天使と悪魔

検索結果:8件

  • 斯くて雌羊は血に餓えぬ

    天使と悪魔と傭兵と聖女と脱獄囚と腐れ宗教

    5,700

    0


    2021年9月21日更新

    引退した元傭兵・ヴィルの元に、ある日「聖女」を名乗る妙な暗殺者・アトレーゼが現れる。 その場は撃退したものの、彼女はなんと不死身だった。その後も襲撃は続き、三度目に至ってついに正攻法では勝てないと悟ったアトレーゼがこう言い出す。 「お傍に置いてください。いつか必ずあなたを殺してみせます」 もちろん断った。……はずなのに、なぜか同居生活が始まっていた。 同じころ、無実の罪で投獄されていた青年ユラムは悪魔の手により脱獄を果たした。 彼の望みは教会に連れていかれた妹と再会すること。しかし運命の罠と悪魔の企みによって、ユラムは歪んだ復讐心にとり憑かれていく。 元傭兵と脱獄囚。境遇も年齢も違うふたりの男と、彼らをとりまく「聖女」たちの、愛と復讐の血みどろゴシック剣戟アクション。 ――すべては『家族』のために。 ※流血多め、その他残酷な描写やスプラッタ・ゴア表現、人肉食、性(暴力)的な描写があります *誤字脱字報告歓迎 *小説家になろう/カクヨム出張中

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間12分

    この作品を読む

  • 神の少女と悪魔の少年

    ラブコメは世界を救えるのか

    1,900

    0


    2021年9月6日更新

    天界の天使達と地獄の悪魔達は、人類の存続を巡って対立していた。 しかし、悠久の歳月をかけても、地上の人間を駆逐できなかった悪魔達は最終手段に出た。 ──優秀な頭脳を持つ人間を地上に誕生させ、その天才頭脳で人類を滅亡へ導く それが悪魔の計画だった。 一方、それに気が付いた天使達も、天界からのエージェントを送り込んだ。しかし、その者は悪魔のエージェントには及びもつかなかった。 自らの勝利を確信した悪魔達だが、そこに誤算が生じた。 ──悪魔の御子が天界の御子に恋をしてしまったのだ……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間55分

    この作品を読む

  • アリスブルーとアメジストの回顧録

    天使に拾われた捨て子姫の日常と冒険談

    6,300

    0


    2021年8月22日更新

    「いつだった、あなたはわたしの一番星です」 捨てられた魔界の姫が天使長に拾われ、後ほどの七つの大罪となる人たちに出会う。事件と日常と冒険、出会いと別離、楽しい日々と惨劇の果てに、彼女は立ち上がり、何もできないか弱い子供から、後ほど人界で無双するほど、地獄の7君主に匹敵する最強の戦士になる長編冒険談。 力を追い求める主人公と、それを見守る保護者(ストーカー含む)たち。 月、水、金、日に更新します。 この小説は『カクヨム』さんにも投稿してます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間35分

    この作品を読む

  • 死んだ異世界の救い方~屍人の溢れる世界に来ましたが、弱いままのおれは死ぬ気で生き抜く~

    残酷な運命に立ち向かう。

    21,300

    10


    2021年6月1日更新

    死んでしまった上野木シンヤは天国へ行くことになったが、気づくと見知らぬ世界に飛ばされていた。 困惑するシンヤを助けてくれたのは美少女クロエとその兄リュート。二人に案内され安全な村に移動する中、襲い来る魔物と屍人。 シンヤが持っていたのは尽きない体力だけ。 簡単に人の死ぬ異世界で残酷な現実に翻弄される。 普通の人間であるシンヤは成長しても異世界では弱いまま。 巡り合う人々に助けられながら、自身の出来る事を模索し。 傷つき。 打ちのめされ。 それでも前を向き、滅びゆく世界を生き抜いていく……。 ハーレム無し、チート無し、俺TUEEE無し、美少女有り、残念系イケメン有り、幼女有り。 魂に刻まれた因縁と神々の謎を解き明かし、人類に迫る死の未来を変えることができるのか 剣と魔法と絶望が織り成す 異世界転移ダークファンタジーここに開幕 ※この物語はフィクションです。作中に登場する人物、物、宗教、は創作であり実際に存在するものとは異なります。 ※面白いと感じたらブックマーク&評価&感想等、残して頂けると幸いです。 なろう。カクヨムに投稿している同一作品の改稿版です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間49分

    この作品を読む

  • 学生修道士達の不道徳恋愛

    楽しんでね!

    34,650

    900


    2020年5月8日更新

    「──先輩好きです」 人を殺した俺の前に現れたのは美しい後輩の女生徒だった。 目の前の出来事が理解出来ていないのか、混乱しているのか……場にそぐわない告白をした彼女は続けてこう言う。 「実はですね、私って──超能力者なんですよ」 自身で尽くすタイプだと明言した通りに、死体と血溜まりをただの真水に変えてしまった彼女は──蕩けた紅い瞳で俺を見つめる。 正真正銘の悪魔に目をつけられてしまったその時から俺の安寧は崩れ去り、隠された国家間の戦争へと身を投じる事になる。 なんの能力も持たない無能力者の一般人でありながら、関係ないと言わんばかりに俺を酷使する上司と、無邪気に囃し立てる後輩を殺す事を夢見ながら──今日も俺は人を殺す。 この作品はヤンデレやメンヘラ、妄想癖、素で相手の神経を逆撫でする妹系、統合失調症……などなど、素晴らしい個性溢れるヒロイン達による主人公を巡った骨肉の争いを描いていく正統派の王道ラブコメファンタジーとなっております。 ※チートはありません。 ※一部の登場人物達は倫理観がありません。 ※この作品は『小説家になろう』や『カクヨム』にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • 三人の精霊と俺の契約事情

    三人の精霊と始める恋愛と魔法の物語

    24,250

    0


    2020年4月20日更新

    三人兄妹の末っ子として生まれたアーサーは、魔法使いの名家に生まれたのにも関わらず、魔法が使えない落ちこぼれである。 毎日、馬鹿にされて来たある日、三人のおてんば娘の精霊と出逢う。魔法が使えなくても精霊と契約すれば魔法が使えると教えてもらう。しかし、後から知らされた条件はとんでもないものだった。 原則一人の人間に対して一人の精霊しか契約出来ないにも関わらず不慮の事故により三人同時に契約してしまうアーサー。 おてんば娘三人の精霊リサ、エルザ、シルフィーとご主人様アーサーの成り上がり冒険記録!! *ご愛読ありがとうございます。

    読了目安時間:6時間21分

    この作品を読む

  • 魔王復讐計画 〜大幹部は弱さを証明するため頭脳を駆使して魔王に挑む〜

    強さとは何かを描いたダークファンタジー

    1,700

    0


    2019年12月14日更新

    あらすじ この世に魔王はいれど、勇者など"存在しない"。 少年『シダ』は、その現実をわずか六歳と言う幼さで、身を以て知った。 村は焼け、弱者は死に、強者と言う名の悪魔どもが地上を、世界を我が物顔で跋扈する。 少年は逃げることしかできなかった。何も守れなかった。たった一人の弟さえも。踏み躙られ、壊され、失った。 そんな時、頭の中に声が聞こえた。 「強くなれ。大切なものを守れるように」 少年は誓った。 「そうだ。強くなるんだ。もう何も失わないために、誰も傷つかないように」 十二年の時を経て、シダは魔王軍の幹部という地位から、魔王への復讐へとついに動き出す。 百年前、世界的に広まった絶対主義(絶対王政)により、世界の民のほとんどが貧しく辛い生活を余儀なくされた。 そんな中、十二年前に『ワース』と言う国で世界初の革命が起こり、それにつられるように一部の国を除き、ほぼ全ての国で革命が起きた。今では革命家達が国を率いて、己が理想の世を作るため戦っている。 この世界には言い伝えがあった。 ーー強大な『エクロム』を持つ者現る時、天使から授かった『霊具』を持って、その望みを叶えんーー 《 これは世界を変えたいと願う者たちの信念の物語 》

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間29分

    この作品を読む

  • Prince of the Fiend~魔王皇嗣は禁忌の双子星~

    主人公は心優しき魔界の王子!

    32,700

    5


    2019年11月26日更新

    魔王の唯一の後継であるレグルース。 あるとき魔界が秘密にしてきた『双子の弟の存在』を知ってしまった彼は、自ら弟を捜すため旅に出る決意をする。 魔界の王家に双子は存在してはならない。 双方を生かせば血が絶えると言われ、禁忌の一つとされてきた。 そしてこの「双子の禁忌」は、どこまでも彼の人生に付きまとうことになる。 「自分の大切なものは自分で守る」 レグルースは数々の困難の中で、迷い、悩みながら進む。 金色の瞳に宿す曇りなき炎は、魔族としての正しさ、世界の正しさを見つめてゆく。 天界と魔界それぞれの思惑と、残酷な運命に抗う、魔界の王子の優しい物語。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む