囲碁

検索結果:4件

  • 怠惰と充実と過去と、ほんのささやかな成長

    ♡40,800

    〇0

    純文学/文芸・連載中・27話 sandalwood1124

    2019年12月15日更新

    池原悦弥は、小学時代に担任教師から受けた度重なる体罰により、それまでの気勢を失った。 大学生となった今では起伏に乏しい生活を送っており、せっかく入った第一志望の大学でこれといった手ごたえなく一年目を終える。 そんな中、二年目に入ってフランス語の授業で出会った光蟲冬茂は、巷の爽やかな学生たちとは一線を画する独特な性格の男だった。 光蟲との交流や、囲碁部および茶道部の活動を通じて、悦弥の生活は徐々に色付いていく。 作者の実体験を脚色して描いた、リアリティの強い長編小説。

  • JK×囲碁の四コマ(?)小説

    ♡1,800

    〇0

    その他・連載中・12話 じんむ

    2019年11月23日更新

    女子囲碁部のゆるーい日常に、時々手に汗を握る展開を入れた感じ……になるかは分からない。もしかしたらずっとゆるいかもしれない。 基本的に日常パートは一話一話が凄まじく短いのでさくさくっと読めると思います。試合パートはどうするか考え中。そもそも試合パートなんて入らないかもしれない……。 0話は一応試合パートになるのだろうか。1話からしばらくほのぼの日常パートです。

  • 変えたくないものと、変わっていくもの

    ♡3,500

    〇0

    純文学/文芸・完結済・4話 sandalwood1124

    2019年11月16日更新

    日常の「初めて」に対して人一倍慎重になり、警戒心を抱きながら安定した暮らしを求めてきた主人公。 最愛の恋人である由夏と別れてからの生活は、無難ではあるものの失望で色付いていた。 そんな中、行きつけの書店で手に取った囲碁雑誌の記事に、彼ははっと胸を衝かれる。 囲碁ファン並びに浜省ファン必読の短編恋愛小説。

  • 黒と白に情熱を賭し、人生を語る。

    ♡14,400

    〇0

    純文学/文芸・完結済・6話 sandalwood1124

    2019年11月7日更新

    人との関わりや厄介事から逃げ続け、後悔の多い大学生活を送った主人公は、卒業から10年ほど経った今も、情熱に乏しいふわついた日々を過ごしていた。 大学時代に唯一懸命に打ち込んだ囲碁も、もう久しく打っていない。 ある時、行きつけの喫茶店で出会った水原紀子は、偶然にも囲碁を嗜む女性だった。 令和に入って大幅に改稿された、作者初の自作小説。