大正浪漫

検索結果:8件

  • 極秘任務 ネガティブ先生を立ち直らせろ

    ♡4,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・49話・178,636字 なはこ

    2020年7月21日更新

    「うわあああああ!! チョークが折れたあ!? テロリストの陰謀だ!!」 仙法・気法・魔法の全てを使いこなす最強の蒼脈師『花一華(はないちげ)ユウキ』は、超がつくネガティブな性格だった。 チョークが折れただけでテロリストの陰謀、雨が降っただけで世界が終わる等、誇大妄想の数々を繰り出しつつも、太正国最強の戦闘部隊『狼牙隊』の隊長を務めていた。 しかしある日テロリストの罠にはまり、ユウキの率いる部隊は壊滅。ただでさえネガティブだった性格が一層ひどくなってしまう。 そこで太正国政府は、リハビリの一環としてユウキを蒼脈師養成学校の教師にし、高等科一年一組の生徒たちに、ユウキを立ち直らせるための極秘任務を言い渡す。 それは生徒たちにユウキを励まさせつつ、優秀な成績を収める事で、ユウキに教師としての自信を付けさせる作戦だった。 さばさばした性格の優等生『渋川サクラ』 座学は得意だが、実技は壊滅的な落ちこぼれ『桜葉ツバキ』 好戦的な熱血漢『瞿麦(くばく)ソウスケ』 飄々としてつかみどころのない『三笠サザンカ』 エロい事しか頭にない野生児『夕顔キュウゴロウ』 五人の生徒たちがユウキの繰り出す数々のネガティブ発言に苦心しつつ、彼を立ち直らせるために奮闘する大正浪漫風味の和風ファンタジーコメディ。 ※この作品は小説家になろう・カクヨム・LINEノベルでも公開しています。

  • お前が陽兄をかえしてくれるのか?

    ♡1,000

    〇1

    ミステリー・連載中・33話・52,994字 夜煎炉(よるいろ)

    2020年2月18日更新

    20/01/07 種別を短編から長編に変更致しました。 ※間違いなど気が付きましたら修正を入れる可能性があります。 花菱英彦(はなびしひでひこ)……跡取りである筈の兄が駆け落ちをやらかして、失踪してしまった。 その実弟である自分こそが、ぽっかりと空いた跡取りの座に収まるのだと、当たり前のように思っていた怜人(れいと)の元に、其奴は現れる。雪影(ゆきかげ)。怜人の実父である「クソ親父」が妾に産ませた、別腹の兄だ。 雪影は洋装であるべしとされる花菱家に入ったのにも関わらず花緑青(はなろくしょう)の袴を命より大切と語り、からんころんと下駄を鳴らす。 異母兄に辟易としている怜人を、更に嵐は襲う。浮上する疑惑、何をされようと袴を傷付けられる事以外は問題ないと笑む雪影。 雪影は1つの真相を求めて、花菱家に基本従う事を決めていた。 ───「お前が陽兄をかえしてくれるのか?」

  • 大正浪漫×刀剣×乙女

    ♡100,300

    〇2,900

    歴史/時代・連載中・36話・178,198字 霜月セイ

    2020年1月31日更新

    慶応が終わりを告げた後―― 大政奉還以前の時代が空白とされた、「大正浪漫期」。 全てが所有している芸術品によって家の価値が決まる、黄金芸術時代。 女尊男卑社会で、認定鑑定士の姫百合は、見習いのモミジと共に、先代から受け継いだ店を守る。 「真実は所詮現象に過ぎないわ。真実は真実として、それが正しいとは限らない」「素敵です、お姉様!」 ※百合ぽいけど、がっつり百合じゃないので、タグは外してあります。 ※慶応の後に大正がきていたり、明治が消滅していたりする

  • 百年前の小さな少女の初恋と友情の物語

    ♡13,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・34話・100,315字 名月明

    2020年1月12日更新

    物語の舞台は、今から百年ほど前の大正時代。 港町で育った小柄な女の子・朧月夜桜子(おぼろづくよ さくらこ)は、飛び級して一年早く尋常小学校を卒業し、東京の名門女学校に通うことになった。桜子は、昨年の春に出会った許嫁・花守柳一(はなもり りゅういち)の孤独で悲しそうな顔が忘れられず、東京で暮らしているいとこの柳一のそばにいて彼を笑顔にしたいと思い、上京したのだ。 しかし、花守家で生活することになった桜子は、柳一の妹の菜々子(ななこ)に嫌われ、なぜか他人に心を閉ざしている柳一には「ちんちくりん」とバカにされてしまって……。 いつの時代でも、恋は乙女の一大事。 これは、百年前の小さな少女が経験する初恋と仲間たちとの友情の物語。

  • 一等尊いと言っただろうに。

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・完結済・3話・6,377字 夜煎炉(よるいろ)

    2020年1月6日更新

    ※BL 相川(あいかわ)の学友であり、心腹の友と言えるだろう浅葱(あさぎ)は、「御前との友情こそ最も尊ぶべき物だ」と照れも無く口にしていた。 其の友情は不変であると相川は思っていた。華族御令嬢との婚姻話が持ち上がった事を機に、浅葱の態度が急変する迄は。

  • 許嫁とフルーツポンチを食べてぬくぬく♪

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・6話・17,167字 名月明

    2019年12月22日更新

    大正浪漫×クリスマスの短編。 大正13年(1924)のクリスマス・イヴ。 花守柳一は3歳年下の許嫁&同居人の朧月夜桜子をランデブーに誘い、銀座のフルーツパーラーに行こうとする。 でも、近頃めっきり美しくなった桜子にちょっと戸惑いぎみで……。 「あんなにもちんちくりだったのに、急激に成長しすぎだろ!?」 果たして、桜子と柳一は素敵なクリスマス・イヴを過ごせるのやら? 許嫁とフルーツポンチを食べてぬくぬくラブラブ♪ ※この作品は拙作『花やぐ愛は大正ロマン!』の後日譚(二年後)ですが、今作品単体でもお楽しみいただけます。

  • 少女と許嫁の聖夜の恋物語

    ♡3,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・6話・17,525字 名月明

    2019年12月3日更新

    今年のクリスマスは許嫁で大好きな柚兄様に想いを告げたい……。 14歳の女学生・柊子は、そう願いながら、手作りのプレゼントを柚希に贈ろうとマフラーをこつこつと編んでいた。 でも、三歳年上の柚希は柊子を子供扱いばかりして……。 今も昔も恋する女の子の純愛は美しい。大正10年のクリスマス・ラブストーリー。

  • 探偵助手・菅家公晴の冒険

    ♡27,450

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・14話・49,357字 松雪永

    2019年9月19日更新

    帝國の首都「統京」に事務所を構える探偵の助手、菅家 公晴の物語。情報屋や医者の仲間と協力しながら謎を追い、統京とその裏側に存在する妖怪の世に迫る。ある「探し人」の姿を求めて――。 ※ 大正時代をモチーフにした「大正浪漫」な世界が舞台のファンタジーで、実在の地名などとは関係ありません。 ※「セルバンテス」様にて同作品公開中