別れ

検索結果:21件

  • 台本打ってるので台本調ですが読み易いです

    ♡18,600

    〇100

    童話/絵本/その他・連載中・111話 背負う地区顎と

    2020年8月12日更新

    ―陰陽思想― とは、何か? "陰"と"陽" 光と影、昼と夜、男と女― 受動と能動、その二つに分けられ、相反するその二つは一方だけでは存在し得ない― 森羅万象その全ては、その二つが調和することで秩序が保たれる― だが… そのバランスは、ひどく繊細である それを崩すモノは、何処にでも居る そして、それを正すモノも… 陰陽織り成す東京を舞台に、一人の男とその仲間達が夜を駆ける

  • 次回「過去との決別」毎週金曜18時公開❗️

    ♡5,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・8話 shoji

    2020年8月12日更新

    華やかな活躍を夢見て湊(坂下湊)は弁護士になり大手法律事務所へ就職したが、夢とは程遠い雑務に忙殺される日々が続いていた。そんな時、湊の婚約者(本匠あかり)の父親(本匠元)から突如ある外国企業との大規模な資本提携案件と湊の独立支援の話を持ちかけられる。 念願である個人事務所の立ち上げも叶い、全てが順風満帆に思われた。しかし、ある時を境に運命の歯車が少しずつ狂い始める。 不慮の事故で湊は右目の視野と右耳の聴覚、そして婚約者までも一瞬にして失なってしまう。絶望の淵に立たされた湊だったが体調の回復が進むに連れ、徐々に「死者の気配」を感じ取れるようになる。次第に視野欠損部分には死者が見え、右耳から声までも聞こえ始める。 そして湊は亡き婚約者にもう一度会えるのではと微かな希望を持ち始めるが、湊を取り巻く人々の思惑と数奇な運命に振り回されてしまう。 運命の渦に翻弄される中、自身の微妙な価値観の変化に戸惑いながらも生きて行く。

  • 貴方には見えますか?微笑む妖精が。

    ♡3,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・8話 flat A y

    2020年7月23日更新

    今年で20歳を迎えようとする草野恵子は大学を中退し、自分の故郷である片田舎の町に帰ってきた。将来の夢もなく、ただ闇雲に突っ走てきた彼女はとうに疲れ果てしまっていた。 そんなある日、彼女はある幼い少女を見かける。その少女には見覚えがあった。 それは、クラスに馴染めず孤立していた当時の恵子のそばにいつも一緒に居てくれた一人の『妖精』だった。 人生という険しい道に迷った一人の女性の、不思議で大切な数日間の物語。

  • 七夕にちなんだ作品です♪

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・2話 はなのまつり

    2020年7月7日更新

    七夕に合わせて、恋愛ものを書いてみました。 今回は、2人の視点で分けた二部制のショートストーリーです。 1話 ~霞空~(彼の視点) https://youtu.be/A__ABuv2rfA 夢を抱き上京するも、理想と現実のギャップに苦悩する青年。 地元においてきてしまった、当時の彼女に想いを馳せている時、出会った一人の女性。 それは雰囲気だけで、似ても似つかない人だったが、彼を動かすには十分だった。 そして彼は走り出す。あの笑顔を求めて。 2話 ~七夕~(彼女の視点) https://youtu.be/DjxPbfjZazI 幼馴染で小さい頃から大好きだった彼。将来は結婚して一緒になるんだ、そう思っていた。けれど独り残される。いろんな誘いはあったけれど、彼が忘れられなくて、今日もまた独り、短冊を作り星に願う。 叶いもしない。そう思った時、一つの流れ星が。そして…… ――――――――――――――――― 想いのすれ違い、環境の違い、色々あって上手くゆかない時もある。 けれど話して、相談してみると、意外と上手くゆくこともある。 七夕にちなんで、お互いの想いを、短冊に乗せて送り合ってみては如何でしょう? 遠く感じていた距離も、縮まるかも知れませんよ♪ スキマ時間などに、ご覧いただければ、幸いです。 ※ショートです。 ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 ※プロフィールのリンクから、以下のサイトに移動できますので、もし宜しければご覧くださいませ♡ 《はなのまつり 各投稿・告知先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ ・Youtube ・Twitter ・Instagram 《各投稿先リンクサイト&SNS》 https://linktr.ee/hanano_matsuri ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/

  • 読んでいただけると嬉しいです

    ♡1,000

    〇未参加

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話 青蘭

    2020年6月28日更新

    飲み歩いて終電を逃していた愛華に声をかけてきた空芽。 酔った勢いもあり男女の関係になった2人だがそれは運命の恋の始まりだった。

  • 遅ればせながら、父の日にちなんだ作品です

    ♡400

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話 はなの まつり

    2020年6月27日更新

    幼少期から会話のなかった父と娘。 子供ながらに疑問に思いながらも過ごす日々。 父の死がきっかけで知ったまさかの事実。 ―――――――――――――――― 父親というものは基本的に疎ましかったり、近寄りがたいものだったりすると思います。だからなかなか話す機会がなくて、遠ざかっているかもしれません。 けれど本当は誰よりもアナタのことを考えていて、誰よりも大切に思っているのだと思います。 語る機会があったのに、語れなかった。語りたくてももう出来ない。 そんなことにならぬよう、今目の前に時間を大切にして頂ければと思います Youtubeにも動画として投稿してありますので、良ければご覧下さいませ♪ https://youtu.be/F1wvaNpCL2E ※超ショートショートです。 ※父の日には不謹慎かもしれませんが、思いついちゃったので許してくださいww ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 お時間御座いましたら、スキマ時間などにご覧いただければ幸いです。 プロフィールのリンクから、以下のサイトに移動出来ますので、もし宜しければご覧くださいませ♡ 《はなのまつり 各投稿・告知先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ ・Youtube ・Twitter ・Instagram 《各投稿先リンクサイト&SNS》 https://linktr.ee/hanano_matsuri ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/

  • 忘れられない、母の手のぬくもり

    ♡62,500

    〇4,460

    文芸/純文学・連載中・5話 七星満実

    2020年6月21日更新

    遠い昔。 夏の日の午後。 「美味しいクリームソーダを飲み行こう」。 私は母に連れられて、見知らぬ町へとやってきた。 照りつける太陽。セミの声。古ぼけた喫茶店。 消えない胸の痛みと、忘れられないあの味。

  • もし恋を知らなかったら・・・

    ♡400

    〇0

    文芸/純文学・完結済・35話 佐藤つらら

    2020年5月29日更新

    恋を知らなかった・・・教えてくれた君に感謝します。 お金持ちで有るだけで、周りから嫌われてる公平、それを側で支える梓。 孤児院を、失い公平の家に助けを求める結衣と聡美。 それぞれ考え方は違えど、望むのは自分の平穏な日常、気難しい公平を相手に奮闘する結衣と聡美、無事に平穏な日常は手に入れられるのか。

  • 最初はハピエン作品を書こうとしたのにな…

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 あいえる

    2020年5月3日更新

    家柄の良い少女のお話し。 彼女が何を考え何を捨てたのか。 想いの一片をここに綴る。

  • 桜は散ったとて美しくその身を焦がす

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 榊 凪

    2020年4月16日更新

    ノベリ隊用

    タグ:

    病室 別れ

  • いつか必ず来る日が、今日だったなんて。

    ♡14,300

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 七星満実

    2020年1月27日更新

    君は、僕を友達だと思ってた? もしかしたら、弟みたいに? それとも、単なる幼馴染み? 答えを聞けないまま、僕らは大人になった。 それでいいとすら思ってた。 気怠い週末の午後、一本の電話が入った。 それが、君からの最後の電話になった。

  • いつでもじゃないけど、また会えるよ。

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 いとまき かわら

    2020年1月12日更新

    雪が溶け、春の日差しに包まれた朝。 それは、いくつかの優しいお別れの朝でした。

  • 忘れている想い、ありませんか?

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 龍央

    2020年1月11日更新

    濵端 敬次郎(はまばた けいじろう)52歳は、少し疲れた会社員。 鞍本 琴栄(くらもと ことえ) 52歳は、雑貨屋を営む着物の似合う女性。 いつものように敬次郎が琴栄の店に行き、何気ない雑談をして安らぎを得る。 そんな毎日は、敬次郎の孫が生まれてしばらく後に様変わりをする。 敬次郎が気付けなかった琴栄の病、後悔しても戻らない時間。 思い出した昔の想いと、煙管の香り。 どうしようもない後悔と、忘れている想い、あなたにはありませんか?

  • みんなも見た事あると思うあれです!

    ♡100

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話 山田 たりょう

    2020年1月3日更新

    知ってるよ。 これがありふれた恋だって。 よくある話だって。 特別なんかじゃないって。 だけどさ、この気持ちは、この想いは私だけのものなんだ。 例えこの気持ちが届かなくても私はあんたが好き。

  • 幼馴染みっていいよね。

    ♡1,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 鉄根金文

    2020年1月2日更新

    幼馴染みでペアの達也はこの試合に勝ったら咲良に告白すると言った。本当は勝ちたくない試合だ。でも、勝たざるを得ないんだ。それが二人のためなのだから。

  • 88ある星座の世界を旅するように。

    ♡24,800

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・18話 旭山リサ

    2019年12月5日更新

    ✿❀ 旭山リサの「短編集・詩集」です。 ❀✿ ✿❀ 少しずつ更新します ❀✿ ✿❀ どうぞよろしくお願いします ❀✿ ↓ 更新予定 ラインナップ ↓ 【天乃川の歌 (詩集)】 夜空には、星座が88あるといいます。 星の世界にまつわる詩や、哲学的な詩など。どれか一つでも、心に残るものがありますように。 【アリスと欠けたティーカップ】 茶会に招待されたアリス。 後日「あなたの使ったカップが欠けた」と謝罪を求められたアリスは…。 ☆挿絵は、フリー画像を使用しています。 イラストAC様 【https://www.ac-illust.com/】 写真AC様 【https://www.photo-ac.com/】 ★表紙に使用したフリー素材 ☆アリス(浜井れんこん様) https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=1184135&word=%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9 ☆海辺の天の川(キイロイトリ様) https://www.photo-ac.com/main/detail/219447?title=%E6%B5%B7%E8%BE%BA%E3%81%AE%E5%A4%A9%E3%81%AE%E5%B7%9D

  •  探偵EMAが巨大犯罪組織に挑む!

    ♡100

    〇15

    ミステリー・連載中・30話 吉田真一

    2019年10月2日更新

    南の孤島『極神島』に単身潜り込み、巨大組織に無謀な戦いを挑む探偵『EMA』。 銃で撃たれ、背中に焼き印を打たれ、傷だらけになりながらも、着実に悪の巨大組織を追い込んでいく壮大なバトルは、全45章40万文字に及びます。最後まで息つく所はありません。 涙あり、笑いあり、怒りあり、驚きあり......全ての要素が盛り込まれた超人情熱い長編小説です。 是非、ご観閲の程、宜しくお願い申し上げます!

  • 誰よりも愛した人への嘘

    ♡400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 葵 一樹

    2019年9月29日更新

    『おめでとう』祝いの言葉 —僕はそれを彼女に伝えられなかった。

  • 空の向こうで生きている。

    ♡400

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 黒砂糖。

    2019年7月8日更新

    この広い空へと手を伸ばす。 神様にまでは届くかな? ※他サイト様にも掲載中です。

  • 忘れない背中。

    ♡900

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 黒砂糖。

    2019年7月8日更新

    言葉をなくして。 優しげな顔。 安らかな寝顔だった。 ※他サイト様にも掲載中です。