大阪

検索結果:10件

  • お待たせしました!今日も乾杯!!

    日々の何じゃそら?!な体験を綴ります。

    0

    0


    2021年4月13日更新

    メインは沖縄。 大阪や神戸、広島にも出没します。 これから、日々起こるてんやわんやを綴って参ります。 皆様どうぞ 宜しくお願い申し上げます*\(^o^)/*

    読了目安時間:4時間21分

    この作品を読む

  • 生駒市のメリット、デメリット

    生駒市は良いですよ。

    0

    0


    2021年4月11日更新

    生駒市は、いいですよ。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 魔女と呼ばれたアウトロウ ~留年生スイーパー 姫宮萌の事件簿~

    ウイルス禍後の世界で、少女は銃を握る!

    19,350

    100


    2021年4月4日更新

    ※HJ大賞2020後期参加作品 西暦2024年、WHOによる新型ウイルスのパンデミック終息宣言から半年……。 市井に垂れ流された憎悪と悲愴はウイルスより質が悪く、ワクチンにより人々の安全が確認されても尚、その心と体を切り裂き、数多くの事件を生み出し続けていた。 そんな世情下の大阪都に、ある少女がいた。 後醍醐大学に通う文学部6回生の姫宮萌。 「古書とスイーツ研究会」なるサークルを隠れ蓑に、後輩兼部下一号の西坂欅と、様々な依頼を遂行するスイーパーの仕事をしていた。 成功率99.98パーセント。 裏社会でも一目置かれる存在である彼女を、人は“魔女”と呼ぶ――。 ◇ 今回の依頼人は、可憐な女子高生 文香。 「誘拐された兄を、助けてほしいんです!」 聞くと、大学院生の兄が通話アプリで助けを求めた直後に行方不明。 以降、自分の周りを誰かが監視し続けているのだという。 半信半疑であった姫宮と欅だったが、直後待ち合わせ場所にしていたホテルで、殺し屋たちの襲撃を受け、彼女の言葉が眉唾モノでないことを確信する。 調査を開始した2人だったが、調べても彼女には、怪しい経歴も行動も全くない。 他人思いの優しい少女だった。 一方、殺し屋たちの線から、彼らがウイルス禍の中で組織された、反体制組織の傭兵であることを掴んだ。 目的達成・万人の幸せのためなら他人すら簡単に蹂躙する、冷徹な組織。 金のためなら、何でもする飼い犬。 全くつながりのない、少女と組織。 何故、彼女の命を狙うのか。 しかし、行方不明の兄を介し、矛盾する接点がつながった時、姫宮の前に現れる恐るべき犯罪計画。 最高時速130キロで迫る欲望。 魔女は止めることができるのか!? そう遠くなくとも、予測不可能な未来の日本を舞台に、可憐な少女の過激な戦いが展開するガンアクション・サスペンス!! 一度きりの人生、アウトローでもいいじゃない!? ギスギスした世の中、甘い彼女の笑顔と、鋭い銃声がこだまする!! 「床にラズベリーぶちまけたくなかったら、大人しく銃を捨てなさいっ!!」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 恋のほのお

    恋が今より少し不器用な高度成長期のお話。

    35,600

    2,939


    2021年2月6日更新

    昭和四十五年五月、東京で大学生活を送る「僕」こと波多野啓次郎は、高校時代の友人である大貫恵子が婚約したとの報せを受ける。いったい僕の、この数年間とは何だったのだろう。ロックに野球、そして恋心。学園紛争華やかなりし時代、追憶が東京と関西を駆け巡る僕らの青春譚、ここに開幕。 ※2018年4月より『小説家になろう』様でも投稿しています。https://ncode.syosetu.com/n7786er/

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14時間26分

    この作品を読む

  • 切符の行く先

    夢コン応募作品です。

    14,717

    320


    2020年9月7日更新

    描きたいものを描いていきたい。 描きたいものだけを描いて生きたい。 そんな想いがある事は密かに秘めたまま、参加した絵画コンテストの結果に、爪痕すら残せなかった。 思いの深さは、傷の深さになる。 ようやく家から外に出た私が行き着いたのは、結局、馴染んだ場所だった。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ずっとずっと

    私は信也くんと、ずっとずっと一緒だよ

    62,600

    300


    2020年5月31日更新

    「あなたのことが好きです」 職場の後輩、早希から告白された信也。しかし信也は、愛する人を失う辛さを味わいたくない、俺は人を信じない、そう言った。 思いを拒み続ける信也だったが、それでも諦めようとしない早希の姿に、忘れていたはずの本当の自分を思い出し、少しずつ心を開いていく。 垣間見える信也の闇。父親の失踪、いじめ、そして幼馴染秋葉の存在。しかし早希はそのすべてを受け入れ、信也にこう言った。 「大丈夫、私は信也くんと、ずっとずっと一緒だよ」

    読了目安時間:13時間47分

    この作品を読む

  • オオサカノスタルジー

    故郷を離れ頑張るあなたにエールを

    2,750

    0


    2019年11月16日更新

    作者の実体験をベースに、望郷の念と、故郷って良いよねって気持ちを詰め込みました。 「あー、わかる」 そう言っていただけると本望です。 カクヨムにて 板野かも様主催「第5回 #匿名短編コンテスト・過去VS未来編 【過去サイド】」に参加した作品です。 【過去101】オオサカノスタルジー

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • あぼの一人旅日記

    またいつか

    600

    0


    2019年9月6日更新

    こんな楽しくなったのは、皆さんのおかげです。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • うちのおかんがエルフやった件について

    あなたの家族にエルフはいますか?

    1,900

    405


    2019年8月31日更新

    大阪の実家でひとり暮らす母は、“エルフ”である。私が幼い頃から変わらない容姿の母が、明日我が家に久しぶりに遊びに来ると聞き、歓迎ムードの妻や娘とは反対に、私は懐かしくも一抹の不安を感じるのだ。 ※小説家になろう様、カクヨム様にも掲載中です

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 書籍版『ようこそおいでませ、あやかしの商店街へ~巡り巡ってまた巡る~』

    書籍版のお試し読みです。

    100

    0


    2019年6月28日更新

    「あかしや橋は妖怪の町に繋がる」――深夜00時人ならざるモノが見える真司は、噂のあかしや橋に来ていた。 そこに、橋を渡ろうとする一人の女性が。不吉な予感がした真司は彼女を引き止めたのだが……。 「お前さん、私が見えるのかえ?」 気がつくと、目の前には妖怪が営む〝あやかし商店街〟が広がっていた。 「真司、この商店街の管理人を手伝ってくれぬか?」 ――いや、僕、人間なんですけど!? ひょんなことから管理人になる真司のドタバタな毎日が今、幕を開ける!! ※書籍版とのタイトル違います。 ※ネット版の一幕~六幕を書籍版に収録。三幕は新規になります。 ※現在も続きを連載中です。 ※妖怪×人の転生浪漫物語になります。

    読了目安時間:44分

    この作品を読む