吹奏楽部

検索結果:7件

  • きみのひとみは恋してた〜言葉遊びから告白へ〜

    名前いじりしてるだけのちょっぴり恋愛短編

    9,300

    5


    2021年2月6日更新

    「君ってさ、私のことだけ名前で呼ぶよね。どうして?」 高校二年の君野は、片想いしている吹奏楽部の先輩と二人きりの幸せな部活時間を過ごしていた。いつもの取り止めのないお喋りの中でそんなことを尋ねられて……。 「他の子のことはみんな苗字呼びなのに、どうして私だけ下の名前なの?」 大胆な猛アピールをし続けていると誤解されて、でもその気持ちは誤解ではなくて。 誤解と言葉遊びが転じた、高校生の不器用な恋愛短編。 恋愛要素よりヒロインの名前いじりがメインのお話です。 ※他サイト(小説家になろう・カクヨム・アルファポリス)でも掲載。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • スピリッツ・オブ・ミュージック♪

    吹奏楽未経験者でも大歓迎 |*・ω・)っ

    1,400

    0


    2020年11月1日更新

    主人公・舞莉は、小学6年生の冬休み明けにあった中学校の吹奏楽部の演奏を聴いて、吹奏楽部に入ることを志す。その中でも、あたたかい音色をもつクラリネットに憧れた。 中学校に入学し、仮入部の全期間を吹奏楽部に費やし、吹奏楽部に入部した。 たくさんの楽器が吹ける『楽器体験』では、舞莉の吹きたいクラリネットをよく褒められ、先輩も舞莉を欲しがっていた。 しかし、ありえないオーディションの方法をとられて失敗してしまい、第4希望のパーカッション(打楽器)パートになってしまう。 パートリーダーや他の先輩に舞莉だけ冷たく扱われ、少しのミスも許されず怒鳴られる日々が続いた。楽器に触らせてもらえず、楽器で練習もできず、ついには「使えないなら部活に来るな」と言われてしまった。 そんな舞莉を救おうと、音楽の精霊が手を差しのべる……! ※「舞莉」は作者の本名ではありませんが、内容はほぼ実話です。 ※使用曲は2016〜2017年当時のものです。

    読了目安時間:5時間6分

    この作品を読む

  • 見上げた空は、今日もアオハルなり

    コンプレックスを抱える四人の青春物語。

    76,800

    1,455


    2020年10月22日更新

    幼馴染だった三人の少年少女。広瀬慎吾(ひろせしんご)。渡辺美也(わたなべみや)。阿久津斗哉(あくつとおや)。そして、重度の聴覚障害を抱え他人と上手くうち解けられない少女、桐原悠里(きりはらゆうり)。 四人の恋心が激しく交錯するなか、文化祭の出し物として決まったのは、演劇ロミオとジュリエット。 ところが、文化祭の準備が滞りなく進んでいたある日。突然、ジュリエット役の桐原悠里が学校を休んでしまう。それは、言葉を発しない彼女が出した、初めてのSOSだった。閉ざされた悠里の心の扉をひらくため、今、三人が立ち上がる! これは──時にはぶつかり時には涙しながらも、卒業までを駆け抜けた四人の青春群像劇。 ──私の想いは届かない。私には、気持ちを伝えるための”声”がないから。 ※バレンタイン・デイ(ズ)の姉妹作品です。相互にネタバレ要素を含むので、了承願います。 ※表紙画像は、ミカスケ様にリクエストして描いて頂いたフリーイラスト。イメージは、主人公の一人悠里です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む

  • 幼なじみの恋人は僕の友達 友達の幼なじみは僕のXXX 〜Crossroad Cantata (2) / Soir Sonnet〜

    美しき青春綺譚 もどかしい恋愛模様

    17,600

    0


    2020年9月5日更新

    ――もう交わらないと思っていたのに。 諦めきれない恋と、芽吹きかけの恋。 少し切ない恋路は、ひたすらまっすぐに交わり続ける。 時に不協和音になりながら、奏で合うのは青春組曲――。 高校生・海江田瑞希の友人・水戸祐樹の彼女は、疎遠気味だった自分の幼なじみ・御薗聖歌。 その友人にも自分のように、幼なじみの女の子である仲條亜紀子がいた。 高校生・海江田瑞希の友人・水戸祐樹の彼女は、疎遠気味だった自分の幼なじみ・御薗聖歌。 その友人にも自分のように、幼なじみの女の子である仲條亜紀子がいた。 幼なじみが他の子と付き合い始めたことを運悪く聞いてしまった亜紀子の傷心をなぐさめようと、瑞希は自分の失恋のようなものをひた隠しにしながら、それでも互いの傷を守るようにしていた。 雪が降るようになった頃、様々な事情が重なり合って再び聖歌と瑞希の距離は近づき、疎遠になる直前のような関係性に戻ってきたが、それでもわずかにズレた歯車はなかなか元には戻らないまま。 雪国の街は、少しずつ春を迎える準備を仕上げていく――。 ということで、こんなお話です。 ・美しき青春綺譚 ・もどかしい恋愛模様 ・忘れられない恋心って、あるよね ・ようやく「季節だけは」春に向かって行きます ※以下、作者より 前作・『幼なじみの恋人は僕の友達 友達の幼なじみは僕のXXX 〜Crossroad Cantata (1) / Pathetic Prelude〜』( https://novelup.plus/story/502189697)の続きです。 前作を読まなくてもおそらく大丈夫ですが……。 読んでいただきたいのが人情ってヤツです。

    読了目安時間:7時間49分

    この作品を読む

  • 桜の季節と、思い出の中の彼女

    桜舞う季節がくると、いつも思い出す。

    20,100

    6


    2020年8月15日更新

    僕が抱えていた未練は三度目となる桜の花びら舞うこの季節。静かにひとつの夢へと変わった。 先輩は今──。 ちょっとばかり気が早すぎる(苦笑)、産学共同プロジェクト、ショートストーリー作品コンテスト応募作品です。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • バレンタイン・デイ(ズ)

    すれ違う恋心。三人の絆。

    44,800

    420


    2019年12月19日更新

    20歳になった主人公、楠恭子(くすのききょうこ)が荷物を片付けている時に出てきたのは、高校生の頃につけていた日記帳。ページを捲りながら、懐かしい日々に思いを馳せる彼女。しかし、そこに綴られていたのは、決して楽しい思いでばかりではなく──。 平穏で。穏やかで。けれど、なんの代わり映えもしない平凡な高校生活を送っていた恭子の日常は、三年生に進級した時のクラス替えで、片想いだった相手──福浦晃(ふくうらあきら)と同じクラスになった事で変わり始める。 やがて晃の友人である容姿端麗な美少女、立花玲(たちばなれい)を交えたトライアングルは、様々な軋みを生みだしながら季節をこえていく。そんな中、悩みに悩んで一念発起。卒業も間近となったバレンタインデーの日、遂に恭子は晃への告白を決意する。 しかしトライアングルの軋みは、この時既に限界を迎えようとしていた──決戦の日は、バレンタイン・デイ(ズ) ※『見上げた空は、今日もアオハルなり』の姉妹作品です。相互にネタバレ要素を含みますので、ご了承願います。 ※表紙絵は、ミカスケ様のフリーイラストを使用させて頂きました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間9分

    この作品を読む

  • 幼なじみの恋人は僕の友達 友達の幼なじみは僕のXXX 〜Crossroad Cantata (1) / Pathetic Prelude〜

    幼なじみとのすれ違い青春。

    16,800

    105


    2019年11月21日更新

    どこかでズレて、ぶつかり合う。 時に不協和音になりながら、奏で合う青春組曲。 学園祭マジックでできた友人の彼女は疎遠気味だった自分の幼なじみで、 それを運悪く聞いて泣いていたのはその友人の幼なじみで。 高校1年生、吹奏楽部員の海江田瑞希にとって、決して不仲には見えない似合いのカップルのはずなのに、 幼なじみはかつてのように触れてこようとする。 だけど瑞希は、傷心が癒える様子の見えない友人の幼なじみも気がかりで……。 <メインキャスト> ・海江田瑞希 本作主人公。 公立月雁高校1年7組。吹奏楽部、オーボエ担当。 10月11日生まれ。細身の178cm、明るめブラウンのミディアムショート。 過去の一件から、極力当たり障りのない人間関係を好むタイプ。 幼なじみの恋愛がらみで、まだなんとなく傷心気味。 ・御薗聖歌 瑞希の幼なじみ。 公立月雁高校1年3組。合唱部、ソプラノ担当。 12月31日生まれ。ぱっと見では華奢な印象の153cm、肩よりやや下まで伸びた明るめブラウンヘアー。 おとなしくて照れ屋だが、人前で歌うことは苦ではない。 どこかにひっかかりがあるような雰囲気。 ・水戸祐樹 聖歌の彼氏。付き合って4ヶ月くらい。 公立月雁高校1年3組。野球部。ポジションは外野手。 4月18日生まれ。比較的痩身の169cm、黒の短髪だが坊主頭ではない。 基本的に明るく元気、というかすこしうるさいかも。 ・仲條亜紀子 祐樹の幼なじみ。 公立月雁高校1年7組。硬式テニス部。 6月3日生まれ。157cm、ダーク目のブラウンのショートボブ。 こちらはさらに傷心気味だが、がんばって吹っ切ろうとはしている。 <以下、私信的なサムシング> 「書きたいように書く・描きたいように描く」というスタンスで更新中。 ブックマーク・フォロー・感想などなど、いつでもお待ち申し上げております。 もしよろしければ、他作品も読んで行ってくださいね。短編が多いのでサクっとお楽しみください。

    読了目安時間:8時間20分

    この作品を読む