友達以上恋人未満

検索結果:7件

  • 俺こと神無月 雪之丞(かんなづき ゆきのじょう)は何処にでもいる家事全般と妹へメールを送るのが好きな男子高生。だが高校デビューは失敗している。母校、白川桜華学園ではハイブリッド的多国籍な容姿と父母達母国からくる風習により札付きの不良として誤認識されていたのだ。 そんな俺はある日の放課後、留学中の妹へテレビ電話にて俺が通う学校を撮していると、カップルの逢瀬、または逢引きの現場を目撃してしまう。 だがこのままエピソードは終わらなかった。 プロバスケ界が注目している女子バスケ部のエースにしてモデルもこなしている美少女、竜石堂 漆葉(りゅうせきどう うるは)が俺を呼び出す。 とうとう告白かと思いきや、いきなり脱ぎだし、「体は奪われても心までは奪われないんだからね」泣きながら俺を睨み付けた。 その理由はカップルの片割れだと判明する。全国大会がかかっている彼氏に迷惑をかけたくないという乙女心から動いたのだ。 これは俺をNTR系不良先輩と勘違いして敵意むき出しの美少女が、誤解を解いて素直に雪之丞好き好き愛しているとデレるまでの物語。 毎日更新予定

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 僕がいない秘密基地

    君との冒険はまだまだ始まったばかり

    2,700

    0


    2021年7月11日更新

    夏の5題小説マラソン参加作品 テーマ「秘密基地」 あの子と幼馴染が体験したあの夏の「秘密基地」 その当時を一緒に過ごしてみたいと一瞬でも思ってしまった俺のワガママが消えなくて。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 青林檎

    明日は、満月だよ。

    600

    0


    2021年4月7日更新

    かつて空を指さしたそいつはわたしのもとに帰ってきた。 一緒にいるだけの、さいごの日常。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 【BL】きみのそばで時を刻む

    彼の言葉を支えにして、私は生きてきた。

    1,600

    0


    2020年11月13日更新

    『僕は欲張りになってしまったんだ。きみに会いたい』 旧友であるワイン農家の沢木真昼から、手紙が届いた。私の名前と同じ意味のワインとともに。 あの夜から十年余りが過ぎた。 彼の熱はいまでも覚えている。 青春を捨てなくてはいけない年頃の男ふたりが、浮かれて道を外れそうになった出来事。そう思い、私はひとりで生きてきた。 彼も、私との夜は忘れていないようだった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 甘く親密なディスコミュニケーション

    親しいから踏み出せないあと一歩もある。

    14,100

    0


    2020年9月29日更新

    「こっちはとんだドライブだってのになぁ」 憎からず思っている幼馴染を誘って出掛けたドライブは天候の崩れから何一つ思い出を作れないままで終わろうとしていた。踏んだり蹴ったりな思いで家路につく途中、彼女から些細な提案がなされる……。 これは俺とアイツのなんでもない、ちょっとした出来事。日常の中の1ページの事でしかない話。 ※表紙に使ってる写真は旅先で撮影したものです。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 都合のいい関係

    1話完結の恋愛話です。

    4,500

    90


    2020年9月2日更新

    ヒロとヨリコは友達以上恋人未満の関係。それが二人にとっては当たり前だった。近い関係だからこそ恋人という重い関係にはなりたくないと思っていた。お互い言わなくても分かり合えていると思っていた。いつも一緒にいるのが当たり前、そんな中ヒロに海外赴任の辞令が通達された。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • あの時、一番好きだった君に。

    過去と現在が織りなす片思い恋愛小説。

    810

    0


    2019年7月20日更新

    七原千景30歳。夫の尚宏、娘の夏乃と3人家族。フルタイムの仕事をしている。 今月から、新しく配属となったプロジェクト。そのプロジェクトで待っていたのは、以前バイトをしていたカフェで一緒に仕事をしていた、見覚えのある彼だった。 「もしかして、千景ちゃん?」 懐かしいその声に、昔の記憶が蘇る。 ──大学生活も残り2年になった頃、私は恋をしていた。 バイト先の1つ下の男の子『桐谷航河』は、私、『藤田千景』の思い人である。 あの時私は、彼の存在が一番で、何より大切な存在だったのだ。 付き合っているのかと勘違いする人が出るほど、私達は仲の良い2人であった。 大好きだった。愛していた。 例え、その恋が、実らなかった恋だとしても。 私は、確かに。『桐谷航河』に恋をしていたんだ。 ──昔好きだった彼と、数年越しに再会した千景。その彼とは、千景の結婚を機に連絡を取らなくなっていた。 昔好きだった彼が、昔と変わらぬ優しさのまま今目の前に現れる。 今と昔を重ね合わせては、その時の気持ちを思い出す千景。昔と扱いの変わらない航河は、一体、何を思い千景と接するのか。 ※現在と過去の回想が織りなす、甘くてほろ苦いラブストーリー。 ※クスリと笑える要素あり。 ※もどかしさ、焦ったさ多目。 ※彼女にいる男性に恋をします。NTR等の表現はありませんが、人によって考え方、行動、表現において不快となる部分が含まれる可能性がございます。ご注意ください。 ※泥沼化はしません故、悪しからず。 ※過度なアダルト要素、また恋愛につきグロ要素などは含まれておりませんが、日常であり得る下ネタ、アダルト表現、未成年の飲酒喫煙等の表現が含まれるため、R15としております。ご了承ください。 ※※※ Key Word※※※ 甘酸っぱい 片思い 両思い 夫婦 恋人 カップル 友達 友達以上恋人未満 じれったい 想像 男女 女主人公 昔話 デート いちゃいちゃ 甘々 ラブラブ 仲良し 男友達 女友達 NL 恋愛話 あまあま 涙 過去 思い出

    読了目安時間:2時間46分

    この作品を読む