妖精

検索結果:45件

  • 大量の花粉が降り人間が樹木に変貌した。

    ♡55,800

    〇50

    現代ファンタジー・連載中・42話 田丸哲二

    2020年4月4日更新

    2020年世界的な異常気象で大量の花粉が日本に降り続き、不可思議な植物ウイルスの病気が蔓延した。原因不明の樹木のような死体が発生して蘇っていく。それはある山里の森が死滅し、黒いツタに覆われた事により始まっていた。その森の奥深くには神の木として古くから崇めらる大樹があったが、それがある者により黒い種が植え付けられ、変色して落雷により倒れてしまう。それから黒い森が山全体の広がってしまったのだ。 自然界の人間に対する復讐なのか?それとも人間が招いた災厄なのか?森を守っていたお婆ちゃん家族が中心になって、自然界を元に戻し人間を病魔から救うために立ち上がった。ジョディと呼ばれる森のクスノキから発生した白い花粉により、神の種と呼ばれる木霊の恩恵を受けた五人の子どもが選ばれて妖精の力が与えられた。 子どもの母親からのプレゼントもあり、妖精たちの戦士は植物に変貌した人間に襲われながらも、この原因に関係していると思われる研究所へ向かう。これはその子どもたちと家族の冒険の物語である。

  • 2020年4月4日更新

    ――あなたの夢みる力は世界を変える希望の力になる 私立高校に通う高校生――三井雄也は、高校一年最後の終業式を迎えた放課後、友人と3人で、幼い頃からよく遊んでいた水霊の森へと行く。彼の町では最近、幼児~小学生の連続行方不明事件が起きており、そこは現在立入禁止となっていた森であった。 いつもは迷わない森、迷った先で出会った不思議な格好の可愛い女の子。 「お迎えにあがりました、三井雄也さん! シャキーンです!」 次に彼が目を覚ました時、そこは見知らぬ世界だった。 ごく平凡な高校生が突然妖精界へ。そして、ひょんな事から世界を救う役目を担う羽目に! (俺は普通の生活を送りたかっただけなのに……) 「あなたは、いえ、貴方方は選ばれた存在なのですよ?」 異世界<妖精界>と人間界の事象が絡み合う、本格異世界小説、ここに爆誕! ※ いただいたイラストが入っている話には、タイトルの後に★をつけております。 (挿絵の補足説明がないものは、基本カスタムキャストアプリで作成しております) 現在表紙イラスト:あっきコタロウ様 ※ 可愛い系ヒロイン、メイド、戦乙女、セクシー、僕っ娘、猫耳、バニー……あなたの好きな属性の妖精がきっと見つかる? ※ 他サイトにて連載時、20万PV、500ブクマ超え。コンテスト一次選考通過歴あり。完結済の作品をこの度ノベプラへ投稿することにしました。長編作品としては作者が初めて書いた処女作となります。よろしくお願いします!

  • 即興小説なんな

    ♡1,000

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・1話 ヘカ

    2020年4月3日更新

    星見という人の人生や運命を知る力を持った大友吏凜は統京の街で、心身共に疲れていた。手切れ金代わりに手に入れた祖父の洋館に住まう為、離れた田舎へとやってきた。誰もいないハズの洋館はいやに手入れが行き届いており、恐る恐る父から渡された鍵で入ると、異国の少女が出迎えた。 彼女はブラウニー、屋敷に取り憑く妖精だと名乗る。曾祖父である大友義昭に仕えていたと・・・・・・そしてそれだけはない。もう一人、未成年の少年が隠れ住んでいた。吏凜のような占いもどきの力ではなく、人ならざる者が見える特異な力を持った近道雪。 三人は、誰も近寄らない通称幽霊屋敷で生活をする。田舎で星見の仕事を行う吏凜と、少しずつ社会復帰をしようとする雪。そしてそんな二人の世話をするブラウニー、彼ら彼女等がほんの少し不思議な事に巻き込まれながら日々を生きている物語。

  • 奇跡が起きるために犠牲となる日常がある話

    ♡600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・23話 鬼華月

    2020年4月3日更新

    二年前に死んだ人間が生き返った。 そんな噂が葬儀屋の少女メイ・ローダの耳に入った。 二年間、葬儀も執り行われず、墓にも入らなかった遺体が生きているなんてあり得ない。真実を知るべく、噂の大元であるナイトレイ邸でメイが見たものとは…。 現世と冥界の境界で繰り広げられる少女たちの契約と理の物語。

  • 2020年4月3日更新

    「お客様には、死んでいただきます」 それは全ての終わりであり、始まりだった。 超美人な巨乳ショップ店員に乗せられて、残りの人生と引き換えに最新鋭スマホに機種変した、冴えない営業マン甲斐次郎。 その魅惑のおっぱいに見とれている間に、なんとまさかの死刑宣告!? 超最新鋭スマホを片手に異世界転生した次郎。 目の前には、また蠱惑のおっぱいが揺れていて……。 「だって、カイ様は、閃光の魔術師様なのでしょう?」 心に深い傷を負った美少女サヤ。何かを勘違いしてないか? 「マスターは、あたしの胸やお尻を触ったんです! 思いっきり!」 クソ生意気な妖精ミュウ。いやいやそれは誤解、むしろ曲解。 「あなたは、あの伝説の、ピクシーオーナーだったのですね……!」 生真面目な美少女ロリエルフ、シェライア。そんな真剣に間違えないでくれ。 人間、妖精、エルフ。そして人魚、獣人……。様々な種族に勘違いされ、 何故か伝説の英雄を掛け持ちさせられることに。 次郎は彼の得たチート能力で、英雄の掛け持ちをこなせるのか? それとも、いっそのこと、世界を征服しちゃうのか?

  • きらきらした空気感を楽しんでください。

    ♡5,400

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・5話 唯代終

    2020年4月2日更新

    みどりの瞳は別世界を映す鏡だ。 ──誰がそんなことを言い出したのだろうか。今となっては分からない。あまりにも一般に普及していて、誰も“はじめ”を知ろうとしないから。そのくせ誰もが、瞳がみどり色ならば妖精が視えると信じて疑わないのだ。 - - - ミラは緑の瞳を持つ、妖精相談所の新人店主。妖精が見えることを活かし互いの相談を聞き彼らの手助けをする仕事なのだが、蒸気機関が発達したことをきっかけに妖精が見える、信じる人間が激減。相談所を必要とする人がいなくなったため、正式な仕事を受けたことがない。祖母から継いだ店を守るため、ケットシーのノノンとともに客人を待つ日々が続いている。 そんなある日、碧の瞳を持つ青年・テトが「妖精が隠してしまった両親の形見を探してほしい」と依頼を持ちかけてくる。懐疑的な態度をとるノノンに対し、ミラは喜び勇んで依頼を引き受ける。そうしてミラは、住み慣れた土地を離れて、テトと彼の従者であるカイとレナ、勝手についてきたノノンと、四人と一匹で旅に出る。 妖精はなぜ、テトの形見を隠したのか。それを探す理由は? ミラにつらく当たるカイ。旅先で不審な行動を見せるレナ。 ノノンは誰も彼もが嘘つきだと言うし、ミラの初仕事は一筋縄では終わらない。 --- 書いている途中でレイティングが必要になった場合、追加いたします。 『カクヨム』『MAGNET MACROLINK(旧名:マグネット!)』にて同時投稿中。

  • 転生しない系ヒロイックダークファンタジー

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・15話 「S」

    2020年3月31日更新

    この世は全てが別たれている。 光と影、白と黒、太陽と月。 相反するものが決して交わることがない。 それを如実に表すかのように終わらない戦争があった。 その発端は『Best Wish』という絵本に綴られている。 一本の剣と一本の大樹が秩序を保つべく存在していた。 剣には4体の天魔が、大樹には妖精が宿っていた。 彼らは別世界を通じて、仲を深め合っていた。 けれど、人によって剣は抜かれ、大樹は切り落とされた。 剣を手にして英雄となった者。大樹を切り落とすことで妖精王となった者。 彼らは戦い、争った。 勝利を手にしたのは、英雄だった。 すると今度は、英雄の国で内乱が起きた。 剣はいつしか、二本の刀剣になり。 黒陰国と白陽国という対立し続ける国を生んだ。 そんな世界で遺物とされる『FEATHER』という背に翼を生やした人型生命体。 歴史の影に埋もれた、英雄の末裔とされる謎多き彼らを人々は忌み嫌う。 そして、黒陰国首都《レイヴン》に設立された黒陰国学院に通う平民『魅剣羽亮《みつるぎ・うりゅう》』(16歳)もまた、フェザーを嫌っていた。 貴族にも劣らぬ剣技と魔法を扱える彼の目的は、ただ一つ。 孤児として引き取られた教会で、4歳離れた姉のような『シスター・リリィ』と、同い年でありながら兄弟のように慕っていた者との三人暮らしを壊した元凶。そのフェザーへの復讐。 2年という時が過ぎた現在。 突如として訪れる自らの死。 目覚めた時、彼の身体は憎きフェザーと化していた。

  • 最後に星空を見上げた夜はいつですか?

    ♡18,400

    〇300

    現代ファンタジー・連載中・50話 想兼 ヒロ

    2020年3月31日更新

    「流れる星のキセキをここに!」 妖精、それはかつて人の側にあった者達の名。今は遠き記憶の存在となっている者達。 星妖精の少女、ライツの願いは「友達をつくること」。思いがけず飛び込んでしまった人の住む地上界で一人の少年と出会う。 彼の名は洋介。人ではない「友達」と過ごした思い出を胸に、いつか再会できることを夢に見ていた。 二人が出会った時、新たな星使い“ティンクル”の伝説が始まる……。

  • 妖精の運び物をあなたにも

    ♡200

    〇0

    純文学/文芸・完結済・1話 ゆずっこ

    2020年3月25日更新

    彼女は今日も家にやってくる。 “ガキンチョ”と小馬鹿にするために。 でもそれがなぜか憎めない。 だからって嬉しいわけでもないけど。 そんな彼女との日常の一コマ。

  • ようこそ、夜の国へ。夜警が歓迎するわ。

    ♡57,410

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・26話 瀬戸晴海

    2020年3月21日更新

    海に面する大都市ティルハーヴェン。「眠らない都市」と呼ばれるこの街に、一人の少年クラウスが訪れる。生きていくために彼が選んだ職業は「夜警」だった。 夜の街を守るためクラウスはカンテラと杖を持ち歩くが、ある日、小火を起こした罪人を取り逃してしまう。 取り逃してしまった罪人を追っていくうちに、クラウスは、不思議な住民と出会い、異世界「夜の国」へと足を踏み入れていくのであった――。 ※週末、週一更新のスローペースです。

  • 湖に近付くと夜空に連れていかれてしまうよ

    ♡800

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話 ひゐ(宵々屋)

    2020年3月10日更新

    『欠けた満月の湖』で、妖精は一人踊り続ける。 大切な人の意志を継いで、迷える魂を導き星にするために。 ※カクヨムでも公開しています。

  • 大好きな彼女のためなら名前も捨てるよ!

    ♡1,000

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・2話 ルネルネ

    2020年3月5日更新

    とある絵描き少女には大事な友達がいた。 しかし、抗えない運命により友達は去ってしまった。 絵描き少女は生活も名前も捨てて、妖精「ピーネチューレ」に転生し、友達に会いに行くことを決意する。

  • 勇者の成長を描いた正統派ファンタジー!

    ♡136,440

    〇3,260

    異世界ファンタジー・完結済・125話 寿甘(すあま)

    2020年2月29日更新

    そこは、才能が数値で明らかになる世界。 史上最高の才能値を持って生まれたケントは、魔王を倒す使命を持った勇者として育てられる。 さすがに勇者一人に世界の運命を委ねるのは忍びないと思った国の上層部は異世界から英雄を召喚するのだが、呼び出された英雄は、不吉な黒い鎧に身を包んでいたのだった。

  • 良いも悪いもだいたい妖精のしわざ。

    ♡0

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・14話 フジムラ

    2020年2月28日更新

    500円でお城を手に入れたメグ。 だがそこには、家憑きの妖精が住まう妖精城だった。 呪われて寿命が縮んだり、祝福でお宝を見付けたり。 お城と領地の管理を、まったり日帰りでこなします。

  • 世界は残酷だよ?

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話 初瀬四季

    2020年2月27日更新

    百合妖精に想いを寄せる魔男と神たちの物語。

  • 花冠の指輪は約束の証

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話 ひゐ(宵々屋)

    2020年2月23日更新

    列車で知り合った、美しい青年は話す。 過去に、妖精に出会ったこと。 再会の約束に、花冠の指輪を貰ったこと。 そして時は過ぎていき、大人になったこと。 ※こちらは2017年5月6日のCOMITIA120にて発行し、すでに頒布終了した小説です。 ※カクヨムでも公開しています。

  • 四十路のオジサンと透けてる家政婦

    ♡300

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話 佑佳

    2020年2月14日更新

    酒場のオヤジにとある『アンノウン』の噂を聞いたエリク。 アンノウンの探究者なのにその『アンノウン』を知らなかった。 ヤバい、会ってみたい──。 ────────────────── 『ハイファンタジー』『モンスター』『コメディ』のお題に乗りました。 コメディにならなかったので反省しつつも微ラブ『コメ』ということで……申し訳なす。 佑佳の異世界ファンタジー【ARTY】(題名変更可能性あり)の登場人物・エリクのスピンオフ作品。 本編が始まるずっとずっと前のお話……のつもりです。

  • 思いのままに受け止めて下さい。

    ♡1,300

    〇0

    その他・完結済・1話 夏目八尋

    2020年2月1日更新

    とある山奥、人々に捨てられて久しい廃墟で、年老いた竜と小さな妖精が出会いました。 二人は廃墟で一緒に過ごし、お互いを少しずつ知っていきます。 緑の鱗の年老いた竜と、白い衣の小さな妖精。 これは、そんな二人の物語です。

  • 薬剤師と魔女の関係性を浅く掘り下げる

    ♡25,100

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・7話 幻想花

    2020年1月21日更新

    魔女 それは昔、薬草を煎じたり。すり潰し粉にし塗り薬にしたり奇跡を起こし、悪魔の女 と呼ばれたことにより、魔女と呼ばれている。無料の教材をもらった陽月は学園に入学することになる、果たしてどうなる事やら。

  • 可愛い妹の居る生活をお楽しみ下さい。

    ♡300

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・31話 まるまじろ

    2020年1月19日更新

    日々オタクとして精進を続ける男子高校生、桐生涼太は、その日いつもの様にパソコンで趣味である妹もののギャルゲーをやっていた。 そんないつもと変わらない日常としてギャルゲーを楽しんでいたその時、不思議な声と共にパソコン画面に謎の質問が現れた。 それに答えた事から始まる、ちょっと不思議な日常と非日常の物語。