前半群像劇

検索結果:1件

  • 開闢のミーディアム ~人ならざる者が見える辰美の視点~

    異界を視る眼と無理難題ハッピーエンド

    8,000

    5


    2022年6月17日更新

    【あらすじ】 ─「視点」を変えれば未確認生物、神使や人ならざる者が存在している? 日本の首都圏にあるS玉県の山奥にある田舎町、越久夜町(おくやまち)に住む女子大生の辰美(たつみ)はある時から人界とは剥離した異界や人ならざる者が見える目を持っていた。 一方世界は神々や摩訶不思議な─超自然的な事柄を信じなくなっていた。 そんな辰美はある日、「異界」の影響を受ける。地球の神であるという麗羅(らいら)という女性から「ハッピーエンドにして欲しい」と頼まれてしまう。 夢の中で起きる摩訶不思議な経験、そして友人の妹がいなくなる事件。長閑な山間部の田舎町が徐々に様相を変え、不穏な空気が漂い出す。人間が認識している世界では起こりえない出来事が辰美を巻き込んでいく。 町の神域を破壊する悪い魔法使いははたして悪なのか?正義なのか?町を守るタヌキたち、神使たち─人ならざる者たちの思惑の行方は? 辰美の前に現れた喋る赤眼のカラスは何者なのか? とある時空での都内で起きた出来事がきっかけで物事が狂い、「変哲のない」女子大生の辰美へ影響を与える。越久夜町を破壊する様々な出来事が起きていき、最期へ向かう。 『そんじょそこらの使わしめ』の主人公、童子式神の視点から離れた、また別の話。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ ※漫画やイラストで現在創作中の『そんじょそこらの使わしめ』のハイパーリンク小説です。 本編ストーリーを読まなくても大丈夫なように書いていきたいです。 ジャンルは現代ファンタジーですが、自分は現代的で和風要素があり、ほんのり薄らと民俗学的な要素ありなハッピーエンドストーリー感じだと思っています。 絶対ハッピーエンドにさせますし、完結させたいと思っています ※「小説家になろう」と「pixiv」でも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間45分

    この作品を読む