検索結果:14件

  • ゴールデンエッグ

    うちに知らないひとがいる。

    3,100

    0


    2022年8月16日更新

    優しい両親と暮らす中学生の女の子。 ある朝起きると玄関に見知らぬ靴がある。両親に聞いても心当たりはないらしい。 それから次々と起こる不審な出来事。 風呂場の磨りガラスに映る人影、深夜の廊下に感じる気配、ベッドの足元に佇む謎の老人……。 一体この家で何が起きているの? (ヒューマンドラマ/家族)

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • Tシャツの中の存在

    こんな所から出てくるとは

    2,000

    0


    2022年8月14日更新

    チェ・ボングク→父。大抵の事には寛大だが、食べ物を粗末にするのは許さない。 キム・ウナ→母。凄腕の、料理教室の先生。食欲モンスターでもある。 チェ・ソヨン→長女。小学3年だが実際より遥かに幼く見える。昔の病気の後遺症で箸の扱いが上手くない。 チェ・ヒョンホ→長男。小1だが身長自体は姉より僅かに高い。好き嫌いがとても酷い。 韓国の首都、ソウルの中心部に住むとある一家。 手違いで山程届いた鶏卵を処理する事になるものの、偏食の酷い長男の所為で色々 苦労する事に。 夕食の後、自分の部屋に戻った長男は、ハンガーに掛けられたTシャツに目線を向ける。 本作は100%フィクションです。蛮行を推進する意図は一切有りません。 実在の人物/出来事等とは一切無関係です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • Ghost in the egg

    幽霊っていうと……アレしか思いつかず

    5,600

    0


    2022年7月7日更新

    「ひょえ〜〜〜!」 卵から何かが飛び出し、らしくない声が口から漏れる。ボウルの中には黄身と白身。いたって日常。 老眼はまだでしょ。それともあの蚊が飛ぶ目の病気? いや、気のせい気のせい。 二つ目の卵を割る。瞬間、何かが宙を泳いだ。それは薄れる前にチラッとこちらを見た。ような気がする。 アイツが起きないから、オムレツ作ろうって休みの朝。目玉焼きを教えたら、アタシより上手でカワイくない。三つ目割ったら、ヒュルル〜。微かな音を立てて床に落ち、ポヨン、と弾んでその何かは……消えた。 二人前のオムレツに卵は三つ。けど、アタシは気が気じゃない。六個入りの卵パック。すべてこうなら、スーパーヤフハチに文句を言ってやる。アタシは卵をピンポン玉のごとくつかんだ。 四つ目、澱んだものが床に流れていった。 五つ目、それはヨロヨロとボウルのそばに落ちた。 最後の一個を手にする。もうとまらない金メダリストの妙技。その時、頭の中に声が響いた。 ……ワラナイデ ハア! 頭の中で凄む。卵をどうしようとアタシの勝手ダァ。 ……オネガイ 振り上げた手を止め、指でコワゴワとつかんだ。 マジ? 通信? の末わかったことは、どうやらそいつには産まれるまで卵が必要らしい。 メンドくさ。犬猫はおろか、子どもだって持ちたくない。それがカレシとこじれる原因の一つで、今いる奴とはそんな突っ込んだ話はしていない。 このまま冷蔵庫に入れっぱなしにして忘れよう。 だけど、とアタシは思った。アイツがもし目玉焼きを作ろうとしたら? 寝ぐせのままのアイツは皿いっぱいのオムレツを無邪気に食べた。卵は全部使った。 目玉焼き焼いてあげたのに〜と言われ、アタシはアリエナイ右目でアイツを見る。何かが透けて見えた。 いいヤツじゃん、コイツ。 アタシの右目にはユーレイのアカンボが住んでいる。もしかしたら世界がちょっと変わったかもしれない。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 終末世界に降る卵 ~少年は創造神となり、生き延びるために新たな生命を生み出す~

    異世界ファンタジー設定&短編フェア参加作

    1,600

    0


    2022年3月23日更新

    ●設定 少年と少女しかいない終末の世界で、どんなものでも生み出せる卵を駆使しながら二人が生き延びる世界観。 空から降り立つ卵は有限であり、この先100個しか大地に訪れないと少女から告げられる。 一つの卵につき一つの生命しか生み出すことができず、1日ごとに1つの卵しか降りてこない。 少年は卵に触れれば、どんな仮想の生命体でも生み出すことができる。 だが翼の卵自体を創り出すことだけはできない。 少年自身が卵から作り出せる生命は100個まで。 その定められた理自体を変えることはできず、少年は己の想像力を駆使して、この何もない平原を生き延びていく。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 俺と卵と月と蛇と

    「一人前の蛇になってほしいんじゃない?」

    1,300

    0


    2021年9月21日更新

    蛇会社に入った人間と近所に住んでいる蛇のゆるBLです。卵が怖い話。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 絶対に孵らない卵とは?

    2,000

    0


    2021年8月15日更新

    錬金術の師匠から課題を出された弟子達は、持ち前の知識を以てディベートを始めた。 はたして、この議論を制して後継者と認められるのは誰か? 議題とされた『絶対に孵らない卵』とは何なのか?

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 海からやってきた卵【夏の5題小説マラソン③】

    僕が砂浜で拾ったものは……

    3,700

    10


    2021年7月28日更新

    僕が砂浜で拾ったものは、手のひらサイズの卵だった。ウミガメのそれに似ていたが、そいつは次第に変化していく。卵そのものが変形して、小さな手足が生えてきた。トカゲのように四足歩行を始めたが、次第に頭部が大きくなり、尻尾が消えてしまう。そいつは、まるで人間の赤ん坊のようだった。しかも、僕には見覚えのある赤ん坊だったのだ。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 生卵男

    生卵の恐ろしさを堪能ください

    400

    0


    2021年5月17日更新

    高校2年生の谷原凛さんが遭遇したのは目も鼻も口も無いのっぺらぼうの怪人、生卵男! 親友の真紀子さんと一緒に不死身の怪物を相手に戦いを挑みます! 生卵男の目的は?そしてその正体は!! 鮮血の男爵の続編です!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 百合です。 ニワコは【とりつかい】の女の子。 金のタマゴを産む鶏を求めて日々ダンジョン攻略に精を出しますが、あるひ突然、追放されて無職になってしまいます。 とぼとぼ歩くと道端にニワトリッ、大怪我ッ、ギルドに連れ込んで手当て、おっぱいにニワトリ挟んでベッド。 「あなたの名前は『スープ』、スープ、スープ……鶏ガラw」 そのとき不思議なことがッ! ニワトリが美少女にッ! 顔面がおっぱいに挟まれる図。 (小説家になろう でも掲載中)

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 【禁断の夜食コン】春を告げる兎【ゆでたまご】

    イースターってイシターのことだよ!

    2,400

    0


    2020年11月15日更新

    イースターに合わせて、ツイッタラーは兎娘を書いたり卵を食ったりしてたのですが、すっかり失念してて出遅れた僕。もうじき日付が変わりそうだったけど、滑り込みで参加したのだ。まあ見てくれ。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • GO! たまGOGO!

    卵は……いいぞ…………

    15,400

    0


    2020年11月14日更新

    夜食に便利な食材、卵。 そんな卵を使った、面倒臭がりで料理嫌いな私でも簡単にできる料理……料理? と呼べるかも怪しい新たなテクを紹介。 卵の新たな可能性と魅力を、皆様にも知っていただけると嬉しいです。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • GM/KP:貴方の前に卵があります、どうしますか?

    卵を弄るだけの話……話?

    6,000

    0


    2020年10月24日更新

    卵を前にして、色々遊びます。 ……正直作者も何やってるんだか分かりません タイトルにGM/KP/PLとありますが、TRPG要素はありません。ただタイトルに使いやすかっただけです。 補足 GM=ゲームマスター、KP=キーパー どちらもTRPGでの話の進行にあたる人 PL=プレイヤー TRPGに参加してプレイする人 2020/10/10 日間ジャンル8位! ぶい

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 僕が名付けた天使の話

    こんな天使もいいかなと。

    2,300

    0


    2020年8月10日更新

    まったく違う話からの抜粋&別展開です。つづくかどうかはわかりません(無責任)

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 神様のたまご

    卵を孵して世界を救え。神様育成物語、開幕

    4,200

    0


    2020年3月31日更新

    「お願いします。この世界の運命は貴方に委ねられています」 家の近所のホームセンターで買い物をしていた有栖野(ありすの)樹良(きら)は、気が付くと異世界の神の家にいた。 彼を異世界に召喚した古き神々のラファニエルは、彼にひとつの卵を渡してこう言った。「この世界を滅びの運命から救うために、多くのエルを育てて下さい」と…… 樹良に与えられたのは、エルという名の神の生き物を育てて精霊を復活させるというブリーダーとしての仕事だった。思い描いていた召喚勇者としての使命とは全然違う形の使命だったが、生き物を育てることは嫌いではないという単純な理由から樹良はラファニエルの頼みを引き受けることに。 これは、神の生き物の世話に翻弄されながら日々をまったりと過ごす一人の若者の日常の物語である。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む