季節

検索結果:18件

  • スッとあなたの心を癒す詩の集会場

    短い詩であなたの心へ寄り添います。

    1,500

    10


    2022年11月18日更新

    詩であなたを癒しましょう🌿☔️ 雑食紺太郎です。 詩によって変わる登場人物を自分に当てはめながら読んでみてください。あなたの孤独を寄り添って癒していきます! 日々思ったことや感じたことを短くわかりやすいように詩にしたものを投稿していきます。日々更新していければと思ってます。

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • 春の定義は

    女子大生鬱屈モラトリアム

    64,700

    0


    2022年11月16日更新

    春の定義は? オオイヌノフグリ。ヒメオドリコソウ。カラスノエンドウ。 覚えてる? 小学校で習ったでしょう。 そういうね、誰のものでもない野花たちがひっそりと息づき始める頃かなあ。 それが春。 日照時間とか平均気温とか、地球の公転周期、そういう話じゃない。 私たちの思い描く春、それは何っていう話。 あの子の答えはというと、いつも想定のずっと斜め上。 ※「小説家になろう」と重複投稿です。

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

  • 求めたくなる世界へのお話

    1,000

    0


    2022年8月16日更新

    3つのワード「旅行」「日和」「食事」「桜」をもらって35分内タイムトライアル作品です。 ほんの少しでも楽しんでもらえれば嬉しいです。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • アレクとジェルの植物図鑑

    コラボ企画! 文:白井銀歌/写真:ハルカ

    7,200

    110


    2022年4月28日更新

    ●コラボ企画について 『アレクとジェルの植物図鑑』は、白井銀歌さんとハルカ(私)のコラボ企画です。 錬金術師の兄弟「アレク」と「ジェル」が、写真とともに季節の花や植物をご紹介。 Twitterでは「#それひばハルカ支部」タグでおなじみの企画。 ノベプラ版では多数の植物を追加! 見ごたえのある植物図鑑になっています。 植物の写真とともに、好奇心旺盛なアレクと博識なジェルの会話をお楽しみください。 ●原作 アレクとジェルが登場する小説はこちら。 古今東西の不思議な話をモチーフに、コメディタッチで描かれる作品です。 白井銀歌・作『それは非売品です!~残念イケメン兄弟と不思議な店~』 https://novelup.plus/story/504207172 ●写真について ・スマートフォンで撮影。 白井銀歌さんが作成したウッドキーホルダーを用いて私(ハルカ)が撮影しています。 ウッドキーホルダーの裏側にマスキングテープで割り箸を貼り付け、撮影した写真を加工して割り箸を除去しています。 ・写真には「トリミング」「回転」「色調調整」「明るさ調整」「割り箸除去」「文字入れ」などのフォトレタッチを施しています。 ・撮影時には植物に触れないよう細心の注意を払い撮影しています。 ●文章について ・目次(エピソードタイトル)に★がついているものは、本文に「アレク」と「ジェル」の会話があります。 ・植物の情報については、Wikipediaやその他のサイトを参考にしています。 ●エディブルフラワー(食用花)について 食用の際は、必ず【エディブルフラワー用】として栽培されたものをお召し上がりください。 【観賞用】として栽培されている植物は農薬が使われている場合が多く、食べると人体に害を及ぼす可能性があります。 ●作者 原作・キャラクターグッズ作成:白井銀歌 文・フォトレタッチ:白井銀歌・ハルカ 写真撮影:ハルカ ※文・写真とも、すべて原作者である白井銀歌様の許可を得て掲載しております。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 4

    豊かな平原とそれをみつめる2組の瞳

    16,400

    9


    2022年3月13日更新

    テネドールは豊かな平原の折々を見つめていた。そして、変わりゆく風景の中には変わらない君がいた。 荒間星様主催の「ファンタジック原風景コンテスト」参加作品です。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 炎の代理人外伝集

    短編集なんでいろいろ

    200

    0


    2021年12月30日更新

    外伝と小ネタになります。 1話完結編。 話によってノリに差があります。

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む

  • 四季彩/colorful

    彼岸の時刻に触れている。

    100

    0


    2021年11月23日更新

    掌に収まった、本の弾力を確かめている。 線香の白煙と枯葉化粧が、彼岸の時刻に触れている。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 春の話

    春が寂しかったので思いつきました

    0

    0


    2021年5月15日更新

    季節自体を擬人化してみたお話です。雑なところはありますがよろしくお願いします。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 冬の子

    季節の移り変わりのお話

    1,000

    0


    2020年11月14日更新

    紅い葉が落ち始める秋の日、そろそろ仕事の時期だと冬の子がうごき出します。 冬の子は葉っぱを落として北風を呼び、冬の訪れをつかさどります。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 足摺りて たな知らぬもの 頬張るも ころもまとうて 食えど飽かぬも

    現代料理男子と平安乙女による美味しい物語

    3,000

    0


    2020年11月7日更新

    あしずりて たなしらぬもの ほおばるも ころもまとうて くえどあかぬも 時代が違えど美味は美味。 食べ盛りの平安乙女"若紫"と、 現代青年"三木みさと"の織り成す、 頬落ちる、おいしいおいしい物語。 祖父の死をきっかけに、座敷わらしが出ると噂されていた書庫蔵に足を踏み入れた料理上手の青年・三木みさとは、そこで若紫と名乗る女児に出会う。源氏様に美味しいご飯を振る舞いたいという若紫の願いを聞き、みさとは彼女を弟子にすることに──。 時代を超えて紡がれる「美味しい」の物語。 イラスト Soyokaze,かすり,うりょう,はぎのひよ,有坂ルナ,K/H

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 夕空に映る心

    朝日の次は夕日です。

    1,000

    0


    2020年10月21日更新

    天才と称された秋暮夕は周囲からの期待に応えなければと自分を追い込んでいた。 そんな夕に、夕空に染まる世界から一つのメッセージが降り立った。 そのメッセージは……。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 雨上り、雨宿り。

    雨の中歩くことの気持ちを表してみました。

    0

    0


    2020年10月10日更新

    とある日に雨が降りました。 雨の中外にいた子、室内から外を眺めている子。 どんな気持ちな違いがあるのかを想像しながら、雨を宿らせながら読み進めてみてください。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 秋の便り

    企画ものです

    10,200

    0


    2020年10月5日更新

    秋の便り

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 積み木の夏

    季節は廻り続ける

    12,500

    1,230


    2020年9月24日更新

    あの夏、私たちは祖母の家に集った。 そこで子供たちみんなで遊ぶことになったのだが、「私」は周囲にうまく溶け込めなかった。 まるで孤独に染まった異世界の住人のように。 しかし遊んでる最中「私」は何者かの声を聴くことになる。 その声とは……

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 秋意

    秋から派生するものに思いを馳せつつ

    100

    0


    2020年5月2日更新

    「秋」って他の季節よりも人によって連想するものが違うような気がします。、 じゃあそれ全部できるだけ盛り込めないだろうかと挑戦してみました。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 【短編】季節外れの年賀状

    やあ。

    0

    0


    2020年3月17日更新

    年賀状とは正月に届くもの。俺の叔母さんはそんな常識をひっくり返した。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 雪のなんびと

    是非、お楽しみくださいませ。

    800

    0


    2020年3月2日更新

    春が来る、それは冬の終わり。冬が終わる、それは春の始まり。 山に迷い込んだ少年。そこである女に出会う。その女は冬をこよなく愛する。少年にとってこの出会いがどう影響するのか、知ることができるのはあなた方だ。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 穏颪

    「当たり前の季節」それはどこから?

    1,000

    0


    2019年8月24日更新

    かつて季節を失った街があった その街に再び季節をもたらした者がいた だがその真の姿を見た者は無い そしてその者は人の入れない山に住んでいると言われる

    読了目安時間:22分

    この作品を読む