大正ロマン

検索結果:8件

  • なんちゃって大正ロマン妖怪アクション

    ♡80,400

    〇320

    歴史/時代・連載中・40話・80,927字 中華鍋

    2021年2月23日更新

    「人の言葉を喋るの!?」 山奥の田舎から養父に言われ帝都にやって来た少女真白は、貸本屋でとある男と黒猫に出会う。 「君の面倒を見るのが私の役目だ」と人語を操る猫に戸惑いつつも、妖怪や桜の精霊、はたまた怪盗まで!? 帝都で様々な出会いを真白は果たしていく。 そんな中、ある日出会った【軍服の君】に真白は恋をして――? 黒猫と少女が織りなす、なんちゃって大正ロマンファンタジー

  • コメントやレビュー等頂けましたら幸いです

    ♡400

    〇0

    ミステリー・完結済・1話・3,422字 久蔵伊織

    2021年2月12日更新

    鈴菱伯爵の双子の姉妹との縁談が持ち上がった羽々斬と布都。 しかし伯爵令嬢には恐ろしい秘密があった──

  • 人と機械と神が共存していた時代の愛の物語

    ♡23,300

    〇190

    恋愛/ラブコメ・完結済・32話・107,599字 猫島 肇

    2021年1月27日更新

    時は大正。 戦時中の大日本帝国では、機械産業が盛んだった。 生産されていたのは、貴族や華族に向けられた機動召使(オートマタ)。 彼らは人々の生活を助け、陰では戦いに身を投じられていた。 これはまだ、「人」と「機械」と「神」が共存していた時代のお話。 ********************************** 華族の西園寺 眞子都(さいおんじ まこと)は、厳しくも優しい両親と使用人に囲まれて暮らしていた。 しかし突然、芸妓との浮気が発覚し、父が蒸発。しかも財産を持ち逃げされてしまう。 娘しかいない西園寺家は家督が継げず、このままでは家計は傾くばかり。 許嫁の高千穂 総一郎に助けを求めるが、 父が浮気した娘は要らないと婚約を破棄されてしまった。 総一郎には他に愛人がいたのもあり、その口封じに母を娶られてしまう。 代わりにと渡されたのが男性型機動召使のⅡB‐SA(ツービー エスエー)だった。 ひとりと一体は、静かな西園寺家でひっそりと暮らすことに。 『ツバサ』と名付けたそれは、肩甲骨から白い翼を背負っていた。 天使を象られ、神の声を聞けるのだと豪語する。 【大正ロマン×SF】 少し不思議で、ほのかに優しい。 愛を知らない者たちの、それぞれの表現の形。 人は機械を、機械は人を、本当に恋い慕うことができるのだろうか。 これは歴史の澱に埋もれた、真実の愛を求める物語。 ********************************** ※こちらの作品は「小説家になろう」様、「カクヨム」様、「魔法のiらんど」様でも 公開しています。

  • 大正ホラーミステリー

    ♡1,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・21話・58,904字 山岸マロニィ

    2020年10月7日更新

    若く美しい依頼人から頼まれたのは、自宅の蔵の扉を開けて欲しいという、奇妙なものだった。 全ての秘密が明かされる時、扉の封印は解かれる……。 ──真実をお知りになる覚悟がお有りでしたら、どうぞお入りください──。 ※2010〜2011年に作成したブログ及びサイトにて、別名義で掲載している物を、手直しして書き直したものです。 ※2015年~小説家になろうにも掲載しており、移設に伴い、加筆修正しました。 ※アルファポリス他でも公開しています。

  • 百年前の小さな少女の初恋と友情の物語

    ♡13,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・34話・100,315字 名月明

    2020年1月12日更新

    物語の舞台は、今から百年ほど前の大正時代。 港町で育った小柄な女の子・朧月夜桜子(おぼろづくよ さくらこ)は、飛び級して一年早く尋常小学校を卒業し、東京の名門女学校に通うことになった。桜子は、昨年の春に出会った許嫁・花守柳一(はなもり りゅういち)の孤独で悲しそうな顔が忘れられず、東京で暮らしているいとこの柳一のそばにいて彼を笑顔にしたいと思い、上京したのだ。 しかし、花守家で生活することになった桜子は、柳一の妹の菜々子(ななこ)に嫌われ、なぜか他人に心を閉ざしている柳一には「ちんちくりん」とバカにされてしまって……。 いつの時代でも、恋は乙女の一大事。 これは、百年前の小さな少女が経験する初恋と仲間たちとの友情の物語。

  • 許嫁とフルーツポンチを食べてぬくぬく♪

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・6話・17,167字 名月明

    2019年12月22日更新

    大正浪漫×クリスマスの短編。 大正13年(1924)のクリスマス・イヴ。 花守柳一は3歳年下の許嫁&同居人の朧月夜桜子をランデブーに誘い、銀座のフルーツパーラーに行こうとする。 でも、近頃めっきり美しくなった桜子にちょっと戸惑いぎみで……。 「あんなにもちんちくりだったのに、急激に成長しすぎだろ!?」 果たして、桜子と柳一は素敵なクリスマス・イヴを過ごせるのやら? 許嫁とフルーツポンチを食べてぬくぬくラブラブ♪ ※この作品は拙作『花やぐ愛は大正ロマン!』の後日譚(二年後)ですが、今作品単体でもお楽しみいただけます。

  • 少女と許嫁の聖夜の恋物語

    ♡3,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・6話・17,525字 名月明

    2019年12月3日更新

    今年のクリスマスは許嫁で大好きな柚兄様に想いを告げたい……。 14歳の女学生・柊子は、そう願いながら、手作りのプレゼントを柚希に贈ろうとマフラーをこつこつと編んでいた。 でも、三歳年上の柚希は柊子を子供扱いばかりして……。 今も昔も恋する女の子の純愛は美しい。大正10年のクリスマス・ラブストーリー。

  • 探偵助手・菅家公晴の冒険

    ♡27,450

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・14話・49,357字 松雪永

    2019年9月19日更新

    帝國の首都「統京」に事務所を構える探偵の助手、菅家 公晴の物語。情報屋や医者の仲間と協力しながら謎を追い、統京とその裏側に存在する妖怪の世に迫る。ある「探し人」の姿を求めて――。 ※ 大正時代をモチーフにした「大正浪漫」な世界が舞台のファンタジーで、実在の地名などとは関係ありません。 ※「セルバンテス」様にて同作品公開中