召喚転移

検索結果:3件

  • 「無」能力だけど有能みたいです〜無能転移者のドタバタ冒険記〜

    特殊能力:無、だがその能力は無しにあらず

    147,490

    1,884


    2023年2月3日更新

    ★あらすじ★ 主人公の武野羽美鈴(むのうみすず)は、水溜りの魔法陣を踏んでしまいそこを通り女神の頭の上へと落ちた。 そうこの魔法陣は水を司る女神スイクラムが、勇者を召喚するために仕掛けておいたものである。 この時スイクラムは、好みの勇者を召喚できずにイライラしていた。 丁度そこに美鈴が現れたため八つ当たりし始めその挙句、女性でダサかったため処分すると言い美鈴を魔法で野獣の住処へと飛ばす。 美鈴は目覚めると、目の前に野獣がいて襲われそうになった。 その様子を見ていた使い魔のヴァウロイは、姿を現し助けたあと美鈴の能力について説明する。 その能力とは『無』という言霊のスキルだ。 そのスキルを使いこの場を切り抜けるが正気を取り戻した野獣に追いかけられ、それを見たエルフのエリュードにより美鈴とヴァウロイは助けられる。 そう美鈴はこの時ここでエリュードと運命の出会いをする。 その後美鈴は、エリュードとヴァウロイと行動を共にすることにする。 そしてここから美鈴たちの、恋愛や笑いありのハチャメチャな冒険の始まり……。 キャッチコピー 【特殊能力:無……だが、その能力は無しにあらず……】 ˚✩∗*゜⋆。˚✩☪︎⋆。˚✩˚✩∗*゜⋆。˚✩⋆。˚✩☪︎⋆ 不定期投稿になります。 ☆カクヨム、アルファポリス・小説家になろう、エブリスタ掲載☆ 表紙絵、挿絵はもけもけこけこ様の作品につき不正使用、無断転載、無断転売、自作発言を禁止します。 珍竜ドラギドラスのキャラデザインはターバン様の作品につき不正使用、無断転載、無断転売、自作発言を禁止します。 【「無」から始まる異世界生活。傍若無人な女神に召喚されたけどなぜか怒られた挙句にとんでもない所に飛ばされたので仕方なくここから冒険の旅にでます。だけどいつかこの無のスキルであの女神に一泡吹かせてやる!】から【「無」能力だけど有能みたいです〜無能転移者のドタバタ冒険記〜】にタイトルを変更しました。

    読了目安時間:3時間44分

    この作品を読む

  • 【短編】「ハズレ」能力だけに当たらないみたいです!!〜「無」能力だけど有能みたいです〜無能転移者のドタバタ冒険記〜☆外伝☆

    その者は、とんでもない能力を授かっていた

    3,700

    54


    2022年12月8日更新

    主人公の葉豆連(はず れん)は、なぜ自分の能力がハズレなのかと思う。そしてどうしてこの世界に転移させられたのかとも……。 ★★★★★ 【「無」能力だけど有能みたいです〜無能転移者のドタバタ冒険記〜】の外伝です! 《小説家になろう・カクヨム・アルファポリス ・エブリスタにも掲載》

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • この世界に二度も召喚された者と新たに召喚された者の異世界奮闘記〜☆★旧異世界勇者・外伝★☆【始まりの章】

    2年前に召喚されし2人の苦難な日々

    13,600

    45


    2022年10月29日更新

    この物語は、本編から異世界歴、約二年前に召喚されし二人の冒険記である。 一人目の主人公は、辺境の地の東側にある過去に隠された秘境の祭壇にて召喚された。 その後、ある村で一泊し今後のことを話し合い、別々のルートから目的地を目指すことにする。そして、その場でわかれて北西を目指し旅立った。 二人目の主人公は、結界の城(シェルズ城)の地下に特別につくられた祭壇にて、ヒューマンの女性により召喚される。 そして、この城の王の側近である男から、なぜ召喚したのか理由を聞いた。 だがそれは、この城の者たちの策略によるものだ。 その理由を聞くが、その話がイマイチ納得できず様子をみることにする。 そして二人は、別々の場所からのスタートを切ったのだった。 ☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚ ☆小説家になろう先行連載、アルファポリス、カクヨム、エブリスタにも連載★ 『Second stay & New life of Different world〜この世界に2度も召喚された者と新たに召喚された者の異世界奮闘記〜☆★旧異世界勇者・外伝★☆』から『この世界に2度も召喚された者と新たに召喚された者の異世界奮闘記〜☆★旧異世界勇者・外伝★☆』にタイトルを変更しました! ✩・✩・✩・✩・✩✩・✩・✩・✩・✩ 更新は不定期になります。 表紙と挿絵イラスト:もけもけこけこ様の作品に付き不正使用、無断転載、無断転売、自作発言を禁止します!

    読了目安時間:48分

    この作品を読む