婚約

検索結果:17件

  • 可愛いご主人さまのためなら、わたしは命でも捨てられます。でも、本当は愛してくださると嬉しいです。

    身分差幼馴染がイチャイチャ冒険!

    0

    0


    2022年11月22日更新

    孤児出身の少女フィアは、幼い頃に偶然から公爵家に拾われ、公爵家の次男の少年の侍女となっていた。 フィアは、優しく真面目な彼に好意を寄せられ、幸せだった。一つ年下の少年の身の回りの世話を焼き、姉のように振る舞い、少年もフィアのことを溺愛していた。 だが、身分違い故に、フィアは少年の好意を受け入れることはできなかった。そんなとき、公爵家の次期当主を決める儀式に、フィアは彼の従者として参加することとなる。 フィアは命を捨てでも、少年を公爵にするつもりだったが、彼の考えは違っていて――。 ※やり直し悪役令嬢は、幼い弟(天使)を溺愛します、の番外編です。2022-01-22 12:03:06に小説家になろうに公開→削除済み

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • はちみつ色の東風の姫【番外編】レナード・エスト

    完結済み長編のその後。シスコン兄の(あっ

    5,400

    11


    2022年10月7日更新

    前作『はちみつ色の東風の姫』完結後のお話です。 (※すでに他の番外編を一つ書き上げているのですが、そちらはイラスト入りが「小説家になろう」の本編続きに。イラストなしは「エブリスタ」にて下記のタイトルで投稿済みです。 『はちみつ色の東風の姫【番外編1】トール王子』 https://estar.jp/novels/26012503 よろしければ。) 22歳の公爵子息、レナード・エストは自他ともに認める優良物件。しかしシスコン。 そんな彼はこれから、どんな恋をするのか……? 全7話で完結です。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 公爵家の呪われしワケあり息子と婚約しました

    その呪いはあまりにむごく、しょうもない

    83,900

    60


    2022年9月4日更新

    昆虫採集を趣味とする男爵令嬢マゴリーノはある日突然公爵家の呪われしワケあり息子の婚約者になってしまった。面倒だけれど仕方なくルビリアン公爵家まで花嫁修業に出向くマゴリーノ。そこで彼女は他に類を見ずしょうもなく、しかし悲惨としか言えない呪いをかけられたリチャルドと初対面する。 芸術品のように美しいリチャルドは心優しく、淡白令嬢のマゴリーノも次第に情が移っていって……? 風の精霊も祝福するハッピーラブコメディ!

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • マルグリットは婚約を破棄してもらいたい

    嘘コン・参加。良くある可愛いお話

    10,488

    31


    2022年8月28日更新

    マルグリットの元に、一通の手紙が届いた。 一度も顔を合わせたことのない婚約者が、婚約式の準備をするために、とうとうマルグリットの領地までやってくるのだ。 初めての顔合わせを前に、マルグリットは打ちひしがれる。 「クリスティアン様、どうして婚約を破棄して下さらなかったの!」 他のサイトにも重複投稿しています

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 隣の婚約者の死神さん

    死神と人間が送る恋愛??

    400

    0


    2022年8月18日更新

    共川雫は死期が見える少女。そんな少女を好意に思う死神はある条件を渡し、 彼女に婚約を迫られる。果たして少女の運命は…。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

  • 二人の王子の事件もなにも起きない平和でラブラブな婚約と結婚

    人間の王子×魔族の王子の平和なBL

    10,500

    0


    2022年7月9日更新

    人間の王子と魔族の王子の、事件もなにも起きない平和でラブラブな婚約から結婚まで。 「ふん、お前の笑顔は毒だから振りまくなよ。可愛すぎて皆死んでしまう」「なんだと? 俺の言葉を信じないとは不敬な奴だ。フッ……ならば態度で示すまでよ」 偉そうでキツイ物言いの人間の王子だが、よく聞けば良い事しか言っていない。そんな彼に一目惚れされた魔族の王子はあっという間に惹かれていく。 七歳から婚約した二人の幸せな日常。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 冷酷社長に甘く優しい糖分を。

    富豪社長の雑用兼アシスタントに採用されて

    400

    0


    2022年4月14日更新

    センター街に位置する高層オフィスビル。 【リーベンビルズ】 そこは 一般庶民にはわからない 高級クラスの人々が生活する、まさに異世界。 リーベンビルズ経営:冷酷社長 【柴永 サクマ】‐Sakuma Shibanaga- 「やるなら文句・質問は受け付けない。 イヤなら今すぐ辞めろ」 × 社長アシスタント兼雑用 【木瀬 イトカ】-Itoka Kise- 「やります!黙ってやりますよ! やりゃぁいいんでしょッ」 様々な出来事が起こる毎日に 飛び込んだ彼女に待ち受けるものは 夢か現実か…地獄なのか。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • 両家顔合わせ

    父さん、こんな私を赦してください!

    1,300

    0


    2021年11月26日更新

    あたしは1念2ヶ月付き合ったエイドリアンと婚約の運びとなった その日は、あたしとエイドリアンの両親が顔合わせする日だった…

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 雪華と赤い舞姫

    不器用青年×平凡健気っこの和風でござい

    2,050

    0


    2021年11月4日更新

    名家出身の平凡な娘・雪華に降りかかってきたのは、呪いに侵された青年三瀬との結婚だった。誰からも愛されなかった少女は家を出て、たったひとりの相棒凩(こがらし)を連れて、呪いを体に刻んだ赤毛の男との結婚生活を開始する。

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • 運命の相手が君でよかった

    夫婦になったとある天使達の話です。

    400

    0


    2021年9月24日更新

    婚約が突如決まったシャルル。相手は大天使のカマルだった。抗うことなどできず不安を胸に抱えたシャルルはカマルのいる屋敷やと向かう……。 表紙はぱくたそ様(www.pakutaso.com)よりお借りしました。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • このたび、乙女ゲームの黒幕と婚約することになった、モブの魔法薬学教師です。

    モブと黒幕のじれじれした恋をお届けです。

    1,100

    0


    2021年8月10日更新

    推しを守りたい地味モブ×地味モブに惹かれていく魔性の黒幕のラブコメディ。 失恋をきっかけに、自分が乙女ゲームの世界に転生したことを悟ったレティシア。せっかく舞台となる学園の教師に生まれ変わったのだから、生徒たち(特に推しの王子)をバッドエンドから守ろうと誓う。 そのためにも黒幕で侯爵家の跡継ぎであるノエルを懐柔しようとして婚約を持ちかけたところ、利害が一致して、正式に婚約することになった。 初めはレティシアを警戒していたノエルだったが、彼女が生徒たちと関わっていく姿を見ていくうちに、なにかと傍にいようとするようになる。 「僕のかわいい婚約者さんが何をしているか気になって毎日眠れないんだ。責任とって相手してくれ」 毎日会おうとするノエルに戸惑いつつも、彼が黒幕にならないように手懐けようとするレティシア。一方でノエルは、彼女を他の人に取られないように包囲網を張り巡らせ始めた。 「イケメンでエリートのノエルが私に惚れることなんてないだろうけど、懐いてもらえることくらいはできるかもしれないわよね」 彼の気持ちなんてつゆ知らず、卒業式を無事にみんなで迎えるために奮闘する地味モブ教師は、爆走気味な作戦を繰り出しては黒幕をたじたじにさせる。 目的のために婚約を結んだ二人がいつの間にか惹かれ合うものの、お互いに勘違いしてじれじれするお話です。 ※他サイトでも掲載しています

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 大きくなったら結婚しようと誓った幼馴染が幸せな家庭を築いていた

    その幼女は誰なの!?

    1,000

    0


    2021年7月25日更新

    「おおきくなったら、ぼくとけっこんしよう!」 幼い頃にした彼との約束。私は彼に相応しい強く、優しい女性になるために己を鍛え磨きぬいた。そして十六年たったある日。私は約束を果たそうと彼の家を訪れた。だが家の中から姿を現したのは、幼女とその母親らしき女性、そして優しく微笑む彼だった。 アルファポリス、カクヨム、小説家になろうにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • アフタヌーンの秘薬

    偽装婚約のオフィスラブです。

    0

    0


    2021年4月10日更新

    カフェ店員として働く梨香はある日突然現れた龍峯聡次郎という男に「婚約者のふりをしてほしい」と頼まれる。政略結婚を断るために自分で決めた婚約者がいる設定にしてほしいと言われる。 偽婚約者の契約をすれば謝礼をくれると言う話に、不審に思いつつも金銭的に余裕のない生活から抜け出すために聡次郎のお願いを引き受ける。 すると連れてこられたのは老舗お茶屋の『龍峯茶園』。聡次郎はここの専務だった。 聡次郎は政略結婚を押し通そうとする母親に抵抗するために日本茶とは関係のないカフェで働く梨香と結婚すると主張する。 老舗の龍峯茶園専務の婚約者になるためにはお茶も学んでもらわなければいけない、と聡次郎の母親に無理矢理働かされることに。今まで興味もなかった日本茶を扱う仕事に戸惑いつつも日本茶の魅力を学んでいく梨香。 契約を持ち掛けてきたのは聡次郎なのに梨香に厳しく接する態度にくじけそうになると、時には契約とは思えないほど婚約者らしく優しく触れてくる聡次郎に徐々に心を開いていく。 聡次郎にお茶を淹れること、共に過ごす時間が心地良くなってくる。 契約ではなくて本当に結婚しようと言われて心が揺れ、聡次郎との未来を真剣に考え始める。 お茶を扱う仕事の楽しさを知って、聡次郎との関係も順調な頃、聡次郎の本当の婚約者が現れる。龍峯茶園にとって文句のない婚約者に、聡次郎から身を引こうと決意する。 けれど聡次郎は梨香を婚約者に選んだのは単純な理由じゃない、一生そばに居たい、と梨香へ気持ちをぶつける。

    読了目安時間:4時間20分

    この作品を読む

  • 無気力陰陽師は、ただ一人愛する婚約者の為にその力を振るう

    愛する人のために成り上がった男の話

    2,000

    0


    2021年1月25日更新

    とある国の王都に創設された学園。 そこには無気力で成績が最底辺の『ザルグ=レベルナード』という男と、魔法、体術、剣術、筆記、全てにおいてトップの美少女、『サラム=ルルメジェンド』が、仲睦まじく青春していた。 だがサラムは知っている。ザルグが本当は自分よりも全てにおいて優れていることを。 だがザルグは決して、本気を出さない。 彼が本気を出すのは、『──』の時だけなのだから。 これは訳アリの二人が、なんやかんやあって結婚する話。 ※この小説は友人の趣味をフルスロットルにした話です。作者の思いつきとノリのみで構成されているので、設定がめちゃくちゃになっている可能性がございますが、生暖かい目で見てください。この話が刺さったら友人と杯を交わせますね。 ※この作品はアルファポリス様、カクヨム様にも掲載中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • アイドルと婚約したけど辛いので解消します~だけど泣いてくるんだけど

    見てね!

    1,100

    0


    2020年10月16日更新

    ある日俺には許嫁が出来た。 だけど同棲生活をしてわかった!俺は、この子とは上手くいかないと。そうして生活をしていくうちにお互いあまりしゃべらないようになった。 そして俺達には事件が起こり、婚約を破棄しようとするが 許嫁がめっちゃ泣いてくるのだった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 怪力令嬢だって幸せになりたい。

    怪力令嬢だって幸せ目指していいですよね⁉︎

    1,200

    0


    2020年6月25日更新

    見目麗しく朗らかなイレーナ・ロベールは侯爵家のご令嬢。 将来は自分の家の嫁に迎えたいという人で溢れることは簡単に予測できました。 一見して欠点などどこにも見当たらないような彼女にもひとつだけ致命的な欠点があったのです。 それはスキル。別名神の贈り物。彼女が神から贈られたスキルは「怪力」だったのです。 一生独身の教会生活か幸せな結婚……もちろん目指すのは幸せな結婚ですわ! 怪力令嬢だって幸せ目指していいですよね!? これは怪力令嬢が平凡な生活と幸せな結婚を目指す物語です。 ○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○ つたない部分もあると思いますが温かい目で見ていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。 ※1話約3000〜4500字程度です。

    読了目安時間:3時間8分

    この作品を読む

  • 薔薇の令嬢と守護騎士の福音歌(ゴスペル)

    没落令嬢は幸せを求めて棘の道を行く

    2,200

    0


    2019年10月31日更新

    ここはエイコー大陸の西:ポメラニア帝国。賢帝と名高い 第14代 シヴァ帝が治めていた。 宮中で開かれる彼の治世が始まって20周年の宴において、シヴァ帝の第1皇女:チクマリーンと四大貴族の1家の次男坊ナギッサ=ボサツとの婚約が発表されることとなる。 次代の女帝候補とその夫君が決まったシヴァ帝の治世はいよいよ謳歌を迎えようとしていた。将来の女帝の夫を輩出することになったボサツ家もまたその栄華を享受しようとしていた。 そして、所変わり、水の国:アクエリーズのとある湖畔のほとりの小さな|社《やしろ》で、1組の男女が将来を約束しあっていた。 女性の名はローズマリー=オベール。彼女はボサツ家の部下である男爵家:オベール家の一人娘である。 そんな彼女と『婚約』を交わした男は、彼女が幼きころより従者として仕えていたクロード=サインである。 ローズマリーとクロードの将来はシヴァ帝の治世のように輝かしいモノになるはずであった……。 のちにポメラニア帝国が属するエイコー大陸で『|薔薇の貴婦人《ローズ・レディ》』と恐れられるようになるローズマリー=オベールの物語が今始まる!

    読了目安時間:7時間8分

    この作品を読む