャンダルと出会う。 二人はそれぞれの目的の下、全ての願いが叶うと言われる遺跡を目指す。そこは悪魔や竜、強大な怪物たちが待ち受ける神々の試練場。 神秘の遺跡を目指す二人を、大いなる試練が待ち受ける。 これは過酷な世界を仲間と力をあわせ生き抜く、ファルハルドとその仲間たちの出会いと成長、そしてその生き様を綴った物語。 【小説家になろうにも投稿しています】 表紙画像はpixabay様(https://pixabay.com/ja/)提供の無料画像を加工して、使用させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間9分

    この作品を読む

  • この空の上には何がありますか?

    感想などをくれたら嬉しいです。

    400

    0


    2021年7月27日更新

    なんの変哲もない日々を送っていた颯希はある時、世界で差別され「悪魔」と呼ばれている存在と出会う。 そこから颯希の日々は一転した。 彼女は我が儘で何事も颯希に任せっきり。 だが何となく楽しい日々。 しかし彼女らが「悪魔」と呼ばれるには理由があった。 それは寿命が極端に短いのだ。 寿命が近づくにつれて颯希の心情は変わっていく。 「これは悲しく切ない二人の物語」

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 冷たく暑い夏のある日

    夏の五題小説マラソン「打ち上げ花火」

    4,690

    7


    2021年7月18日更新

    来る日もくる日も冷凍車でアイスの運搬、冷たいものを運んでいるのに暑いとはなんてこった。そんなある日、最後の配送先で出会ったのはかなり変わった女の子だった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 霊能弁護士

    幻冬舎R新社コンテスト、二次選考通過作品

    5,000

    0


    2021年7月17日更新

    華やかな活躍を夢見て湊(坂下湊)は弁護士になり大手法律事務所へ就職したが、夢とは程遠い雑務に忙殺される日々が続いていた。そんな時、湊の婚約者(本匠あかり)の父親(本匠元)から突如ある外国企業との大規模な資本提携案件と湊の独立支援の話を持ちかけられる。 念願である個人事務所の立ち上げも叶い、全てが順風満帆に思われた。しかし、ある時を境に運命の歯車が少しずつ狂い始める。 不慮の事故で湊は右目の視野と右耳の聴覚、そして婚約者までも一瞬にして失なってしまう。絶望の淵に立たされた湊だったが体調の回復が進むに連れ、徐々に「死者の気配」を感じ取れるようになる。次第に視野欠損部分には死者が見え、右耳から声までも聞こえ始める。 そして湊は亡き婚約者にもう一度会えるのではと微かな希望を持ち始めるが、湊を取り巻く人々の思惑と数奇な運命に振り回されてしまう。 運命の渦に翻弄される中、自身の微妙な価値観の変化に戸惑いながらも生きて行く。

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • 【人間として、生まれたからには何かやるべきことがあるのだろう】

    人生とは何にか分からなくなった主人公の話

    200

    0


    2021年7月17日更新

    ある日、俺は川に落ちる。そこで出会った少女との話。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 譲り合いの先

    互いの憩いの場が被った時、どうします?

    1,300

    0


    2021年7月9日更新

    誰にも知られていない自分だけの憩いの場だと思ってたのに……

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • ラ・フォレ

    一期一会

    33,600

    395


    2021年6月26日更新

    メディアには一切露出しないカフェ『ラ・フォレ(la forêt)』は、その名のとおり森の中にある。 これはそのカフェで過ごすそれぞれの時間を描いた短編集。

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • Sense

    ファンタジー風味です

    100

    0


    2021年6月25日更新

    聞こえるはずのない声が聞こえる…。けれど、聞こえるだけで…。 人との関わりをあきらめた特異な感覚を持つ少女が、一人の青年と出会う。 ※ふんわりおとなしめなファンタジー

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 独りぼっちのプリン

    社畜脱出物語

    4,600

    40


    2021年6月11日更新

    無気力な主人公は、仕事をサボって海へ来た。そこで出会った「あなた」との交流を経て主人公は変わっていく。 エブリスタにも投稿してる話です。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 探検の書

    普通の人が転生したら多分こんな感じ。

    7,800

    0


    2021年6月9日更新

    俺は5歳の時に異世界に転生した事を自覚した。そこから始まる様々な出会いと別れ、苦労と努力の生き様がここから始まった。 佐藤翔太は日本人として生まれ育ち病死して眠りについた。しかし気がつくと異世界の神殿で"祝福"と言うステータスを貰うための儀式の時に完全に前世の記憶を取り戻した。そして転生した翔太は今世ではフィデリオ愛称リオは周りを見ると明らかに別世界である事に現実逃避しつつも夢にまで見た異世界に興奮していた。 俺は異世界で過ごして行くうちに世界中を旅して回りたいと言う好奇心や偉大な両親や祖父達と同じような冒険をする冒険者に憧れを持つようになる。そして地道な修業と下積み、異世界の価値観の違いに悩まされながら成長して冒険していく物語である。 こんな方にオススメしております ・主人公が最初っから強いスキル・強い道具はお腹いっぱいな方。 ・ハーレムが苦手だけど恋愛・親愛・情愛などの愛模様が好きな方。 ・冒険も良いけどそれと同じくらい日常的な生活模様も好きな方。 逆にこんな人はオススメしません ・生死に関する基本思想に残酷な描写が書かれているのでそう言うのを見たくない方。 ・今後、戦闘場面とかで暴力的描写を書く事もあるのでそう言うのが苦手な方。 *初のオリジナル投稿小説です。 *少しでも話や世界観などが面白いと思って頂けましたら、ブックマークや評価などを頂ければ幸いです。 *本作の著作権はぶちゃ丸(YU-END)にあります。 *無断転載は禁止しております。ご理解よろしくお願いします。 *小説家になろう・カクヨム・アルファポリス個人ブログ:カトリぶちゃ丸で同時連載をしています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間24分

    この作品を読む

  • 銅貨一枚の休日

    すきま時間のための童話。

    300

    0


    2021年6月3日更新

    銅貨一枚をにぎりしめた男の子が休日を過ごします。どんな一日になるでしょうか。 短時間で読める童話を創作してみました。 *「カクヨム」に投稿しています(名義:@ns_ky_20151225)。 *「小説家になろう」に投稿しています(名義:naro_naro)。 *「アルファポリス」に投稿しています(名義:alphapolis_20210224)。 *「エブリスタ」に投稿しています(名義:estar_20210224)。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • ロスタイムの埋め立て地

    妻にも会社にも僕の時間は浪費されていく。

    200

    0


    2021年5月31日更新

    結婚3年の記念日。僕の仕事が終わり次第、専業主婦である由希子と記念日ディナーに出かける予定だった。 なのに化粧に手間取ってすぐには出られない、5分待ってくれと言う。 周りにいいように使われる僕の人生はくだらない。 「あと5分だけ待って」「一生のお願い」が口癖の、時間にルーズな妻。「残業代つかないけど、あと5分やっていってよ」と搾取する会社。 僕が自由に使うはずだった時間、僕が生きるはずだった時間を、集めて捨ててある<ロスタイムの埋め立て地>がどこかにあるはずだ。 そう考えた僕が赴いたのは、とある山際の土地。霧が晴れ始めたとき、前方の地面に信じられない物が現れた。 それは、緻密に組み立てられたプラモデル。妻や会社に自由な時間を搾取されてこなかった理想的な“僕”が、余暇を使って作り上げたのだ。 それは、取得を夢みていた総合無線通信士の免状。自分の時間を有効に使い切った場合の“僕”が合格してのけたというのか。 それは、手垢にまみれた20キログラムのダンベル。使いこなせるようになるまで、どれほどの時間を“僕”は費やしたのだろう。 僕の生きなかった時間を生きた“僕”が、輝いていることを示す代物ばかりだった。 同時に思い知らされる。この充実した“僕”は、僕であって僕ではない。どの物体も決して今の僕にその身を触らせようとはしなかった。 うなだれた僕の前に、一枚の紙切れが舞い降りてきた。今度は、“僕”のどんな栄光の跡を垣間見せるというのか。 おそるおそる覗き込んだ僕は、文字列の一行目に度肝を抜かれた。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 少年の日の思い出と再会の形

    キーワード 魚 十字架 苺  SL 再会

    6,900

    0


    2021年5月5日更新

    少年のころ、僕はある少女と出会う。 その少女とは大人となりかわった形で再会する。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • フランク・ロイドのヰタ・セクスアリス

    妾腹の子、カオルちゃんの物語

    0

    0


    2021年5月2日更新

    ふとした出会いから、セックスしてしまう、ロイドとカオルちゃんの物語です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • この思い、運命と呼べますか?

    運命って一体何?

    60,100

    21


    2021年4月28日更新

    まず過去作ですが、割と最近書いたものです。 運命をテーマにしたファンタジー要素もあるハートフルストーリーです。 構成としては、プロローグ+六章となってます。 一章は三節〜四節あります。 総文字数は30000字ぐらいです。 過去作ですので、毎日一話ずつアップしていけます。

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • 恋はいつも世界のどこかで

    恋はいつも世界のどこかではじまっている

    500

    0


    2021年4月24日更新

    一生の間に、何十万人もの人と行き合い、すれ違う その中で、恋をする相手は何人いるだろう 想いがつながり、共に時間を過ごせる人は数人? そんな運命の様々な恋の物語

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • あなたに逢えてよかった〜101人の物語

    出逢いの奇跡、逢えた歓びを綴る

    500

    0


    2021年4月11日更新

    この世界で出逢った素敵な愛しい人々 一瞬であっても、その名を知ることがなくても 人生の中で、心を交わすことができるという奇跡 一人一人 あなたという人に逢えたことへの歓びと感謝 あなたのしあわせへの心からの祈り わたしがこの世界を去るその日まで 出逢えたあなたへの想いを書き綴り続けます

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • ソウル・エコーズ ~精霊達への鎮魂歌~

    もしかしたら、まだ魔法はそこにあるのかも

    5,100

    0


    2021年4月8日更新

    ――欠けた魂は己が半身を求めて響き合う。暗闇の中を、その声を頼りにここまできた。悠久の時、果てしない旅路を。 「俺の名前は上月雄大。中学二年生。どうやら一度、よく分からないうちに死んでしまったみたいです」 ある日、雄大は命に関わる怪我を負った、はずだった。 それなのに、何事もなかったように日常生活に復帰したことを皆が不思議に思っている。 医者も首を傾げていたが、彼自身にだって分からない。なにせ、記憶が飛んでいる。 なぜ、自分が血まみれで倒れていたのか。誰にやられたか見ていないのか。 色々な人に尋ねられた。 そんなこと、雄大自身が誰かに聞きたかったのに、どこにも答えはない。 そんな釈然としない気持ちを抱いて、久々の学校生活を過ごした帰り道。 「上月ユータ様、ですね?」 彼は一人の少女と出会う。透き通るような白い肌に、朱く輝く瞳。 真っ白な衣に身を包んだ彼女は、一切表情を変えることなく坂の下にいる雄大を静かに見下ろしていた。 彼女の名はリィナ。 白の少女は雄大を誘う。 かつて存在した魔術師が残した最後の秘術。その儀式が引き起こす戦い。 そんな日常から外れた明日へと。 ☆登場人物紹介はこちら→https://gensoryoki.blogspot.com/2020/11/blog-post_24.html

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • チェリー

    3月は別れと出会いの季節です。

    0

    0


    2021年4月2日更新

    本を読むのが苦手な私。 だけど私が好きな彼は本を読むのが好きで博識で。 そんな彼が貸してくれた一冊の本が私の宝物。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 残光の少女

    うらやましい

    1,500

    0


    2021年3月29日更新

    夕暮れの町、その一角の公園で、少年はふと我に帰る。 目の前には、少女と犬。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む