千葉県

検索結果:6件

  • こがねの駒 ~ 江戸時代編 ~

    馬を育て、恋と愛を育む少女の物語

    23,050

    100


    2022年8月16日更新

    ときは、江戸時代。下総国(現在の千葉県)に広大な馬の放牧場『四十里野』があった。 そこには『四十里野の野馬を 全部 野馬捕りする』と、夢を語る男がいた。 牧には、その男の夢を支える少女の姿が… 『四十里野』で馬を育てる少女が、恋と愛を育む物語。 <お礼> おかげさまで『歴史ジャンル』ランキング 日間 第1位(2022年7月25日)をいただきました。ありがとうございました! ※ このお話は、歴史上の出来事を舞台背景として創作した、歴史フィクション小説です

    読了目安時間:4時間56分

    この作品を読む

  • ハーフ&ハーフ/ハードロック

    百合と鉱物が題材のエログロナンセンスです

    33,900

    385


    2022年4月16日更新

    2010年代、千葉県市川市 鈴木一(ハジメ)は呆然していた。 ハジメの恋人であるハルが真珠の肉体を駆使して、縦横無尽に水晶で出来ているかのような人間と闘う姿に。 和嶋治(ハル)は自失していた。 ハルとハジメが初めてキスをした場所の目の前から、巨大なジャンボジェット機のエンジンが、こちらへ目掛けて突っ込んでくる事に。 石英の超常的存在「インクルージョン」 魂と因果律の鉱物「一〇五」 無機物の肉体「ミネラルウェア」 そして、武具となる真珠の衣服「フラクチャードレス・ソリタリーシェル」 因果は駆け巡り、二人の少女は、過去、未来、現在を巻き込む、途方もない事態に巻き込まれる。 劣悪なブロックバスター映画のように、CGで出来たような鉱物は木っ端微塵に砕け散り、ハードロックの重低音が鳴り響く、硫黄と硝煙の臭いの中、ハルはエログロに、ハジメはナンセンスに触れ合い、少女達は終わる事のない、永遠のダンスを踊り続ける。 できたてのポップコーンと、キンキンに冷えたコーラの準備を、座り心地の良い椅子に座ってご覧ください。 ※劇中のイラストは「みどうにこ」@midounikoです。 ※どちらかと言えば、タテ読み推奨です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14時間16分

    この作品を読む

  • 市原ストーリー

    頑張りますので、よろしく!

    900

    0


    2022年1月3日更新

    この作品は30年以上も脱出できずに住んでいる中堅都市、市原のとある住人の随筆文である、恋あり、笑いあり、人情ありのドタバタ物語。自電車に乗って、あくせくと働く市原市民の不満を暴露します、幸せ貧乏でどこが悪い? 市原市というと東京から離れたパッとしない街で昔は不良が多い街で荒れて、さびれた感がある。上流階級は邪魔というのが市原の不文律でもあった。ひとこと多い当たり屋的なやから、殺し屋のようなもの、何となく住んでいる人、並みなぶすめ達、ヘイトスピーチがやたらと上手い女、変顔なおじさん、おばさん達、本当に弱気な男、おっとせい的にいやむささび的とでもいうか東京と市原をいったり来たりして住んでいる人達、たまに現れるだけの奴、大丈夫ではないのに見栄をはっている人達とそれを持ち上げて、大金を取る女たちなどいろいろな人種が市原には生息している。 都会では通用しない、いや逃げてきた。何といっても女はブスが多いし、かわいい彼女はできない街、人からは敬遠される、運が悪くなる、かかわったら終わり、やたらひねくれた奴がいる、家族の仲が悪いなどいろいろと問題を抱えている、やる気がない 人たちが多いようです。ここに住むのは頭がおかしい、いかれているなんかダサい、金の無い街、貧乏、ふつうの街、欲がない、かといって仲が良い、いい服は売ってないし、あってもすぐに売り切れる、雑音がすごい、やくざ者、ムショ帰り、ださい、いも、暴走族、道路は舗装されておらずで区画整理もされていない。道路は舗装されておらずでこぼこ道なんて時代もあり、そんな中、おやじのバンに乗った記憶もある。住民のイライラは募るばかり。友達は外人しかいないというのが特徴的だった。さて、そんなところで、今では昭和時代とは様変わり平成後期時代になってからは時代の流れもあるが、ちょっとしたファッションタウンに生まれ変わり、全国から移住して来た民が大多数だ。ひと昔前の市原とは違う。リトバルスキーやオシムチルドレンなんかで有名な名門サッカーチームのジェフ市原は千葉に移転したが、名前はちゃんと残っている、万年J2にいるのはちょっとね。 なんかやっかいな街、難しい街、普通の人には馴染めない街、口が悪い、下品、人格破壊を起こす。頭悪い、中途半端。でも今ではアリオには映画館もあるし、食事、イベントなんかもあるし、女性が増えた理由はわかる.....

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • こがねの駒 ~ 戦国時代編 ~

    三人が織りなす青春と淡い恋愛のストーリー

    124,800

    20


    2021年8月30日更新

    下総国(千葉県)の小金城は北条氏の傘下。みなしごの「こま」は馬が好き。15才になると女ながら小金城の馬番の仕事を夢見る。馬屋敷では誰も乗せようとしない馬「こがね丸」に手を焼く。弓矢が得意な「弓弦」は小金城に出仕。こまと、こがね丸と、弓弦の3人は小金城で出会う。お互いの持ち味を活かして、誰も成し得なかった偉業に挑む。 そんな頃、豊臣勢力を抑えようとする北条氏からの要請で、弓弦とこがね丸が牛久の地へ出兵することに。心配するこまは、弓弦が無事に戻って来れるよう力の限り支援する。 牛久で名を上げた弓弦は、帰郷後、小金城で一躍有名人に。 人々の注目を集める人気者の弓弦の姿に、こまは、どのように接して良いのか戸惑う。 そして運命の1590年、豊臣秀吉による小田原城(北条氏)への総攻撃が始まり、北条氏は小金城に援軍を要請。 手薄になった小金城には、秀吉の配下である浅野長政が2万の兵を率いて小金城を包囲し、絶体絶命の危機に。 そのとき、こまは、こがね丸は、そして弓弦は・・・ 豊臣秀吉の小田原攻めの後、小金の街は徳川家康の五男、武田信吉が統治する平和な時代へと移行する。 関東一帯を任された徳川家康は、小金の街に、甲斐 武田家の再興を企てる。しかし当の武田信吉は、身体の弱い母(徳川家康の側室)秋山夫人の体調が心配で・・・ お忍びで出かけた際に知り合ったこまへ、その胸中を明かす。そんなこまも、武田信吉の力になりたいと思う。 武田信吉と秋山夫人の事情を巻き込んで、複雑に絡み合ったこまと弓弦の運命の行く末は、最終的にいかに。 戦国時代を舞台として、日々を精一杯に躍動する、少年と少女(と馬)の姿を描いた、青春ストーリー。 ※ このお話は、歴史上の出来事を舞台背景として創作した、歴史フィクション小説です

    読了目安時間:12時間10分

    この作品を読む

  • 出会ってはいけない、『世界』が、出会ってしまった これは悲しい『出会い』の物語 がたいが良くて理系脳の多趣味で気弱な若者が、どう考えても罠としか思えない課程を経てパイロットをさせられた。 そんな彼の配属されたのは諜報機関と同じ指示系統の「特殊な部隊」。ある才能を見抜かれて「特殊な部隊」運命を変える選択を迫られた。 その部隊名は長すぎて不便なのでは略称「火盗」と呼ばれる「特殊な部隊」とされている。 辞令を受け取った彼を迎えに来たのはちんちくりんな「人類最強」のエースを名乗る口の悪い幼女。 彼女に連れられて行った先には、駄目人間でインテリ、「プライドを捨てた男」を自称する奇妙な隊長だった。 他にも勤務中にバイトで下請けのシステム開発をしている、バイオノイドの女小隊長。 銃を肌身離さず持ち歩く気分屋でいつ発砲するか分からないフォーク命で女ガンマン気取りのサイボーグの下で働けという。 さらに運用する艦の艦長は「脳ピンク」隊長の言う事を本気で信じていてギャグしか頭にないバイオノイド。 必要と感じないと割り算すらできないが何故か人望がある生涯「ワル」の技術班長など、ほとんど犯罪者寸前の馬鹿ばかり。 そんな犯罪者一歩手前のイカレタ連中と生活して、彼らを理解することで若者は成長していく。 彼はある事件をきっかけに強力な力に目覚める。 それはあってはならない強すぎる力だった、その選択が宇宙のすべての人々を巻き込む戦いへと青年を導くことになる。 コアネタギャグ連発のサイキックロボットギャグアクションストーリー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間26分

    この作品を読む

  • 【飯テロ エッセイ】我孫子にある弥生軒といふお店の唐揚げそばが美味い件

    飯テロ不可避、唐揚げそばのエッセイです

    1,300

    0


    2020年3月10日更新

    我孫子駅にある唐揚げそばのレポになります

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む