妖怪

検索結果:266件

  • 約束のあやかし堂 ~夏時雨の誓い~

    テーマは「絆」「優しさ」「ふれあい」

    17,500

    140


    2021年4月13日更新

    高知県吾川郡仁淀川町。 四万十川に続く清流として有名な仁淀川が流れるこの地には、およそ400年の歴史を持つ“池川神社”と呼ばれる社がある。 山間にひっそりと佇むこの社は仁淀川町を静かに見守る社だった。 そんな池川神社に、1匹の猫のあやかしが棲んでいた。 その猫が見える人間は誰一人としていない。 誰の目にも止まらないその猫の名は――狸奴《りと》。 夜になると、狸奴は人の姿に変わり、池川神社の境内に立ち神楽鈴を手に舞を踊る。 ある人との約束を守る為に、人々の安寧を願い神楽を舞う。 ある日、その池川神社に一人の女子大生が訪れた。 彼女はこの地域には何の縁もゆかりもない女子大生――藤岡加奈子。 神社仏閣巡りが趣味で、夏休みを利用して四国八十八か所巡りを済ませて来たばかりの加奈子は一人、地元の人間しか知らないような神社を巡る旅をしようと、ここへとたどり着く。 ************** ※この物語には実際の地名など使用していますが、完全なフィクションであり実在の人物や団体などとは関係ありません。 ※この作品のテーマは「絆」「優しさ」「ふれあい」です。 人との繋がりがなくなりつつあるこのご時世ですので……。

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む

  • 桜よ、またね

    幽霊は好きではないけど妖怪は好きです

    200

    0


    2021年4月13日更新

    中学校からの帰り道、凪はよく暗闇に呑み込まれた。 しかし悪いものではない。 その日も当然のように暗闇へ足を踏み入れようとして、いつもと違うことが起きる。 それから平穏だった日々に何か違和感が……え、何か憑いてる? 突然男の霊(凪予想)に憑かれた凪と、妖怪たちの話。 ※男性キャラ多めです。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 拾った犬は言葉を話しました。

    19,100

    0


    2021年4月13日更新

    商店街で拾った犬が意味のある言葉を発した。 そこから始まった出来事で、頼堂幸善はそれまで知らなかった世界を知ることになった。 あらゆる動物の姿をして、人間社会に紛れ込んでいる妖怪の存在。 妖怪と人間の仲立ちをしている仙人の存在。 その仙人が集まりできた奇隠という組織の存在。 幸善は拾った犬の妖怪、ノワールと一緒に、それまで知らなかった世界に踏み込んでいく。 ※「カクヨム」に投稿している同名作品と同じ内容です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間35分

    この作品を読む

  • 村正は今日も異世界で鉄を打つ

    和風ファンタジーここにあり!

    10,000

    0


    2021年4月13日更新

    千子村正の刀は妖刀である――根も葉もない噂に振り回されることに嫌気を差していた村正は、ある日戦火に巻き込まれて家を失ってしまう。 なんとか安全な場所を求めて【帰らずの森】へと入った村正の前に一人の女侍と、異形の怪物が現れた。 突然の出来事に困惑しながらも、女侍を助けた村正はお礼として彼女の家に招かれるのだが、そこで目にしたのは異形の者達が跋扈する、日本であって日本ではない世界だった。 更に女侍――タワラノトウカも人間ではなく、エルフだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 心霊刑事 楓

    怪奇事件に刑事高見澤とバイトの楓が挑む

    406,200

    61,912


    2021年4月13日更新

    世の中には犯人が人間ではない怪奇事件が増えていた。怪奇事件専門の刑事高見澤は、電子義眼でサングラスをかけている盲目の少女楓を最低賃金で助手のバイトに雇った。楓は持ち前の霊感力で、人外、半妖、悪霊などが引き起こす事件の捜査の大きな助けとなる。次々と難しい事件を解決したニ人は怪奇事件捜査の最強コンビになった。高見澤は楓をプロの刑事に育てようとする。しかし、楓には誰にも知られていない秘密があった。

    読了目安時間:7時間36分

    この作品を読む

  • 2人の祓い人

    あるべき者を、あるべき場所に。

    53,700

    210


    2021年4月13日更新

    「ねぇ、葉桜って知ってる?」 とある公立高校で噂になっている、『葉桜』というLIMEのアカウント。 そこに相談すれば、不可思議な事件や出来事を解決してくれるらしい。 しかし、誰も葉桜の中の人の正体は知らないとか。 幽霊専門の祓い人、葉月紅樹《はづきこうき》。 妖怪専門の祓い人、桜木橙真《さくらぎとうま》。 紅樹は妖怪に好かれやすく、橙真は幽霊に憑かれやすい。 真逆の2人が組んで様々な事件、出来事を解決していく現代ファンタジー。 ※幽霊や妖怪については、作者の独自の解釈も含まれます。 ※この作品は、エブリスタにも投稿しています。

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • 100年越しの月下美人

    100年越しの物語

    3,200

    0


    2021年4月13日更新

    「100年越しの月下美人の器の少女」 御子柴聖七歳は代々古くから伝わる陰陽師一家で一族の中でも聖は逸材だった。 しかし10年前に大妖怪八岐大蛇に一族を惨殺され、右脚を失った聖に八岐大蛇は呪いを掛ける。 そして10年の時を経て17歳になった彼女は…

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 鈴音や君の名は

    人と妖の、復讐劇。

    28,300

    600


    2021年4月12日更新

    雨が降る公園で聞こえた鈴の音に惹かれ、少年が見付けたのは大怪我を負った黒猫。 両親の仇を討つべく、人食いへ復讐を誓う少年の名は供助。霊や妖を除霊する払い屋として腕を振るう。 そして、相棒として供助と組む事となった和服美女の妖怪、猫又。 猫又もまた友を喰った妖、共食いへの復讐を目的とする。 二人は互いの仇を探しながら払い屋として、様々な除霊依頼を受けていく。 面倒臭がりで不器用な供助と、酒好きで食い意地張った猫又。 なんだかんだで同居し、なんだかんだで相棒になり、なんだかんだで息の合う、珍妙な二人組の物語。 生きる為の、復讐劇。 ※誤字脱字等がありましたら、該当箇所を御指摘いただけるとものっそい助かります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間31分

    この作品を読む

  • 見える彼 と 見えない彼女

    見える不幸を喜べ、見えぬ幸運を嘆け。

    500

    0


    2021年4月12日更新

    柵木秀生(まさきしゅうせい)には昔から常人には見えないものが見えた。 幽霊、悪霊、妖し。 だけど見えるだけで、祓ったりできるわけがない。 見えるだけで自分ではどうしようもない理不尽な存在に見て見ぬ振りをして生きていた。 だけどそんなある日、彼は、見えていないはずの才明寺希(さいみょうじまれ)が彼女の意図せず悪霊を祓う場面を目撃してしまう。 くっそ何番煎じのよくあるオカルト設定のよくある男女の話です。 最後までお付き合いくださると嬉しいです。 多分そんなに長くならないはず。

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

  • MADAN/魔断

    宜しくお願いします。

    2,100

    0


    2021年4月12日更新

    異世界へ転移し、異能の力を手にした者達が所属する世界魔断協会という組織が存在する。 その組織とは異世界や地球全土に出没する魔界ゲートの封印及び魔物の討伐、異世界や地球に害を及ぼす異能者との戦いを目的とする世界魔断協会 魔物断絶部隊、通称 魔断に入る事になった安城晴一を中心とした異能者達の物語。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • 逢坂怪夷奇譚

    異形の妖かし怪夷を巡る乙女達の物語

    214,900

    0


    2021年4月12日更新

    歴史改変×和風スチームパンク×ダークファンタジーここに開幕! 時は19世紀末。鳴治の時世。 鎖国をせず、英国との貿易が盛んだった日ノ本は、江戸を中心に蒸気大国としての地位を確立していた。 しかし、1868年。×月×日。世界同時多発的に発生した大災厄により、江戸は壊滅の憂き目に遭う。 江戸の街は一夜にして屍の街と化し、江戸の地を中心に沸き出すように現れた異形、『怪夷(かいい)』により、日ノ本は未曾有の混乱へと陥った。 時の帝は怪夷を鎮めるため、古来よりの術士達を集め、防衛軍を整備。京の都を『帝都』と改めて首都とし、更に大阪を『逢坂(おうさか)』と改めて国の防衛拠点として新たな政府を設立して対応した。 帝により結成された防衛軍、怪夷討伐軍により、怪夷による混乱は10年程で収まり、人々は街に結界を張り、怪夷と戦うために忘れ去られていた術式を身につけ、以前と変わらぬ生活を取り戻して行った。 だが、怪夷による脅威はなくなることなかった。 帝都を護るための最重要防衛都市としての役割を担いながら、蒸気産業と観光業、商業の大都市として発展し始めていた逢坂は、市中に現れる怪夷を討伐する為の職業を整備する。 大災厄が起こってから十五年後。 逢坂の街には政府公認の裏家業『執行人』として闇に紛れて怪夷を狩るうら若き二人の乙女、九頭竜莉桜(くずりゅうりおう)と秋津川雪那(あきつがわゆきな)がいた。 故郷の里を何者かによって滅ぼされ、怪夷を唯一滅する事が出来る聖剣の使い手の莉桜と、外交官の娘で呪符遣いの雪那の二人はある目的を胸に抱き、仲間達と共に昼は旅人の案内をする案内人、夜は執行人として市中に蔓延る怪夷を狩るべく、逢坂の街を駆け抜ける。 乙女達の生き様を須らく見よ。 この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 一部史実に準ずる部分があります。 毎週:土曜 月曜 水曜20時頃 HJ大賞応募予定作品です。 表紙イラスト:illustration by 野天初風様 ※無断転載禁止※ 更新日時が多いため、コメント、スタンプなど応援へのお返事はまとめて行わせて頂きます。 タイミングによっては、早い時や遅い時がございます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間9分

    この作品を読む

  • 人魚の館

    妖怪たちのお祭り騒ぎ

    668,900

    6,540


    2021年4月12日更新

    ようこそ、おいでくんなまし。 ここが人魚の館どす。 ……とまぁ、挨拶はこの辺に。 さて、あんさんはなんの妖怪や? 抱えてるもん、全部吐き出していきなはれ。 「ウチが全部解決したる」 厄介ごとも全部よこしなさいな。 面白いことは猶のこと大歓迎。 遊びにくるだけでもかまへんよ。 大事な本さえ傷つけヘンかったらなんも言わん。 ほら、この簾《すだれ》、くぐっていきなはれ。 ※2日に1回更新。時刻は逢魔が時(18時) ※表紙→葛西様(@kasai216) ※☆マークのイラスト付エピソード、挿絵→あっきコタロウ様(@and_dance_waltz) ※作中キャライメージイラスト公式担当→大橋なずな様(@oohasinazuna) →各話登場妖怪イラスト&一口小話、更新不定期

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間50分

    この作品を読む

  • 『人魚の館』設定集

    自由な妖怪創作世界へようこそ

    76,900

    411


    2021年4月12日更新

    フォロワーキャラ化小説設定集のため、その他ジャンルとさせて頂きます。 (2月から連載開始する本編は現代ファンタジー予定です) 本編『人魚の館』→https://novelup.plus/story/992560404 『大作長編(予定)の設定集。気になりますか?』 「妖怪創作世界って?」 「フォロワーがキャラ化ってなに?」 「初めましてで参加してもいいの?」 さぁよってらっしゃいみてらっしゃい。 ちょっとでも気になった方は是非覗いてください。 まずは「はじめに」を読んでみてくださいな。 一緒に創作を楽しみましょう。 ☆ざっくりとした作品説明 ・妖怪紹介&キャラ化したフォロワー紹介(敬称略してます) ・ツイッターに流したキャラそのまま ・番号順にならべました←整理しやすいように ・本編と並行でどのエピソードにどのキャラが出ているか紹介予定。 ・キャラのポジションわけもする予定(多分 イメージイラスト、FAなど、使用許可をくださったり積極的に協力してくださっている神絵師様方 ※現在の本編表紙→葛西様(@kasai216) ※1話挿絵&FAなどなどツイッターにて→あっきコタロウ様(@and_dance_waltz) ※作中キャライメージイラスト公式担当→大橋なずな様(@oohasinazuna)

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • ウィンタージュに憩いの羽音を

    昔の作品を手直ししましたー

    88,700

    20


    2021年4月12日更新

    ファンタジーなど皆無と思われていた現代社会と真逆の世界。 とにかくファンタジーが謳歌されている世界であり、人には必ず守護霊ならぬ『守護精』なるモノが生誕と共に現れ、分身のように生きていく。 護り、慈しみ、手を取り合って生活していくのが当たり前の不思議な相棒。 時には犯罪に陥るモノもいて、それらは総じて『守護堕(おち)』と呼ばれ、それ相応の処置をせねば魔物と化すことがある。 これから始まるのは、そんな守護精達の犯罪やちょっとした悩み相談解決を担う何でも屋『万屋』周辺にまつわる不思議な話達。 普段は煙管をふかしながら淹れるマスターのコーヒーと、シュフおすすめのパスタが有名な喫茶店をウィンタージュ。裏では守護精達の悩み相談解決に勤しんでいるのは口コミでそこそこ広まっていた。 そこの若き所長である熊谷晁斗(くまがいあさと)は、相棒の守護精の白虎の空呀(くうが)と共に依頼をこなした帰り、一人の守護無しの少女を拾ったことでちょっとした刺激をもらうことになる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間14分

    この作品を読む

  • それはひとりで終わること ‐明治あやかし幻想譚‐

    鬼のような若者と月のような娘の話し

    150,900

    498


    2021年4月11日更新

    子爵家の跡取り息子である相内柾樹は些細な理由で癇癪を起こし、駿河台の屋敷から家出した。たまたま向かった元門番老人の長屋で、湾凪雪輪という奇妙な娘の世話を頼まれる。やむなく娘を連れて転がり込んだ先は、悪友二人が下宿している両国の古道具屋『数鹿流堂』。見えない何かに引き寄せられるように、この世ならぬもの達と、四人の不思議な同居暮らしが始まった。 時は世事変遷と呑気悠長が折り重なっていた明治の中頃。帝都のとある片隅で宿命の針は動き出す。 ※時代設定上、現代では不適切とされる単語や語句がありますが、差別や偏見を肯定助長する意図はありません、あらかじめご了承ください。 ※小説家になろうで完結済み。改稿投稿中です。更新は遅いです。 ※軽めのミステリー的なノリで始まりつつ、そのうち神・妖怪的なモノが登場してくるジャンル迷子です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:16時間14分

    この作品を読む

  • 僕たちが出来ること

    毎日更新してます( ¨̮ )

    700

    0


    2021年4月11日更新

    今私たちが過ごす世界の少し未来の話。 主人公 佐伽羅虎雅はとある災害で親も親戚も亡くし、 この災害時代に出来た優善一宅と言う孤児のための団地に住み始める。 ある日学費のために働いていたバイト先で気になる本を手に入れる。 この本を手に入れたものに与えられる選択肢。 虎雅は何を選び、何を感じ、何のために前に進み続けるかこの本を通じて知り合った仲間たちと運命の時を紡ぎあう。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間15分

    この作品を読む

  • 事件簿には白椿を添えて

    かわいい幼馴染み+怪奇現象+謎解き

    0

    0


    2021年4月11日更新

    県立大学オカルト愛好研究部。 不可思議を愛する彼らのもとには時折奇妙な相談が寄せられる。 興味と享楽。そしてほんのすこしの期待……「触れてはいけないものに触れた」相談者たち。 かわいい幼馴染みと愉快な仲間たちによってもたらされる、ホラー&ミステリなキャンパスライフ。 カクヨムさまでも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 蒼頡の言霊

    江戸時代の陰陽師 もののけ退治の話。

    2,700

    0


    2021年4月10日更新

    江戸時代の初め頃 もののけ退治で有名な陰陽師がいた。 【参考】 ★与次郎稲荷神社(Wikipedia) ★中国古典文学大系 抱朴子・列仙伝・神仙伝・山海経 第8巻 本田済・沢田瑞穂・高馬三良 訳 発行者 下中邦彦 株式会社 平凡社

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 祓い屋見習いと半妖の雪女

    現代ラブコメあやかしファンタジー

    154,700

    220


    2021年4月10日更新

    才色兼備、文武両道、まさに高嶺の花と呼ばれていた雪乃は高校受験に失敗した。 滑り止めで受かった高校で出会ったのは、その失敗要因の女装専門コスプレイヤー兼ゲーム実況者のレンレン。 見守るだけで良かったのに、些細なきっかけで、近づく二人の距離。 しかし、雪乃は普通の人間ではない。 そして、彼もまた、『祓い屋』という雪乃にとって、厄介な家業を継がなければならなかった。 決して許されない恋……かと思えば、どうやら彼には祓い屋の才能がないようで……? ちょっぴりホラーで、時に切ない、ラブコメ妖怪ファンタジーです。 ※北海道が舞台なので、少し方言が出てきます ※関連イラストもいくつかあります。イラスト集またはツイッターをご覧くださいませ

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

  • あやかし温泉街、秋国

    ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    652,915

    22,742


    2021年4月9日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:30時間29分

    この作品を読む