同級生

検索結果:40件

  • 君のことを好きになってもいいですか?

    正反対な2人の恋の行方を見届けてください

    12,800

    0


    2021年7月6日更新

    幼い頃から6つ年上の幼馴染の海未に片思いをしていた木暮凪。凪の兄との結婚を聞かされ、海未への気持ちを知っている兄に心配され咄嗟に「彼女がいる」と嘘をつき偶然出会ったクラスメイトの純夏に彼女のフリを頼み!?

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 第2ボタンより欲しいもの。 ~終わらない初恋~

    卒業して5年後。初恋がまた動き出す――。

    3,500

    0


    2021年6月18日更新

    21歳の麻木(あさぎ)真樹(まき)は、まだデビューして2年目の駆け出しライトノベル作家。本屋さんで働きながら、一人暮らしをしているマンションの部屋でパソコンで執筆する毎日。 そんな彼女には、ずっと彼氏がいない。でも、モテないわけではなく、彼女自身がすべて断っているのだ。 その理由は、「初恋の相手が忘れられないから」。彼女は中学時代、卒業まで丸二年、ずっと一人の同級生に片想いを続けていたのである。 それでも告白すらできず、卒業とともに音信不通となった彼への想いは、5年経った今もなお真樹の中で〝終わらない初恋〟として燻っていた。 そんな4月のある日、真樹のもとに中学校の同窓会の案内状が届く。それと同時に、真樹の片想いの相手だった岡原(おかはら)将吾(しょうご)から電話がかかってくる。 「俺も出るから、お前も絶対に同窓会に出ろよ。お前に伝えたいことがあるから」と。 彼が自分に伝えたいことって――? 真樹はバイト先の店長に有給休暇をもらい、同窓会に出席することに……。

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • 星が流れる時の中で

    この想いは、流れない

    0

    0


    2021年5月20日更新

    中学の頃、友人の同級生達と天体観測をしていた瑠奈は、うっかり陽介の観測を邪魔してしまう。このため彼女は暗い中学生活を送る。やがて天体観測所に勤務していた瑠奈の元に、陽介が仕事でやってくる。瑠奈は陽介に流れ星を見せようと、片思いを隠し奮闘する。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 妹は双子、カノジョである。~双子がダブるってマ!?~

    4人から1人だけなんて選べないよ!

    35,840

    270


    2021年5月15日更新

    兄・彼氏・同級生……オレってどれ!? 知らない人はいない程に綺麗な双子の妹と、男女問わず惹かれる美人な弟。そいつらの兄がこのオレ、藍原サダメ。 オレは海外で仕事をしている両親の代わりをすることに。弟妹はめっちゃモテる! 日中、高校生であるオレが中学生である弟妹を守ることは不可能だ。 心配し過ぎて神経をすり減らし、授業を受けるのもやっとということもよくある。 でも帰宅すれば三人を愛でることができるかと思いきや、弟妹からの愛が絶え間なくぶつけられる。 オレとしては癒される程度の愛が欲しいんだ。それなのにアイツらったら……。 シスコン&ブラコンな藍原家が舞台のイチャラブホームコメディへようこそ! (小説家になろう、ノベルアップ+、アルファポリス・NOVEL DAYSにも投稿しております) ※この作品は全てフィクションです。それを前提にお読みくださいませ。 © 2019 沢鴨弓摩 転載、複製、自作発言、webへのアップロードを一切禁止します タグ: 日常 高校生 血縁 姉妹 兄弟 ほのぼの キス ホームコメディ 学園 同級生 ヤンデレ メンヘラ シスコン ブラコン 中学生 学校 溺愛

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間41分

    この作品を読む

  • 濡れた髪

    変わってしまってから気がつく

    100

    0


    2021年4月27日更新

    雨に濡れたヒカルは、公園のベンチで中学時代の同級生と再会する

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 「こんにちは!」 「あれ? 私の日本語おかしいのかな?」 「ちょっと!」 いやいや、ありえない。俺ににゃんこ星人の知り合いなんていないし。ましてにゃんこ星の姫様が俺の前にいるなんてありえない。 「玄関までお送りします」 「はーい! って、なんで送り返そうとするのよ!」 幼なじみの初音千奈美に告白して、振られた俺―月島誠人はソファーの上で黄昏ていた。 ちょうどその頃、インターフォンが鳴って、宅配便がきた。ドアを開ければ、そこには大きなダンボールが置いてあって、宛先人は俺になっている。 いたずらかもと疑いつつも、ダンボールを開けたら、中から水色の髪をしたちょっと変わった美少女が出てきた。 なんと、彼女には猫耳が付いてるのだ。 そして、彼女は今テレビに映っているにゃんこ星の姫様とそっくりだった! 姫様なのに、なぜダンボールに入っていただろうと不思議に思った俺は彼女に質問をぶつけた。 「なんでダンボールに入っていたの?」 「宇宙船で来るより安いから~ ほら私結婚したから、家庭的なとこを旦那さんに見せないと」 「なんか庶民的だな。とりあえずおめでとう」 「他人事みたいだね? 旦那はあなただけど?」 どうやら、俺の知らないところで、俺はにゃんこ星の姫様―姫野ねねと結婚している事になっていた。 そんなの納得できない! 俺はまだ千奈美が好きだ…… そして、ある日、俺は千奈美に呼び出された。 「まこと、私はほんとはまことのことが……」 「授業もうすぐ始まるし、先に教室に戻るね」 「……まこと」 ごめん、千奈美、もう遅いよ。だって…… 「私以外の女の子を好きなのは浮気! 星間問題よ!」だそうだから。 千奈美が危ない目に遭わないように、俺は決して星間問題を起こしちゃいけないから。 ほとんど人間と変わらないけど、猫の習性を持っている俺の嫁は浮気を許さない。 ほのぼのとしたちょっとえっちな俺の日常と愛の逃避行は問答無用で始まった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 恋愛なんて全く興味ない俺と幼馴染が同じ家で暮らしたら 〜お互いを知り尽くした幼馴染との快適生活〜

    あいつのいる生活が快適で……悔しい

    12,300

    0


    2021年4月2日更新

    近所で『二大クズ親』として有名な親を持った優志と幼馴染の結衣は、小さい頃から不思議な絆で結ばれていた。 お互いにほとんど一人で暮らしていて、比較的大きい優志の家に結衣が来ることは小学生の頃から当たり前になっていた。 高校生になっても二人の関係性は変わらず、結衣はたまに優志の家に来ては遠慮なくくつろいでいた。 しかしある日、いつも通り家にやってきた結衣は、何故か夜になっても帰ろうとしない。 追い出そうとする前に結衣に話を聞くと、結衣は――「今日から、私……一緒に住もうと思ってるから」 とりあえず一区切りまで書いてあるので投稿しつつ、評判が良ければ引き続き書いていこうと思います。 ※他サイトでも投稿予定

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • 同級生に恋した僕は

    太っていてはいけないのでしょうか

    700

    0


    2021年3月7日更新

    片想い中の僕の前に天使が現れます。本当に天使なのか?敵か味方か。僕の運命はどうなるの? 謎解き要素も含んだ6話完結の短編小説です。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • こんなにも嫌いな女を好きな理由(ワケ)。

    霊体になったので~~ の二人のお話

    200

    0


    2020年12月15日更新

    創作百合。 霊体になったので嫌いな女のヒミツを覗いてみた。 のセイラ視点のお話。 セイラとナナが出会った高校時代からのお話です。 本作は、pixiv・カクヨム・エブリスタ・アルファポリス・小説家になろうにも掲載しています。

    読了目安時間:2時間7分

    この作品を読む

  • 出会いと運命にカチ合う確率(※BL)

    同級生BL

    1,200

    0


    2020年12月14日更新

    コンテストに参加してみた。 フェアの扉絵をみてて考えてみたよ。 たぶん片思いです。たぶん。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 休み時間と放課後と、その先

    男子高生。たまたま仲良くなって、からの

    1,800

    0


    2020年11月24日更新

    高2男子。同級生。たまたま知った共通点から仲良くなった、片想い

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 38

    お笑い芸人と元同級生

    700

    0


    2020年11月23日更新

    小学校・中学校の同級生が、高校を出て芸人になった友人に再会する話です。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 【BL】遅刻の理由

    両想いになった幼なじみのある夏の一日

    7,400

    0


    2020年11月21日更新

    「お前、初デートで遅刻とかサイテーだからな」 大学進学を機に地元を離れることにした陽一《よういち》。陽一が地元を離れるその日、幼馴染の樹《いつき》は抱えてきた想いを陽一に告げる。樹の告白をきっかけに二人の関係性はようやく変わるが、そんな二人の元に迫るのはわかれの時間だった——。交わされた再会の約束はそのまま「初デート」の約束になる。 二人の約束の「初デート」を描いた短編です。 ※『夏』『遅刻の理由』というお題で書かせていただいたものです(*´꒳`*)

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 夏の恋の行方は

    花火の下、新しい恋が始まる——?

    1,000

    0


    2020年11月21日更新

    私、逢坂美雨は最近付き合い始めた倉科優雨くんとの初デートで町の夏祭りに来ていた。 だけど優雨くんのことを怒らせてしまった私は思わずその場から逃げ出してしまった。 走って走って辿り着いた先で、晴希くんという男の子と出会って——? ※カクヨムにも掲載させていただく予定です。 2020年11月21日追記 公開後ではありましたが前編後編を分けました。 あと、登場人物の学年が途中で間違っていたので修正いたしました。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 雨乞いの火種

    アザミは初めて人を好きになった

    1,000

    0


    2020年11月14日更新

    アザミは初めて人を好きになった。だけど告白もせず、時だけが流れた。 片想いでいいなんて、思わない。ただ、勇気がなかったんだ。 最近じゃあ、欲しがり屋で自分のことしか考えてない双子の妹、スミレにまで後押しされる始末で。スミレが誰かのことを応援するなんて、ありえないはずなのに。 愛しの雨野くんは今日も通常運転。癒し系で奥手な彼は、本と勉強に夢中で、絶対に恋に恋したりはしないけど、最近はちょっぴりアザミが気になるみたいで。 ただでさえ、アザミはいっぱいいっぱいなのに、4人目の介入の予感までして、もうパンク寸前。 夏の恋はメラメラ燃えて、なにがどうなるやらさっぱりで、もう誰にも止められない。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 罪の名残

    決して夏服を着ない彼らの、制服の下の秘密

    1,100

    0


    2020年11月14日更新

    幼馴染の志堂(しどう)と真頼(さなより)が、夏服を着ることは決してない。 シャツの下に眠る秘密が彼らにそれを赦さないからだ。 二人きりで共有するその背徳は、彼らの絆であり、楔だった。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 【BL】きみのそばで時を刻む

    彼の言葉を支えにして、私は生きてきた。

    1,600

    0


    2020年11月13日更新

    『僕は欲張りになってしまったんだ。きみに会いたい』 旧友であるワイン農家の沢木真昼から、手紙が届いた。私の名前と同じ意味のワインとともに。 あの夜から十年余りが過ぎた。 彼の熱はいまでも覚えている。 青春を捨てなくてはいけない年頃の男ふたりが、浮かれて道を外れそうになった出来事。そう思い、私はひとりで生きてきた。 彼も、私との夜は忘れていないようだった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 【BL】好きだけど踏み出せない

    俺の思いに気づいて、ぐちゃぐちゃになれ。

    1,600

    0


    2020年11月13日更新

    二十八歳になった俺は、高校の同窓会に参加した。帰り道、ずっと好きだった浅田と駅まで歩いた。浅田は、安定した俺との関係をぶっ壊すようなひとことを放つ。 しかし結局、俺たちは踏み出せない。……ヘタレだな。俺も、おまえも。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 面倒だなんて言わせない!

    女主人公が面倒くさがりな男子に恋するお話

    600

    0


    2020年10月20日更新

    桜木 春花(おうぎ はるか)17歳。 私は青田木高等学校の生徒で、部活は帰宅部。 身長は158cm、体重は言いたくないからなし。え〜と、趣味は漫画を読むことで〜、好きな食べ物は桜餅! そんな私はある時恋をして、ちょっとベタだけど漫画のように体育館裏へと呼び出して告白することにしたの! でもその好きな男子は来ず、しかもとんでもない理由で来なかったことに気づいてもう!最低!

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 夢の続き

    夢コンようにかきました。

    18,600

    11


    2020年9月10日更新

    学生時代、イラストレーターになりたいと思っていた朝子。 母親にとめられて夢をあきらめた七年後、看護師になった朝子に、音信不通だった友人から手紙が届く。 その手紙は、絵本の挿絵を描いてほしいという依頼だった。果たして彼女の下した決断とは。 (この作品はプラナリア素材「段ボールにしまった夢」を使ってます)

    読了目安時間:3分

    この作品を読む