剣と魔法

検索結果:254件

  • 騎士となったハーフエルフの物語

    ♡49,100

    〇890

    異世界ファンタジー・連載中・15話・44,691字 祖夜

    2020年9月20日更新

    父の武勇に憧れたレオンハルトは国を守る騎士となる。 魔獣狩を専門とする王都第三騎士団に所属し、その実力を発揮するさなか、厄災と呼ばれる黒龍が姿を露わにした。 かつて誰も倒したことのない強敵を前に、レオンハルトは剣を握る。

  • 闇祓いの作法に従い――

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・22話・45,536字 流川夕

    2020年9月20日更新

    世のあらゆる災厄を封じた地を、トゥアハ・デ・ダナーンという。女神ダヌは絶望の大陸に取り残された命を憂い、邪な勢力に反抗する者たちへ祝福を与えた。怪物の血を焼き、人心の影を払う術を用いて、光と闇のはざまで命の調和を見守る存在。人々は彼らを、ゲイザーと呼んだ。 竜と鋼の時代ーー 忌子と蔑まれる少年ユウリスは、 怪物狩りの女戦士ウルカに導かれ、闇祓いへと成長を遂げていく。 傷ついた白狼との出会い。 豊穣の国ブリギットに忍び寄る、静かな悪意の胎動。 妖精の悪戯と影の国の降臨からはじまる小さな出来事はやがて、 ブリギット崩壊の兆し、禍々しき波の到来へと伝播していく。 これは後に、魔神との戦いに挑んだ知られざる英雄の軌跡。 最後にして最強のゲイザー、ユウリス・レインの物語だ。 ※本作は一話完結の小説です。どのお話からご覧頂いても、登場人物の紹介や関係性含め、描写をしております。全十話をひとつの章としており、明かされない謎については、章全体を読んで頂く事で、全容が判明致します。例外として、前編後編となっている話は通してお楽しみ下さい。また最終話と番外編は、章全体を楽しんで頂いた方へ向けた構成となっております。 ※ 面白いと思ってくださった方、応援、レビュー、 ひとこと、ふたことでも感想を頂けると、嬉しさのあまり夜空の果てまで飛んでいきます。 次のお話を書く励みになりますので、どうかお声を聞かせてくださると幸いです。 ※本作では章が変わる際、読感を考慮し、前章の一部記述を再度掲載しております。 ドラマなどで、CM明けに同じシーンが少し繰り返されるのと、同等なものとお考えください。 ※使用イラストは以下の方に寄稿頂きました。 イラスト&各話ロゴ:蒼天井様(あおてんじょう様/Twitter:@aotenjou0818) イラスト:‬薄荷羽亭様(はっかうてい様/Twitter:@hakka_utei) 上記の方が本作の為に書下ろしの上、ご提供下さいました。 イラストに関する著作権、利用権につきましては、 すべてイラストレーター様に帰属致します。 ※本作は『小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+』にて同時掲載しております。 最新話はカクヨムにて掲載中ですが、現在上記3サイトの使い勝手を確認中の為、変更の可能性もあります。

  • ノベプラ初投稿作品でございます

    ♡48,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・96話・299,592字 RINSE

    2020年9月20日更新

    サンクティーレ内で最強と名高い暗黒騎士、「ゾディアック・ヴォルクス」。 戦いに関して超一流の彼は最強とも呼ばれているが、人とのコミュニケーションを苦手としていた。 性格も人見知りで暗く、口下手。非常にポンコツなダメダメっぷりを見せるほど、不器用な性格をしていた。 そのせいで苦労することが多く、同業者からは嫌われ、まともな友達がいなかった。 しかし、そんな彼には可愛い恋人の吸血鬼、「ロゼ」がいた。 愛しい彼女と暮らしていたある日のこと。 「パンケーキを食べてみたい」 ロゼはそう言った。 愛しい彼女のために、最高のパンケーキを作ろうと、躍起になるゾディアック。 生まれて初めてデザート作りを行い、試行錯誤してしまう。 そんな彼の前に、「ドラゴン討伐」を任務してくる謎の少女が現れ……!? お菓子作りを通じて仲間と出会い、共に成長し様々な困難を乗り越えていく。 そんな騎士と仲間と人々の日々を描く、時に甘く、時にほろ苦く、時に熱い。 【ハイファンタジー・デザート日常系・アクション】小説。 ※挿絵は「ジョルジュ上条」様に描いていただいており、すべて使用許可を得ております ※この物語は「小説家になろう」「カクヨム」でも掲載中です

  • 剣と魔法と竜のジュヴナイルファンタジー!

    ♡12,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・126話・282,733字 西順

    2020年9月20日更新

    竜が目の前に現れたら、皆ならどうする? 竜が大空を駆ける異世界アルクス。ガラク王国にある山村、ウーヌム村の外れで、薬草採取で生計を立てる家に生まれたブレイドは、竜を駆り、竜を狩る『竜狩り』に憧れる普通の少年だったが、竜狩りになる事を親から反対されていた。 そんなある日、山村の近くに伝説の王竜が現れたと騒ぎが起こり、そこからブレイドの冒険が始まる。 王竜より託された幼竜アルジェントと共に、王都ガラクシアにある王立ネビュラ魔剣学院に入学したブレイドは、そこで仲間と出会い、数々の試練を乗り越えていく。(バトル多め、竜成分少なめです) 小説家になろう、カクヨムでも掲載しています。

  • 2020年9月20日更新

    書籍化とコミカライズが決定し、アニメ化の噂も囁かれる大人気WEB小説【最弱聖剣士の成り上がり】。その作品に登場する聖剣に選ばれし勇者バレットは、主人公ラウルに陰湿な嫌がらせを繰り返し、とうとうパーティーから追放してしまう。だが、それがきっかけとなって覚醒したラウルに敗北し、地位や名誉、さらには婚約者である可愛い幼馴染も失ってしまい、物語からその姿を消した。読者からは「自業自得」、「失せろ、クズ野郎」、「ざまぁw」とバカにされまくる、嫌われ勇者のバレット――に、転生してしまった俺は、そんな最悪な未来を覆すため、あらゆる「ざまぁ」フラグをへし折っていき、才能に溺れずしっかり努力を重ね、人々から愛される勇者となって主人公ラウルに奪われる幼馴染といちゃラブ生活をするんだと心に強く誓うのだった。

  • 2020年9月20日更新

    【青髪美少女ら個性的なキャラが勢揃い! 陽キャ悪魔が恋と戦いに生きる物語】 ここは、人間と人外が共存する世界。4世紀以上の歴史を持つティトルーズ王国は、魔術と蒸気という双方の機関によって平穏が保たれていた。 天然ジゴロの悪魔騎士アレックスは、他国での任期を終え故郷へ帰国。行きつけの酒場で看板娘シェリーと出会い、恋に落ちる。しかし、彼女の心には3年間行方不明の想い人ジャックがいた。 一見平穏に見える母国だが、実際は(アレックスの帰国から)1ヵ月前より反社会的組織「銀月軍団(シルバームーン)」によって魔物が蔓延っていた。急速に勢力を伸ばしたことで、一流ギルド「ティトルーズ防衛部隊」ですら手に負えなくなる始末。 惨状に嘆いたマリア国王は、魔術戦隊「純真な花(ピュア・ブロッサム)」を結成する。一刻も早く解決すべく、王である本人も参戦していたのだ。 銀月軍団に対抗できるのは、より高い魔力を秘めた者とその統率者のみ。アレックスは、マリアの夫ルドルフからの命により、純真な花の隊長を務めることに。 メンバーは、紅蓮の女王“マリア”に月光のメイド長“アイリーン”……そして、燐光の銃使い“シェリー”。自身が恋した看板娘と同一人物だ。 のちに柳緑のエルフ“エレ”と、陽光の剣士“アンナ”も加入。それぞれの思いを胸に、内に秘めし力を覚醒させることとなる。 やがてシェリーはある理由からジャックへの想いを棄てる。それでも進展しにくいアレックスとシェリーだったが、ある共通点があった。それは、会う度に断片的な追憶が起こること。彼らのフラッシュバックは必然的に互いを結びつけ、惹かれ合っていくが……。 5人の美女との絆はやがて強固になり、思わぬ方向へ……? 「母国の未来」と「愛しきシェリーとの関係」の行方、そして閉ざされた記憶の真実とは。 --- ・なろう・カクヨムでも掲載中。 ・ハイテンポな重厚詐欺ファンタジー ・純愛度高め、ビターなハーレムあり ・ヒロイン:青髪ロングのガンナー、ツインテ女王、即堕ちエルフ、クール系武闘派メイド、ショートヘアなボクっ子剣士 キャラ紹介などのまとめ有 【テーマ】 第一部「希望」 第二部「???」「冒険」

  • 戦わない主人公の異世界暮らし

    ♡7,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・39話・119,990字 みやこのじょう

    2020年9月20日更新

    この世界で僕の時間は再び動き出した *** ひきこもり青年・家守 明緒(ヤモリ アケオ)は、自室に居たはずが、何故か異世界に転移してしまう。 保護してくれた村が魔獣の襲撃により全滅、避難先の街で村人殺害の容疑で投獄、無実を証明して自由の身となる。 その後、王が定めた『異世界人保護法』により高位貴族に保護されることに。 その微妙な立場から様々な事件に巻き込まれ、ついには世界を巻き込む戦争の渦中に。 ひきこもり、人見知り、チートなし。 戦わない主人公が異世界で出会った人々の心を繋ぐ。 *** この作品は「小説家になろう」にて掲載、完結済みの作品の改稿版となっております 所々なろう版と違う箇所がありますが大筋の流れは同じです 第1章以降は毎日1話更新していく予定です よろしくお願いいたします!

  • これは復讐を成し遂げる長い旅路の物語

    ♡11,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・71話・257,859字 終夜翔也

    2020年9月20日更新

    世界一の大国シオン王国を追放されたも同然の過去を持ち、シオン王国を滅ぼすため暗躍していた暗殺者彼岸の死神ことグレイシアは王国の反抗勢力である革命軍の依頼で遊撃部隊の隊長兼指南役として落ちこぼれの隊員達を指揮し、鍛え上げていく。 そして、王国は着実に滅亡の道を歩み始めるのだった。 これは復讐と反逆のために戦い続ける者達の物語にしてリベリオン・テール/転生の異端者の未来を描いた物語。

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡3,849,771

    〇17,134

    異世界ファンタジー・連載中・514話・1,377,785字 白玖

    2020年9月20日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 運命と宝石に導かれた一人の王子の物語

    ♡11,800

    〇710

    異世界ファンタジー・連載中・47話・95,582字 流飴

    2020年9月19日更新

    少年は戦う。愛する国と大切な人を取り戻すために。宝石と魔法、人々の思いが交錯するファンタジー戦記。 ウィンクリア・ルナーエは『いらない王子』だった。 魔法の力を宿す「宝石」をもって繁栄してきた国、ルナーエ。 女王君主制により王位継承を持たない第一王子ウィンクリアは、建国当初から続く悪しき弊風により不遇な扱いを受けていた。 愛する両親と双子の妹、護衛騎士クラルスに助けられながら心優しい少年に成長する。ウィンクリアとクラルスは互いに信頼しており、心の支えになっていた。 女王である母から告げられる「宝石」の秘密。同盟国の不穏な動き。ある日を境にウィンクリアの日常は急転することになる。 全てを受け入れるにはまだ幼い、『いらない王子』と蔑まれた少年は、それでも愛する人たちのために剣を取る。

  • 世界のレベルが低すぎたので転生しました。

    ♡5,650

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・139話・434,987字 木山楽斗(N420)

    2020年9月19日更新

    世界最強の剣士であるスレイドは、三歳の頃から、三人の師匠によって山の奥地で鍛え育てられてきた。 三人の師匠を全員見送ったスレイドは、山を下り、自らの実力を試すことにする。 そこで、たまたま世界最強の戦士が近くにいることが判明し、スレイドはその男に挑戦することを決めた。 そして、実際に戦うことができたスレイドだったが、世界王者の実力の低さに失望してしまう。 世界のレベルがあまりに低いことに絶望したスレイドは、自らの居場所がないことを察し、崖から身を投げてしまった。 次に彼が目覚めた時、目の前に神を名乗る者が現れており、その神は、スレイドの才能がこのまま失われるのを惜しく思い、前の世界よりさらにレベルが高い世界に転生させてくれるという。 無事転生できたスレイドは、手始めに近くにいた騎士団の隊長と手合わせすることができた。 しかし、スレイドはわずか二秒という一瞬の間に敗北してしまったのだ。 周りから笑われながらも、スレイドは、自身が転生した世界のレベルの高さに心を躍らせるのだった。 ※この作品は「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも掲載しています。

  • 今度こそ、充実した幸せな人生にするため。

    ♡29,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・59話・190,774字 都神 樹

    2020年9月19日更新

    カペル村で神童と呼ばれている少年――ヤクトが、十五歳を迎えた。 そんなヤクトには秘密があった。それは別の世界の日本という国で過ごした前世の記憶があること。 しかしその前世では、不治の病に罹り、人生の半分以上を病院で過ごし、十九歳で死んでしまった、というものだった。 だからこそヤクトは、今世こそ充実した人生にする、と心に決めていた。しかし、そんな望みは打ち砕かれる。今度は妹が不治の病に罹ってしまった。 妹の病を治す方法を見つけるため村を出ることを決意したヤクトは、その旅で様々な苦難を乗り越えながら奔走し、気が付けば世界最強へと至っていた。 空虚な前世の記憶を持つ少年が、在り来りだけど確かに充実している、そんな幸せを掴むために奔走する英雄譚が、幕を開ける。 ※主人公が最強の片鱗を見せるのは、二章終盤(二十話前後)からです。 ※火・木・土・日の週4回(二十一時過ぎを目安に)投稿します。 ※本作品は小説家になろう様でも投稿しています。

  • 異世界×ループ=カタルシス

    ♡47,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・46話・254,782字 華詩乃維

    2020年9月19日更新

    突如、異世界召喚された高校生、周防ひがな。 大した取り柄もない至って普通の彼は複数の恩恵を授かっていたが、そのどれもがリスクを伴う危険な代物だった。その中でも最大の力は死をトリガーに強制発動する『時間遡行』。 残酷で無慈悲な異世界で運命に翻弄されながら大切な人たちを守ろうと足掻き、地べたを這いつくばりながらも必死に生きる。 そして、徐々に明らかになっていく異世界の真実。 全てが明らかになった時、周防ひがなは自分が召喚された意味を知る──。 ※小説家になろう様でも連載しています。

  • ビキニアーマー大賞に応募するかも?

    ♡5,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・24話・52,258字 宇佐美ぱすた

    2020年9月19日更新

    羞恥的状況に置かれると激しく興奮し、羞恥トランスという精神的にヤバババなスチッチが入ってしまう、ごく普通の女子高生――衣笠キヌ。 ある日、彼女は、学校の指定セーラー服の下にセクシーランジェリーを身につけて深夜の住宅街を徘徊していたところ、空から降ってきた工事現場の鉄骨に押し潰され命を落としてしまう。 そして次に気がついたときには、『宇宙ヘソ』で開催される『惑星文明生き残り戦』の地球代表として選ばれてしまっていたのだ。 なんの戦う能力もない女子高生、本来であればすぐにヤられてしまうハズだったが……彼女はふたつの強大な能力を持っていた。 知力や体力など、他の能力はゴミみたいなレベルなのに『マナ吸収効率』の数値は92、そして『羞恥感応力』は96を記録するのである。 このふたつの能力を駆使して、衣笠キヌは強いられた戦いに挑んでいくのだが、果たして――。 ◆ ◆ ◆ ノベルアップ+さん向きの作品を書いてみる……という挑戦です。 私としては過去最高にえちえちな作品なのでドキドキしていますが、皆様どうぞよろしくお願いします。 ビキニアーマー大賞に応募するかは未定です。

  • 異世界王道バトルファンタジーです

    ♡1,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・49話・124,264字 川原 机

    2020年9月19日更新

    武藤新はごく普通の高校生だったが、ある日のバイト帰りの夜に謎の光に包まれる。目が覚めた彼が目にしたのは自然に溢れた見知らぬ土地だった。異世界ソルシエルに召喚されたことを知った彼は魔王軍の幹部から自分は新たな魔王として召喚されたこと、破壊神ベルゼルファーの復活阻止のため魔王軍を率いてソルシエルを救ってほしいことを伝えられる。 けれど神の呪いで魔力が使えない!? まずは呪いを解かなければ始まらない! 無双するどころかされる側に!? 苦難から始まる魔王生活! 小説家になろう様、カクヨム様でも連載しています。

  • 勇者は死んだ。今は君と、世界を見たい。

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話・13,487字 ダカヲ

    2020年9月19日更新

    勇者のシンは、数年間続いた戦争を、魔王を殺すことで終わらせた。しかし崩れ行く魔王城で出会ってしまう。それは魔王の一人娘、ハル。 彼女は世界を見たいと言う。なぜ父が死ななくてはいけなかったのか知りたいと言う。 全てを終わらせた元勇者と、全てを失った魔王の娘の異世界冒険ファンタジー!!!

  • 向かうところ敵なし、只管強くてカッコイイ

    ♡37,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・80話・214,762字 桐山じゃろ

    2020年9月19日更新

    日本の男子大学生・日暮川有葉は、ある日目が覚めると元々異世界の住人であるヴェイグと名乗る男が身体の中にいた。一つの体に二人の魂。それぞれステータスには「スキル:全」と「魔法:全」。能力値はチート状態。転生の理由や目的は不明。向かうところ敵なし、只管主人公バディが強い、カッコイイ!※小説家になろう、アルファポリス、カクヨムにも公開しています。

  • 【改定作業完了!】本編更新再開しました!

    ♡504,250

    〇18,420

    異世界ファンタジー・連載中・257話・438,598字 美風慶伍

    2020年9月19日更新

    【改稿作業、完了いたしました】 【あらすじ】 17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。そんなルストは女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破っていく 気高さに溢れた美少女が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く爽快なサクセスストーリー戦記ヒロインファンタジー 【ストーリー全体概要】 17歳の少女ルストは病身の母のために傭兵として戦い治療費を稼いでいた。努力の末に昇格したルストだったが実績のない彼女では率の良い仕事はなかなか得られない。彼女はそれでも諦めない。親切な老傭兵の手助けを受けて、大きな任務を掴むことに成功する 新たな任務に隊員として参加するはずだったルストは、予想外の事態から小隊長を命じられる。そして命の危険を乗り越えて、敵軍の偵察部隊を撃破する成果をあげて無事帰還する だが成功を喜び仲間を労おうとするルストを、一人の不良傭兵が仕掛けた罠が待っていた。仲間たちの前で晒し者になった彼女は傭兵としてメンツと誇りを守るため、真っ向から果し合いの勝負を挑む 「あたしの誠意とメンツを傷つけたならあなたのメンツを叩き潰してあげる!」 苦闘の末に見事果し合いに勝利した彼女は、傭兵としての二つ名『旋風のルスト』を勝ち取る 名を挙げた彼女に新たな任務【西方の辺境領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務】が舞い込む 再び隊長として仲間を率いたルストが任務先の土地で目の当たりにしたのは、領主の不慮の死、対立領主の執拗な迫害、そして苦境に立たされる領民たちの姿だった 姿なき敵の襲撃がルストたちを襲い、ワルアイユには危機がせまる 悪化する事態の中、解決の糸口を開いたのはルストの強い意志と、ともに闘う仲間たち。そしてルストは人々の命とワルアイユ領再建への道を掴みとるために決意する 「みなさん!これは困難ではありません!千載一遇のチャンスです!」 東から追撃部隊が、西から砂漠の帝国が迫る中、ルストは秘策を胸に人々を率いて決戦の地へと向かう。そしてルストの乾坤一擲の策が動いたとき、大平原で決戦が始まる。人々は勝利し、ルストは仲間たちと共に栄光をつかめるのだろうか?

  • 主人公は凄腕付与魔法使いです。

    ♡445,750

    〇4,510

    異世界ファンタジー・連載中・276話・580,516字 ほむらさん

    2020年9月19日更新

    織田小烏丸はいつものように仕事を終えて帰る途中、道に出来ていた謎の穴に落下してしまう。 とても長い落下の途中で眠ってしまい、目が覚めるとそこは異世界だった。 しかしよくあるアニメや小説のような普通の異世界ではなく、強い者こそが国を支配する完全な弱肉強食の世界。まるで日本の戦国時代のように国取り合戦が繰り広げられていた。 すぐ横を通り過ぎて行った人が『邪魔だ』という理由だけで殺されるのを見て驚愕する。この世界は本当に人の命が虫けらのように軽い。 そのついでに俺までもが、世紀末でヒャッハーなモヒカン共に殺されかけていた所を、間一髪で一人の強き女に助けられる。 女の名はミスフィート。この国の悲惨な状況を打破するために、反乱軍のリーダーとして国の統治者と日々戦い続けているそうだ。 俺は決意する。 訳も分からず荒んだ世界の凶悪な奴らに、ただ殺されるなんて真っ平御免だ。 ならばこの強く美しい女の軍に入って絶対に成り上がってやる! 剣、魔法、スキル、と何でもアリの異世界で、強き者こそが絶対王者という群雄割拠の乱世を己の力で斬り開く、異世界成り上がり戦国物語が今始まる。 《見所を軽く紹介》 【戦闘】:相手は腐れ外道共なので一切容赦しません。 【ガチャ】:作品の肝となるアイテムが色々手に入ります。 【論功行賞】:ヒロイン達の紹介と共に、小烏丸のチート装備が貰えます。現代の服で女性達が華やかに! ※ジャバルグを撃破し尾張を掌握したミスフィート軍。次は他国の脅威を撥ね退け尾張を豊かな国へ! 小説家になろう、アルファポリスにも投稿しています。

  • この世界では自由気ままに生きてやる!

    ♡110,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・120話・227,647字 鈴木竜一

    2020年9月19日更新

    魔剣士アルヴィンは、ダンジョンでモンスターとの戦闘中に日本のサラリーマンだった前世の記憶を思い出す。社畜として辛い社会人生活を送っていたが、現在の救世主パーティーでも似たような立ち位置だったことに気づき、難癖をつけられて追放されたのをきっかけに、異世界社畜生活からおさらばして自由に生きようと決意する。一方、救世主パーティーはアルヴィンがいなくなって清々したと高笑い。新たなメンバーを加えて魔王討伐へ旅立った。 ――が、すべてをアルヴィン任せにしていた救世主パーティーのメンバーは知る由もなかった。魔物の討伐がうまくいっていたのは、アルヴィンが仕入れた確かな情報や装備があるからこそ可能だったことを。さらに、旅先で訪れた各都市の冒険者ギルド、商会、宿屋、武器・アイテム屋などなど、さまざまな場所で知らず知らずのうちに前世で培った《営業》スキルを駆使して交渉を続けていたアルヴィンが、本人も気づかぬうちにとんでもないコネクションを築き上げていたことを。そして、好き放題していた救世主パーティーには、徐々にそのツケが迫っていることを……。