和風ファンタジー

検索結果:75件

  • 甘美!お菓子な妖物語

    素敵な表紙絵と挿絵付きです!

    23,300

    420


    2022年5月25日更新

    老舗和菓子屋の一人息子、十川あきつ(そがわあきつ)は、何不自由ない生活を送っていた。しかし、彼が十二の夏。両親が揃って流行病で他界すると、生活は一変。一夜にして老舗和菓子屋の若旦那となった彼だったが、当然、若旦那など務まるはずもなく、職人や使用人たちはあっという間に彼の元を去ってしまった。途方に暮れる中、愛猫のお鈴が突然家を飛び出してしまう。慌ててその後を追ったあきつは、小さな神社にたどり着き、狐の巫女アーリアと出会う。アーリアは行動を共にする子狐のゆきがお鈴から聞いたというあきつの身の上話しから、和菓子屋を一緒に立て直すことを提案。彼はそれを半信半疑ながらも了承。その日を境に人と妖による稀有な和菓子屋立て直し物語が始まった。 ★こちらの作品はたいあっぷにも掲載しています。また本作はイラストレーターのΣウルフ様(Twitter→@kg_werewolf )とタッグを組み共同制作しています。 ★ランキング過去最高順位→日間ジャンル別4位、日間総合6位。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 秋津皇国興亡記

    武家の少年と陰陽師の少女、そして姫君。

    4,500

    3


    2022年5月25日更新

    東洋の端に浮かぶ島国「秋津皇国」。 戦国時代の末期から海洋進出を進めてきたこの国はその後の約二〇〇年間で、北は大陸の凍土から、南は泰平洋の島々を植民地とする広大な領土を持つに至っていた。 だが、国内では産業革命が進み近代化を成し遂げる一方、その支配体制は六大将家「六家」を中心とする諸侯が領国を支配する封建体制が敷かれ続けているという歪な形のままであった。 一方、国外では西洋列強による東洋進出が進み、皇国を取り巻く国際環境は徐々に緊張感を孕むものとなっていく。 六家の一つ、結城家の十七歳となる嫡男・景紀は、父である当主・景忠が病に倒れたため、国論が攘夷と経済振興に割れる中、結城家の政務全般を引き継ぐこととなった。 そして、彼に付き従うシキガミの少女・冬花と彼へと嫁いだ少女・宵姫。 やがて彼らは激動の時代へと呑み込まれていくこととなる。 【第一章イメージイラスト】(作:SioN先生) https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/1565330/blogkey/2959780/ もしくは https://www.pixiv.net/artworks/97086277 (本作は、「小説家になろう」様に連載中の作品を転載したものです。最新話は「小説家になろう」様下記URLまで) https://ncode.syosetu.com/n9451gu/

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間58分

    この作品を読む

  • 蒼頡の言霊

    江戸で最強の陰陽師が妖事件を次々解決!

    41,300

    190


    2022年5月15日更新

    江戸時代の陰陽師・蒼頡。かつて漢字を生み出した伝説の人物と同じ名を持つ彼は、筆をとり、和紙に言葉を記して文字に魂を入れ、自在に操る力を持っていた。時代は江戸時代初期。戦乱の世が終わり、徳川家康によって新たな時代が幕開けようとするその過渡期。そこに渦巻く妖、怨霊、もののけ、悪鬼、妖怪、魑魅魍魎。個性豊かな数々の式神たちとともに、巻き起こる様々な怪事件を陰陽師・蒼頡が解決する。爽快感溢れる、純和風ファンタジー。 ☆各章完結型です。 【参考】 ★与次郎稲荷神社(Wikipedia) ★中国古典文学大系 抱朴子・列仙伝・神仙伝・山海経 第8巻 本田済・沢田瑞穂・高馬三良 訳 発行者 下中邦彦 株式会社 平凡社

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間21分

    この作品を読む

  • ハイテナイプリンセス 紅怜と寿々芽のノーパン道中記

    和服 ✕ パンティ = 最強❤ミスマッチ

    1,200

    0


    2022年5月12日更新

    パンティとはなんぞや? 鳳の国の最北の小国・織鶴城城主紅怜姫の元に、輝夜城の使者を名乗る女があらわれる。 使者が持ってきた書状は、織鶴城の命取りになる無理難題。 交渉が平行線をたどるなか、使者はおもむろに着物のすそをまくってパンティ見せる。 幼馴染の寿々女姫も巻き込んで、輝夜城を目指す珍道中。 パンティから始まる、いたって真面目な和風ファンタジー活劇、ここに開幕!

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • 桜吹雪の後に

    桜が散って、二人は出会う。

    28,800

    30


    2022年5月3日更新

    最初に目にしたのは桜吹雪だった。 気が付いたら知らない場所にいて、そのまま川に落ちた少年「葉月」は、綺麗な黒髪と、激しい焔のような黒い瞳が印象的な少女「桜」に助けられる。 一目でその瞳に惹かれた葉月だが、彼は知らなかった。 桜が、月国の巫女である「夜長姫」を殺害して復讐を遂げたことを。夜長姫が、国を守る巫女でありながら、生まれながらに鬼の心を持つ少女だったことを。 そして、自分が夜長姫と瓜二つであることを。 「その心を、激しい焔を、いつまでも持ち続けてちょうだい。今、お前が、私を殺したように――――」 生きる目的も希望もなかった少年「葉月」。 復讐のためだけに生きてきた少女「桜」。 異なる世界で、正反対の人生を歩み続けた末に終わった二人が新たに紡ぐ、再生の和風ダークファンタジー。 ※小説家になろう、カクヨム、アルファポリス、エブリスタにも掲載中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間50分

    この作品を読む

  • 【小説】戦国のジクウ

    武士と謎の戦士たちが繰り和風ファンタジー

    600

    0


    2022年4月30日更新

    時は戦国時代。自らを第六天魔王と称した織田信長の非道によって、世の中には阿鼻叫喚の世界が広がりつつあった。妖魔のごとき盗賊が村々を襲い、殺し、奪う。有力大名に仕える武士にとって、そんな世の乱れを正すことが、共通の大義名分になりつつあった。北条氏の旗本池田氏に仕えた飛垣源次は、そんな盗賊との戦いに敗れ、死の淵で真言を唱える。没落した飛垣家に代々伝わるこの呪文は、不思議な力を秘めていると言われていた。真言に応えた声に従って戦い始めた源次は、剣の才能を開花した。そして呪文が呼び覚ましたものは……

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 狂人ダイアリー ~大正浪漫幻想活劇~

    大正浪漫 × 文学 × 異能力バトル!

    1,123,326

    24,214


    2022年4月29日更新

    少し不思議で、大正浪漫と文学の香りが漂う物語。 舞台は大正四年。 原稿依頼の初仕事を成功させるため、東京までやってきた新人編集者の主人公・虎丸。 謎に包まれた美貌の幻想文学作家・八雲に会えたはいいが、なぜか原稿と引き換えに怪異と闘わされてしまうことに。そのまま五人の小説家が暮らす怪しい洋館に居候することになってしまった。 彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、次々と怪現象が起こっていく── 文字と言葉を操觚《あやつ》る小説家たちの、異能力バトル&和風ファンタジー! ※イラストは漫画家の神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。

    読了目安時間:17時間14分

    この作品を読む

  • 凍京怪夷事変

    「英雄の息子なんて、碌なもんじゃな」

    98,700

    20


    2022年4月17日更新

    旧時代の異形の謎を巡る、大正浪漫活劇ここに開幕― かつて、日ノ本を含めた世界を未曾有の混乱に陥れた「大災厄」と呼ばれたある実験の失敗。 それにより生み出された『怪夷《かいい》』と呼ばれた異形により、蒸気革命に湧いていた世界は一夜にして混沌に包まれ、人類は怪夷の脅威に襲われた。 怪夷に蹂躙され、滅びるかに見えた人類だったが、そこに希望が現れる。 人類の危機を救ったのは、二人の巫女と彼女達を含めた五人の聖剣使い達。 彼等の活躍と助力により、人類は怪夷による脅威を退け、やがて怪夷は“旧時代の異形”と呼ばれるようになった。 東欧羅巴で行われた最後の大規模討伐戦線を最後に、人類は再び世界の利権を取り戻す。 怪夷討伐の功労者であり、英雄の祖国たる日ノ本は、世界に大頭する先進国となる。 日ノ本で怪夷が討伐がなされてから四十年。 列強諸国が覇権争いの火花を燻らせる1923年。大正36年。9月1日。 日ノ本共和国防衛の東の要、軍都・東京を大地震が襲う。 大地を揺るがし、甚大な被害を齎した大地震により、江戸城跡に封印されていた旧時代の異形が再び地上へ解き放たれてしまう。 怪夷の復活が世界に知られては国の沽券に関わると危惧した時の大統領により、政府内に密かに特務機関が設立される。 『大統領直属特務怪夷討伐小隊』。通称『特夷隊』 その部隊長として指揮を任されたのは、かつて世界を救った怪夷討伐の英雄の息子だった。 九頭竜真澄に率いられ、特夷隊の面々は、今宵も軍都の闇に蠢く怪夷討伐に刃を振るう。 特夷隊が怪夷討伐に明け暮れる日々が始まって五年後。 謎の少年・南天を真澄が拾った事から、彼等は怪夷に関わるある謎へと辿り着く。 これは、軍都・東京の闇に潜む旧時代の異形を巡る、ある軍人達の戦いの記録である。 本編更新日時:毎週土曜日。21時頃。 本編後の後書きにて、次回予告劇場『聖剣あにまる劇場』を掲載。 不定期の火曜日に『凍京怪夷事変』をより楽しめるコーナー『凍京小話』を掲載。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間53分

    この作品を読む

  • 紗奈ノ巫女守人

    純愛の和風戦国ファンタジー

    213,200

    1,250


    2022年4月10日更新

    恋愛×タロット占い×戦国×ファンタジー。 ┃ あらすじ ┃ 悪逆な火ノ巫女による秘術により、日本の戦国時代に似た世界へ転移した少女、紗奈。 絵札──タロットカードで災害予知を行う『札巫女』として、斉野平家に仕えることに。 ただ、紗奈には火ノ巫女の甦りを防ぎ、万能な占術の力を抑えるため、斉野平家の先祖による呪いがかけられていた。 その呪いとは。 災害以外を占うことができない。 『札巫女』を護り監視する『巫女守人』以外の言葉が理解できないというもの。 なぜ呪いをかけたのか。 古来より山神が荒ぶり山が動き出す。そして物の怪が暴れるといった『山追』の災害や自然災害に苦しめられてきた。 災害予知の力だけ人々のために利用し、『札巫女』に人心が惑わされ依存してしまうことを避けるため。 内乱・戦により呪いの解き方は失われ、呪いを扱うことのできる者もいない。 唯一会話ができる『巫女守人』の九一郎と共に、占術を行う日々を過ごす紗奈。 お互い一目惚れに近い状態もあり、想いを寄せあうようになっていくが──。 ┃ メモ ┃ ・架空の世界。 ・ぬるいですが戦いも有。 ・あえて、ヒロイン一人称。 話を進めること優先で書いたものの、ムズカシイです。 タロットカードの解釈や占い方も、あくまでこのお話の中の設定です。 純愛ですが多少性的な表現もあります。色々ご注意ください。 イラストも自作です。 応援にコメント、めっちゃ嬉しいです!!ありがとうございます!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間46分

    この作品を読む

  • 夜見師ノ怪奇録

    和風ファンタジー。少しホラー要素有り

    51,750

    108


    2022年4月5日更新

    *本作には土砂崩れや地震の表現が含まれています。これらの表現に不安や恐怖を感じられる方は閲覧を控える事をお勧め致します。 *若干のホラー表現が含まれます。 『夜見師』 それは『物』の声を聞き、物の夢に触れる者。 夜見師の少年ケイの所に、一通の手紙が届いたのが始まりだった。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • 世界を盗んで心を施す

    生まれる場所は選べない。

    9,900

    0


    2022年3月23日更新

    だけど、生きる場所くらいは選べたらいいとそう思う。 人間が嫌いな妖イノザサと親に捨てられた人間の子供蝶々が、歩み寄りすれ違い、お互いの存在によって自分の世界が変わっていく。

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • つかわしめ戦記ゆめ語り

    恋愛×和風ファンタジー

    61,700

    1,705


    2022年2月27日更新

    月を追うように、私の願いは叶わないのでしょうか―― ある満月の夜、眠りにつこうとしていた美月睡蓮は不思議な声を聞く。その声を追ってやって来た近隣にある石上稲荷大社で、人の姿に変えた八咫烏の太秦から、陽の巫女であることを告げられた睡蓮は、幼馴染みの石上昂と一緒に「ヤマト」と「ハヤト」の思想が二分する、使婢に護られた世界・倭に顕現した。 元の世界に戻る条件でもある、太陽の化身の大御神を再び降臨させるため、須佐神が生んだ怨霊の浄化をすることになった睡蓮だが、須佐神側のヤマトが見せる理想郷に、倭の民衆は随分救われている様子だった。 太秦率いるハヤトの一員として暗躍しつつ、睡蓮は夢を介して大御神の言葉を貰いながら浄化を進めていくも、それは時として、須佐神によって病魔から解放された者や、息を吹き返した者の命、そしてその家族の幸せを奪うことに等しかった。 心が折れそうになっても、身の危険にさらされても、健気に振る舞う睡蓮に、使婢たちは次第に心から信頼を置き、惹かれていく。しかし両親を事故で失っている睡蓮の気持ちを察する昂は、ハヤトの思想に疑念を抱いてしまうようになり……。 太陽の昇らない幻想的な異世界で、一人の巫女と使婢たちが織り成す和風ファンタジー。 ※表紙は、Picrewの「こんぺいとう**メーカー」様で作成しました。 小説家になろう・ラノベストリートにも掲載しています。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • クールな彼女の可愛すぎる変態フェイスを、俺だけが知っている。

    どうしようもなく"恋"をする彼らの物語

    76,300

    320


    2022年2月26日更新

    刈磨汰一(かるまたいち)は、生まれながらの不運体質だ。 幼い頃から数々の不運に見舞われ、二週間前にも交通事故に遭ったばかり。 久しぶりに高校へ登校するも、野球ボールが顔面に直撃し昏倒。生死の境を彷徨う。 そんな彼の前に「神」を名乗る怪しいチャラ男が現れ、命を助ける条件としてこんな依頼を突きつけてきた。 「その"厄"を引き寄せる体質を使って、神さまのたまごである"彩岐蝶梨"を護ってくれないか?」 彩岐蝶梨(さいきちより)。 それは、汰一が密かに想いを寄せる少女の名だった。 不運で目立たない汰一と、クール美少女で人気者な蝶梨。 まるで接点のない二人だったが、保健室でのやり取りを機に関係を持ち始める。 一緒に花壇の手入れをしたり、漫画を読んだり、勉強をしたり…… 放課後の逢瀬を重ねる度に見えてくる、蝶梨の隙だらけな素顔。 その可愛さに悶えながら、汰一は想いをさらに強めるが……彼はまだ知らない。 完璧美少女な蝶梨に、本人も無自覚な"危険すぎる癖(ヘキ)"があることを…… 蝶梨に迫る、この世ならざる敵との戦い。 そして、次第に暴走し始める彼女の変態性。 その可愛すぎる変態フェイスを独占するため、汰一は神の力を駆使し、今日も闇を狩る。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間26分

    この作品を読む

  • 寺生まれの祓い屋と濁水心中

    BL×和風(?)ホラー

    100

    0


    2022年2月22日更新

    舞台は架空時代、照和 (しょうわ)――。 混乱と激動。 文化や芸術、科学などの発展の裏にいまだ闇の多き時代。 照和三年の冬。 とある学生、寺生 貞次 (てらうまれ ていじ)が、夜道を歩いていた時のことである。 古びた石橋に、寄り添う一組の男女を見る。 彼らは互いに顔を見合わすことも無く、欄干から川へ飛び込んだ。 ……心中未遂。 そこからすべてが始まった。 怪異を見る少年とその式神の少女。 そして心中未遂を繰り返す小説家、辻崎 修治 (つじさき しゅうじ) 彼らの怪異冒険譚。 【注意】BL表現あります! ホラーだがBLだす!!! 注意したよ!!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間1分

    この作品を読む

  • 黒百合高校手芸部の怪奇日誌-Electric Shrine maidenⅡ-

    オカルティックゆりんゆりん学園

    614,953

    5,220


    2022年2月16日更新

    公立黒百合女子高校の古い校舎は、怖い噂でいっぱい。 けれど先輩と後輩でお守りを交換すれば魔の手に狙われなくなるという風習が根付いている。 そんな黒百合高校でお守りを作り、怪異に立ち向かうのは手芸部だった。 新入生で霊感少女の大戸 留美(おおと るみ)は、お守りを交換したパートナー鳥居 澪(とりい みお)と手芸部に入部し、不思議な現象や様々な人間模様を目の当たりにしていく。 怖いプロローグからのハッピー/ほのぼのエンドが魅力の短編連作スタイル! 前作「黒百合高校の電子巫女」を読んでおくとよりお楽しみ頂けます。(4万文字程度でサクっと完結) 1ページ2000文字以内でサクサクちょい読みOKかつ改行・空行多めの読みやすいレイアウト!エブリスタでも同時公開。 表紙はサークルミラーイメージ様の「少女組み合わせ立ち絵素材」を使用して制作いたしました。

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • 翡翠の屋敷で変人と

    人間が嫌いな、全ての人に届けたい。

    16,600

    50


    2022年2月16日更新

    小説家志望で高校2年生の南雲夏夜(なぐもかや)は、学校の近くの山に雪女がいるという噂を聞かされ、真偽を確かめるためその山に向かった。そこで出会ったのは謎の少女だった―――― 現代を舞台に、日常と非日常が混ざりあう中で「人間」が織りなすファンタジー。 小説家志望の女子高生、南雲夏夜と、記憶喪失の医者、夜拆御影(よひらみかげ)のダブル主人公でお送りします。 「翡翠の屋敷で変人(きみたち)と」、よろしくお願いします。序盤で「あ、これ無理」ってならなかったら第一章の終わりまで読んでいただけると幸いです。 感想とかいただけたらとても嬉しいです。 表紙は自分で描きました。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間8分

    この作品を読む

  • 臆病戦記

    生きる為に殺す

    45,500

    0


    2022年2月11日更新

    『この世界にとって転生者は必要な存在だ』 『転生者がいなければこの世界は回れていない』 『転生者とそれを選んだ神々に最大限の感謝を』 『そして転生者に神のご加護を』 父親だけが味方だった主人公、九条辰美は通り魔に刺されて死んだ。やっと母親が死んでくれて父親の代わりに頼りになる彼氏を見つけたというのに、彼女は通り魔に刺されて死んだ。 然しその先で新しく生まれ落ちる。既視感があり懐かしいと感じながらも全く違った世界、いや一国に生まれ落ちる。 その一国がある世界では『転生者』と呼んで彼女らを敬った。九条辰美は神仏に選ばれたのだ。 だが彼女は『ただの転生者ではなかった』 独特な世界観で餓狼のようにひた走る、そんなお話。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間13分

    この作品を読む

  • 慕い神楽

    あなたが守りたいものならば

    2,500

    0


    2022年2月11日更新

    叔父を頼って、母子で移り住んだ嘉助は、新しい村に馴染めずにいた。 ある日、畑仕事から戻ってくると、彼の母に対して怪しい術をかける娘に出くわす。彼女の正体は驚くべきものだった――。

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • それはひとりで終わること ‐明治あやかし幻想譚‐

    鬼のような若者と月のような娘の話し

    312,700

    845


    2022年2月6日更新

    子爵家の跡取り息子である相内柾樹は、些細な理由で癇癪を起こし家出した。たまたま向かった先は、元門番の老人が住む小さな長屋。そこで何の因果か、湾凪雪輪という奇妙な娘と巡り合い、さらにその世話まで頼まれた。やむなく柾樹は娘を連れ、悪友二人が下宿する両国の古道具屋『数鹿流堂』へと転がり込む。見えない何かに引き寄せられるように、この世ならぬもの達と、四人の不思議な同居暮らしが始まった。時は世事変遷と、呑気悠長が折り重なっていた明治の中頃。鬼のような若者と、月のような娘の話。 ※時代設定上、現代では不適切とされる単語や語句がありますが、差別や偏見を肯定助長する意図はありません、あらかじめご了承ください。 ※軽めのミステリー的なノリで始まりつつ、そのうち神・妖怪的なモノが登場してくるジャンル迷子。怪談です。 ※小説家になろうで完結済み(2013年~2020年まで投稿)。こちらでも完結済みです。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:29時間48分

    この作品を読む

  • 蛇と流星

    蛇は龍になりえるか

    8,800

    0


    2022年1月17日更新

    周りの人たちから【蛇】と呼ばれ敬遠され続けた男、加々地龍也。 龍也は周りの視線や陰口によって家から出なくなっていた。 ある日、龍也は家の庭で光り輝く物体を見付けた。 その光に龍也はナガレと名前をつけた。 ナガレや恩師、他の生き物たちとの出会いや交流によって龍也は次第に変化していく。

    読了目安時間:59分

    この作品を読む

  • とある巫女の物語

    決して解り合えない者同士の物語

    3,100

    0


    2022年1月16日更新

    人里離れたところにひっそりと佇む神社。 滅多に人の来ないそのお宮に奉仕する一人の巫女のある日の物語。 私が昔書いたSSを気に入った友人・刹那劫さん (https://novelup.plus/user/438371638/profile)がとある方のイラストと共に掲載する二次創作の原作、原案です。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • セカイにおわすその神は

    合作二次創作(マンガ挿絵になります)

    800


    2022年1月15日更新

    瑠璃さんの「とある巫女の物語」をもとにした合作・二次創作です。 原案はノベプラサイト内にあります。 瑠璃さん >(https://novelup.plus/user/919256043/profile) ※セリフ部分にコミック絵を載せています※

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 未来視の君と過去視の僕

    彼らの瞳には何が写っているのか

    100

    0


    2022年1月4日更新

    高校三年の天野宮 涼介(あまのみや りょうすけ)はよく夢を見る。遠い過去の夢だ。 涼介はまた眠ってしまっていた。 いつも見る夢と違いリアルなそれが心に引っかかる涼介はどこかぼんやりとしていた。 それを見かねた親友に夢の話をしたとき涼介は青白い光に包まれ、意識を失う。目覚めるとそこはあの夢の世界だった。 そごで涼介は夢に出てきた巫女に出逢い、殺されるはずだった彼女を助ける。そしてそのとき涼介の過去視の能力が開花した。 彼女を助けた涼介は彼女の能力を狙うモノを知る。 そして彼女からとある話を持ち掛けられそれを涼介は承諾し、契りを交わす。 彼らを襲う妖怪。何故、妖怪は襲ってくるのか。 旅の中で何を知るのか。 妖怪たちと繰り広げるバトルファンタジー。 彼らの行き先には何があるのだろうか。 過去に囚われた彼が前を向いて走るまでの物語。 これが全ての淵源。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 泣き虫の優しい鬼と鬼に助けられた子ども

    泣き虫の優しい鬼と優しい子どものお話

    3,200

    0


    2021年12月21日更新

    人から恐れられた鬼は泣き虫の優しい鬼でした。優しい鬼が助けた子どもはずっと鬼を忘れませんでした。 この作品はカクヨム、小説家になろうにも掲載しています。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 妖魔師

    人と妖魔の王道和風ファンタジー

    143,200

    3,900


    2021年12月16日更新

    【祝 完結!!】 ※現在ゆっくりではございますが、読みやすいよう改稿中です。お手数をお掛けしております。 遠き日の豊かなる平安の雅びな世。煌らかなる麗しき現世に、人を脅かす獣在り。 妖しき術、人知を超えし力の源、妖気を奮い各々で火種を芽吹かし獣、妖魔。 妖魔を滅せんと妖しき力たるもの、妖気を宿せし強者どもの集い、陰陽師。お上の命に火種を鎮火せし陰陽師に怒るるは妖魔。 然るとき起こる陰陽師、妖魔の争い。血で血を濯ぐ混沌たる月夜に、輝きに満ちる其れは現る。 我等【妖魔師】なり。 時は令和、風の吹く春海に巻き起こる不可解な事件。それは、人の魂を喰らう瘴気によって生まれる【怪魔】の仕業。 その怪魔と人知れず戦い続けるのは、白狐の半面に月明かりに輝く白銀の髪、覗かせる鋭い瞳。 人が妖魔を纏いて織りなす【憑依霊装】が生み出す奇跡。 それは何者かと問われれば、こう答える。 我々は【妖魔師】である……と。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました。 ありがとうございます。 ※挿絵制作CHARAT使用

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間31分

    この作品を読む

  • 金の森

    短編です。

    2,500

    0


    2021年12月16日更新

    この森に金色の毛並みを持つという、獣がいる。噂だけの不確かな存在だ。 その獣が鹿なのか、狸なのか、はたまた野ウサギか…不確かな、という通り正体は定まらない。 和風な感じの悲しげな話です。 ※「エブリスタ」にも投稿してます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 似代劇-大江土苑来院-OHEDO ON LINE

    時代劇風VRゲームで無双少年剣士が大活激

    17,000

    0


    2021年11月21日更新

    江戸時代を思わせる世界で人々はゆっくりと流れる時間のなかに憩いを求めここにやってきた。似代劇(にだいげき)というVRゲームが流行する近未来。そこであるものは侍となり、あるものはそば屋を経営し、あるものは刀鍛冶に従事するなど現実では不可能な仕事に就くことを愉しんでいた。だがその世界はいま危機にさらされていた。公儀(運営)はこの事実を隠蔽し噂ばかりが人々の間に流れる。そんなとき、とある少年剣士のもとに公儀より依頼が届く。 本作で使用している技のいくつかは実際に再現できる。それらの技は松聲館の甲野善紀氏と陽紀氏が発見されたものをお借りした。※印があるものがそれに当たる。それ以外にも黒田鉄山師範の著書からの引用も含まれている。 資料写真に注意書きがない場合は作者の私物です。

    読了目安時間:7時間34分

    この作品を読む

  • 桜月夜-花弁の記憶-

    忍び・矢禅の、公女イリーへの恋物語

    3,500

    0


    2021年9月30日更新

    神薙矢禅(かんなぎ やぜん)は、忍びの里、月華の里長の次男。 彼は、兄の御輝(みかぐ)を敬愛していた。 そんな彼が、発揮してしまった己の才能。 そして、桜の樹の下で矢禅が出逢ってしまったのは 、とても可愛らしい見たこともない服を着た女の子で… 矢禅を中心に渦巻く個性豊かな女性キャラ達。 狂おしいほどの愛、そして過酷な運命の果てに、矢禅が選んだ道とは…。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • 人でナシ

    我等人に有らず、人でナシに御座います

    168,250

    1,920


    2021年9月30日更新

    天界。そこは人の住む世界ではない世界。誰も見たことのない神という存在がいる世界。 その世界の片隅に『天界の監獄』通称『天獄(てんごく)』と呼ばれる特殊な地域があった。天獄には人に危害を加えた者、災いをもたらせた者達が集められ、己の罪を償う為に気の遠くなる程の長い年月を送っている。 そしてもう一つの『天獄』の形・・・それは天獄に住まう化け物達の姿でもあった。 ────『人と同じ姿』 そう、天獄とは『地域』であり『肉体』でもある二重の牢獄。 その化け物達を天獄に閉じ込めた誰も見たこともない神という存在が、彼らに与えた罰はただ一点。『なにもしない』というものだった。 唯一、神と呼ばれる存在が、彼等に与える許しは『死』のみ。その為『死』は己の罪が償い終わったことを示していた。 そんな中、集められた多くの化け物の内で最も罪が重いとされている六体の化け物がいた。その六体の化け物達には、特別な任務が与えられていた。任務遂行の為に人の世界に降り立つ六体の化け物。人を見、人と関わり、化け物達は少しずつ変わっていく。そして、天界の秘密へと繋がっていく。 ───人とは何か? 神とは何者なのか? そして本当の化け物とは? 死ぬことも許されず、過去を胸に抱きながら、それでも尚生き抜こうとする彼らは本当に化け物なのか。 そして最後に神と呼ばれる者の正体を知った彼らは神に挑む・・・! 恋ありバトルありコメディありの化け物視点から人間を描いた和風ファンタジー 、ここに開幕! ※主要キャラの過去を描いた外伝も執筆中 ※HJ大賞2020後期最終選考まで残った作品です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間26分

    この作品を読む

  • 【書籍発売中!】よるのやしろ

    ちょっと怖がりな「ぼく」の物語

    17,800

    157


    2021年9月8日更新

    そこは「よるのやしろ」。遠い昔から受け継がれてきた由緒ある神社です。そこには珍しい宝物がお祀りされているといいます。 宝物を一目見ようと夜中に忍び込んだぼくはそこで不思議な出会いをするのです。 「ぼくとお姉ちゃんシリーズ」全五編を収録した短編集「よるのやしろ」がつむぎ書房から発売されます! Amazonにて発売中です!

    読了目安時間:22分

    この作品を読む