古本屋

検索結果:7件

  • 翡翠色の空の下で~古本の旅行ガイドブック片手に異世界旅行~

    古本屋を出ると、そこは異世界でした。

    96,800

    710


    2022年7月5日更新

    知っている人は知っている、有名な旅行ガイドブック、「みるぶ」。 とある土曜日、神保町の古書店を訪れた女性・澤 実里(さわ みのり)は、少々使用感の目立つ「みるぶ」が、他の本に紛れるようにして棚に収まっているのを見つける。 そのタイトル、「みるぶ異世界」。 中を開くと書かれているのはどれを取っても胡散臭い内容。それでも暇つぶしにはいいだろう、とジョークグッズのつもりでお買い上げ。代金200円と消費税8%。 本を収めたビニール袋片手に古書店の外に出ると――そこはまさしく異世界だった。 なんで異世界だと分かったか?何故なら、頭の上に広がる空が、どこまでも澄み切った緑色なのだ。 剣と魔法の世界ではない、けれど異種族が入り混じり、人種差別しつつされつつ暮らす近世チックな異世界にて。 元の世界に帰る時が来るまで、実里は古都フーグラーのギルドで雇った獣人族の通訳と共に、自身が迷い込んだマー大公国内を旅行することにしたのである。 ●受賞歴 エブリスタ様「読者を増やそう!エブリスタのトップに載れるコンテスト」 受賞 小説家になろう様 第9回ネット小説大賞 一次選考通過 ※カクヨム、小説家になろう、アルファポリス、エブリスタにも並行して投稿しております。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054888255850 https://ncode.syosetu.com/n5542fg/ https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/968278374 https://estar.jp/novels/25627829

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間25分

    この作品を読む

  • 食べる本

    読んでくれたらうれしいです

    4,247

    0


    2022年5月16日更新

    本を好きな少年が古本屋で一冊の本を手に取る。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 眼鏡と翼と突風と

    古本と初恋をめぐるファンタジー

    88,000

    3,315


    2022年1月2日更新

    街の中心部の丘の上には千年木と呼ばれる巨樹がある。 丘の中腹にある古本屋の店主セロは、八年前に行方不明になった少女カモミールを忘れられないでいた。 ある日、店に一冊の本が投げ込まれる。この本を巡り、セロの周りに不穏な風が吹きだした。 謎が次の謎を呼び、カモミールへと繋がって行く。 セロと一羽の鳥、友人クロウ、居候の少女シナモンをめぐる物語。

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • 黒い栞

    2020年novelber参加作品

    0

    0


    2021年2月6日更新

    ある古書店での不思議な話。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 魔導書は古本屋で貰ってきた

    一冊の魔導書が俺と彼女の日常を変えた話。

    2,100

    0


    2020年9月30日更新

    「甘いもの」と「古本」にしか興味がない少女と、そんな彼女に振り回されている俺の1人と1人の日常が、一冊の本と謎の書店員により変わっていく物語。 ──あなたが来るのをお待ちしておりました──

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • レトロゲームと古本屋

    ノスタルジーの、その先に。

    26,400

    150


    2020年9月30日更新

    とある地方都市の寂れた駅前にある古本屋『ミレニアムブックス』。 古本屋と名乗っているものの、レトロゲームへのこだわりが尋常ではない。 そんな古本屋で、日々ゆるくレトロゲームを楽しむ店長とバイト、たまにお隣さん、の日常。 取り扱っているゲームタイトルを知らない人にもわかりやすく、かつ、遊んでみたくなるよう心がけて書いています。 基本一話完結の気軽な連作短編シリーズです。 【登場ゲームについて】 各話のまえがきに登場するゲームの簡単な短評を添えてあります。 気になったらぜひともプレイしてみてください。 【イラスト】 神無宇宙さま http://zrgt.net/ 【主な登場人物】 旭川千秋(あさひかわちあき) 1992年生まれ。 古本屋『ミレニアムブックス』のアルバイト。 秋穂県立大学学部生。 好きなジャンルはシューティング。 大平矢留(おおひらやどめ) 1980年生まれ。 古本屋『ミレニアムブックス』の店長。 元首都圏のIT企業戦士。 好きなジャンルはアクション。 高清水泉(たかしみずいずみ) 1986年生まれ。 中華料理屋『梅林』の店主の娘であり店員。 好きなジャンルは音楽ゲーム。 新屋彩子(あらやあやこ) 1980年生まれ(早生まれ)。 塾講師。 落ち着いた雰囲気。 髪はボブカット。 好きなジャンルはパズルゲーム。 新屋亜也子(あらやあやこ) 彩子アナザー。 セーラー服とロングウィッグで解放。 好きなジャンルは縦スクロールシューティング。 新屋政仁(あらやまさひと) 1980年生まれ。 パソコン専門店店員。 店頭の展示機でアーケードゲームのサントラを流す日々。 好きなジャンルはシューティング。

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

  • 【物語喫茶パラミシア】自分王国の冒険(仮)

    ある日、自分が物語の主人公になったら。

    5,290

    0


    2019年8月19日更新

    自分に自信がない、今田未名萌(いまだみなも)。ある日、古本屋で彼女は自分と同名のキャラクターが主人公の本を見つける。 本を買って帰ろうとすると、黒スーツの大人たちに「本を渡せ」と迫られた。 怖くなって逃げた彼女が見つけたのは、小さな別の古本屋だった。(タイトルは仮です、変更可能性ありです、すみません) 青い鳥文庫小説大賞に応募と思っている作品です。コメント応援頂けると喜びます<m(__)m> 毎日投稿目指しております。更新日時は、毎日19時25分で仮止めです。)

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む