婚約破棄

検索結果:293件

  • 彼女は兎に角、気弱で自分の意見を言うのが苦手。 婚約者が浮気していたって、友達から利用されたって、両親から蔑ろにされたって、妹から馬鹿にされたって……彼女はただ柔かに笑ってる。 そんな前世を思い出したジュディスは、ポトリと持っていた本を地面に落とした。 何故、私がジュディスになったのかは分からない。 ただ一つ言えるのなら……今日この瞬間からジュディスはジュディスではなくなるという事だ。 (……ジュディスの事はジュディスが決める。そうでしょう?)

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • 娼婦に婚約者の第二王子を奪われ、すべてを失った令嬢は、復讐のため第一王子と結婚して王妃になる。

    格下相手にすべてを奪われた令嬢の復讐劇

    210

    0


    2021年11月27日更新

    「お嬢さん、あんた、近い未来に大変なことが待ち受けているよ……」 名門貴族ステュアート伯爵家の令嬢エリス・ステュアートは、幼い頃より第二王子のエドワードの婚約者候補として厳しく育てられていた。 エリスとエドワードとの婚約が決まり、あとは婚約披露パーティーを待つだけとなったある日、エリスは街で占い師の老婆に呼び止められ、不吉な予言を告げられる。 しかし、第二王子エドワードとの婚約披露パーティーを控え、幸せの真っただ中にいるエリスは気にも留めなかった。 だが、エリスは、友人の伯爵令嬢マーガレットから、エドワードが街で娼婦のジャンヌに助けを求められ、そのまま宮殿に連れ帰り、面倒を見ているらしいという話を聞き、不安を覚える。 パーティー当日、エリスの不安は的中してしまう。エリスはエドワードから婚約破棄を言い渡されてしまったのだ。 エドワードは、伯爵令嬢であるエリスを捨て、娼婦のジャンヌと結婚することにしたという。 婚約破棄をきっかけに、王族と親戚関係になることを前提に事業を拡げていたステュアート伯爵家の経済は破綻、両親は辺境の地へと追いやられ、妹のエリザベスは、遠方の修道院に入れられてしまい、一家は散り散りになる。 絶望の淵にいたエリスは、行方不明になっている第一王子のジョンがまだ生きていることを知る。そして、エドワードとジャンヌの出会いは仕組まれたものであることに気がつく。 エリスは、ジョンを見つけ出して結婚し、王妃になることを誓う。自分からすべてを奪った者たちに復讐するために――。 この作品は他のサイトでも公開しています。 カクヨム アルファポリス ノベリズム エブリスタ 小説家になろう ベリーズカフェ ノベマ!

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • 顔が醜いから婚約破棄された男爵令嬢は、森で昆虫男爵に出会う。

    ほっこりする恋愛物語

    200

    0


    2021年11月27日更新

    美しい男爵令嬢ジャスティーナは、その気位の高さが仇となり、魔女の呪いによって醜い顔に変えられた。その醜さのあまり、ルーベル侯爵子息には婚約破棄され、家でも軟禁状態に陥る。態度がまったく変わってしまった父に怒り、彼女は家を飛び出して、森に迷い込む。そこで昆虫男爵に出会ったことで、彼女の世界は変わっていく。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • のほほんとした令嬢は婚約破棄されましたが、新しい婚約者に溺愛されました

    のほほんとした令嬢は婚約破棄されました

    3,500

    0


    2021年11月27日更新

    のほほんとした令嬢は婚約破棄されましたが、新しい婚約者に溺愛されました

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • 確かに聖女では無いですが ~いにしえの魔女の子ども~

    魔女が出てくる、ファンタジーです

    54,000

    2,011


    2021年11月26日更新

    ナタリーは、魔女だ。 その昔、いにしえの魔女と言われる女性がとある国の国王にナタリーの保護を条件に瘴気や魔物を近づけない結界を張った。 契約を交わした国王は真摯にナタリーを保護し、大切に育てた。だが、その国王が崩御するとナタリーを迫害する一派が出てくる。 そうして、ナタリーは瘴気が濃い森の中に結界を張り、そこで暮らすことにした。 ナタリーを逃がしてくれた王子と、ある契約を交わして……。 一話 700~2000文字弱くらいです。 原則、金曜日の20時更新ですが、不定期になる事もあります。 よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 悪役令嬢になりたくないので、攻略対象をヒロインに捧げます

    悪役令嬢の終わらせ方、知りませんか?

    200

    0


    2021年11月26日更新

    佐藤美和は乙女ゲームの世界に転生した。それに気づいた時、自分が悪役令嬢キャラであることを自覚した。 しかし、転生した経緯を考えると自分以外にも転生者がいるはずなのだ。その人は誰?破滅エンドを避けるための最適なルートは?攻略対象の王子は危険! 攻略対象は主人公に捧げるべく、悪役令嬢ルートから外れるのだ! ※他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間46分

    この作品を読む

  • 舞台は、魔法が社会基盤となり発展した異世界の王国。 最近は、mPadと呼ばれる、携帯型多目的魔導装置の普及により、以前と比べ、魔術師の地位が急激に下がっていた。 物語は、公爵令嬢のアカシアが、予言の書?を信じて、思い込みから、学院の入学パーティーで、婚約破棄を宣言するところから始まる。 アカシアから婚約破棄を宣言されたのは、辺境伯の嫡男で、王太子の側近の一人であるウォール。 彼は、魔術に、ランク5の素質を持っていた。素質ランク5といえば、伝説級だが、その素質が魔術であるため、現在では彼の評価は低かった。 特に自己評価は、アカシアからボロクソに言われているため最低である。 そんな彼は、隠しているが、異世界からの転生者でもあった。 転生者の彼から見れば、予言の書?は、日本のライトノベルでしかなかった。 それだけに「予言の書によると、浮気をするから」と言われても納得がいくはずがない。 元々、王命の婚約ということもあり、彼は婚約破棄を認めるつまりは全くなかった。 一方、アカシアから、ウォールの浮気相手だと名指しされた男爵の娘カリン。 彼女も魔術ランク5の転生者であったが、本人の意思とは関係なく、二人の騒動に巻き込まれていく。 そして、彼女は、彼女で別の勘違いをしていた。 物語は、この三人を中心に、カリスマがランク5の王太子と、それぞれランク5持ちのその側近たち、現状に不満のある魔術研究会のメンバー、などを絡めて、予言の書?とmPadをキーに進んでいく。 不穏な動きを見せる、隣国からの留学生ダグラス。 ウォールの謎の妹エンジュも加わり、事態は大きな事件へと発展していく。 そして、婚約破棄したいアカシアと、それを認めないウォールの、恋の駆け引きの行方は・・・? カクヨムにも投稿中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む

  • 夏!婚約破棄!

    宜しくお願い致します。

    2,000

    0


    2021年11月23日更新

    浮気って嫌ですよね~。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 黄金の魔族姫

    婚約破棄された元聖女、治癒魔法を極める。

    26,400

    260


    2021年11月23日更新

    「エレナ・フィンスターニス! お前との婚約を今ここで破棄する! そして今から僕の婚約者はこの現聖女のレイナ・リュミエミルだ!」 「エレナ様、婚約者と神の寵愛をもらっちゃってごめんね? 譲ってくれて本当にありがとう!」 唯一無二の神──絶対神デウスを崇める恩恵教を始めとする人間と、そんな神の天敵とされる魔族との諍いが絶えない魔法が存在する世界にて。 捕えられていた魔族の子供達を逃がしたことによりエレナは“白髪の聖女”としての光魔法の力を失ってしまう。 そのせいでスぺランサ王国王太子であるウィン・ディーネ・アレクサンダーに婚約破棄を告げられていた。その上、エレナの代わりになる新“白髪の聖女”レイナが現れたり、神に逆らった罪人として断頭台で今まさに処刑されようとしていたり、彼女の将来は絶望的! しかし処刑される直前、人間の天敵である魔族の王──魔王が突然現れ、なんとエレナを断頭台から救い出す。 そしてその出来事をきっかけになんとエレナは魔王の娘になることになったのだ。 ──そこから始まるのは、エレナの「黄金の魔族姫」としての新たな運命。 最初は戸惑っていたエレナだったが魔王の恐ろしい見た目に合わない優しさと弱さに触れると、彼や魔族達のことを誤解していたことに気づく。 そしてエレナは次第に彼らと共に生きることを決意する。だがそのためには魔族の皆から認められる存在にならねばならない。 そのため再び魔法を習得しようと足掻き、その際に出会った森の妖精ドリアードの協力もあってエレナは己に秘められていた才能──治癒魔法を習得する。 治癒魔法を得たエレナは片腕を失ったエルフの傷を見事癒してみせたことで魔族達に家族として受け入れられたのだった──。 しかし彼女の物語はここでは終わらない。 彼女と魔族達に忍び寄る魔の手は着実に近づいてきているのだから──。 *** ※表紙は自作ではありません。 ※pixiv、エブリスタ、カクヨム、小説家になろう、魔法のiらんど、アルファポリス、ノベルアップ+にて連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間52分

    この作品を読む

  • 平民のち怪盗

    怪盗ものとけんかっぷるが書きたいだけ

    198,700

    1,080


    2021年11月23日更新

    【完結】婚約破棄に加え、無実の罪を着せられ平民落ちとなったにも関わらず、ヴィールはあっさり受け入れた。 寛大な措置で死刑を免れたのだから感謝しろ? 冤罪だっての。その言葉を飲み込み、彼女は婚約者の元を去った。 だって一度経験してるし。準備万端、継いだ父の生物研究を極められると大喜び。 なのに前と違う。両親の形見の簪(かんざし)を盗まれた。逆行できたのは簪があったからなのに。 死んだ両親唯一の形見をどうしても取り返したかったヴィールは、世話になっている商人の情報を元に貴族の裏取引に潜り込んで簪の行方を捜していた。その中で盗品を寄付したり、貴族達が扱う表沙汰に出来ないお金を回収していたら、怪盗として名を馳せる事に。 「なんで怪盗やってんだろ」 そんな中、ヴィールは潜入したとある屋敷で、若き公爵、ニウ・ヘルック・ブライハイドゥに怪盗だとバレてしまう。貴族間の汚職や闇取引を探っていたニウはヴィールの正体を隠す代わりに、自分の知りたい貴族の裏側を調べるよう持ちかけた。 最初は粗雑で身なりを気にしないヴィールが淑女として徐々に変わりつつも、本当の想いを隠したニウに対する気持ちも動いていく。 本音→怪盗ものとけんかっぷるが書きたい。 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。 ※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間27分

    この作品を読む

  • 植物と話のできる令嬢は気持ち悪いと婚約破棄され実家から追い出されましたが、荒地を豊かな森に変えて幸せに暮らしました

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 悪役令嬢に転生した18禁同人誌作家は破滅を回避するために奮闘する

    読み終わったあとなにも残らないくだらなさ

    200

    0


    2021年11月21日更新

    一章・事の発端 乙女ゲームの世界で悪役令嬢の わたしは、断罪される卒業式の日に、前世の日本で18禁同人誌作家をしていた記憶を思い出した。 だけど 破滅はもう目の前。 でも、よく考えれば自分は悪くない。 というか 王子が悪い。 わたしは断罪されない。 わたしが王子を断罪する。 さあ! 18禁同人誌作家の知識を駆使するわよ! 二章・色々な日々 なんか平凡でくだらない日々が続く。 前世の悪友と兄貴も転生してたり。 三章・いきなりですが冒険編 なんか いきなり聖女になって大魔王討伐の旅に出ることになったり。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間44分

    この作品を読む

  • 悪役令嬢様、今世の夜空は綺麗ですか?

    傷つかないように、傷つけないように。

    1,400

    0


    2021年11月20日更新

    煌びやかな金髪。つり上がった瞳。孤高な雰囲気。高圧的な態度。厳しい言動。誰もが畏れ、羨み、妬み、恨み、しかし遠巻きに見ることしかできなかった帝国の才女――公爵令嬢、シャルティア・エステラ。 そんな彼女は今日、皇太子ウィンナイト・アルフィス・グランテードに婚約破棄をされ、辺境地の領主である伯爵のとりなしにより、一時辺境へ謹慎に行くこととなった。 悲しさや苦しさを押し殺して眠りに耐える彼女の耳には、魔性を感じさせる男の声が直接頭に流されて聞こえている。 馬車の中で揺れも気にせずシャルティアの隣に立っている近衛護衛、エレインが彼女をニコニコと見守っている。 辺境地に着けば、和気あいあいとした領民の様子にも驚かされたし、領主が怖いほど歓迎してくれた。 とにかくどこへ行っても好意ばかり向けられるという、初めての経験に戸惑うシャルティアだったが、いつも一歩引いてシャルティアを見守っていたエレインがあの日、『ある行動』をしたことで、事態は一気に動き出す。 周囲の人々の振る舞いが徐々に変化していくにつれて、シャルティアもまたゆっくりと悟っていく。そして、思い出していく。 シャルティアに隠された真実。この世界で何が起こっているのか。現在の皇太子の恋人であり、覚醒したリリアナ・フォレスト、そして皇太子ウィンナイトはどうなるのか。それらが明かされ始めた時、最強の者が世界に再度降り立つ。 ――見たことある、聞いたことある。でも、思い出したくない。 ――見てほしい。聞いてほしい。そして、思い出してほしい。 ――見ないでくれ。聞かないでくれ。一生、忘れていてくれ。 ――知らなくていい。解らないでいい。ただ、そばにいて。 ――見えなくとも。聞こえずとも。今度は必ず、助けるから。

    読了目安時間:1時間40分

    この作品を読む

  • 【BL】転んだ悪役令息の僕と、走る従者の冒険のはなし

    いまだかつてない!新感覚★悪役ストーリー

    23,700

    87


    2021年11月20日更新

    【だって、だって、ずぎだっだんだよおおおおおお】 公爵令息のエマニュエルは、泣きながら走っていた。 異世界から現れた『神子』であるマシロと恋仲になった第一王子・アルフレッドから『婚約破棄』を言い渡されてしまったからだ。 ずっと耐えてきた王妃教育、様々な感情がめぐる中、冷酷に伝えられた沙汰は、まさかの『身ぐるみはがれて国外追放』!? 「今の今まで貴族だった僕が、一人で生きて行かれるわけがない!」 だけど、エマニュエルには、頼りになる従者・ケイトがいて、二人の国外追放生活がはじまる! 冒険の旅は楽しく、二人の仲は深まり、エマニュエルはケイトに惹かれていく。 「してみてもいいですか、───『恋人の好き』」 徐々に自分の気持ちを理解していくエマニュエルだったが、背後には、再び、神子たちの手がせまっていた。 そして、神子たちに追いつかれたとき、謎多きケイトの、衝撃の事実が明らかになる。 ケイトは一体どうしてそんなに強いのか、何故エマニュエルの従者をしているのか。 追われているエマニュエルとケイトの運命の恋の行方はどうなってしまうのか。 そして、驚愕の結末!!! { 謎多き従者 × 憎めない悪役 } ※※BLの恋愛を基盤とした冒険のファンタジーです。R15表現を含みますので、ご注意ください※※

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間23分

    この作品を読む

  • 聖獣もふもふ建国記 ~国外追放されましたが、我が領地は国を興して繁栄しておりますので御礼申し上げますね~

    婚約破棄、爵位剥奪、国外追放から始まる!

    300

    0


    2021年11月12日更新

    婚約破棄、爵位剥奪、国外追放? 最高の褒美ですね。幸せになります! ――いま、何ておっしゃったの? よく聞こえませんでしたわ。 「ずいぶんと巫山戯たお言葉ですこと! ご自分の立場を弁えて発言なさった方がよろしくてよ」 すみません、本音と建て前を間違えましたわ。国王夫妻と我が家族が不在の夜会で、婚約者の第一王子は高らかに私を糾弾しました。両手に花ならぬ虫を這わせてご機嫌のようですが、下の緩い殿方は嫌われますわよ。 婚約破棄、爵位剥奪、国外追放。すべて揃いましたので、実家の公爵家の領地に戻った私を出迎えたのは、溺愛する家族が興す新しい国でした。領地改め国土を繁栄させながら、スローライフを楽しみますね。 最高のご褒美でしたわ、ありがとうございます。私、もふもふした聖獣達と幸せになります! ……余計な心配ですけれど、そちらの国は傾いていますね。しっかりなさいませ。 【同時掲載】小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、エブリスタ 2021/10/18 エブリスタ、ファンタジー 1位 2021/10/19 アルファポリス、HOT 4位 2021/10/21 小説家になろう ハイファンタジー日間 17位

    読了目安時間:1時間26分

    この作品を読む

  • ゲルナ・イージス・ハザード公爵令嬢の運命

    乙女ゲームを題材にした異世界転生もの。

    0

    0


    2021年11月12日更新

    主人公は現実世界で交通事故死し、ゲルナ・イージス・ハザード公爵令嬢に転生した。その世界が乙女ゲーム『ゲルナ・イージス・ハザード公爵令嬢の運命』だと気付いた。ゲルナ・イージス・ハザード公爵令嬢は処刑される運命にあった。主人公は何とかして処刑の運命を避けようとするが……。小説家になろうやアルファポリス、カクヨム、noteにも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 【完結】牢の中で目が覚めた悪女は死にたくない〜処刑を回避しようとしたら、何だかんだで幸せ掴みました〜

    生まれ変わった嫌われ者の悪女の物語!

    52,200

    170


    2021年11月7日更新

    アマリリス・リノヴェルタは侯爵家に引き取られた養子だった。 そんな侯爵家を強く憎むアマリリスは地位を手に入れてリノヴェルタ侯爵家を潰すことを決意する。 悪女、強欲、悪魔……そんな不名誉な名前すら武器に変えて登り詰めていった。 ついに第二王子ハーベイの婚約者になったアマリリスは、ありもしない罪を着せられてを地下牢へ。 アマリリスはシャロンというハーベイと仲のいい御令嬢を階段から突き落とした犯人にされたのだ。 アマリリスは罪を認めなかった。 そして誰の助けもないまま衰弱して死んでいく…………そんな不思議な夢から覚めたら、目の前には鉄格子がありました。 初めから大ピンチ。 コルセットの締め付けで圧死しそうになるけれど着替えを手伝ってくれる侍女が見つからない!? 嫌われまくっているアマリリスに手を差し伸べたのは一人の騎士。 だけどその騎士もアマリリスに敵意を向けていた。 (なに、何が起こっているのーー?) 両親が残した借金を返しながら必死に働いていたある日、起きたらアマリリスになっていた事に気付く。 しかし、生まれ変わったアマリリスにとって牢の中は天国だった!? こんなにゆっくりと食事をしたのは、いつ振りだろうか。 こんな風にベッドに寝転がってワクワクした気持ちになったのは何年振りだろうか。 起きる時間を気にしなくていいのは、なんて贅沢なのだろう。 常に鳴り続ける電話は此処には無い。 借金取りから追いかけられることも、搾取されることもない。 アマリリスは思った。 ーーー牢屋こそ至福。 働かなくても食事が出てくる。 生活に必要最低限な設備もある。 嫌われているが、正直どうでもいい。 絶望感いっぱいの牢の中、生まれ変わった嫌われ者の悪女はどう生き残る……!?

    読了目安時間:4時間42分

    この作品を読む

  • 妹に婚約者を譲ったわたくし、実は聖女だったので勇者さまとともに世界を救ってみます!

    にゃぁ💕 とりあえず短編です♪

    600

    52


    2021年11月4日更新

    「婚約を解消してくれないか? マリアンネ」 はう。 もうあと1ヶ月でこの学びや、王立貴族院の全過程が終わりを迎えようとしているこの時期に。 よりにもよって卒業記念のダンスパーティに備えて少し打ち合わせをしましょうと、そういうお話で我が家を訪ねていらっしゃったはずのこの日に。 幼馴染でわたくしの婚約者であったルドルフ・バッケンバウアーさまは目の前の席にゆったりと腰掛けたまま、おもむろにそう切り出して。 「なぜ? なぜですかルドルフさま!」 思わずそう叫ぶわたくしでしたが、どうやら彼は真実の愛を見つけたとかのたまって? 相手はわたくしの最愛の妹リリアンヌ。 はあかわいいリリアンヌにこんな情けない悪い虫がつくなんてとは思ったけれどしょうがない。 妹の幸せのために身を引きましょうとそう婚約解消に応じたわたくしでしたが……。 え? 聖女? 勇者様? なんだかわたくしの周りがガラッと変わってしまった様子で。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 悪役令嬢は乙女ゲームの世界をFPSに塗り替える!

    「読切なら何でも描き散らせる」なスタディ

    0

    0


    2021年10月31日更新

    気付けば詳しくもない乙女ゲームの悪役令嬢として転生してたっぽい主人公の「あたし」は、目の前に見慣れたFPS用インベントリーが現れたことに安堵する。 こうなったら流れも空気もガン無視で、世界を戦いの渦に巻き込んでやる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 禍の魔女とよばれた令嬢〜王子様から婚約を破棄されました。ほんとは聖女のわたくしなのによろしいのでしょうか?

    異世界恋愛コン用に。。

    22,200

    0


    2021年10月31日更新

    「破棄だ破棄、お前との婚約は今日限りで破棄させてもらう!!」 そんな物凄い勢いで怒鳴り散らす目の前の男性。 王子、ジークフリート。 まだ成人前でもあるジーク様は金色の巻毛、ブルーの瞳が可愛らしく。 その全てを好ましく思っていた筈だったわたくし、クラウディア・ファウンバーレンの頭に衝撃が走りました。 一瞬目の前が真っ暗になり崩れ落ちたわたくしを助け起こしてくれたのはどこか異国風な服装の殿方。 銀髪碧眼の美丈夫ハッシュヴァルト様でした。 「って、冗談じゃないわよ!」 え? 「もう。悲劇のお姫様ぶりっ子はやめてよね。そんなんだからあんなガキにいいように言われるんだわ」 ちょっと、待って? 「またないわよ。もう、文句の一つも言ってやらなきゃおさまらないんだから!」 わたくしの身体を操ってそう王子にひとこと言いに行くと息巻いている魔女カペラさんが登場して? もうどうなってしまうのでしょう? 帝国暦2537年。 アッセンブリの勅令により帝国は分裂、西にあった元帝都は崩壊し小国が乱立し。 遷都により東に移った皇帝インシュタークはそこに神聖コンダルキア皇国の建国を宣言した。 以降。 世界は混乱期に入ることとなる。 小国はそれぞれの利権を求め争いをやめず。 元々の国力の差からか、ただ一国コンダルキアだけが仮初の平和を享受していた。 孤児だったカペラを助けてくれたのはエグザという魔道士だった。 彼によって人の温かさを知ったカペラ。 しかし時代はそんな平穏な生活を許さなかった。 全てを失い絶望し人ならざる魔女と成ったカペラ。 世界を滅ぼしかねない禍の魔女となった彼女の心を救ったのは、聖王国の王女である聖女アマリリスだった。

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む