剣と魔法

検索結果:288件

  • 舞台は日本でもNo和風バトルファンタジー

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・8話・21,933字 戸﨑享

    2020年11月28日更新

    『彼女は恋をして、その恋のために命をかけてでも戦う』 万能粒子テイル。おとぎ話の名を冠するそれは、己の頭に浮かべる想像を現実で形とする機能をもつ万能粒子。人体の中で生成されているにも関わらず、これまで誰にも知覚されていなかった未知のエネルギー粒子だった。 万能粒子は人々の明日を拓く力となる。そう信じて、発見者はその粒子の存在を公表した。その馬鹿は分からなかったのだ。『想像を現実へと変える』力とは、世界を滅ぼし打る力そのもの、ファンタジーの世界にありがちな魔力よりも、たちが悪いものだと。 テイルの発見の後、100年続く暗黒時代の直前。その様子を語った最後の記録がある。 『この世界に神が生まれてしまった……。人間が太刀打ちできる存在じゃない! きっと、この国は神の支配する魔境になる』 ある島国は『倭』と呼び名を変え、予言通り、八百万の〈人〉が存在する魔境となった。 倭を分割して統べるのは2人の善神の末裔、2人の中立神の末裔、そして8人の邪神の末裔の12柱。彼らは人の形で生み出された現代の神〈現神人《あらがみびと》〉であり、通称〈人〉と呼ばれる存在。 善悪は人間側から見て判断されたものだ。彼らは配下の〈人〉と共に人間を支配下に置き、己の治世で倭を統一するために、相容れぬ他の神との戦いを続けている。 12の神の末裔たる〈人〉は、未だ他の神を殺すに至らず、天下統一を成し遂げてはいない。しかし、その均衡と安定は13番目に誕生する悪なる女神と、彼女と戦う紅色の英雄を中心に破られることになる。 『紅色に染まった蝶』――それは特異点たる少女の選択が歴史を動かす瞬間―― 〈人〉の管理する孤島で生まれ育った人間の少女、明奈。彼女もまた〈人〉のために尽くす存在となるはずだったが、明奈を臣下に迎えたのは〈人〉ではなく人間の少年2人だった。 彼らに特別な感情を抱き生きる意味を見つけた明奈は、主である少年の敵となった〈人〉、そして悪たる〈影〉との戦いへとその身を投じていくことになる。 彼女は知らない。己の恋がいかに重いものだったかを。そのために戦うと誓った彼女の決意と選択が『倭』の未来を変えることになると。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

  • 世界を超えるほど強い思い。

    ♡15,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・29話・63,287字 ツネキチ

    2020年11月28日更新

    記憶を失った少年は、とある村で穏やかで平和な日々を送っていた。 自分は一体何者なんだろう? 答えの見つからない疑問を忘れようと過ごしていた。 しかし少年はある時、凶悪な機械仕掛けの獣 ギアビーストと戦うこととなる。 普通の武器で歯が立たない強敵を倒すべく、少年は妖精族に封印された剣を求めた。 そして記憶を取り戻すべく、一振りの剣と、おしゃべりな妖精と共に世界へ旅立つ。

  • 魔王はなぜ誕生するのか。

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話・26,914字 田尾風香

    2020年11月28日更新

    小さな村にすむリィカは、ある日大量発生した魔物に襲われる。恐怖から魔力を暴走させかけたとき、前世の記憶が戻って、奇跡的に暴走を制御することができた。 それから、国立のアルカライズ学園に通うことになったリィカだが、王族やら貴族やらと遭遇することが多く、関わりたくないリィカは、その都度逃げ出す羽目になった。 そんな一年目の最後の日、魔王が誕生して、魔物の大群と戦うことになってしまったが、第二王子のアレクシスたちとともにそれを切り抜ける。次の日、アレクシスに一緒に魔王討伐の旅に出てほしい、と懇願される。そして、召喚された勇者の名前が、前世の夫と息子の名前と同じであることに驚愕することになる。 討伐の旅に出ながら、勇者が帰還できる方法も一緒に探していく。 そんな中、「どうか魔国の現状を見てほしい。そして、魔王様が誕生する意味を知ってほしい」と言われる。その願いが、ただ倒すべき敵でしかなかったはずの魔王と魔族に対する考え方を大きく変える事になる。 この作品は、他サイトでも掲載しています。

  • 異世界ファンタジーを、オンザクリスタルで

    ♡41,500

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・27話・59,589字 海風 遼

    2020年11月28日更新

    「今いる世界は仮初めの場所で、本当の居場所は別世界にあるんじゃないか?」 そう感じている若者、ハヤト。 そんな彼の部屋で、ある不思議な現象が唐突に起こる――。 ★亡国の姫を助け王国復興を目指す、熱い謎解きファンタジー

  • 寂れた神殿を立て直し剣と魔法を復権させる

    ♡685,620

    〇9,670

    異世界ファンタジー・連載中・286話・722,674字 岩永和駿

    2020年11月28日更新

    これが噂の異世界転生!? 「剣と魔法」のファンタジーの世界と思いきや、そこは「銃と薬」が幅を利かせ、剣士や司祭、魔術師が不遇職に追いやられつつある世界だった! そんな中、若手司祭ラウリ・ルンドストレームとして、人々から顧みられなくなり、寂れた神殿を盛り立てていくことになる。 ある時はひょんなことから伝説の聖剣を手に入れ またある時は幼馴染そっくりな美少女魔術師と出会う。 挙句の果てに魔物を従える召喚士に。 善良な主人公は、のんびり異世界の神殿を復興しつつも、ときに激しいバトルを潜り抜けて成長を遂げてゆく。 やがて、お人よしゆえに人との絆を結んで成り上がり、その力が必須となる強大な敵と対峙する。

  • 初作品です。よろしくお願い致します。

    ♡98,700

    〇110

    異世界ファンタジー・連載中・144話・447,073字 波 七海

    2020年11月28日更新

    初作品です。よろしくお願い致します。 毎日更新です。 小説家になろう様、カクヨム様、アルファポリス様でも投稿しています。 【第2回ドラゴンノベルス新世代ファンタジー小説コンテスト最終選考作品!】 アウステリア王国の平民の子、レヴィンは、12才の誕生日を迎えたその日に前世の記憶を思い出した。 自分が本当は、藤堂貴正と言う名前で24歳だったという事に……。 天界で上司に結果を出す事を求められている、自称神様に出会った貴正は、異世界に革新を起こし、より進化・深化させてほしいとお願いされる事となる。 その対価はなんと、貴正の願いを叶えてくれる事!? 初めての異世界で、足掻きながらも自分の信じる道を進もうとする貴正。 最強の職業、無職(ニート)となり、混乱する世界を駆け抜ける!! 果たして、彼を待っているものは天国か、地獄か、はたまた……!? 目指すは、神様の願いを叶えて世界最強!立身出世!

  • 築500年。トイレ・バス・キッチン・最強

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・1,556字 鈴木竜一

    2020年11月28日更新

    お人好し冒険者のドミニクは、ふとしたことからダンジョンで超激レアアイテムを手に入れる。これを売れば貧乏生活から脱却できるはずが、悪徳業者に騙され、酒で酔っている間に無理やり契約を交わされてしまい、欲しくもない豪邸を買わされてしまった。おかげで報酬の大金は一夜にして泡と消え、残ったのは渡された豪邸の鍵だけ。仕方なく、その豪邸とやらに移り住むため、顔馴染みの情報屋アンジェと共に向かうのだが、その豪邸にはドラゴンの幽霊とその孫娘が住みついていた。動揺するドミニクとアンジェを尻目に、豪邸に取り憑く霊竜エヴァは、ドミニクをここへ住まわせる代わりにあるお願いをする。 そのお願いとは――エヴァの孫娘である竜人・イリーシャの両親捜しだった。 こうして、冴えない若手冒険者と情報屋、そして竜人幼女と伝説のドラゴンによるほのぼの(?)冒険が始まった!

  • 自らの意思で行く、ゲーム異世界物

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話・20,745字 九十九沢 美勇

    2020年11月28日更新

    サービスが終了したはずのVRMMOゲームが、秘密裏に稼働していた。 その理由は、ゲームが異世界化したことにあった。そしてそのゲーム異世界は、現実世界にまで影響を及ぼすほどになっていた。

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡4,367,994

    〇17,861

    異世界ファンタジー・連載中・583話・1,549,126字 白玖

    2020年11月28日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 帝国第二王子とメイドの学園恋物語

    ♡2,025

    〇25

    異世界ファンタジー・連載中・45話・119,108字 StarFox

    2020年11月28日更新

    剣と魔法の中世と、スチームパンクな魔法科学が芽吹き始め、飛空艇や飛行船が大空を駆り、竜やアンデッド、エルフやドワーフもいるファンタジー世界。 アスカニア大陸に動乱を引き起こした『革命戦役』から十五年後。 本編の主人公、アスカニア大陸最強の軍事大国バレンシュテット帝国の第二王子アレキサンダー・ヘーゲル・フォン・バレンシュテット(愛称アレク)は、日々、悪戯を繰り返して母親である皇妃ナナイの手を焼かせていた。 ある日、遂に父親である皇帝ラインハルトからその悪戯を咎められ、罰として士官学校を卒業するまで帝室を示すバレンシュテット姓を名乗ることを禁じられ、平民のアレキサンダー・ヘーゲルとしてバレンシュテット帝国軍士官学校中等部平民組へ入学することとなった。 本編のヒロイン、ルイーゼ・エスターライヒは、準貴族である騎士爵家の娘で、アレクと同い年の幼馴染。 貴族とは名ばかりで貧しい実家の口減らしのため、幼い頃に皇宮にメイドとして奉公に出されていた。 ルイーゼは、自分を実の娘のように可愛がってくれた皇妃ナナイに忠誠を誓っており、ナナイの命により、アレクの護衛 兼 目付役として、士官学校中等部に入学する。 ルイーゼは、幼馴染であり初恋の人であるアレクに想いを寄せるが、第二皇子とメイドの身分の差から想いを告げられずにいた。 物語はここから始まる。 『革命戦役』から十五年後。未だ戦乱の残り火が燻るアスカニア大陸を舞台に主人公達の成長と活躍を描いたオリジナル戦記です。 アルファポリス様、カクヨム様、エブリスタ様、ノベルアップ+様にも掲載させて頂きました。 作者がブラック企業勤務のため不定期更新となりますが、必ず完結します。 『小説家になろう』で先行で投稿しております。 関連作品 アスカニア大陸戦記 黒衣の剣士と氷の魔女【R-18】 https://novel18.syosetu.com/n2421gi/ アスカニア大陸戦記 亡国の皇太子【R-18】 https://novel18.syosetu.com/n3455gd/ アスカニア大陸戦記 亡国の皇太子【R-15】 https://ncode.syosetu.com/n7933gj/

  • 真面目な女剣士が不真面目魔女に苦労する話

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・11話・36,984字 青葉 雑草

    2020年11月28日更新

    軍事組織ミリシア。それは強大な魔物から人々を守ることを目的とした、英雄の集う組織である。 しかし、そんな組織の「下っ端」として働くクロエは「冒険」とも「英雄」とも程遠い仕事漬けの毎日を過ごしていた。 ある日、徹夜明けの勤務から抜け出したクロエは町で白仮面の不審者に出会う。 町を襲う魔物との戦いの中、クロエはその不審者が王国の英雄「十二芒星の魔女ダンジョン」であると知り…… 筋肉系上司に天然女商人、エルフに剣聖に無口魔法使い……、愉快(厄介)な人々に囲まれながらクロエは降り積もる困難に立ち向かっていく! これは真面目な女剣士が子供っぽい魔女と共に英雄を目指すお話……、のはず…… 「クロエ~、お仕事サボって遊ぼうよ~」 「知ってますかダンジョン、下っ端はサボると簡単にクビになるんですよ?」 「下っ端じゃないからわかんな~い」 「こいつ……」

  • その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・17話・5,916字 わたなべりょう

    2020年11月28日更新

    その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる── ある日、現代からタイムスリップした一人の男。 目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。 生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。 あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー 生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

  • なろうで連載している物です。

    ♡4,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・27話・90,844字 グリーンナイト

    2020年11月28日更新

    ある日ある時、何の前触れもなく異世界とかにあるようなダンジョンが出現! 中を覗けば魔法に魔物、摩訶不思議なマジックアイテムその他わんさか。 だがいい事ばっかりじゃない。時間経過で魔物が溢れ出てくる仕様で、さあ大変! 欲望のままにダンジョンでアイテム拾い集めるもよし、どんどんダンジョン潜って自らを鍛えるのもよし! 世はまさに、ダンジョン時代の幕開け直前! これは人より早くダンジョンに入ったせいで、ダンジョン時代の最先端を走ることになった二人の少年の物語…… 小説家になろう初投稿になります。 至らない面多々あると思われますが、どうか一つよろしくお願いいたします。 主に次回予告を載せているブログです。続きの一端がのぞけます。時々違う事をほざいている時もありますし、ギリギリの更新の時も多いですが、見てみてください。 https://zm07415.hatenadiary.org/

  • 2020年11月27日更新

    俺は無職だ。ふと気が付くと異世界に転移していた。何やら加護付与という便利なスキルが使えるようだ。このスキルを使って可愛い女の子達を強化し、俺だけの最強ハーレムパーティを目指す! ついでに世界滅亡も回避する!

  • 魔境を探索したり、外に出かけてみたり

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・23話・80,120字 ツキヒ

    2020年11月27日更新

    商業ギルド支部の警備員ブレイズは、ある雷雨の夜、魔境の森で記憶喪失の少女を保護する。 表面上は何も変わらない日々。しかし雷雨で浮足立った森の獣たちはなかなか落ち着かず、魔境の森には奇妙な謎が増えていくばかり。 水面下で起こった変化は、やがて十年前に街を襲った悪夢の再来という形で表面化する――。 ※地味に異世界転移の要素があります。 ※この作品は「小説家になろう」「ノベルアップ+」に重複投稿しています。

  • 魔王倒したら王女をやる。男の娘だけどな!

    ♡500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・21話・52,625字 街のぶーらんじぇりー

    2020年11月27日更新

    異世界版「とりかへばや物語」です。 魔王を倒した勇者は、愛する者を失って生きる目的を失っていた。 そこに国王より与えられたのは、美しい王女。しかしその王女は、実は王子様だった? 王子様のふりをする王女様、さらには戦いを共にしてきた女賢者も交えて、なんだかあちこちで、恋の花が咲く予感? しかしこの入れ替わりは、王位継承争いに絡む陰謀だった。好むと好まざるとにかかわらず、若い彼らは戦いに巻き込まれていく。 34+1話、8万字台で完結します。 カクヨム、アルファポリスと同時進行です。 第7話までは毎日、以降は隔日、21:16定時更新いたします。

  • 善と悪がテーマのダークファンタジー

    ♡37,300

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・47話・97,905字 陰東 一華菱

    2020年11月27日更新

    「赤い髪に、赤い瞳。長く伸びた耳は魔を象徴する。 それは世界に災いを呼び、それに出会った者は阿鼻叫喚の時代を生きることになるだろう」 レグリアナ神殿の書物庫にある古い書物に、世界中の誰もが知る「魔物」の特徴とその後に起こるだろう予見が残されている。 何も知らない無知な人々はその予見を信じ切っていた。と同時に、魔物など現れるはずがないとも信じていた。 聖殿歴2440年。 予見書に記された「魔物」の子が誕生する。――その子の名を、リガルナと言う。 リガルナは、最初はまるで人の子のように生れ落ち、やがて成長とともにその姿を変えて行き、誰もが恐れる魔物そのものの姿となった。 幼い時まで一心に愛情を注いできた両親は人が変わったように手の平を変え、その子を散々痛めつけて捨てた。人々の心無い言葉を浴びせられて、追われて、逃げ込んだ先では裏切られ……。 人生と、夢や希望をすべて失ったのは、彼が16歳の誕生日の日だった。 絶望と孤独を味合わされ、国を追われたリガルナは復讐と人々に対する憎悪を胸に、当てもなくさ迷う。 気づけば海を渡った遙か西の大陸にいて、誰も寄り付かないことで有名な死の山の麓に立っていた。 ―― 一体俺が何をした? 胸に沸く黒い闇の塊に従い、リガルナは復讐をするために生きることを選んだ。 ※人が誰でも持っている「善」と「悪」がこの物語の一番のテーマです。

  • 楽しんでもらえれば幸いです。

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話・16,985字 どらぽんず

    2020年11月27日更新

    一匹の竜の話をしよう。 唐突に自我に目覚めた彼は、生まれたことに納得して、 己の生を思うがままに満喫するために日々を過ごすように努めていく。 ただ、そんな彼のささやかな望みは、 彼が竜であるという事実があるだけで叶わない。 周囲がそれを許さない。 「勝手に絡んできて文句言われても困るんじゃが?」 これはそんな感じの緩いようなそうでもないようなお話です。 ※不定期更新 ※一話が極端に短かったり、変なところで切れている場合があります。 ※ほかのサイトにも載せています。 ※ふたつめの話は好みが非常に別れる話になる見込みです。

  • 非チート非ハーレム昔ながらのファンタジー

    ♡187,530

    〇3,505

    異世界ファンタジー・連載中・159話・541,883字 志茂塚 ゆり

    2020年11月27日更新

    田舎町のよろず屋魔術師アミュウ。 義姉ナタリアの縁談相手であるうさんくさい性悪牧師、聖輝と出会ってアミュウの運命は動き始める。 見合いの日、ナタリアをかどわかそうとする聖輝を相手に、姉を取り戻そうと奮闘するアミュウ。 「わが四方に五芒星は燃えて、柱の上に六芒星は輝けり。因縁を断ち切れ!」 二人に縁切りのまじないをかけたら、思わぬ副作用で二人の記憶の一部が失われた。 さらにアミュウは不思議な夢を見るようになって……? ◆異世界が現地、昔ながらの王道ファンタジーです。美味しい料理にハーブティーが登場。魔術はカバラを踏まえた本格派。5話から物語が動き始めます。 ◆アミュウの人生に作中歴史を絡めた大河小説で、伏線と描写もりもり。設定ははじめチョロチョロなかパッパ。恋愛要素はビターかつサワーです。 ◆筆者の描いた挿絵がございます。第三章までは毎話挿絵、第四章からはときどき挿絵を挟んでおります。苦手な方はお手数ですが非表示設定にしてください。(右上「表示調整」から「挿絵表示中」をクリック) ◆最新話は「小説家になろう」にて連載中。 三部構成予定のうち、第三章にて第一部(カーター・タウン編)完。 第四章より第二部(ソンブルイユ編)突入! ◇第一章ではアミュウたちと聖輝の出会いが語られます。 ◇第二章では新たな登場人物ジークフリートも加わり、過去へ過去へと伸びていく運命の糸はますます絡まっていきます。 ◇第三章ではアミュウと聖輝の関係に緩やかな変化が訪れ、教会内部の勢力抗争が垣間見えます。 ◇第四章は舞台を王都の玄関口、ラ・ブリーズ・ドランジェに移し、調香師の恋物語をお届けします。 ◆非チート非テンプレ非ハーレム、異世界が現地。昔ながらの王道ファンタジーです。美味しい料理にハーブティーが登場。魔術はオカルトに幻想を乗算した本格派。5話ラストから物語が動き始めます。 ◆アミュウの人生に作中歴史を絡めた、ある種の大河小説とも言えます。伏線と描写もりもり。設定ははじめチョロチョロなかパッパ。 ◆筆者の描いたイラストがてんこもりです。気になる方は本文ページ右上の「設定」から、挿絵非表示の設定になさってください。 ※ 「小説家になろう」にて最新話連載中。 ※ Twitter企画「第二回いっくん大賞」文章力部門受賞。ありがとうございました。

  • 美少女傭兵の物語、第四章・帰郷編スタート

    ♡654,750

    〇20,071

    異世界ファンタジー・連載中・282話・494,891字 美風慶伍

    2020年11月27日更新

    ★第四章を更新再開 ★4章冒頭に改訂内容解説を付けました 【あらすじ】 17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。そんなルストは女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない。だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破っていく 気高さに溢れた美少女が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く爽快なサクセスストーリー戦記ヒロインファンタジー 【ストーリー】 17歳の少女ルストは病身の母のために傭兵として戦い治療費を稼いでいた。努力の末に昇格したルストだが実績のない彼女では良い仕事はなかなか得られない。彼女はそれでも諦めない。親切な老傭兵の助けを借り、大きな任務を掴むことに 新たな任務には隊員として参加するはずだったが、予想外の事態から小隊長を任じられる。命の危険を乗り越え敵軍の偵察部隊を撃破する成果をあげて無事帰還する 成功を喜び仲間を労おうとするルスト。だが一人の不良傭兵が仕掛けた罠が彼女を待っていた。仲間たちの前で晒し者になったルストは傭兵として誇りを守るため、真っ向から果し合いの勝負を挑む 「あたしの誠意とメンツを傷つけたならあなたのメンツを叩き潰してあげる!」 ルストは苦闘の末に見事果し合いに勝利すると、二つ名『旋風のルスト』を勝ち取る 名を挙げた彼女に新たな任務【西方の辺境領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務】が舞い込む 再び隊長として仲間を率いたルストが任務先の土地で目の当たりにしたのは、領主の不慮の死、対立領主の執拗な迫害、そして苦境に立たされる領民たちの姿だった 姿なき敵がルストたちを襲い、ワルアイユに危機がせまる 悪化する事態の中、解決の糸口を開いたのはルストの強い意志と、ともに闘う仲間たち。そしてルストは人々の命とワルアイユ領再建への道を掴みとるために決起する 「みなさん!これは困難ではありません!千載一遇のチャンスです!」 東から追撃部隊が、西から砂漠の帝国が迫る中、ルストは秘策を胸に人々と決戦の地へと向かう。ルストの乾坤一擲の策が動いたとき大平原で決戦が始まる。ルストは勝利して仲間たちと共に栄光をつかめるのだろうか?