婚約解消

検索結果:3件

  • 蒼玉の瑕疵~それでも廃公子は呪われし令嬢に愛を告げる~

    愛と呪いのお伽話的ヒストリカルロマンス

    67,600

    0


    2021年10月26日更新

    「僕がなんでこんな田舎に!」 母の死後、後妻とその息子の登場により廃嫡されたレイマンはファルネブルク侯爵家を追い出され、地方の領地ナーゼルへと追いやられた。親や友人達の裏切りにレイマンは心を閉ざしてしまう。 しかし、レイマンを引き取ったナーゼル伯爵の計らいで隣領ヴィーティン子爵の息女エリサベータと引き合わされ、レイマンは美しい彼女に一目惚れし、彼女との交流で閉ざした心を徐々に開くようになっていった。 始めはエリサベータの美しい容姿に魅かれていたレイマンであったが、彼女の賢く篤実な在り方に感化され成長していくうちに、彼女の内面により強い想いを募らせていった。 一方、エリサベータもレイマンと過ごすうちに彼の優しさや心遣いに気がつけば恋心を抱くようになっていた。 お互いに想いを寄せる二人は友人達の後押しもあり、その想いを告げついに婚約した。 婚約者として交流を深める二人は順風満帆であったが、レイマンがそろそろ結婚を申し込もうとした矢先にエリサベータの前に《冒瀆の魔女》が現れた。魔女は《冒瀆の呪い》をエリサベータにかけ、顔を見るに堪えない醜くいものへと変えてしまった。 封建主義の根強い貴族社会で、致命的な汚点を背負ったエリサベータはレイマンの栄達の邪魔になってはと思い悩み婚約を解消し出家することを決意していた。その頃レイマンはエリサベータの呪いを解く術を求めて奔走していたが、その結果は絶望的なものであった。 エリサベータを諦めきれないレイマンは家督を捨てて彼女の元へと向かおうとする。その彼の前に美しき公爵令嬢アグネスが現れた。彼女はエリサベータとの呪いを解く方法を提供する代わりにレイマンとの結婚を要求してきた。その提案にレイマンは全てを捨てて呪いに苦しむエリサベータと共に生きるか、エリサベータの呪いを解く為に彼女を諦めるかの岐路に立たされる。 レイマンが選択するのは地位か愛か、美か醜か…… 果たしてレイマンとエリサベータは想いを遂げることができるのか? これは封建主義の強い大国で強く生きながらも、呪いによって引き裂かれた恋人達の苦悩と葛藤の中で真実の愛を求める美しくも切ないお伽噺的ヒストリカルロマンス。 ※ 小説家になろう、アルファポリスにも掲載しております。 ※ 現在、ノベルアップには改稿中。

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 聖騎士団長で婚約者な幼馴染に唐突に別れを告げられました。

    円満な婚約解消だと思ったのに

    1,700

    0


    2021年10月3日更新

    『リーヴェンデッテの聖騎士団長・レーナクロード・シルヴェストルは、異世界の少女と恋に落ちた』。 巷で囁かれていたそんな噂によるものなのかそうでないのか、幼馴染であり婚約者でもあるレーナクロードから婚約解消を申し出られたエリシュカ・アーデルハイド。 しかし噂を知った時からいつかこんな日が来ると思っていたので戸惑いもなく、エリシュカはその申し出にあっさりと頷いた。 そうしてその話はそこで終わった――そのはずだった。 エリシュカに、目覚めたら季節が変わっていたなどという異常事態が起こらなければ。 目覚めてなお自分を襲う異常な眠気に、これは魔術によるもので、それに干渉した者がいる故に目覚めたのだと察したエリシュカは、エリシュカを目覚めさせた張本人でありエリシュカの協力者でもある何でも屋・エッドを呼び出す。 エッドにより、エリシュカが眠ってから三月経っていること、エリシュカを眠らせた魔術が宮廷二位魔術師・スヴェン・エルニル・ロードの手によるものであり、依頼主はレーナクロードであること、レーナクロードたちは『異世界の少女』と彼女を正式にこの世界に迎える儀式を行う旅に出ているということを知ったエリシュカは、事のおおよその一連の流れが読めてしまった。故に『最低最悪クズ野郎も真っ青』なことを『異世界の少女』に行っているだろう元婚約者を止めるために動き出す。 聖騎士団副団長のアシュフォード・ルノーに協力を取り付け、レーナクロードの母・セシリアに会い、下調べと準備を整えて、元婚約者を一発ぶん殴るために彼の元へ向かうのだった。

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • 王子に婚約を解消しようと言われたけど、私から簡単に離れられると思わないことね

    そう簡単に離しませんよ

    1,000

    0


    2021年9月19日更新

    「エスメラルダ、君との婚約を解消させてもらおう」 フェルゼン王国の第一王子にして、私の婚約者でもあるピエドラ。 婚約解消は私のためだと彼は言う。 だが、いくら彼の頼みでもそのお願いだけは聞くわけにいかない。 「そう簡単に離したりしませんよ」 ピエドラは私の世界に色を与えてくれた。 彼の目指す「綺麗な世界」のために、私は醜い世界で暗躍する。 アルファポリス、カクヨム、小説家になろうにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む