同級生

検索結果:50件

  • 女性なら誰でも買えちゃうICカードを手に入れてしまったから好き放題やる

    女子高生が女の子を買う甘々百合です。

    30,800

    1,601


    2022年12月24日更新

    女性なら誰でも買えてしまう百合援助交際専用ICカード『LILCA』を手に入れた女子高生が、実の姉や学校の生徒に教師、近所の女の子など手当たり次第に金で好きにするお話。 ※レイティングは正常です。 ※のんびり更新。 ※小説家になろう様、カクヨム様のほうにも投稿させていただいています。

    読了目安時間:24時間10分

    この作品を読む

  • 嘘吐き少年とカレーライス

    カレーを作りながら、同級生に想いをはせる

    7,950

    60


    2022年8月31日更新

    ニュース番組で耳にした名前から、小学校の同級生Pを思い出した。僕はカレーを作りながら、Pに想いをはせる。Pは嘘吐きであり、カネに対する異常な執着を見せていた。何となく、大人になると犯罪者になるような気がしていたのだ。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 「ずっと初恋」【BL】

    親友のことが大好きで。

    0

    0


    2022年5月7日更新

    中一で会った時から大好き。 ずっと親友だと、思ってきたけど。 高三の今。すごくモテるのを近くで見てると……。 フジョッシーの「5分で感じる『初恋』BL」コンテストで受賞させて頂きました♡

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 臆病な私の恋

    恋しているとき、前を向けないこともある

    3,000

    0


    2022年5月3日更新

    恋というのは、病である。 臆病な私は、恋してしまったあなたの気持ちを知るのが怖かった。 1話完結。百合短編。 この作品はカクヨムにも投稿しています。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 優等生に終止符を

    BL。最後にちょっとしたどんでん返しあり

    2,000

    0


    2022年4月27日更新

    先生も、お元気で。 ※他投稿サイト様にて開催されたコンテスト参加作品です。「初恋」をテーマに書いてみました。 BLなので苦手な方はご遠慮ください。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • Kiss♡魅(me)!!〜日暮れまでにキスをして〜

    天然小悪魔→→→→♡クール一匹狼

    12,500

    250


    2022年3月25日更新

    日暮れまでに男の子とキスをしないと、消えてしまう!? サキュバスであることを隠して人間社会で生きる来夢 魅(らいむ みいる)は、女友達の璃世(りせ)ちゃんが大好き! だけど、十六歳になるまでに人間の男の子とキスをして生気(エナジー)を得なければ、存在が消滅してしまう定め。 男の子が大の苦手の魅には、それは難題で……なかなか果たせないまま、とうとう誕生日が来てしまう。 タイムリミットは、生まれた時間の夕方六時。 魅の運命や如何に!? 〜ドタバタ☆きゅん♡な百合短編ラブコメ!!〜

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 同居人は無口でクールな彼

    同級生の男の子と同居することになりました

    3,000

    0


    2022年3月12日更新

    突然、母の知り合いの家にしばらく居候させてもらうことになったのだけれど なんと母の知り合いの息子が同級生の男の子でした 野々村鈴香ーSuzuka Nonomuraー × 篠原翔哉ーSyoya Shinoharaー 無口で何を考えているかわからないのに 「仕方ないから俺が守ってやるよ」 ときどきわたしを翻弄するのはどうして? 女子が嫌いなはずなのに 「あんただったらいいよ」 わたしだけ特別扱いするのはなぜ? お願いだから もうこれ以上ドキドキさせないで

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • ビーカーのなかには夢が隠れている

    恋に不器用な生徒と教師の美しき百合物語

    38,550

    640


    2022年3月5日更新

    「ビーカーのなかには夢が隠れている」 陽気な春の日差しに包まれた四ツ乃葉女子高等学校の理科室で、吉野奈緒は、教師である園部美菜子に教えてもらった言葉をつぶやいた。 美菜子は産休の山内に代わって着任した理科の教師。奈緒は美菜子の着任した初日、彼女に対して憧れのような不思議な気持ちに襲われていた。 やがて奈緒と美菜子は毎日ランチタイムを一緒に過ごすようになる。 同時に、二人にとって理科室は、懐かしい香りがして、綺麗な景色を楽しめる、かけがえのない場所へと変わっていく。 ところがある日、奈緒は、体育教師の城之内が美菜子の愛車に乗って、彼女とともに職員専用駐車場を飛び出していく姿を目撃してしまった。 更に、夏休みを目前にした期末テストの最終日。ホームルームを終えた奈緒が美菜子に会うため理科室を尋ねると、とんでもない事件に巻き込まれてしまうのだった。 生徒×教師による禁断の百合物語。秘められた恋心の先に待ち受ける、運命の結末は──? 全5話(4節+エピローグ) 【百合短編小説コンテスト2022 参加作品】 ※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・地域とは一切関係ありません。 本作は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 前髪越しのキミ

    超王道少女漫画みたいな青春初恋BL!!

    11,400

    10


    2022年1月22日更新

    円谷 真澄(つぶやら ますみ)、高校二年生。身長百八十五センチ。無駄に人目を引くこの長身がコンプレックス。 背が高いのに気が小さくて臆病な僕は、人と目を合わせることが苦手。いつも長い前髪で防護幕を張っていた。 そんな僕に、憧れのクラスメイト香椎 透(かしい とおる)くんが、ある日「コミュ障を直す練習台になる」と言ってきて――。 放課後、裏庭で行われる僕と香椎くんの秘密の特訓。前髪のカーテンを捲る彼の指先、僕を見つめる瞳。 ダメだ、こんなの。恥ずかしくて、死んでしまう! ━━━━━━━━━━━━━━━ 夜薙、人生初めての短編に挑戦です! 某サイトの『初恋』短編コンテスト用作品ですが、全年齢でBL初心者様にも安心してお読み頂ける仕上がりになった……筈なので、折角なので、こちらにも載せてみます! 表紙は自作。気が向いたらちゃんと描き直すかも?

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • ずっと親友であることに意味があった

    淡く儚く美しく 親友であることの意味

    35,720

    1,715


    2021年12月10日更新

    深い空に浮かぶ星を見上げる度、思い出す。アイツのことを。 そして必ず聞いてみたくなる。答えが届くはずもないのに。 アイツと過ごした日々。忘れられない時間。忘れられないあの日。 忘れちゃいけないあの時。忘れたくないアイツ。 当たり前がこのままずっと続くものと、あの頃の俺は信じて疑わなかった。 それがどれほど大切で貴重なことかも知らずに。 ずっと親友であることに、意味があった。 大学3年生の主人公が、夜ふと星を見上げ、3年前の出来事に思いを馳せる。 幼馴染みで一番の親友であった彼女との、切なくもどかしい物語。 お互いの想いを感じていたのか。 ずっと親友であることに意味があった。 登場人物は、2人だけです。 2021年11月26日、27日、28日、29日 12月1日、5日、6日、10日、11日 ジャンル別 1位いただきました♪ 2021年11月28日 週間6位 2021年11月29日 週間2位 月間 10位 2021年12月2日、3日、5日 週間1位 2021年11月30日 月間 9位 2021年12月3日、4日 月間 8位 2021年12月5日 月間 7位 2021年12月6日 月間 4位 完結後 2021年12月13日 3位 2021年12月16日 日間2位 週間3位 月間3位 2021年12月16日 日間 1位 2021年12月23日~26日 月間 2位 ありがとうございます!

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • レモネードはよく冷やして

    男子高生の恋はあまく酸っぱいレモン味

    200

    0


    2021年11月23日更新

    BLコミック原作コンテスト参加作品 ③お題フリー ※このあらすじにはネタバレが含まれます 金髪に翠の瞳という綺麗な外見をしながら、ボロアパートに暮らしている変わり者の基宮 玲望(もとみや れも)。 ボランティア研究部の部長で、元気で奔放でありつつも、部を取り仕切る几帳面な面もある梶浦 瑞希(かじうら みずき)。 実家が貧しくて、兄弟も多く、部屋がなくなったから一人で生活しろと家を出された玲望は、そのためにボロアパートに一人暮らしをしているのだった。 貧しい生活を送りつつも、高校生活やバイトを自分なりに楽しみ、おまけにそれを表に出さないスマートさも持った玲望。 同じ高校、親友にして、現在恋人になった瑞樹はそんな玲望に会って一緒に過ごすべく、ボロアパートについつい通ってしまっていた。 瑞樹はボランティア研究部の部長をしている。部活は順調で、玲望と知り合ったのも部活動がきっかけだった。 一年生の春に出会い、ゆっくりと親しくなっていき、そして恋人同士になった二人。 三年の夏の現在、玲望の家の掃除をしたり、一緒にご飯を食べたり、泊まりをしたり、ときに男友達らしく、ときに恋人同士らしく甘く、一緒に時間を過ごす二人。 一度、瑞樹の部活の女子後輩絡みで喧嘩をしてしまった。 すれ違ってしまう二人だが、瑞樹は後輩との関係を線引きし、玲望は不満を表に出したことを反省し、きちんと仲直りをするのだった。 ある夏の終わり、玲望は「海なんてだいぶ長いこと行っていない」と何気なく言う。 そんな玲望に、瑞樹は「海、見に行こうぜ」と突発的に真夜中、二人、自転車で海を目指した。 考え事をしながら、二人、協力し合いながら辿り着いた海。 そこで玲望に「卒業したらパートナーとして一緒に暮らしたい」と瑞樹は決意を伝える。 玲望も受け入れてくれて、二人はこれからのこと、これまでのことに想いを馳せるのだった。

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む

  • 僕は妹を殴りたい~妹にキスされそれを同級生に見られたら?~

    ※この作品は問題作です。

    200

    0


    2021年11月20日更新

    妹を殴りたい。いつからそう思うようになった僕。妹とは恋人になり、付き合っている。でも、まだ殴ったことはおろか、カミングアウトすらしていない。 でも、文化祭の3日前。突然妹にキスされた。 そして、キスしているところを同級生に見られた。 さらには、後輩に突然好きだと言われ付き合うように迫られた。 同級生に告白されたことは妹にはお見通しで、私のことどう思っているのか聞かれるが、僕は明確な返答ができなかった。だが別れを切り出されて、すべてをさらけ出した。あの日見た、優しく愛情たっぷりの暴力をいつか妹に振るいたいと思って早 年。やばい人間だと思って隠して、見せないようにしてきた本性を今解き放つ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • まさかこんなことになるなんて。

    最後まで読んで頂けたらうれしいです。

    0

    0


    2021年10月6日更新

    小、中学校の同級生と10年振りに再会するが、主人公の三輪(みわ)は10年前の同窓会をめちゃくちゃにした彼が、大嫌いでそれ以来連絡すら取っていなかった。 更生していた彼との恋愛が何故か始まる。 三輪は離婚して2人の子供たちがいて、少し戸惑いもある中での交際が始まる。 子供のことや家族のこと等色々な試練を2人で乗り越えて、無事結婚する。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • お隣さんのあの人は

    いたずらっ子攻め×真面目くん受け

    4,200

    0


    2021年10月6日更新

    西城は、たまたま、坂月がクラスの女の子に告白されているシーンを目撃。後で思いっきりからかってやろうと思い、物陰に身をひそめ、様子をうかがう。坂月は女の子からの告白を断る。「好きな人がいるので」と。その先は何を話しているのか聞こえない。西城は、その言葉にもやもやとした感情が芽生えるのだった。そのもやもやはしばらく晴れることがない。ある日、坂月が西城に弱音を吐く。話をあらかた聞いた後、頭を撫でる。そのときの笑顔で、西城の心臓の鼓動は早くなる。遊びに来た従兄弟に「友達のことなんだが」と言い訳をしながらそのことを相談すると、その感情に気が付かされてしまう。従兄弟が帰宅してから西城は涙を流した。「こんなのはあんまりだ」と。 西城がその感情に気が付いた後は、坂月に対して緊張するようになってしまい、避けるような形をとってしまう。なんだか気まずい雰囲気になり、しばらく会話を交わすことが減ってしまう。帰宅時間も合わなくなり、西城が坂月の弟に夕食に誘われても、坂月がバイトで帰りが遅くなる日ばかり誘われるようになる。そんなことを続けていた。そんな折に、噂で「坂月は西城が嫌い」という旨の話を聞いてしまい、ショックでぼんやりとしていたら、階段から落ちそうになる。しかしたまたま近くにいた坂月に庇われて、無傷。代わりに坂月が怪我を負う。避け続けていた相手に庇われた上げくに、怪我がなくてよかった、とほほ笑まれた西城は頭をトンカチで殴られたような衝撃が走る。 幸いにも軽い脳震盪で数時間大人しくしていれば、すぐに目を覚ますだろうと医者に言われる。西城は、坂月が目を覚まして、謝罪を入れる。その後、もう二度と、あんなことをしないでほしい、と頼む。訳を聞かれて、少し困った故に告白。 坂月は信じられず、またからかわれているのだと、勘違いする。少し寂し気な笑顔を向ける。西城は信じていないことを察して、必死に自分の思いのたけを伝える。坂月はその言葉を聞いて、泣き始める。理由を尋ねる西城。「嫌われているのだと思っているから」と言われてしまう。それだけは違う、と告げる。避けていた理由と、改めて自分の思いを告白。坂月も同じだと告げる。 BOYSFANコン:お題フリー pixiv→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15663532

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

  • BL大好き男とBLっぽい男

    ギャグBLも書けます!

    600

    0


    2021年9月21日更新

    BLコミック原作小説コンテスト:テーマ③お題フリー 大学を卒業し、この春から新社会人として新生活を始める伊藤。引越し業者に荷物を運んでもらう中、絶対に触らせないダンボールがあった。 引越し業者を見送り、荷ほどきをしようとそのダンボールを開けると中にはびっしりとBL漫画が詰まっていた。 サブカル、王道、ギャグ、シリアス、プラトニック、ガチエロ、人外、触手、二次創作、商業…エトセトラ。BLは伊藤にとって大好きな趣味で、少しだけ憧れでもあった。 自分のこの漫画の中のキャラクターのように純粋な思いで愛し愛されたい。 そんなことを思いながら伊藤はいつしか眠ってしまった。夜になって目を覚まし、近くのスーパーへご飯を買いに行こうとすると隣の部屋から見覚えのある男が偶然出てきたところだった。 「金田くん?」 「伊藤?」 伊藤の引っ越した先の隣室には高校時代の同級生であり、イケメンともっぱらの評判だった金田が住んでいた。 引っ越し先の隣室で同級生と久しぶりの再会を果たす。 これってなんだかちょっぴりBLっぽい……? それからも伊藤はなれない社会生活を過ごす中、痴漢や嫌味な上司からの説教など様々なトラブルが降り注ぐ。 しかしそこにいつも偶然、金田が現れ颯爽と救ってくれる。 自分を助けてくれるかっこいい金田くん。金田くんを知るたびに、まるで自分たちがあこがれのBL漫画のキャラクターのように思えてくる。 でもこれ、なんだか偶然すぎないか……?

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 再会からの再開 ~残暑の再会Remix~

    年に一度の墓参りで、高校の同級生と再会。

    0

    0


    2021年8月31日更新

    Twitterの写真にショートストーリーをつけるというのをやってみて、中長編読んでみたいと書いてもらったので、そこからやってみた連ツイ小説。 こちらに移植するに当たって、削りに削った部分をかなり加筆訂正してます。改めて読んでみたいという奇特な方、何だそれ、と気になった方、暇潰しにどうぞ。 <あらすじ> 田坂健は、もうすでに親も親戚も住んでいない田舎に年に一度墓参りに行く。行く途中で立ち寄ったパーキングエリアで、偶然高校の同級生の松野夏帆と再会する。墓参りを一人でするなら私も手伝うという夏帆。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 第2ボタンより欲しいもの。 ~終わらない初恋~

    卒業して5年後。初恋がまた動き出す――。

    4,300

    25


    2021年8月13日更新

    21歳の麻木(あさぎ)真樹(まき)は、まだデビューして2年目の駆け出しライトノベル作家。本屋さんで働きながら、一人暮らしをしているマンションの部屋でパソコンで執筆する毎日。 そんな彼女には、ずっと彼氏がいない。でも、モテないわけではなく、彼女自身がすべて断っているのだ。 その理由は、「初恋の相手が忘れられないから」。彼女は中学時代、卒業まで丸二年、ずっと一人の同級生に片想いを続けていたのである。 それでも告白すらできず、卒業とともに音信不通となった彼への想いは、5年経った今もなお真樹の中で〝終わらない初恋〟として燻っていた。 そんな4月のある日、真樹のもとに中学校の同窓会の案内状が届く。それと同時に、真樹の片想いの相手だった岡原(おかはら)将吾(しょうご)から電話がかかってくる。 「俺も出るから、お前も絶対に同窓会に出ろよ。お前に伝えたいことがあるから」と。 彼が自分に伝えたいことって――? 真樹はバイト先の店長に有給休暇をもらい、同窓会に出席することに……。

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む

  • お見合い相手は大嫌いな同級生だった!

    大嫌いな同級生との再会!!

    400

    0


    2021年8月5日更新

    「雪乃、明後日の日曜日にお見合い決定やから!」と突然母に言われ 付き合っている相手もいなく 三十路手前の私、羽山雪乃27歳には断る理由もすべもなく仕方なくお見合いを受けるはめになった・・・。 そしてお見合いの席で私は中学の時の同級生、横山丈一郎と再会した・・・。 「雪乃久しぶりやなぁ」と大嫌いな奴が爽やかな笑顔で私に微笑み立っていた・・・。 お見合いの相手が、まさかの同級生・・・その頃の奴の一言のせいで私はトラウマになったんや!!! 誰がアンタなんかと結婚するか!! 絶対に断ったるからな!! ブックマーク登録よろしくお願いします(*´ω`*) スタンプ、コメント、感想、レビューなどお待ちしています☺ 表紙と丈一郎の挿絵(4ページ目にあります)を エブリスタのBeeさんに描いて頂きました☺ 素敵な絵をありがとうございました🎵 ⬇Beeさんのリンク⬇ https://estar.jp/users/512222951

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 君のことを好きになってもいいですか?

    正反対な2人の恋の行方を見届けてください

    14,700

    0


    2021年8月2日更新

    幼い頃から6つ年上の幼馴染の海未に片思いをしていた木暮凪。凪の兄との結婚を聞かされ、海未への気持ちを知っている兄に心配され咄嗟に「彼女がいる」と嘘をつき偶然出会ったクラスメイトの純夏に彼女のフリを頼み!?

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 星が流れる時の中で

    この想いは、流れない

    0

    0


    2021年5月20日更新

    中学の頃、友人の同級生達と天体観測をしていた瑠奈は、うっかり陽介の観測を邪魔してしまう。このため彼女は暗い中学生活を送る。やがて天体観測所に勤務していた瑠奈の元に、陽介が仕事でやってくる。瑠奈は陽介に流れ星を見せようと、片思いを隠し奮闘する。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 妹は双子、カノジョである。~双子がダブるってマ!?~

    4人から1人だけなんて選べないよ!

    35,840

    270


    2021年5月15日更新

    兄・彼氏・同級生……オレってどれ!? 知らない人はいない程に綺麗な双子の妹と、男女問わず惹かれる美人な弟。そいつらの兄がこのオレ、藍原サダメ。 オレは海外で仕事をしている両親の代わりをすることに。弟妹はめっちゃモテる! 日中、高校生であるオレが中学生である弟妹を守ることは不可能だ。 心配し過ぎて神経をすり減らし、授業を受けるのもやっとということもよくある。 でも帰宅すれば三人を愛でることができるかと思いきや、弟妹からの愛が絶え間なくぶつけられる。 オレとしては癒される程度の愛が欲しいんだ。それなのにアイツらったら……。 シスコン&ブラコンな藍原家が舞台のイチャラブホームコメディへようこそ! (小説家になろう、ノベルアップ+、アルファポリス・NOVEL DAYSにも投稿しております) ※この作品は全てフィクションです。それを前提にお読みくださいませ。 © 2019 沢鴨弓摩 転載、複製、自作発言、webへのアップロードを一切禁止します タグ: 日常 高校生 血縁 姉妹 兄弟 ほのぼの キス ホームコメディ 学園 同級生 ヤンデレ メンヘラ シスコン ブラコン 中学生 学校 溺愛

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

  • 濡れた髪

    変わってしまってから気がつく

    100

    0


    2021年4月27日更新

    雨に濡れたヒカルは、公園のベンチで中学時代の同級生と再会する

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 「こんにちは!」 「あれ? 私の日本語おかしいのかな?」 「ちょっと!」 いやいや、ありえない。俺ににゃんこ星人の知り合いなんていないし。ましてにゃんこ星の姫様が俺の前にいるなんてありえない。 「玄関までお送りします」 「はーい! って、なんで送り返そうとするのよ!」 幼なじみの初音千奈美に告白して、振られた俺―月島誠人はソファーの上で黄昏ていた。 ちょうどその頃、インターフォンが鳴って、宅配便がきた。ドアを開ければ、そこには大きなダンボールが置いてあって、宛先人は俺になっている。 いたずらかもと疑いつつも、ダンボールを開けたら、中から水色の髪をしたちょっと変わった美少女が出てきた。 なんと、彼女には猫耳が付いてるのだ。 そして、彼女は今テレビに映っているにゃんこ星の姫様とそっくりだった! 姫様なのに、なぜダンボールに入っていただろうと不思議に思った俺は彼女に質問をぶつけた。 「なんでダンボールに入っていたの?」 「宇宙船で来るより安いから~ ほら私結婚したから、家庭的なとこを旦那さんに見せないと」 「なんか庶民的だな。とりあえずおめでとう」 「他人事みたいだね? 旦那はあなただけど?」 どうやら、俺の知らないところで、俺はにゃんこ星の姫様―姫野ねねと結婚している事になっていた。 そんなの納得できない! 俺はまだ千奈美が好きだ…… そして、ある日、俺は千奈美に呼び出された。 「まこと、私はほんとはまことのことが……」 「授業もうすぐ始まるし、先に教室に戻るね」 「……まこと」 ごめん、千奈美、もう遅いよ。だって…… 「私以外の女の子を好きなのは浮気! 星間問題よ!」だそうだから。 千奈美が危ない目に遭わないように、俺は決して星間問題を起こしちゃいけないから。 ほとんど人間と変わらないけど、猫の習性を持っている俺の嫁は浮気を許さない。 ほのぼのとしたちょっとえっちな俺の日常と愛の逃避行は問答無用で始まった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 恋愛なんて全く興味ない俺と幼馴染が同じ家で暮らしたら 〜お互いを知り尽くした幼馴染との快適生活〜

    あいつのいる生活が快適で……悔しい

    13,700

    0


    2021年4月2日更新

    近所で『二大クズ親』として有名な親を持った優志と幼馴染の結衣は、小さい頃から不思議な絆で結ばれていた。 お互いにほとんど一人で暮らしていて、比較的大きい優志の家に結衣が来ることは小学生の頃から当たり前になっていた。 高校生になっても二人の関係性は変わらず、結衣はたまに優志の家に来ては遠慮なくくつろいでいた。 しかしある日、いつも通り家にやってきた結衣は、何故か夜になっても帰ろうとしない。 追い出そうとする前に結衣に話を聞くと、結衣は――「今日から、私……一緒に住もうと思ってるから」 とりあえず一区切りまで書いてあるので投稿しつつ、評判が良ければ引き続き書いていこうと思います。 ※他サイトでも投稿予定

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • こんなにも嫌いな女を好きな理由(ワケ)。

    霊体になったので~~ の二人のお話

    200

    0


    2020年12月15日更新

    創作百合。 霊体になったので嫌いな女のヒミツを覗いてみた。 のセイラ視点のお話。 セイラとナナが出会った高校時代からのお話です。 本作は、pixiv・カクヨム・エブリスタ・アルファポリス・小説家になろうにも掲載しています。

    読了目安時間:2時間7分

    この作品を読む

  • 休み時間と放課後と、その先

    男子高生。たまたま仲良くなって、からの

    1,800

    0


    2020年11月24日更新

    高2男子。同級生。たまたま知った共通点から仲良くなった、片想い

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 38

    お笑い芸人と元同級生

    700

    0


    2020年11月23日更新

    小学校・中学校の同級生が、高校を出て芸人になった友人に再会する話です。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 【BL】遅刻の理由

    両想いになった幼なじみのある夏の一日

    7,400

    0


    2020年11月21日更新

    「お前、初デートで遅刻とかサイテーだからな」 大学進学を機に地元を離れることにした陽一《よういち》。陽一が地元を離れるその日、幼馴染の樹《いつき》は抱えてきた想いを陽一に告げる。樹の告白をきっかけに二人の関係性はようやく変わるが、そんな二人の元に迫るのはわかれの時間だった——。交わされた再会の約束はそのまま「初デート」の約束になる。 二人の約束の「初デート」を描いた短編です。 ※『夏』『遅刻の理由』というお題で書かせていただいたものです(*´꒳`*)

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 夏の恋の行方は

    花火の下、新しい恋が始まる——?

    1,000

    0


    2020年11月21日更新

    私、逢坂美雨は最近付き合い始めた倉科優雨くんとの初デートで町の夏祭りに来ていた。 だけど優雨くんのことを怒らせてしまった私は思わずその場から逃げ出してしまった。 走って走って辿り着いた先で、晴希くんという男の子と出会って——? ※カクヨムにも掲載させていただく予定です。 2020年11月21日追記 公開後ではありましたが前編後編を分けました。 あと、登場人物の学年が途中で間違っていたので修正いたしました。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 罪の名残

    決して夏服を着ない彼らの、制服の下の秘密

    1,100

    0


    2020年11月14日更新

    幼馴染の志堂(しどう)と真頼(さなより)が、夏服を着ることは決してない。 シャツの下に眠る秘密が彼らにそれを赦さないからだ。 二人きりで共有するその背徳は、彼らの絆であり、楔だった。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む