検索結果:295件

  • 父が帽子になってしまった。(夏の夜の怪談コンテスト)

    お前が帽子になったからいけないんだろ。

    3,100

    40


    2022年6月25日更新

    ある日突然、父が帽子になってしまった。私はそれが怖くて、精神を安定させようとした。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • めでたき人

    ホラーは怖いからいやです。

    1,700

    0


    2022年6月11日更新

    田舎とフリージャーナリスト、夏。それだけ。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 鏡鑑の夏と、曼珠沙華

    ──あの夏の眩しさだけは、覚えていた。

    2,700

    0


    2022年6月6日更新

    文芸部員の雨宮彩織は、夏休みの終わり際、"夏"を探しに田舎へと帰省する。その先で再会したのは、かつての幼馴染であり、彼の初恋の相手──椎奈あやめだった。そこで彩織は、彼女に『自分の色を分ける』ことを決意する。昔とは少し違う夏休みのなかで、ただ夏だけを描き続けた幻想綺譚。どこか懐かしくて物悲しい、狂おしくも儚い夏物語。 『縁なしの紺青の空、ただ立ち昇るだけの入道雲、アスファルトに霞む夏陽炎、降り注ぐような蝉時雨──僕は存在しない虚像の夏に、焦がれている。』

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

  • 離岸流

    水泳部エースとカナヅチ、二人とも生き残れ

    0

    0


    2022年6月2日更新

    【海難事故の描写を含みます】 夏休み。営業していなかった祖父母の海の家へ鍵だけ借りて仲間内で泊まり込んでいたわたしたち。早朝のきらめく海へ二人で飛び込んだのほよかったのだが、離岸流に飲まれどんどん沖へと流されるーー!?

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 【BL】海とラムネと取り消せないメッセージ

    夏の爽やかBLです!!

    8,200

    50


    2022年5月24日更新

    取り消すはずだったメッセージ。 伝えるつもりのなかった想い。 わずかに期待した返信は失恋を確定させた。 ショックを受けた主人公は学校をサボり……。 キスの日(5月23日)に合わせて書きました

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • ネムリヒツジ

    お気に入りの羊が、いなくなった。

    2,100

    0


    2022年5月22日更新

    お気に入りで毎日一緒に寝ていた羊がある夏の日突然いなくなった話です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 雨が降りやむ頃に

    その雨の音、あなたにはどう聞こえますか。

    0

    0


    2022年5月16日更新

    もえがみと申します。 初投稿になりますがよろしくお願いします。 とある学生が隣の田舎町に行ってヒロイン達の出会いから生まれる友情を描いた そんな作品です。 最後まで見て下さると嬉しいです。 梅雨に入って間もない五月雨の月。とある高校生は地元近くにある隣町に来ていた。 止めどない降雨。耳元で聞こえる雨音は、時間が経てば経つほど激しさを増す。 彼の降りた先には木小屋の停留所。そこに1人の少女が何かをを熟視しながら座っていた。 少女は、浮かない表情をしている青年に声をかける。 「お兄さんあなたには、この雨の音がどのように聞こえますか?」 雨の音が一瞬止まったそんな気がした――。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 懐古夏

    二度と来ない夏を懐う

    4,800

    0


    2022年4月10日更新

    突然訪れた大寒波は、世界から軒並み夏を消した。 明日が十年目のお盆となるこの世界で、少年は雪を踏み鳴らしながら夏を懐う。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ガム

    百合百合してみませんか

    0

    0


    2022年4月10日更新

    口さみしい、ってそういう意味の? 喉元の汗が胸に伝い下りて、右か左かに流れる。まあ、おそらくはその間だろうけど。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • リ・スタート

    諦めてなんかやらない

    1,600

    0


    2022年3月28日更新

    怪我で欠場を余儀なくされ、鬱屈した思いを抱えていたハードラーが、幼馴染と後輩の仲睦まじい姿に刺激され、ある決意を胸に再び前へと走り出す。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 線路は続かない

    汚れたあたしを轢き殺してくれ

    0

    0


    2022年3月25日更新

    女子からのいじめで男子たちと無理矢理キスをさせられた鈴音は死ぬために線路を歩いていく。 ※百合コン2022参加作品です。 ※エブリスタに投稿したものに修正を加えたものです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 夏、蝶は蜜を吸う

    学校の図書館で巻き起こる最悪三角関係!

    1,800

    0


    2022年3月12日更新

    夏休み。 高校生の三葉紫乃(みつは・しの)は部活終わりに毎日図書館に通う。 図書館で勉強している橙木花凜(とうのき・かりん)に逢う為に。 紫乃は花凜に恋をしていたが、想いを伝えられないままただの友達として仲良くなっていた。 そして同じく花凜を好いている図書委員の横掛麗衣(よこかけ・れい)をライバル視していた。 紫乃は部活がある為、夏休みが終わると放課後図書館には来られなくなる。 一方の横掛麗衣は夏休みが終わった後も毎日図書館で花凜と逢える。 このままでは横掛麗衣の方が花凜と仲良くなってしまうと危惧した紫乃は花凜に告白しようと決心するが……。 ※百合コン2022参加作品です。 ※pixivに投稿した作品に加筆修正したものです。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • グッナイ・マイ・サマー

    ひかる海とふしぎな夏の夢のおはなし。

    2,300

    0


    2022年3月11日更新

    暑い暑い夏の日、ぼくは、ひかるひかる海の夢を見る。 (Twitter内のコンテストに参加した際に書かせていただいたものです。)

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 白昼夢

    久しぶりに帰郷した女性の話。

    3,400

    0


    2022年3月1日更新

    夏真っ盛りの日差しに誘われ、「私」は紋白蝶の影を追う。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • summer

    季節外れの書き散らしです

    200

    0


    2022年2月23日更新

    私にとっての夏 その夏は今もなお生きているのです

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 蝉しぐれ

    実話を元にした創作ホラーです

    700

    0


    2022年2月15日更新

    大東亜戦争の頃のお話

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 夕化粧

    百合ホラー。

    4,600

    0


    2022年2月14日更新

    過去作の百合ホラーです。 これを読んだ貴方、夏の夜に、オシロイバナの香りを探してみてください。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 中二病の冬と不思議な夏

    寒い冬を一緒に温まり、暑い夏を一緒に涼む

    100

    0


    2022年2月7日更新

    体育の授業で貧血になって倒れた女の子と、傍に寄り添ってギュッと手を握る女の子との冬。泳ぎの練習の為に市民プールに向かい練習する夏。彼女達は中学二年生という年頃で青春で悩める時期でもあった。恋愛に勉強、部活など、将来を考えたり、今を生きたり……。そんな、等身大な中学生女の子のちょっと変な日常ストーリー

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 5月の多摩川

    夏。5月。多摩川。

    100

    0


    2022年2月5日更新

    5月の多摩川沿いを散歩するある二人の話。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • セミだからあと7日で死ぬけど、アイドル目指します。

    笑劇の7日間

    8,200

    10


    2022年1月28日更新

    「オレはアイドルになるセミだぞ!」 弟の自由研究のため出かけた裏山で出会ったアイドルを目指す喋るセミ 最初は困惑しつつもアイドルになるため、ひたむきに努力するセミを見て、姉の感情は揺れ動く。 「セミがアイドル?w」 「暑さで頭おかしくなったか?」 周囲の人たちには時にバカにされ、時に手を差し伸べられ、セミは、姉は、弟は、成長していく。 「目指してみないか?アイドルの頂点を」 やがて世界初のセミアイドルとなったセミだがその余命は刻一刻と迫っていた…… アイドルを目指すセミの一週間を描いた青春感動ストーリーここに開幕 毎日更新

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • 決して色褪せることのない夏の日々に ボクは諦めきれない恋をした

    少年×幼馴染お姉ちゃん 夏 青春 恋物語

    4,700

    0


    2022年1月25日更新

    ※22.01/05 エピローグに追加をしました。 現在書き進めている本一冊分の青い春系の恋物語。 完結までもってきました。 【あらすじ】 蒼井ナツシには好きな人がいる。 けれど、その気持ちをナツシはずっと秘密にしていた。 何故ならその好きな人は、 一回り近く年上で、 幼い頃から知ってるお姉さんで、 今は一緒に暮らしていて、 何より、兄である陽(よう)の恋人だった。 複雑な気持ちを抱えたまま月日は過ぎていき、 もう三人で仲良く楽しんだ夏は訪れることはない。 それでも――再び夏は来る。 決して忘れられない、新しい夏が――。

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 扇風機

    扇風機の前に立つとアーッて言いたくなる。

    100

    0


    2021年12月21日更新

    周りのものすべてに魔力が宿っている気がした頃のお話です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 拝啓、夏を翔ける君へ

    初長編小説で、初めて書いた小説です。

    6,700

    0


    2021年12月11日更新

    大学2年のある夏、池江翔は先輩の清水涼平にボランティア部に誘われ断りきれずに仮入部という形で、夏休みが終わる頃にまた本入部をするかどうかを決めることに。 夏休みの始まる頃、池江は@と名乗る不思議な男に出会い、池江の人生は変わっていく。 この夏を僕らは未来を信じて翔けていく。 後に残るのは後悔か思い出か。 @とは一体何者なのか。 どうか、悲しい思い出で楽しかった思い出を塗りつぶさないで。

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • 夏の色、0の記憶 ‐XXXX年‐

    遠い遠い未来の昔のお話。

    0

    0


    2021年11月27日更新

    遠い遠い未来の昔 うたかた屋さんという泡売るお店が 海のなかにありました

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 青空の下、原色の景色

    夏は異界の門 ひらく

    100

    0


    2021年11月21日更新

    子供たちは知っている 夏は異界の門 ひらく 太陽揺らめき 月は十六夜 惹きあえばほら どこにだって現れる ワクワクのファンタジー

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 旧作 七不思議の少女

    ホラーより青春色の方が強いです。たぶん

    1,700

    0


    2021年11月15日更新

    ――あなたは、学校に伝わる七不思議を知っていますか? これは、僕の通っていた小学校にまつわる話です―― 僕がその七不思議を知ったのは、小学六年生の夏。 僕は、葵と名乗る女の人と出会い、小学校の七不思議について知ることとなりました。 これは、僕と葵さんの一夜限りの七不思議巡りの物語。 この作品は、創作サイト「鴉の風待ち休憩所(http://aliceend.starfree.jp)」、pixivにも掲載しております。 また、COMITIAなどで頒布しました同人誌「旧版 七不思議の少女」、および某大学の部誌にも掲載した古い作品となっております。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 私。

    蝉のはなし。短いです。

    100

    0


    2021年11月14日更新

    蝉。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • エステートセール!

    自称地縛霊とお人好し大学生のひと夏の話

    72,900

    0


    2021年11月14日更新

    *「BOYSFAN」BLコミック原作小説コンテスト 「お題フリー」投稿作品です。 夏休み、亡くなった大叔父である誠さんの家の片付けを請け負うこととなった健斗は、その家で地縛霊だと名乗る若い男と出会う。奥さんも子どももいないはずの誠さんのことにやけに詳しいその男は、自分も手伝うと言って、その日から健斗と一緒の布団で寝起きするようになる。 地縛霊ではないだろうと思いつつも、スマホすら持っておらず、家から一歩も出ようとしないその男に「ナナ」という呼び名をつけた健斗は、口喧嘩をしながらも徐々にナナを信頼していくようになる。 一方、片付けを手伝いにきてくれた本家のお嫁さんである香苗さんは、あまりにも陰気で水墨画に描かれていそうな人であったが、実はアメリカ生まれアメリカ育ちで、英語のほうが得意だということが分かる。そんな彼女の提案で、アメリカでは遺品整理の一環としてメジャーである「エステートセール」を行うことに決まり、その宣伝要員としてちょっと前に健斗が別れたばかりの可南ちゃんも加わり、誠さんがコレクションしていた、多くの古いものたちを新しい場所で大事にしてもらうために4人で協力して動き始める。 そんな毎日の中で、バイだと言うナナになにかと振り回される健斗は、ナナの「心身ともに愛してもらえたら成仏できるのに」という言葉の重みを日が経つにつれて徐々に感じるようになり、地縛霊だと嘘をついていたナナも健斗の特別になりたいと本気で思うようになるにつれ自分は分不相応なのではと考えるようになり、お互いがお互いの未来のために悩むようになっていく。 最後、健斗の真っ直ぐな思いに覚悟を決めたナナは、真実をつげないまま誠さんの家を去り、本家で行われた誠さんの遺産相続の場に臨んだ。初めて知る事実に驚きながらもナナは誠さんの思いを受け取り、香苗さんが離婚するきっかけを作ることに成功する。 そして、すべてが終わって健斗のもとへと帰ったナナは、今度こそ恋人となり、その15年後。二人は3人の子どもとともに、取り壊される予定の誠さんの家を訪れたのだ。 誠さんの恋人だった男性、香苗さんに精神的DVを働く義理の家族、本家の財産を狙う親戚たち。 自分たちのことだけでなく、そんなさまざまな人や問題とも向き合いながら、遺された「もの」たちのために仲間とともに奮闘し、それぞれの未来を見つけるひと夏の物語です。

    読了目安時間:12時間8分

    この作品を読む

  • 思い出の中で一際美しく緑は萌えて

    海の水さえも、謎めいた深き紺碧に光って

    0

    0


    2021年10月30日更新

    樹木の血潮の緑色、山は盛りの季節 海の水さえも、謎めいた深き紺碧に光って 記憶を呼び覚ました今、命匂い立つ

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 詩人の小部屋

    ときどき更新、詩の詰合せです

    37,400

    725


    2021年10月26日更新

    Photo by Pexels.com

    読了目安時間:5分

    この作品を読む