宇宙移民

検索結果:2件

  • ハードSF特集!詰込めるだけ詰込みます

    ♡1,300

    〇0

    SF・連載中・38話・57,572字 水谷 遥

    2020年9月13日更新

    感情が毎日リセットされる「エデン」において、アイはイレギュラーであった。 終には追放を迎えた日、「エデン」に向けて、コロニーが落とされる。 「愚かな選択から、人は逃れる事ができないのか?」 星外人類と共に、アイは新たな未来、人類の想像を開始した。 イメージソング 「wite&see〜リスク〜」宇多田ヒカル (謎PVとの関連性はありません) ※ 内容的にはガチのハードSFです。古典的なSF要素を詰め込みますので、入門書になれば幸いです。 (ラノベのつもりで書いています) ※ もろパクリ設定が出てきますが、最早「お決まり」という事で受け流して下さい。 ※ 連作になりそうです……。一部は10万字くらいで終わらせる予定です。(かなり長くなりそうです……) ※ SF初心者なので、指摘がありましたらお知らせください。全力で参考にします。 ※ エブリスタにも掲載中です。基本そちら先行、所設定、解説などはそちらコラムにて掲載しています。 『参考図書』 アーサー・C・クラーク 「幼年期の終わり」 アイザック・アシモフ 「われはロボット」 ロバート・A・ハインライン「宇宙の孤児」

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡76,400

    〇90

    SF・連載中・86話・392,308字 K1.M-Waki

    2020年8月30日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。