夫婦

検索結果:86件

  • 安楽カウチ探偵・空木奈帆の事件ノート

    現場に行かない、推理もしない探偵、登場。

    0

    0


    2021年10月21日更新

    安楽椅子探偵:現場に赴くなど能動的に情報収集をせず、室内にいたまま他者から与えられた情報のみを頼りに事件を推理する探偵。 カウチポテト(couch potato):ソファーに座り込んだまま動かず、テレビなどを見てだらだらと過ごす人を揶揄した俗語。「カウチソファに転がるジャガイモのよう」であることから。 すなわち「安楽カウチ探偵」とは、現場も見なければ推理もしない、プー太郎のことを指す。 確かに私は家のソファから一歩も動かないし、生活力はないに等しい。けれど私には旦那がいる。感覚と頭脳を共有し、事件の真相を暴くパートナーが。 私たちは、二人合わせてはじめて探偵だ――

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 初対面の娘御と夫婦所帯になったけど、里山の一軒家でねんごろに暮らしています。

    お見合いはしていないけど夫婦円満

    1,800

    0


    2021年10月21日更新

    しがない炭焼き屋の炭野赫丸(すみの かくまる)は、実は異世界転生者。 前世ではブラック企業にこき使われる陰キャ社畜ぼっちだったが、今はノスタルジックな和風異世界で、のどかに暮らしていた。 ある日、縁談がまとまり、九重(ここのえ)しのという娘を娶ることに。 前世でも今世でも交際経験ゼロの赫丸は、不器用ながらも嫁御を大切にする。そんな良人(おっと)にしのも寄り添うのであった。 ◎性的表現ありのエピソードには★マークが付きます。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • 夫暗殺計画

    夫婦仲を考えさせる物語です

    3,000

    0


    2021年10月13日更新

    私は、夫を暗殺すると決めた。海外のある事件を知った時、私の計画は動き出した。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • カワイソウ

    読む人によって一番可哀想な人が変わります

    100

    0


    2021年10月5日更新

    大きな町に住む小さな男を語る。 異常に繊細な男の人生に人々を巻き込むとどのようなことが起こるのだろうか。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 新しい夫婦の取り扱い説明書

    いつも応援ありがとうございます

    2,100

    0


    2021年10月2日更新

    アラサーでスピード婚 さぁ今から始まる旦那との共同生活に どう立ち向かうか、どう楽しく過ごすか・・・ ちょっとエッチでおかしな夫婦のハートフルコメディー

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • そうだ、忘れてた。

    短編ホラーです

    1,500

    0


    2021年9月4日更新

    いろいろ大事なことも忘れてた話。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 元禄浪漫紀行

    「江戸夫婦編」が始まりました。

    2,300

    0


    2021年9月1日更新

    家にあった謎のお香を焚いた俺は、なんと江戸時代にタイムスリップしてしまった!? 元禄時代を背景に、神田に住む三味の女師匠と、現代人である主人公とのラブストーリーを書きます。お楽しみ頂きますれば幸いです。 新章の「江戸夫婦編」が始まりました。よろしくお願いいたします。 この小説は、「小説家になろう」などのいくつかの投稿サイトへもアップロードしてございます。

    読了目安時間:3時間23分

    この作品を読む

  • 突然妻がとびっきり甘えてきて、困ってます

    書籍化作品の導入部分のみ特別公開!

    25,300

    50


    2021年8月31日更新

    8/30(月)にこちらの作品を書籍化し、作家デビューしました。 しかし、せっかく買って頂いた方の手元には即日届かないとわかったので一話と二話だけ2日にわけて公開します また、物語の導入部分なので、読んで面白そうと感じてもらえたら嬉しいです ※二話以降は更新しません。二話目以降もこちらでは、宣伝はできません。 そこは大人の事情が絡んでくるのでご理解頂けるとありがたいです。 Twitterでは同じ名前で、宣伝していますのでよければそちらをご覧ください。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • ポラトゥーチ博士と金色の目

    モモンガ賢者と私のシリーズです

    16,000

    203


    2021年8月28日更新

    八月、秋風が吹かなければ日本を訪れないはずのポラトゥーチ博士が、旧友を探すために私の下を訪れた。一方で私も「昔の恋人につけまわされる戦災未亡人」の護衛という奇妙な頼み事を引き受けてしまっていた。背後に不穏なものを感じ取った博士は、私の夜道の騎士ごっこに随行しようと申し出てくれた。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 裁きのシェアホーム 本気の不倫か復讐か. あなたと別れるためにわたくし家を建てます

    これはもしかして純愛か

    100

    0


    2021年8月25日更新

    もはや伴侶では無く般若と呼ばせていただきます。 私はなかなかモテました。いい女です。 気を使う性分で、好き嫌いなく愛想が良く。 言い寄ってくる殿方は全て般若が退治してしまいました。 もしかしたら、般若、貴方より素敵な人だったかもしれないのに。 それでも何度も般若を愛し直そうと努力しました。 腹が立っても目を閉じ、怒鳴り散らすことは2回くらいだけ。 この人さえ居ればいい.....がこの人さえ居なければ.....に変わるまでは。 ※セルフレイティング(性描写)は穏やかです。念のためでございます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 蓮見耕太(はすみこうた)は毎日幼馴染の遠藤楓(えんどうかえで)にイジメられていた。 辛い毎日を送る中学生の耕太はある日のこと、トボトボと町を歩いていた。 その日も楓が原因でずぶ濡れになっていた耕太。 辛いだけの日々であったが、その日は違った。 家への帰り道の途中、何と耳のとがった美女と出逢ったのだ。 彼女はエルフのリーゼロッテ。 足を怪我していた彼女に肩を貸し、公園まで付き添うこととなった。 そこで彼女は助けてもらったお礼をしてくれると言うので、耕太はお礼など必要ないと考えており、彼女が叶えられないであろうことを要求する。 それは自分と結婚してほしいというものであった。 しかし耕太の考えとは裏腹に、リーゼロッテはその要求を飲んでしまう。 そして時は過ぎ、高校三年生にとなった耕太の元に、あの頃と全く変わらない姿でリーゼロッテは現れた。 そこから始まる二人の結婚生活。 これは結婚から始まる二人の物語である。 ランキング、日間二位、週間三位、月間十二位ありがとうございます!

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む

  • イード・アル・カマルの夜

    時はまだ続いていると教えてくれたのは

    1,200

    10


    2021年8月3日更新

    妻と息子を亡くし、惰性のように毎日を過ごしていた富豪の男の前に、もう一度祝宴の夜が巡る。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 【祝!連載一周年】にいづましょうぎ──将棋盤の中心で愛を叫ぶ──【現代/青春ドラマ部門年間1位獲得!】

    新感覚!将棋×恋愛×バトルファンタジー!

    489,380

    5,547


    2021年8月2日更新

    将棋を知らなくても、楽しめます。 将棋を知っていれば、もっと楽しめます。 でも、一番楽しめるのは、今から将棋を始めるあなたです。 Written by 深山希様⇒https://twitter.com/GUQBGgexDZww58y 【あらすじ】 新妻・園瀬香織(そのせ かおり)には夢があった。 それは、愛する夫・修司(しゅうじ)との甘々の新婚生活。新妻ならば当然の幸福を、彼女は思い描いていた。 だが。待ち受けていた現実は、あまりにも非情だった。彼女の他には誰も居ないリビングルーム。夫の帰りを独り寂しく待つ日々。居たたまれなくなり飛び出した先で、香織はついに涙を流してしまう。 不倫相手に負けたのなら、まだ諦めもつく。 よりによって、ただのボードゲームに敗北してしまうだなんて。 妻である自分よりも夫を夢中にさせているもの。それは──『将棋』。 そんなに面白いのか、そんなに魅力的なのかと思考を巡らせたところで、彼女はあることに気付く。 自分が将棋について、ほとんど何も知らないということに。 もしかして。自分が将棋の魅力を知って、その上で将棋を指せば、夫も振り向いてくれるんじゃないか? 一度気付けば、彼女の行動は早かった。 夫が通う、将棋道場へと向かう。目的は唯一つ、将棋を指すために。 そして、何より。 夫の愛を、取り戻すために。 【前書き】 将棋入門者にとって、初段は遥か雲の上の存在に見えます。 駒の並べ方・動かし方を知っている程度の主人公が、夫を振り向かせるために、少しずつステップアップしていく様子を描ければ良いなと思います。 将棋をよく知らない方にも読めるよう配慮した内容になっております。 どうかご一読いただけますとありがたいです。 なお、続きはTwitterにて連載中です⇒https://twitter.com/shinya1120 ※表紙イラスト&第一章~第三章挿絵提供:大福餅(山浦大福)様⇒https://twitter.com/daih033 第一章を丸々漫画化して頂いた上に、なんと新しい表紙イラストまで戴きました!(2021.8.21) ※作中の局面図は、アプリの『ぴよ将棋』を用いて作成したものです。

    読了目安時間:10時間31分

    この作品を読む

  • 尾岡の相方さんが可愛すぎる件について

    うちの相方さんが可愛すぎる

    16,500

    0


    2021年7月30日更新

    これは尾岡の日常です。日常のなかでも特にエネルギーになっている相方さん――つまり、僕の奥さんについてつらつらと。 多分、第三者から見ると、タダのノロケでしか無いかもしれませんが。 アラフォーのノロケなんて読みたくないって人は、そもそもご遠慮くださいませ。 ※このエッセイはカクヨム、小説家になろうにも掲載します。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • あの日に宛てた手紙

    結婚記念日に昔話をする夫婦の話です。

    2,100

    0


    2021年7月26日更新

    「ねえ、とっても不思議な話をしてあげようか」 結婚記念日にそう切り出した夏未に、隆一は首を傾げながらも話を聞くことにした。彼女の言う、『不思議な話』とは? 表紙はぱくたそ様(www.pakutaso.com)よりお借りしました。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 椿花火

    人生の転機にはいつも花火があった。

    6,200

    100


    2021年7月16日更新

    三十年ほど前、僕は打ち上げ花火の下でプロポーズをした。 幸せな結婚はいつしか……。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 忘れじの行く末までは難ければ今日限りの命ともがな

    和歌モチーフ

    500

    0


    2021年7月11日更新

    百人一首五十四番歌 『忘れじの行く末までは難ければ今日限りの命ともがな』 人の想いが将来まで変わらないというのは難しいでしょう。だから、その言葉を聞いた今日を限りに命が尽きてしまえばいいのに。 これをモチーフにした短編。明るくはないです。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 本好きの探しもの

    読書家のなれ果ての僕ら

    700

    0


    2021年7月9日更新

    瑞香は、本好きの夫の額に手を伸ばした

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • おやすみなさい、よい夢を

    あなたの旅にいい夢を。

    14,400

    150


    2021年7月7日更新

    孝介と愛美の夫妻とその娘の沙奈恵は、旅行の為にリゾート地のホテルにやって来た。 それは、この家族の最後の旅行だった。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 時空にかける願いの橋 ~僕が君の幸せを願うまで~

    乙女チック原作コン参加作品です。

    45,400

    0


    2021年5月31日更新

    【前編:マリッジリングの罠】 結婚式を控えた翔(かける)と亜樹。 マリッジリングを選ぶ為、ドキドキしながら足を運んだお店で、店主から勧められたのは、とても不思議な機能付き――人生のやり直しが出来るという、俄かには信じ難いものだった。 半信半疑ながらも、それをマリッジリングとして選んだ二人。 この指輪が彼らの手に渡ったのは、ただの偶然か、或いは必然だったのか。 生涯使うことなどないかにも思えたその機能を巡って、やがて交錯していく二人の愛情。 果たしてその行く末は―― 【後編:パラレル世界に架かる虹】 波塩博士(翔)には、忘れられない女性がいる。一目見た時から惹かれていた。 まだ学生だった若き日の彼が、その女性――亜樹を初めてデートに誘ったのは、ある年の七夕のことだった。 結婚式を間近にして、幸せの絶頂にいた彼らだったが、ある日 水難事故で亜樹は亡くなってしまった。 ――あの時、海へ行く彼女を引き止めていられたなら、こんなことにはならなかったのに…… もう一度、彼女に会いたい…… 深い後悔の念と恋慕の想いは、やがて彼にタイムマシンの研究を始めさせた。 長いながい歳月を経て、いよいよ完成したマシンに乗り込み、彼女に会いにいこうとする博士。その手には、一組のマリッジリングの入った小箱が大切そうに収められていた―― 『マリッジリングの罠』の続編として、或いは、タイトルにもある「パラレル世界」の如く全く別のもう一つのお話として。 二つの物語の交わりを楽しんでいただけましたら、うれしく思います。 *本作は、別サイトにも掲載しています。ノベルアップ+での公開にあたり 加筆修正し、全体で3000字程多くなっています。 5月20日、副題を加えました。

    読了目安時間:38分

    この作品を読む