天狗

検索結果:5件

  • 人とあやかし、心ふれあう物語

    ♡30,500

    〇99

    歴史/時代・連載中・72話・116,572字 ちはやれいめい

    2021年1月23日更新

    人間嫌いで悪行の限りを尽してきた天狗、フェノエレーゼ。 主君サルタヒコの怒りを買って、翼を封じられ人里に落ちてしまう。 「心から人間に寄り添い助けろ。これ以上悪さをすると天狗に戻れなくなるぞ」 「命令するなクソが」 とべなくなったフェノエレーゼの事情を知って、その場にいた人間の子どもヒナが、旅についてくると言い出した。 「へのえさん、わたしがんばってお手伝いするわ! 役にたちたい!」 「人間の手助けなど要らん」 人間嫌いの偏屈天狗と、天真爛漫な幼女。 あんまり大丈夫じゃなさそうな二人の旅はじまりはじまり 壱〜陸章 越後(現・新潟県) 漆、捌章 上野国(群馬県) 玖章 武蔵国(埼玉県~東京都) 拾章 甲斐国(山梨県) 拾壱章 駿河国(静岡県) 絵・文 ちはやれいめい https://mypage.syosetu.com/487329/ フェノエレーゼデザイン トトさん https://mypage.syosetu.com/432625/ ロゴデザイン・ロータスさん https://novelup.plus/user/971037561/profile 小説家になろうとアルファポリスでは11章を連載中です。 参考文献 越後の民話 日本の民話3/水沢謙一 陰陽道とは何か/戸矢学 画図百鬼夜行全画集/鳥山石燕 日本の妖怪&都市伝説事典/ながたみかこ 日本の伝説西日本編/大川悦生 新潟県伝説集成上越編/小山直嗣 新潟県伝説集成中越編/小山直嗣 妖怪学入門/佐藤友之編 よくわかる日本刀/株式会社英和出版社発行 ふるさとの伝説日本発見/暁教育図書 図説日本の妖怪/監修・岩井宏貴 編・近藤雅樹 源氏物語絵巻五十四帖/監修船橋聖一・久松潜一 京都・社寺の昔ばなし/河野伸枝 日本のかたち五・民家/文・立松和平 写真・日竎貞夫 山と渓谷社 日本民家紀行/高井潔 図解日本史/成美堂出版 玉水物語/著者不明 酒呑童子神社に残る酒呑童子伝説看板より(こちらは本でなく立て札) 三国自然歩道を歩く人のために 三国峠の伝説/笛木大助 神社の解剖図鑑/米沢貴紀 日本貨幣カタログ2003/日本貨幣商協同組合 日本密教 その展開と美術/佐和隆研(NHKブックス) 北越雪譜/鈴木牧之 名著刊行会 滋賀むかし話おもしろ話 弘法大師さま四国ふしぎな昔話

  • 現代和風ファンタジー。バトル多めです。

    ♡63,800

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・29話・40,133字 水守風火

    2021年1月19日更新

    天狗と人間の合(あい)の子、鈴女(すずめ)は兄の飛嚥(ひえん)、弟の藍羽(あいは)と共に天狗の里で暮らしていたが、鈴女と飛嚥が用事で里から出ている間に、里は壊滅してしまう。 その時、藍羽も命を落としてしまった――。 天狗の娘と兄と、鵺と、仲間となった妖怪達、更には人間も巻き込んで、この世を乱す鬼神を倒す為。そして、殺された藍羽の敵(かたき)を撃つ為の大戦争(おおいくさ)が始まった。 鈴女と飛嚥は各地の妖怪や神仏を味方につけるべく。今回、四国へと旅立つ。 其処では年齢不詳の霊能者の女性、八百八匹の化け狸の長(おさ)とも言われる隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)、霊峰石鎚山(れいほういしづちさん)に住まう大天狗らから力を借りて、四国に入り込んでいた鬼神の配下を倒すべく、戦いに身を投じて行くのだった。

  • ちっちゃい天狗と大きい鬼の話です

    ♡0

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・5話・11,394字 鳴海 屋代

    2021年1月3日更新

    子供天狗のいぶきと、ツノの無い鬼の鬼丸が居場所を探して旅します。

  • 天狗と巫女の本格派平安冒険活劇!

    ♡500

    〇0

    歴史/時代・完結済・129話・873,761字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    どこからともなく笑い声が聞こえてくる。さては今宵も誰ぞが化かされたか。 化かしたのは山の怪異である“天狗”を名乗る、水目桜月鳥(ミズメノサクラツキトリ)なる翼を持った不思議な物ノ怪。 しかしミズメは、出羽国が月山を根城に、悪徳役人を騙してその富を貧者に分けたり、暴れて手が付けられない物ノ怪を退治する自称正義の物ノ怪である。 ある満月の晩、ミズメがいつものように愉しく辻捕り男を化かしていると、雇われ巫女が物ノ怪退治と称して立ちはだかった。 彼女はお人好しで方向音痴の巫女、その名は乙鳥(オトリ)という。 ふたりの出逢いが日ノ本を巻き込む大難事へと発展してゆく……。 狐狸に蛇に穴熊。神に物ノ怪、悪鬼悪霊、坊主に仙人。武士に狩人、貴人に変態、陰陽師。これらを相手取り、天狗と巫女が大暴れ。 歌詠み袖交う、みやびやかなる都人の時代を舞台にした平安幻想活劇。 あなたもきっと、天狗に化かされるに違いない。 (当作品は2020年7~11月のあいだに小説家になろうさんで連載していた作品です。完結済み) ※拙作「巫覡、寿ぐ(ふげき、ことほぐ) https://novelup.plus/story/790901231」と同世界の時代違いのおはなしです。 ストーリー上の続編ではありませんが、よろしければこちらも。

  • 最後まで読めばわかる、この笑顔の意味……

    ♡600

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話・3,061字 篠田 林右ェ門

    2020年5月14日更新

    勇者であるエリーとその勇者パーティーのメンバーであり、幼馴染でもあるジン。 二人は死闘の末に魔王を討ち取ることに成功する。 しかしその代償として、二人の命もまた尽きようとしていた……。 ※この作品は小説家になろうにも掲載しています。