呪い

検索結果:25件

  • 呪いで次々に変身。最初は男→娘。

    ♡56,280

    〇1,405

    異世界ファンタジー・連載中・48話 ぴよ鳥

    2019年9月19日更新

    主人公〈俺〉は、新しく発見されたダンジョンに入り、呪いにかかって可愛い女の子〈僕〉に変身してしまう。男に戻るためには、呪いを解除する手段か、男に変身する別の呪いを、このダンジョンで見つけるしかない。その可能性にかけ、〈僕〉は今日もダンジョンを攻略する。そんな物語。

  • いたずらに魔王探しをしてはいけない

    ♡12,450

    〇1,430

    異世界ファンタジー・連載中・59話 叶 遥斗

    2019年9月14日更新

    この世界には呪いがかけられていた。人間の誰かが魔王を担う。魔王は引き継がれる。決していなくならない。魔王は人類の敵となり、魔属を従え、破壊のかぎりを尽くす。 人々は。魔王の襲撃と略奪に耐え、凌ぎ、時に戦った。魔王に挑む勇敢なるものを、勇者と称えた。勇者が魔王を倒すと、だが次の魔王が誕生する。魔王を倒し勝利した勇者が、呪いにより次の魔王となるのだ。そのことに気付かず、長らく、勇者たちは打倒魔王と目標を掲げた。 可哀相な魔王。人一倍正義感が強く悪を憎み鍛錬し漸く勝利した勇者よ。自我は蝕まれ、狂い、共に旅した仲間を最初に手にかけてしまう。罪の意識からますます魔王化の呪いは強まる。 世界の呪いに気付いた一人の少年が、後に、千年魔王となって消えた。 歴史の表舞台から魔王が消え去り数百年。 本当は何があったのか。魔王はどこに行ったのか。呪いは解かれたのか。全てが遠い過去になり人々の記憶や意識から遠ざかる。もはや神話かおとぎ話。誰も知らない真実を探し、紐解き、紡ぐのか。 魔王を探す魔属の残党。勇者の生まれ変わりと囃し立てられる少年。当時の真実の鍵を握る希望の姫君の末裔。何度でも出逢う運命。繰り返し、その先の未来をどう切り開けるのか。 人知れず世界の呪いと戦う、少年少女の。愛の物語であることを彼らはまだ知らない。 平和な時代の人の子らよ。いたずらに魔王探しをしてはならない。お前たちは大いなる愛に守られてきたのだ。

  • 「誰か、私を殺してくれないか?」

    ♡3,300

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・1話 大神 唯真

    2019年9月12日更新

    神に選ばれた勇者と聖人たちによって魔王が討滅されてから5年。 世界に平和が戻り人々が安心して暮らせるようになった頃、その平和を乱そうとする存在が現れた。 それはかつて勇者に協力した聖人たち。 彼らは何者かによって呪われ、人々を傷つける存在へと変わっていた。 そしてここにも平和を乱す存在が1人。 殺害報酬100億セル。 手に入れれば一生遊んで暮らせるだけの額をかけられた賞金首がいる。 その名はフィルレイン。 死にたがりの賞金首は今日も誰かに殺されることを夢見て歩き出す。 ※プロローグ祭に参加している作品です ※プロローグ祭の作品を3つ投稿します。その中で最もポイントが多かった作品を連載したいと思います。 ※ブックマークは1件につき500ポイント、ノベラポイントは100倍のポイント数で計算で最終集計します。

  • その少女は、呪われている。

    ♡1,300

    〇5

    ホラー・完結済・4話 やなぎ怜

    2019年9月9日更新

    家庭の事情から田舎の遠い親戚筋に預けられた葉月(はづき)は、村にはなじめずいつもひとりぼっち。いつものように山中の荒れ神社で時間をつぶそうと足を向けたところ、同じように家庭に居場所がないという少年・ヨタロと出会う。どこか大人びた雰囲気を持つヨタロに対し、次第に心を開いて行く葉月。そんなおり、葉月の居候先へ父親に乞われたと称し霊能力者がやってくる。実は、葉月はやっかいな呪いに巻き込まれており、それゆえに母親が宗教へ走り家庭が壊れたのであった。呪いが解けない限り、葉月はそれから逃げるために住居を転々としなければならない。しかし、呪いは着実に葉月を蝕んでいると言う霊能力者は“お祓い”を提案する。半信半疑の葉月に対し、ヨタロは葉月が生き延びられるのならばとその“お祓い”を勧めてきて……。

  • スチームパンク・ファンタジックミステリー

    ♡57,520

    〇1,300

    異世界ファンタジー・連載中・32話 千鳥 涼介

    2019年9月1日更新

    面倒で手間のかかる〝魔法〟が廃れ、便利な〝機械〟が発達した世界。 首都の新聞社に勤める記者マリヴェルは、機械が発達した世界にも根強く残る魔法被害──呪術による事件取材のスペシャリスト。 母にかけられた呪いを解くヒントを得るため、あらゆる呪術事件を追うマリヴェルは、数々の呪いと向き合い、やがて彼女自身が想像もしなかった、機械文明と呪いの真実へとたどり着く。 スチームパンク世界で繰り広げられる、ファンタジック・ミステリー!

  • ラブコメファンタジー

    ♡1,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・50話 小隈 圭

    2019年8月30日更新

    何かを変えようと思ったわけでもなく、何かが出来ると思ったわけでもない、ただ今の自分を変える何かがあるんじゃないか、そんな思いで冒険者なりPTの壁役である盾職、ナイトになったコウ・アスト。 冒険者にとって始まりと呼ばれるトリーアの町に来た時には武器すらも持っていない彼は町の人と知り合い、相棒であるハミィと出会う事になるが、彼女はこの世界に存在する魔族の中でも額に角を持つ王の一人により、女から男へと性別が変わるという呪いを受けていた、出会った当初は動揺したコウではあるが彼女と接して行く内に女性である彼女の部分に魅かれて行く事になり、その呪いを解く為に動くことになる。 そんな彼が求めた物は相棒であるハミィと仲間を守る為の力であり、たった一つでありながらも絶対的なタンクとしての力で、そこで出会う師匠から多くを学び、少しづつであるがその力を高めて行き、やがて壁役として最高峰のナイトになった時、世界を駆け回り、その命運を掛けた戦いへと導かれる。 これはコウ・アストを待ち続ける女神と世界を滅ぼす悪神、そして女神を殺す為に存在する王達と何も持たない男の物語。 本作品のヒロインは少し話が進んでから出て来ます、ヒロインまだかよ! という方は目次のなにカノEXをお読み下さい、気になる方も飛ばして読んで頂いても問題はありません。

  • 彼女がいるなら、世界なんて滅んでも良い。

    ♡9,400

    〇100

    現代ファンタジー・連載中・1話 n00ne

    2019年8月26日更新

    人間というのは随分と身勝手だ。 自己中心的で自己満足的で自己保身的で自己保存的だ。 自分が一番可愛くて、そんな自分を穢されるのが許されなくて、他人を貶して貶める。 その貶し貶めが、自分を更に穢すなんてことを知らないまま。 馬鹿な生き物だ。 自分も、その子供なのだけれど。 更に言えば、失格なのだから手に負えない。 だけど、それでも。 自分は、彼女を守るために戦うことにした。 ※本作は、さくもさん主催の『プロローグ書き出し祭り』参加作品です。お誘い頂きありがとうございます。 なお本作は、続くかもしれないし続かないかもしれません。

  • 伯爵と猫、あるいは魔女と悪魔の物語

    ♡10,100

    〇0

    純文学/文芸・完結済・14話 秋澤えで

    2019年8月25日更新

    伯爵に飼われている一匹の白猫は、ある日主人を殺そうと画策する男たちの声を聞く。その話を伯爵にしようにも、彼には言葉が通じない。襲われる彼を助けようにも、小さな猫の身体じゃ助けられない。拾われ慈しまれた恩を返すため、人間となり伯爵を守りたい猫は人間になる方法を探す。そして一匹の黒猫と、西の森に住む魔女と出会った。 人になりたい白猫と、愛を知らない伯爵、願う悪魔と虚ろの魔女の、魔法と呪いのファンタジー。

  • 絡まる双子…そして呪い…ご一読下さい🤗

    ♡55,970

    〇330

    現代ファンタジー・連載中・41話 アールグレイ

    2019年8月22日更新

    ヴァンパイアの始祖の一人が、ある目的の為に無人島を購入した。そして島に移住した人外と、人間社会で弾かれてしまった〈異能〉を持つ人間が一緒に紡いでいく物語。 【season1】ヴァンパイアになった葵彩は、《鬼》の呪いが受け継がれていていた。双子の兄弟と再会した途端、氷彩に連れ攫われて、迷い込んだ場所で出会った謎の少女から、あることを頼まれてしまって…?《全20話》 【season2】 グリムとしての役目を受け入れた葵彩、葵彩を庇うのと《呪い》とされていた《グリムリッパー》によって死んだ氷彩、囚われの身の壱岐、壱岐から何かを託されたニックと夏遠、それを目の当たりにした雲英達の動揺をよそに、新たな事件も起こり始めていた。同じ頃、別の事態が動き始めていた。《全20話》 【season3】 《童話》最大にして最凶最悪の魔法使いが動き出す。壱岐のシナリオにあることなのか、それとも歯車を変化させて歪になるのか?

  • 平和で歪な、見知らぬ世界―――

    ♡2,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話 氷上凍華

    2019年8月20日更新

    過去に「災い」と呼ばれる大戦があった世界。 ただ、「災い」があったという事実を除いては、その詳細を知る者も文献も、何一つ残っていない。 人気のない朽ちた教会で夜、一人の男は目を覚ました。 男には自分が自分である証拠、記憶がなかった。 することもなく横になり、次に目覚めたのは誰かの家の中。 男はそこで、「英雄の末裔」と名乗る少女と出会う。 彼女の祖先は、災いを鎮めたとされる英雄なのだそうだ。 男は成り行きで彼女の家に住まう事となり、彼女と共に自らを探す旅へ出る。 丁度、世界では異変が起こり始めていた。

  • 実話怪談(?)を書き綴ってまいります。

    ♡17,950

    〇0

    ホラー・連載中・17話 坂本光陽

    2019年8月10日更新

    忘れたくても忘れられない。たぶん死ぬまで忘れられない。僕の脳裏にぴったり貼りついた忌まわしい記憶の数々、悪夢のようなショートショートを書き綴ってまいります。一話完結ですので、どうぞ、お好きなところから御覧ください。 *タイトルを少し変更しました。

  • 今日も明日も不安でいっぱい。

    ♡1,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・56話 膳 九雷

    2019年8月8日更新

    しあわせに暮らしていたはずだった。 留学を控えたある日、わたしは家族みんなで外国に住む伯父の元へと旅行に行くことになった。 飛行機に搭乗してから数時間後、わたしたちが乗った機体はこの世界から忽然と消えてしまったのだ。 地上では日を追うごとに過熱する報道。 一週間後、機体は東京のとある公園で見つかった。 機体にはほとんど外傷がない。 そして乗客はすべて死体となっていた。 しかし、ひとりの遺体だけみつからなかった。 それが人々の目にはセンセーショナルな事件としてうつり、様々な憶測を生む。 わたしは、世界から放り出された。 目覚めた先は薄暗い博物館のような場所。 目の前には性別不明の大きな人。 「泣いたら殺すわよ」 わたしはわたしを奪われた。 時間はたくさんある。 絶対に殺してやる。 憎しみと好奇心にすがりながら、わたしはこの世界を生きてゆく。

  • 魔術師と彼ら彼女らの従者の話。現在休載中

    ♡5,720

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・6話 夢野由芽乃

    2019年8月6日更新

    “魔術”を扱う者は、人々から忌避されている。 魔術とは、自然の法則をねじ曲げ自分の力とする、いわば禁忌。 魔術師は人々に迫害されながらも、日陰で細々と暮らし、他の魔術師と交流しながら生きてきた。 何人かの人間を、従者としながら。 とある魔女は、燃えた村で拾った少年を、着せ替え人形として。 とある魔術師は、呪いのせいで永遠に生きている少女の、呪いを解くために。 とある魔女は、親もいない呪いの子供達に、安息と愛を与えて。 とある魔術師は、悪魔の先祖返りの吸血鬼と、共に歩みながら。 魔術を扱う者は、そうやって生きている。 ー ー ー ☆ シリアスめなほのぼのになると思います。 ☆ 挿絵のある話には、横に★をつけます。

  • 王道のファンタジー目指します!

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・24話 一字句

    2019年8月5日更新

    魔王を倒した勇者に待っていたのは平穏な日常などではなく、親しい仲間たちの死であった。生きることに絶望した彼であったが、彼は死ぬことが出来ない呪いをかけられていた。死んだように生きる彼を救ったのはふらっと現れた美しい女だった。そして、少女との出会いから勇者の本当の英雄譚は始まる—————。

  • SYOZYO作です

    ♡410

    〇0

    ホラー・完結済・1話 重弘 茉莉

    2019年7月29日更新

    童話にあるような古典的なお話。

  • 呪い装備の父と呪われた娘の異世界ものです

    ♡600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話 長江 涼

    2019年7月23日更新

    時は現代。伝統続く赤城(あかぎ)道場を運営する 赤城 紋次郎(あかぎ もんじろう)とその娘 赤城芽衣(あかぎ めい)は、とある一悶着があり、通学路で追いかけっこをしていたら車に衝突して死んでしまった。死んだ先で、テンプレートな異世界転生を果たそうとすると赤城家に恨みをもつ妖怪 鬼の怨霊に呪いをかけられ、異世界へと旅立ってしまう。刀にされた紋次郎と、鬼の血を混ざられた芽衣は、異世界で生き残れるのか? テンプレートに異世界なんかに行かせてたまるかな呪われた親子の異世界転生冒険譚小説です。

  • 奇妙な見世物小屋の話、続編です。

    ♡310

    〇0

    ホラー・連載中・3話 末千屋 コイメ

    2019年7月19日更新

    これは不思議な匣の物語。 雨の日にのみ開店する見世物小屋では、『匣』を紹介してくれる。 匣の中を覗くと、様々な物語を楽しむことができるがー……。 前作『匣匣匣匣-コウヒツハコクシゲ-』 同様連作ホラーとなっております。 どうぞごゆるりとお楽しみください。

  • いったいここは何処なんだ――?

    ♡1,460

    〇0

    ホラー・完結済・23話 末千屋 コイメ

    2019年7月14日更新

    電車を寝過ごしてしまった俺は聞いたこともない駅へ着いてしまった。検索しても出てくる単語は「都市伝説」と「観光」のみ。いったいここは何処なんだ?俺は元の場所へ帰ることができるのだろうか?

  • AI発達によりゴリラが社会進出を果たした

    ♡1,000

    〇0

    純文学/文芸・完結済・1話 かに3oic

    2019年7月4日更新

    AI発達よりゴリラは社会進出を果たした。 せっかく学校に馴染んできたばかりのベルは学校をやめると言う

    タグ:

    ゴリラ 呪い

  • 本当に化け物が来るなら、誰に送りますか?

    ♡2,060

    〇0

    ホラー・完結済・14話 末千屋 コイメ

    2019年7月2日更新

    とあるきっかけで知ったメールの存在。 ナンでも1時間以内に10人にメールの内容を転送しなければ、化け物に襲われてしまうのだとか。 本当に化け物が来るのだとしたら、あなたは、誰に送りますか? 親しい友人? 冗談が通じるあの子? それとも――