孤独

検索結果:59件

  • 春の定義は

    女子大生鬱屈モラトリアム

    38,100

    0


    2022年7月7日更新

    春の定義は? オオイヌノフグリ。ヒメオドリコソウ。カラスノエンドウ。 覚えてる? 小学校で習ったでしょう。 そういうね、誰のものでもない野花たちがひっそりと息づき始める頃かなあ。 それが春。 日照時間とか平均気温とか、地球の公転周期、そういう話じゃない。 私たちの思い描く春、それは何っていう話。 あの子の答えはというと、いつも想定のずっと斜め上。 ※「小説家になろう」と重複投稿です。

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 線香花火だった

    「引退」をした。

    0

    0


    2022年7月5日更新

    孤独になった男が公園で線香花火をした話です。 文披31題五日目:お題「線香花火」

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 虚構という名の塀の中II

    生きるということ

    9,888

    100


    2022年7月4日更新

    生きるということをテーマにした詩集IIです。 なので、重いところもあるかもしれません。 生きるということ 死ぬということ それはいつも背中合わせにあって 紙一重なんだと思う 独りで抱え込まないで 貴方を見てくれている人はきっといます ⭐️書き下ろし ♠️過去作品をリメイク

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 虚構という名の塀の中

    生きるということ

    69,219

    730


    2022年6月1日更新

    生きるということをテーマにした詩集です。 なので、重いところもあるかもしれません。 生きるということ 死ぬということ それはいつも背中合わせにあって 紙一重なんだと思う 独りで抱え込まないで 貴方を見てくれている人はきっといます ⭐️書き下ろし ♠️過去作品をリメイク

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • ヤングケアラー

    いわゆる「毒」たちとの戦い

    3,000

    0


    2022年5月7日更新

    お時間がとれない場合は、第3章からお読みください。 家族小説です

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

  • 君の好きを響かせて

    『好き』で居続けるって孤独なことなの。

    1,400

    20


    2022年5月6日更新

    シロクマはピアノを弾く少女に出会い、少女の曲を『好き』になった。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 偏屈な私の孤独な一生

    たとえ望んだ未来じゃなかったとしても

    0

    0


    2022年5月5日更新

    「女は勉強なんかしなくったっていいんだ!」 それが母さんの口癖だった。 愛想良く、明るい笑顔で、男を立て、子供を生み、家庭を支える。それこそが女の幸せなんだよって。 いつしか母さんとは喧嘩ばかりするようになった。可愛かった妹のことが、段々疎ましく感じるようになってしまった。 だから私は家を出た。 最後に見た母さんの顔は、やっぱりいつもの怒った顔だった。妹は何時も通り、ニコニコ笑っていた気がする。 私はただ、もっと学びたかっただけ。どうして分かってくれないの? 家を出て独りになって、私は現実に打ちのめされる。いつだって思い出すのは母さんの言葉。 きっと私の人生に意味なんてなかった。きっと私の人生に価値なんてなかった。きっと私の人生は誰にも理解を得られない。 きっと私の人生は幸福ではなかったのだろう。いや、はっきりと、不幸な人生であったのかもしれない。 それでも私はいつも通りにこういうのだ。「貴女のことなんて大嫌いだ」と。 ※アルファポリス様でも同名の投稿をしております。内容に差はありません。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/845630407/785373210

    読了目安時間:1時間51分

    この作品を読む

  • 俺は異世界にて独りぼっち

    戯れで書きました。

    1,600

    0


    2022年5月1日更新

    日本出身の主人公の青年は、ある日突然異世界に転移し、紆余曲折を経て崖沿いにある城での生活を許され、人望に恵まれて何不自由なく快適に暮らしていた。 しかし、そんな夢のような日常は突如として終わる。 人間というのは結局、独りきりでは生きられないものなのだろうか。 【他サイトでの投稿状況】 ・小説家になろう(URL: https://ncode.syosetu.com/n5396hp/)

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 就活作文4!

    「無人島に何持ってく?」

    0

    0


    2022年3月15日更新

    水平線の向こうに行くなら、あなたは何を持っていく?

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 命のロウソク

    今の気持ちを素直に書いています。

    700

    0


    2022年3月7日更新

    感じていること、思っていること、考えていることを素直に書いて行こうと思っています。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • Magic Art Night

    多くの方にこの物語が届きますように。

    0

    0


    2022年1月30日更新

    「愛」も知らない「逢」の物語。 孤独を抱える青年、藤宮聡一。聴覚障害の妹を抱える陽気な青年、黒瀬大暉。優等生とサイコパスの仮面を被る少女、小林菜月。三人の出逢いから始まる「全国学校放火計画」。いじめ、言語障害、聴覚障害の悩みを抱える人間達と出逢い、徐々に仲間が増えていく。その最中で哀しい過去が明らかにーー。 それぞれの視点から物語が綴られる、至高の恋愛短編小説。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間18分

    この作品を読む

  • 市原ストーリー

    頑張りますので、よろしく!

    900

    0


    2022年1月3日更新

    この作品は30年以上も脱出できずに住んでいる中堅都市、市原のとある住人の随筆文である、恋あり、笑いあり、人情ありのドタバタ物語。自電車に乗って、あくせくと働く市原市民の不満を暴露します、幸せ貧乏でどこが悪い? 市原市というと東京から離れたパッとしない街で昔は不良が多い街で荒れて、さびれた感がある。上流階級は邪魔というのが市原の不文律でもあった。ひとこと多い当たり屋的なやから、殺し屋のようなもの、何となく住んでいる人、並みなぶすめ達、ヘイトスピーチがやたらと上手い女、変顔なおじさん、おばさん達、本当に弱気な男、おっとせい的にいやむささび的とでもいうか東京と市原をいったり来たりして住んでいる人達、たまに現れるだけの奴、大丈夫ではないのに見栄をはっている人達とそれを持ち上げて、大金を取る女たちなどいろいろな人種が市原には生息している。 都会では通用しない、いや逃げてきた。何といっても女はブスが多いし、かわいい彼女はできない街、人からは敬遠される、運が悪くなる、かかわったら終わり、やたらひねくれた奴がいる、家族の仲が悪いなどいろいろと問題を抱えている、やる気がない 人たちが多いようです。ここに住むのは頭がおかしい、いかれているなんかダサい、金の無い街、貧乏、ふつうの街、欲がない、かといって仲が良い、いい服は売ってないし、あってもすぐに売り切れる、雑音がすごい、やくざ者、ムショ帰り、ださい、いも、暴走族、道路は舗装されておらずで区画整理もされていない。道路は舗装されておらずでこぼこ道なんて時代もあり、そんな中、おやじのバンに乗った記憶もある。住民のイライラは募るばかり。友達は外人しかいないというのが特徴的だった。さて、そんなところで、今では昭和時代とは様変わり平成後期時代になってからは時代の流れもあるが、ちょっとしたファッションタウンに生まれ変わり、全国から移住して来た民が大多数だ。ひと昔前の市原とは違う。リトバルスキーやオシムチルドレンなんかで有名な名門サッカーチームのジェフ市原は千葉に移転したが、名前はちゃんと残っている、万年J2にいるのはちょっとね。 なんかやっかいな街、難しい街、普通の人には馴染めない街、口が悪い、下品、人格破壊を起こす。頭悪い、中途半端。でも今ではアリオには映画館もあるし、食事、イベントなんかもあるし、女性が増えた理由はわかる.....

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • ハガキ

    人は孤独から逃れられないけれど

    3,600

    0


    2021年12月18日更新

    安楽死が合法化された社会 20歳の誕生日から10年ごとにハガキが届く それを持って機関へ行けば安楽死できる このチャンスを逃せば次は10年後 孤独を抱える男の最後の1週間

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • 幸せは霧

    幸せを求めても意味はない。

    1,000

    0


    2021年12月18日更新

    ナイフを持って会社に押し入る男 死んでもいいと思っている男 二人の男が対峙する 人は幸せを求める だが、そんなものはどこにもない

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 彼女の永遠

    人の理想が叶う時代の到来に何を思うのか?

    500

    0


    2021年12月18日更新

    人の意識の電脳化が実現した まだ普及はしていないがこれから徐々に広がっていくのだろう 次第に変わっていく環境と人の価値観 そんな中でいつまでたっても変われない自分 ある日、恋人がオレに言った 「一緒に向こうの世界に行こう」 変わっていく世界 変わろうとする彼女 変われないオレの物語

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 君が好きなんだ

    傷つけても傷つけられても一緒にいたい

    200

    0


    2021年12月16日更新

    「誰も傷つけず誰からも傷つけられないようにする」と決心した黒猫の物語

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 彷徨う寂寥

    居場所を求めて彷徨う寂寥。

    700

    0


    2021年11月3日更新

    居場所を求めて彷徨う寂寥が、 私の元を訪ねてきた。 ――日暮れにしずむ烏の声よ、 ――なき疲れて眠ってくれるなよ。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 小説たらしめる歩み

    夏休みにヒロアカ展行ったぬーん

    0

    0


    2021年11月1日更新

    小説の運動性って何かの本で読んだけど、こゆこと?

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 初めての友だち

    …孤独が生み出す悪夢…

    16,900

    0


    2021年8月25日更新

    中学2年生の頃に書いた短編ホラーです。 過去に二度、人前で朗読しており、かなり好評な作品です。 お楽しみください。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 夏の陽《ひ》燃えて

    「救国の乙女」ジャンヌ・ダルクの面影。

    800

    0


    2021年8月13日更新

    ――もし勝利の女神がいるとしたら、この甲冑の乙女以外の誰だというのだ。 「勝利王」シャルル七世の目を通した「救国の乙女」ジャンヌ・ダルク。 *複数のサイトとの重複投稿です。 ――2021年9月11日、他所で指摘を受けてジャンヌの出身地を「ドンレミ」に修正しました(他の内容は不変です)。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 詩集 百万年の孤独

    現代詩です

    3,600

    0


    2021年8月4日更新

    夢咲香織の孤独を見つめる目を通して見た世界。何処か乾いた詩情と、底に眠る美を自由に表現しました。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 誰かの温もりを探して

    待っていても消えない孤独

    1,100

    0


    2021年7月7日更新

    杏菜は誰かに手を握って欲しかった

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 独りーミングスノー

    北陸地方雪かきボランティアの旅。

    6,100

    30


    2021年5月29日更新

    「ファンタジー系」「高校珈琲」に次ぐ、 どうしようもない主人公森川チロの暗黒青春小説第三弾。 今回の舞台は北陸地方。雪かきボランティア。果てに何を彼は見るのか?

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 復讐の村人と絶望の魔女

    読んで泣いて欲しい

    400

    0


    2021年5月24日更新

    力を欲する村人と力を忌み嫌う魔女。 二人が出会う時、何が生まれるのか──!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • エインセル

    その黒猫に『自分自身』と名前を付けた

    2,100

    0


    2021年5月8日更新

    その猫の黒色は、私の髪の色と同じだった。 その猫を私自身だと思い、私自身であるように願った。 私と黒猫エインセルの物語。 ※他サイトでも公開しています

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 革命

    孤独の殻を破れば見えるものがあるかも

    900

    10


    2021年4月21日更新

    『はみ出し者』として生きる孤独を抱えたサラリーマンに起きた小さな革命のお話です。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 足錠

    この足錠を外してしまえば、彼はきっと

    0

    0


    2021年3月24日更新

    足錠で繋がれた、二人の歪な生活。 Twitter企画タグ:#週一創作ワンライ お題 ・痛 ・うなじ ・さよならを ・想像と違って ・「私(俺)が嘘ついたことある?」 ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • エラーは吐けない

    街角で、一匹。

    100

    0


    2021年3月12日更新

    人間を選べない蟹の話。 「昔から、違和感を感じていた」

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 無意味な人生と色鉛筆

    孤独なOLが出会った謎の人物。

    5,000

    0


    2021年2月26日更新

    幸せは人それぞれ。 でも私は幸せにはなれそうにない。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 僕は約束ができない

    「怖いんだ」

    100

    0


    2021年2月12日更新

    約束をするのが怖くなって一人になった人の話です。救いがない。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む