妖怪

検索結果:106件

  • 生き残れ、紅月が照らす世界で──。

    ♡45,583

    〇240

    現代ファンタジー・連載中・60話 あおい彗星(仮)

    2019年11月21日更新

    紅い月が昇る夜に月から堕ちてくる罪人──月鬼。 月鬼と陰陽師たちの闘いが、平安時代から今もなお続いている。 見習い陰陽師の少女、神野緋鞠は幼い頃、緋鞠の前から姿を消した兄を探していた。十年経っても兄の生還を信じる彼女の前に、ひとりの老人が現れた。 「貴女の兄は生きています」 迦具夜姫×月鬼×陰陽師の現代ファンタジー ここに開幕!

  • 現代に生きる妖怪たちの物語です

    ♡2,200

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・8話 野良わんこ

    2019年11月21日更新

    【現代×妖怪×和風? 妖怪たちによる妖怪退治! 妖怪だらけのバトル&コメディー】 今年から高校生活を楽しむ少女、土御門紗月は街の中心から少し離れた、剥がれかかったテナント募集中の張り紙がガラス窓に貼ってある、少し寂れた3階建ての小さなビルへと赴く。 そして、階段を登って"4階へと"たどり着きドアを開けた。 そこにいたのは紗月の友人であり銀髪褐色肌の少女、白銀玄々。 玄々は2本の角と銀色の綺麗な獣のような尻尾をもつ「鬼」だった……。 妖怪が物語の中だけの存在となった現代で、人間たちは平和に暮らしていた。そして妖怪たちはそんな人間社会に紛れ、静かに暮らしていた。だが、一部の妖怪たちは隠れ住むことを拒否し人間たちを襲う。 それら人間に仇なす妖怪たちは「怪異」と呼ばれた。 このまま「怪異」が暴れてしまえば妖怪の存在が明るみに出てしまい、人間社会は混乱し、最悪人間と妖怪の戦争が起きかねない。そう考えた一部の妖怪たちは自らが同胞を討つという苦渋の決断を下した。 「怪異」を討ち人々を守る妖怪集団を「御庭番」と呼んだ。 ――これは、現代に生きる妖怪たちの摩訶不思議な異聞録。 こちらは、『百鬼歴程』の世界観を題材にした自作TRPGです。ぜひ遊んでみてくださいね。 https://seesaawiki.jp/norawankotrpg/

  • このヒロイン、魔王のくせに善人!

    ♡7,500

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・39話 お出汁

    2019年11月21日更新

    ミラネア皇国の辺境で暮らす青年レイトは、ある冬の夜、一人の魔族の少女と出会う。少女の名前はリシュア=ヴァーミリオン。偶然か運命か、彼女はレイトの父がかつて打ち倒した最強の魔王ルドガーの一人娘にして、家臣の叛逆によって王座を奪われ追放された元魔王だった……! 世界の支配を企む偽りの魔王を倒すべく、魔王の娘と勇者の息子の奇妙なコンビが世界を旅する冒険ファンタジー! (小説家になろう、にも連載しております)

  • 邪神に呪われた青年と怪異少女の両片想い

    ♡922,700

    〇78,277

    現代ファンタジー・連載中・194話 時雨オオカミ

    2019年11月21日更新

    邪神に呪われたヘタレな青年「令一」は無謀を勇猛に変換し、力に変える刀剣「赤竜刀」を手に、怪異・赤いちゃんちゃんこの「紅子」と、背中合わせに怪異事件を解決していく。 令一は紅子と出会ったことで人間との共存を掲げる人外達の組織「同盟」を知る。そしていざ裏側を見てみれば、彼らが住む町「彩色町」には人間のフリをして人と共存する怪異や神達が存在していた。 彼らのルールは三つ。「必要以上に人間を害さない」「弱い怪異を守る」「人間の隣人として生きていく」故に、日々人間に仇なす「やりすぎた怪異」を人間からの依頼として退治していくのである。 青年と怪異少女の恋。人間と神様の恋。それらが成立する和洋折衷な世界で二人は過ごしていく。 令一は強くなって邪神の呪いを断ち切るために。紅子はそんな彼の先輩として。 いつも上手くいくとは限らない。いつもハッピーエンドで終わるとは限らない。しかし、全力を尽くして彼らは事件解決に奔走する……そして、互いに両片想いな二人は少しずつ、少しずつ成長しながら距離を近づけて行くのだ。 ――優しさだけでは救えないものもある。そんな絶望に立ち向かう二人の純愛伝奇活劇が今ここに始まる! 最初の方は後味悪くバッドエンド気味。のちのち主人公が成長するにつれてハッピーエンドの確率が上がっていきます。ドラマ性、成長性重視。 更新予定【毎日 7時頃】 表紙のイラストはFAで友人の雛鳥様から。掲載許可を取得済み。Twitter宣伝でも使用。右下辺りにサインがあります。 また、連載中挿絵の詳細は後書きにて記載。 ※ ハーメルン(2016/9/12 初出)、小説家になろう(2018/6/17 転載)、カクヨム、アルファポリスにてマルチ投稿。

  • ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    ♡368,065

    〇18,082

    現代ファンタジー・連載中・138話 桜乱捕り

    2019年11月20日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

  • 少年と狼の妖怪退治道中記(中華風)

    ♡6,500

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・72話 あまね つかさ

    2019年11月20日更新

    人を害する妖怪変化を絵に封じてしまう異能者の少年と、彼に同行することになった狼の足跡を記した中華風味ファンタジーです。 一章完結型、どこから読んでも問題ないお話に仕上げておりますので、最初から読まなくても大丈夫。気の向いた章からお読みください。 先行連載に追いつくまでは、隔日更新の予定です。 【連載章紹介 八◆砂礫に伏する災禍(全12+2回)】 とある街と連絡が取れない──そんな話を聞きつけて、少年と狼は沙漠の中の街へと向かう。 しかし、怜乱は暑さに参ってあえなく行き倒れ。 そんな相棒を担いで狼がたどり着いた街には人っ子一人いなかった── 砂にまみれ、誰もいない街でいったい何が起こっているのか。そしてポンコツ状態の怜乱は何とか再起動できるのか。 ※先行でカクヨム(縦書き版)、MAGNET MACROLINK(挿絵版)、小説家になろうに掲載しています。

  • 呪い装備の父と呪われた娘の異世界ものです

    ♡1,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話 長江 涼

    2019年11月20日更新

    時は現代。伝統続く赤城(あかぎ)道場を運営する 赤城 紋次郎(あかぎ もんじろう)とその娘 赤城芽衣(あかぎ めい)は、とある一悶着があり、通学路で追いかけっこをしていたら車に衝突して死んでしまった。死んだ先で、テンプレートな異世界転生を果たそうとすると赤城家に恨みをもつ妖怪 鬼の怨霊に呪いをかけられ、異世界へと旅立ってしまう。刀にされた紋次郎と、鬼の血を混ざられた芽衣は、異世界で生き残れるのか? テンプレートに異世界なんかに行かせてたまるかな呪われた親子の異世界転生冒険譚小説です。

  • 妖怪百体登場させて百鬼夜行を目論んでます

    ♡53,999

    〇3,250

    現代ファンタジー・連載中・131話 詩月 七夜

    2019年11月20日更新

    ▲タイトル画像提供:あさぎ かな 様(TwitterID:@Chocolat02_1234) 僕は十乃 巡(とおの めぐる)。 降神町(おりがみちょう)役場に勤める公務員だ。 ここ降神町は、普通の町とは違う、ちょっと不思議なところがある。 猫又、朧車、野鉄砲、鬼女…日本古来の妖怪が、人間と同じ姿で市民として普通に暮らす、普通じゃない町。 このお話は、そんなちょっと不思議な降神町で起こる、僕と妖怪たちの物語。 数多くの日本妖怪たちが登場します。中には割とマイナーな妖怪も!? 妖怪バカの作者が、妖怪を愛するすべての人たちにお送りする、涙あり、笑いありの「現代版ドタバタ百鬼夜行」 さあ、あなたも降神町の住人たちに会ってみませんか!? 【注意】 ⚫当作品には、スピンオフ作品として『【短編集】人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~』が存在し、そちらの登場人物が顔を見せることがあります ↓と併せてお読みいただければ、より深く降神町の物語をお楽しみいただけます ■人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~ https://novelup.plus/story/502451944

  • 失くしものを見つける物語

    ♡3,600

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・13話 しまじろう。

    2019年11月19日更新

    行方不明になった弟を探す主人公が見つけたのは、ひっそりと佇む探偵事務所。 そして探偵だと名乗る可愛い柴犬?! 化け物よりも優しく、人間よりも温かい。 誰かに寄りかかりたくなるような、柔らかい世界をあなたに。 ※小説家になろう、カクヨム、ミラクリエ、アルファポリス、pixiv、エブリスタにも公開中の作品です。 もし上記サイト以外に同様の作品が公開されておりましたらご連絡ください。 表紙イラスト:百舌鳥もずく様(@mozumozu_art)

  • デートしながら怪異を対処するお仕事

    ♡18,200

    〇1,200

    現代ファンタジー・完結済・2話 時雨オオカミ

    2019年11月19日更新

    その日、彩色町(いろどりちょう)は大雪であった。 それも、天気予報は大きく外れての氷点下20℃という状況。明らかにおかしな気温になっている町で、青年「令一」と怪異少女「紅子」は、人間と共存するための人外組織「神妖大同盟」より、その原因を探す仕事を請け負った。 クリスマスイブの朝、二人は待ち合わせをして「ジャックフロスト探し」にとりかかるのだが……。 全部で二話分。後半は午後7時頃更新するよ! 表紙イラストは雛鳥様。右下にサインあり。

  • 多分、現代陰陽譚

    ♡500

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・13話 中里 悠太朗

    2019年11月19日更新

    「ねえ、くねくねさんって、知ってる?」 昨今、人のうわさによって人ならざる者達はさらに力を増している。 であればそれを鎮めるは陰陽師、更に人目につかない場所に於いて彼らは活動することとなっている。 そして彼女もまだまだ未熟なれど陰陽師である。 しかし――――――――?

  • 私はただ、褒められたかっただけだ。

    ♡13,800

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・31話 真宮克

    2019年11月19日更新

    自分を責め立てるように自殺した少女──朝日野は死後の世界に行きたかった。しかし、成仏できぬままに日が経つ彼女の前に現れたのは、同じ瞳をしている望月という男だった。

  • お江戸風妖怪退治ライト時代劇ファンタジー

    ♡35,000

    〇3,178

    歴史/時代・連載中・29話 上原友里

    2019年11月19日更新

    あやかし、モノノケ、妖怪、幽霊。取り憑かれるなら何でもござれ。 兄と妹が、名も姿形も取っ替えて、あやかし蔓延る八百八町を妖刀片手に鬼退治。 近世じゃぱん風ライト時代劇ファンタジー。 本編 妖刀『古骨光月』の使い手、桜良兵之進《さくらひょうのしん》は、双子の妹、綺乃や、なぜか居候している謎の春画(薄い本)絵師、恋町春日とともに、道場を切り盛りして暮らしている。 というのは仮の姿。 本当は、兄の兵之進が妹の綺乃に、妹の綺乃が兄の兵之進にと、それぞれ変装し、入れ替わっているのである。 そこへ、おどろおどろしい筆致の瓦版が持ち込まれる。 友人の廻り同心、横井一磨(実はニンジャ)にどうしてもと(えっちなほんの代金と引き換えに)頼まれ、兵之進は物の怪退治に出かけるが。 番外編 てるてる坊主の妖怪、掃晴娘《そうせいじょう》に身体を乗っ取られてしまった兵之進。 恋町とともに自分自身を探しに秋の空。 夕暮れと、てるてる坊主。ちょっとだけラブラブなお話。 表紙フリー素材はジュエルセイバー様よりお借りしました。

  • 妖怪とヒトを繋ぐ物語。

    ♡1,150

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・7話 花月小鞠

    2019年11月19日更新

    ――生まれた時から、会いたい奴がいた。 ――小さい頃から、私は不幸だった。 森の中の泉からはじまる、妖怪とヒトを繋ぐ物語。 --------------------------------------- タイトルは夜明けの燈(ほたる)と読みます。

  • 色々なジャンルを混ぜた100%ノリ書きで

    ♡1,200

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・34話 ほむほむ

    2019年11月19日更新

    どこにでもいる普通の高校生の甘奈木 華弥徒[カンナギ カヤト]は平和な日常を送っていた。 顔も性格も家柄も普通な彼には誰にも……いや……普通の人には言えない秘密があった。 その秘密とは、世に蔓延る亡者、一般的に言えば幽霊や妖怪である。 亡者を倒すことを専門とする亡滅士としての顔。しかし、友人にその事がばれてしまったがその友人はカヤトに変わらずに接した。いや、むしろ、自分からこの世ならざる者と関わろうとした。そんな友人と一緒に色々な魔物や妖怪と戦ったり。死にかけたりと色々とゆかいなお話です。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 誤字脱字などがありましたらコメントにて教えて下さい、お待ちしております。

  • 奇想天外な歴史ファンタジー!

    ♡1,500

    〇0

    歴史/時代・連載中・35話 サァモンチップ

    2019年11月18日更新

    「命を簡単に捨てんじゃねえよ!」 この時代では人を捨てるのは当たり前。 命の価値はとても軽い。 だからこそ未来から来た綾斗は、自殺しようとしていたサキに向かって怒鳴るようにそう言った。 しかしサキは村から捨てられ、行き場がない。かく言う綾斗も同じである。 ここは森の中、近くに民家は無い。 近くにあるのは川だけである。 だがそんな状況にも関わらず、彼らは明るい表情で川に沿って歩いて行った。 しかしサキの村には、その森に十日間いると人食い妖怪に食べられるという言い伝えがあり……。 西暦2070年の未来から、気づけば江戸時代にやって来た綾斗。 この時代はまだ戦国の風習が残っており、彼にとって衝撃の連続だった。 サキと出会い、忍者と出会い、妖怪と出会う。 これはそんな日々を綴った物語。 はてさてツツジの下には何があるのか……。 注意:頻繁に視点が変わります

  • 妖怪神様能力者のバトル物です

    ♡88,180

    〇100

    その他・連載中・75話 狸亜七代

    2019年11月18日更新

    いつか あなた(お前)と 死合う 物語 神と妖怪と人が共に暮らす世界。 日本では廃棄物に世界の全ての負の感情を基にして出現する付喪神の一種【紛ツ神】が現れ日々脅威に晒されていた。 これは紛ツ神に対抗する組織『陰陽部隊』に配属された新人結界師の女性『八塩 雛』と何者かの手によって紛ツ神と融合させられた『八来 忠継』の戦いと日常のお話である。 そして お互いの求める 『武』の果ての 壮大な心中物語 ※ざっくり説明→戦闘時だと脳内麻薬過剰分泌状態になるおっさんと、合法ロリ(胸のサイズのみnotロリ)がガラクタの化け物相手にフルボッコしたり時にピンチになったりするお話 ※異世界に行かない転生ものです

  • 妖怪と妖刀と陰陽師の異色和風ファンタジー

    ♡236,115

    〇23,020

    異世界ファンタジー・連載中・91話 音叉

    2019年11月18日更新

    ここは黒い太陽が輝く世界。昼は薄暗く、夜は尚暗い。 そんな魑魅魍魎と隣り合わせの世界で、妖怪退治『左団扇(ひだりうちわ)』を経営する二人組。 洋装の陰陽師である亜緒(あお)と、「妖殺し」の異名を持つ蘭丸(らんまる)。 しかし、いつも『左団扇』には閑古鳥が鳴くばかり。 そんな店の扉を久しぶりに叩いた客、藤野宮 宗一郎は「殺したはずの彼女に命を狙われている」という。 奇妙な依頼人の命と自分たちの生活費のために、二人の妖退治屋が軽い腰を上げる。 彼らを取り巻く個性溢れるキャラクター達が織りなす和風ファンタジー。 『左団扇奇譚』のジャンルはファンタジーとなっておりますが、異世界というわけではありません。 この現実世界の平行世界(パラレルワールド)に近く、すぐ隣にある似た世界という感覚です。 なので日本史に名を残す文豪の名前が出てきたりもします。 舞台設定は大正時代を意識しておりますが、あまり拘ってはおりません。 そういう認識で物語に接していただけると面白さも倍増するかと思いますが、基本読む人の自由で何の問題も無いです(笑) 和風テイストの妖退治を楽しんで頂ければ幸いです。

  • 注:この物語には多くの伏線が隠れています

    ♡13,200

    〇5

    ホラー・連載中・40話 陸一じゅん

    2019年11月17日更新

    居酒屋で若者が二人。怪談話を語る二人の元へ、怪しげな男が語りかける。 男は語り出す。黄泉の船頭と、彼が出会った奇妙な亡者。 亡者は語り出す。とある場所に、とある二人。かつて人であった二人。 一蓮托生。二つの体に昼と夜の姿。 空船(カッちゃん)と雲児(クウ)。生きていたころの記憶を探す二人の半妖。 秘められた過去の鍵を握るのは、麗しき人魚と、野心あるその従者。 彼らの口から語られるのは、過去と現在、二つに分かたれた物語。 一つは、消えた雲児を追う空船の追跡劇。 もう一つは、雲児と空船の正体に迫る巽と柳の回想と、亡霊からの逃亡劇。 物語は箪笥のように、彼らの記憶の引き出しを開けることで綴られます。 その引き出しを開ける狂言回しに、もう一組。 黄泉にて名前を失くした船頭と、船頭の消えた過去を知るという同行者。 同行者は船頭に語り掛けます。 「思い出せ。これは、ぼくと、あなたの物語である」……と。

  • オカルトなコメディです

    ♡56,600

    〇6,805

    現代ファンタジー・連載中・34話 ガタガタ震えて立ち向かう

    2019年11月17日更新

    ある日幽霊や妖怪といったこの世のものでないものが見え始めてしまった高校生の少年が、変な人やら変なものに絡まれ始めるお話。 毎週日曜日に更新します。 ※小説家になろう様にも投稿しています。