検索結果:280件

  • 決して色褪せることのない夏の日々に ボクは諦めきれない恋をした

    少年×幼馴染お姉ちゃん 夏 青春 恋物語

    3,700

    0


    2022年1月25日更新

    ※22.01/05 エピローグに追加をしました。 現在書き進めている本一冊分の青い春系の恋物語。 完結までもってきました。 【あらすじ】 蒼井ナツシには好きな人がいる。 けれど、その気持ちをナツシはずっと秘密にしていた。 何故ならその好きな人は、 一回り近く年上で、 幼い頃から知ってるお姉さんで、 今は一緒に暮らしていて、 何より、兄である陽(よう)の恋人だった。 複雑な気持ちを抱えたまま月日は過ぎていき、 もう三人で仲良く楽しんだ夏は訪れることはない。 それでも――再び夏は来る。 決して忘れられない、新しい夏が――。

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • 中二病の冬と不思議な夏

    寒い冬を一緒に温まり、暑い夏を一緒に涼む

    100

    0


    2022年1月24日更新

    体育の授業で貧血になって倒れた女の子と、傍に寄り添ってギュッと手を握る女の子。彼女達は中学二年生という年頃で青春で悩める時期でもあった。恋愛に勉強、部活など、将来を考えたり、今を生きたり……。そんな、等身大な中学生女の子のちょっと変な日常ストーリー

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • お狐様と過ごす日々

    表現するのは難しいけど楽しい

    0

    0


    2022年1月23日更新

    やりたいこともなく、夢もなく、ずっと惰性に生きてきた。 この日も自分のお気に入りの場所に足を運んでいた。 その帰り道、生糸の人形は立っていた。悲しそうな、哀れむような目で、じっと何処かを見つめてる。 そんな少女に惹きつけられ、気付いたら声をかけていた。 「こんなところで何してるんだ?」 「……」 不思議なお狐様と惰性に生きる高校生ののんびり生活。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • セミだからあと7日で死ぬけど、アイドル目指します。

    笑劇の7日間

    7,700

    5


    2022年1月21日更新

    「オレはアイドルになるセミだぞ!」 弟の自由研究のため出かけた裏山で出会ったアイドルを目指す喋るセミ 最初は困惑しつつもアイドルになるため、ひたむきに努力するセミを見て、姉の感情は揺れ動く。 「セミがアイドル?w」 「暑さで頭おかしくなったか?」 周囲の人たちには時にバカにされ、時に手を差し伸べられ、セミは、姉は、弟は、成長していく。 「目指してみないか?アイドルの頂点を」 やがて世界初のセミアイドルとなったセミだがその余命は刻一刻と迫っていた…… アイドルを目指すセミの一週間を描いた青春感動ストーリーここに開幕 毎日更新

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • 扇風機

    扇風機の前に立つとアーッて言いたくなる。

    100

    0


    2021年12月21日更新

    周りのものすべてに魔力が宿っている気がした頃のお話です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 拝啓、夏を翔ける君へ

    初長編小説で、初めて書いた小説です。

    6,700

    0


    2021年12月11日更新

    大学2年のある夏、池江翔は先輩の清水涼平にボランティア部に誘われ断りきれずに仮入部という形で、夏休みが終わる頃にまた本入部をするかどうかを決めることに。 夏休みの始まる頃、池江は@と名乗る不思議な男に出会い、池江の人生は変わっていく。 この夏を僕らは未来を信じて翔けていく。 後に残るのは後悔か思い出か。 @とは一体何者なのか。 どうか、悲しい思い出で楽しかった思い出を塗りつぶさないで。

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • 夏の色、0の記憶 ‐XXXX年‐

    遠い遠い未来の昔のお話。

    0

    0


    2021年11月27日更新

    遠い遠い未来の昔 うたかた屋さんという泡売るお店が 海のなかにありました

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 青空の下、原色の景色

    夏は異界の門 ひらく

    100

    0


    2021年11月21日更新

    子供たちは知っている 夏は異界の門 ひらく 太陽揺らめき 月は十六夜 惹きあえばほら どこにだって現れる ワクワクのファンタジー

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 旧作 七不思議の少女

    ホラーより青春色の方が強いです。たぶん

    1,700

    0


    2021年11月15日更新

    ――あなたは、学校に伝わる七不思議を知っていますか? これは、僕の通っていた小学校にまつわる話です―― 僕がその七不思議を知ったのは、小学六年生の夏。 僕は、葵と名乗る女の人と出会い、小学校の七不思議について知ることとなりました。 これは、僕と葵さんの一夜限りの七不思議巡りの物語。 この作品は、創作サイト「鴉の風待ち休憩所(http://aliceend.starfree.jp)」、pixivにも掲載しております。 また、COMITIAなどで頒布しました同人誌「旧版 七不思議の少女」、および某大学の部誌にも掲載した古い作品となっております。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 私。

    蝉のはなし。短いです。

    100

    0


    2021年11月14日更新

    蝉。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • エステートセール!

    自称地縛霊とお人好し大学生のひと夏の話

    72,900

    0


    2021年11月14日更新

    *「BOYSFAN」BLコミック原作小説コンテスト 「お題フリー」投稿作品です。 夏休み、亡くなった大叔父である誠さんの家の片付けを請け負うこととなった健斗は、その家で地縛霊だと名乗る若い男と出会う。奥さんも子どももいないはずの誠さんのことにやけに詳しいその男は、自分も手伝うと言って、その日から健斗と一緒の布団で寝起きするようになる。 地縛霊ではないだろうと思いつつも、スマホすら持っておらず、家から一歩も出ようとしないその男に「ナナ」という呼び名をつけた健斗は、口喧嘩をしながらも徐々にナナを信頼していくようになる。 一方、片付けを手伝いにきてくれた本家のお嫁さんである香苗さんは、あまりにも陰気で水墨画に描かれていそうな人であったが、実はアメリカ生まれアメリカ育ちで、英語のほうが得意だということが分かる。そんな彼女の提案で、アメリカでは遺品整理の一環としてメジャーである「エステートセール」を行うことに決まり、その宣伝要員としてちょっと前に健斗が別れたばかりの可南ちゃんも加わり、誠さんがコレクションしていた、多くの古いものたちを新しい場所で大事にしてもらうために4人で協力して動き始める。 そんな毎日の中で、バイだと言うナナになにかと振り回される健斗は、ナナの「心身ともに愛してもらえたら成仏できるのに」という言葉の重みを日が経つにつれて徐々に感じるようになり、地縛霊だと嘘をついていたナナも健斗の特別になりたいと本気で思うようになるにつれ自分は分不相応なのではと考えるようになり、お互いがお互いの未来のために悩むようになっていく。 最後、健斗の真っ直ぐな思いに覚悟を決めたナナは、真実をつげないまま誠さんの家を去り、本家で行われた誠さんの遺産相続の場に臨んだ。初めて知る事実に驚きながらもナナは誠さんの思いを受け取り、香苗さんが離婚するきっかけを作ることに成功する。 そして、すべてが終わって健斗のもとへと帰ったナナは、今度こそ恋人となり、その15年後。二人は3人の子どもとともに、取り壊される予定の誠さんの家を訪れたのだ。 誠さんの恋人だった男性、香苗さんに精神的DVを働く義理の家族、本家の財産を狙う親戚たち。 自分たちのことだけでなく、そんなさまざまな人や問題とも向き合いながら、遺された「もの」たちのために仲間とともに奮闘し、それぞれの未来を見つけるひと夏の物語です。

    読了目安時間:12時間8分

    この作品を読む

  • 思い出の中で一際美しく緑は萌えて

    海の水さえも、謎めいた深き紺碧に光って

    0

    0


    2021年10月30日更新

    樹木の血潮の緑色、山は盛りの季節 海の水さえも、謎めいた深き紺碧に光って 記憶を呼び覚ました今、命匂い立つ

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 詩人の小部屋

    ときどき更新、詩の詰合せです

    37,400

    725


    2021年10月26日更新

    Photo by Pexels.com

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 虎の子図書館

    過去に書いた短編をまとめています

    2,000

    0


    2021年10月20日更新

    青春モノから童話風の物語まで、ジャンルを分けず過去に執筆した短編をまとめていきます。 暇潰しにお立ち寄りいただけたらうれしいです。 基本的に、別投稿サイトにて公開した作品の転載になります。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 螺旋おくり 夏のあさに姫おりて

    ホステスにもてあそばれる男子小学生。

    400

    0


    2021年10月15日更新

    アサガオに水を噴射していたら、スベスベ白パジャマのホステスにちょっかいをかけられた。 お姉さんはなぜ、毎朝ぼくの体にいたずらするのだろう。 アパートに暮らす小学生あきふみと近所に越してきたエリカお姉さん。 ラジオ体操のスタンプ列で巻き起こる三角関係。テレビゲームオタク。一輪車の魔女。地図帳マウンテンバイクの旅。大漁の金魚と夏祭りの告白。 螺旋をのぼる、ひと夏のおはなし。

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • 超短編戯曲『全ピース』

    怒られないことを祈ります。

    14,400


    2021年10月9日更新

    読めば分かる❗とても短い❗若者たちの三角関係❗

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 閃光 耳に聞いて 溶けて

    季節終わりの、どこか寂しい恋の断片

    1,200

    0


    2021年9月16日更新

    彩る夜に咲くは彼女の顔。 そんな彼女を直視できない。 夏が暮れる。 その只中で、僕は閃光を聞いた。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • イリュミナシオン ft.2008年の夏

    流星群は死にゆく星たち

    1,400

    10


    2021年9月16日更新

    伊東圭はいつものように、廃電車に住むリンセーとオセロをしながら、退屈な高校生活を送っていた。 そんな折、リンセーから一人の少女を紹介される。 綿貫みなみ、伊東圭と同い年の十七歳。 2008年の夏、毎年くる季節の一つの始まりに、僕たちは心躍らせていたんだと思う。 何の変哲のない伊東圭の高校2年の夏は、いくつかの秘密を抱えた綿貫みなみと一緒に、短く過ぎていくのだった。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • チョコパイ2枚の苛立ち

    もはや歌詞

    1,000

    0


    2021年9月9日更新

  • 俳句集  巡る季節に

    四季それぞれの俳句集です。

    5,500

    20


    2021年9月8日更新

    何年も書きためた俳句を四季それぞれでまとめてみました。 お時間がありましたらどうぞご一読ください。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む