嫌われ者

検索結果:3件

  • 嫌われ少年魔術師の憂鬱

    敵は運命。武器は小さな身体と微々たる魔力

    13,900

    125


    2022年1月20日更新

    『正義に信念? そんなもので生きていけるか!』――己の正義と信念を貫いた結果、強力な呪いのせいで子供化(10歳)し、魔力も激減した天才憲兵魔術師エフェルローン(中身26歳)。そんな、運命に弄ばれ、信じる正義にも裏切られた彼が選んだ新しい生き方――それは、「長いものには巻かれ、不正は見て見ぬ振り、平穏無事に日常を送り、生活できる程度の金を稼ぐ」というものだった。 だがそんな、当たり障りのない日常に夢を馳せたのも束の間、かつて天才故に買っていた恨みや嫉妬のせいで、平穏な日常は直ぐに不穏な空気を宿すことに。 そうして始まる、陰湿で狡猾な嫌がらせの日々。 仕舞いには、要人のコネ入庁の新米女憲兵を、「怪我を負わせず、一人前にしろ」と、到底無理な任務まで上から押し付けられる羽目に。 「これが、正義と公正を掲げるお膝元のする事か――?」 エフェルローンはそんな現状に苛立ち、初めは怒りを覚えて反発していたものの、全てが黙殺される現状に、次第に反抗心は萎え、最後には現状を甘受するまでになってしまう。 そして、時々思いだしたようにこう呟く。 「俺の守りたかった正義は……信じていたものは、一体、何だったんだろうなぁ……」、と。 そんな中、与えられる次なる任務。 始めは、「よくある事件」とたかを括って挑むものの、事件に足を踏み入れたが最後。 それは、彼の友人、さらには家族までをも巻き込み、混沌の様相を呈していく。 秘密、陰謀、嫉妬、憎しみ、悲しみ、愛情、友情、裏切り、そして――死。 もう、無関心、他人事を決め込むわけにはいかない。 後戻りも出来ない。 そんな追い詰められた状況に、エフェルローンは本気を出さざるを得なくなる。 とはいえ、本気を出したところで下級魔術師の力などたかが知れているのも事実。 どこまで犯人を追い詰め、何処まで食らい付けるのか。 不安と恐怖に慄きながらも、エフェルローンは小さい体で、最弱の魔法と微々たる魔力、そして、最悪に少ない人脈で、見えない敵に立ち向かう。 大切なものたちの大切なものを、守りたかったものを守り通す為に――。 (ダーク且つシリアス(時にコミカル)な、ファンタジーミステリー(恋愛少々)です。よろしくお願いします(深々))

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • スライムになった彼女と、彼女を騙されて食べてしまった俺の成り上がり冒険譚〜微ざまぁな公爵令嬢と美女スライム彼女の相性が鬼悪いようです~

    見た目で判断したら……裏切られますよ?

    1,600

    0


    2021年3月31日更新

    ある日後継者を探す魔王の手違いにより、優の彼女である智夏がスライムの姿に変えられてしまう。 それでも智夏と一緒にいることを選んだ優は試行錯誤をしながら生活をするが、天使ミルフィに智夏を元に戻す手がかりを教えてもらい、異世界に行くことを決意する。 しかしそこからが問題の始まりだった―― 魔物からも人間からも気持ち悪がられ、嫌われているスライムに居場所はない。 そんなアウェイな世界で生活を開始した優と智夏は、騙され、騙され、騙された挙句、追放され、殺されかけ、もう信じることの出来るものは―― そこで優は一つの真意に確信を持った―― 「人は見た目で判断しちゃいけない……か、分かってたつもりだったんだが……」 怪物か人間か、悪いやつか良い奴か、そんなモノ、初対面で決められるものでは無いのだ―― 気持ち悪い見た目のやつが良い奴で、超絶美少女は極悪人……。 そんな何もかも信用出来ない世界で、優は智夏を助けるために冒険者として駆け回る! 「ふひひ、今あんたが食べたゼリー……お前が好きで好きで仕方ない、彼女だぞ? ふひひひひ!」 「はぁぁぁあ!?!?!?」 タイトル通り、俺、騙されて彼女を食べちまうんだけどね――

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • サキュバスとのハーフで嫌われ者の自分はアイテムを駆使して成り上がる〜優しすぎてモンスターが倒せないので誰か助けてください〜

    いじめられても優しさで成り上がる!

    1,000

    0


    2020年6月26日更新

    「ごめんねぇぇぇぇぇっ!!」 『ゴァァァァッッッ!!!』 サキュバスとのハーフであるフェイ・ユリウスは、今日もダンジョンで謝り続ける―― モンスターとのハーフという異例故に、街の人全員から嫌われ、冒険者学校に通っていた頃からいじめにあってきたフェイは、人の暖かさを知らない。 それでも彼は人を恨まない―― 「ごめんね!」 と、いつも謝り続けていた。 そんなある日、同級生に嵌められたフェイは、ダンジョンのトラップに引っかかり絶体絶命のピンチに陥る。 「クスクス、あなた助かりたい? 助かりたいなら私のこれ……買わない?」 そこに現れたのはアイテム生成だけが得意なヒューマンの女の子―― そこから使い道のなかったフェイの魔力吸収は大活躍し!? これは味方ゼロ人の世界から、不便な性格と体を駆使して成り上がっていく、英雄だった父に憧れた少年の物語―― 「他の人が不幸になるなら……全部僕が引き受ける――!」 あと見た目で人を判断するのはやめようね☆

    読了目安時間:21分

    この作品を読む