宝石

検索結果:21件

  • 運命と宝石に導かれた一人の王子の物語

    ♡11,800

    〇710

    異世界ファンタジー・連載中・64話・131,189字 流飴

    2020年10月29日更新

    少年は戦う。愛する国と大切な人を取り戻すために。宝石と魔法、人々の思いが交錯するファンタジー戦記。 ウィンクリア・ルナーエは『いらない王子』だった。 魔法の力を宿す「宝石」をもって繁栄してきた国、ルナーエ。 女王君主制により王位継承を持たない第一王子ウィンクリアは、建国当初から続く悪しき弊風により不遇な扱いを受けていた。 愛する両親と双子の妹、護衛騎士クラルスに助けられながら心優しい少年に成長する。ウィンクリアとクラルスは互いに信頼しており、心の支えになっていた。 女王である母から告げられる「宝石」の秘密。同盟国の不穏な動き。ある日を境にウィンクリアの日常は急転することになる。 全てを受け入れるにはまだ幼い、『いらない王子』と蔑まれた少年は、それでも愛する人たちのために剣を取る。

  • 歌う事、それはただ「歌う」だけではない。

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,503字 音羽 朱

    2020年9月30日更新

    歌手を目指すには、『歌が上手い』だけでいいのだろうか? 主人公が夢と歌うことについて考えるお話

  • 鉱物×百合のコズミックホラーです

    ♡3,200

    〇0

    ホラー・完結済・1話・19,963字 高橋末期

    2020年9月22日更新

    東京都御徒町で、宝飾店を営む石渡鋳音子(イネス)は、モルダバイトのリングが飾っているショーウィンドウに、釘付けとなっている高校生、椎名琳(リン)と出会う。そのモルダバイトが自宅から盗まれた、祖母のものだと主張する琳であるが、鋳音子はその証拠は何かと問うと、「虹色に光っているから」と答えた。 琳は、鋳音子と共にこのモルダバイトの正体を、琳自身に降り掛かった呪いを解明する為に、これから恐怖と狂気の神々が蠢く『向こう側の世界』の片鱗に触れる事を、彼女はまだ知る由もなかった。

  • 植物の花、宝石の花、そして"第三の花"

    ♡5,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・8話・31,651字 おしそ

    2020年9月22日更新

    この世界には2つの花があった。 一つは香料や観賞等に使われる『植物の花』 一つは魔法や触媒等に使われる『宝石の花』 金銭取引から魔法、薬学にまで…… この世界では〈宝石〉や〈花〉といった自然物が 世界の文化に大きく貢献している そんな世界でとある少女の存在が 奇しくもある王国を脅かそうとしていた。 彼女は"第三の花"だという。誰も知らない不思議な種の花だった また、そんな王国のために、少女のために、 「平和と花の国の姫」が儀式や仲間と共に旅をする。 ケミカル✕ジュエルな世界で織りなす 旅紀行型マジカルファンタジー お話のはじまりは 少女と姫君を見守る、 洞察力にすぐれた一人の〈仲間〉の目線からになります。 (三人称視点)

  • 百合の短編集です。 詩とかも載せます。

    ♡6,100

    〇0

    文芸/純文学・連載中・8話・8,515字 阿賀沢 隼雄

    2020年9月13日更新

    基本百合短編を載せていく予定です。あと少し詩も。 基本はTwitterで載せきれない分量の短編を書きます。 カクヨムでも公開しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054917713410/episodes/1177354054917713452

  • 【注意】少し痛い表現があります。

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,826字 ななさん

    2020年9月12日更新

    左眼に佇むオニキスを抉り取り、祖母の手向にしようと思う。 ※短編集『夢から覚めてしまう前に』収録

  • 愛は形を変えながらずっとそこにある

    ♡12,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・69話・278,824字 夜色椿

    2020年9月8日更新

    こちらの作品( https://novelup.plus/story/120323352 )の番外編にあたります。 宝石から生まれたロゼはいろいろな人に支えなられながら真っ直ぐに生きていきます。 生まれることを願ってくれたルミエールの未来を願って手を離したり、大好きな二人の仲を取り持ったりと大忙し。 そんな中でも新たな出会いがあって、別れがあって。 そばで見守ってくれる大人たちも本当は弱い心を隠していることを知る。 そんな感じの物語です。 表紙は菌類さんtwitterID @mushroomfields に描いていただいたものです。

  • ※AMG夢コン応募作品です

    ♡400

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,555字 源侑司

    2020年9月5日更新

    ↓↓↓下のタイトル【君と二人宝石を並べて】をクリックすると読めます(*'▽')

  • 探偵と怪盗とテロリストの三つ巴の戦い!?

    ♡0

    〇0

    ミステリー・連載中・5話・4,979字 耕一

    2020年8月21日更新

    突如圭介のもとに送りつけられた怪盗からの挑戦状。そこには亜美の友人である赤澤美琴の父、赤澤勉が海上に建設した神志山ホテルに展示されたブラッドジュエルを盗ると記されていた。宝石を守るため、鳥羽警部と共にホテルに出向く圭介だったが、その前にテロリストが現れる。2つの脅威から圭介は宝石を、そして大切な人を守りきれるのか? 〜登場人物〜(随時更新していきます。) 松本 圭介 名張 亜美 鳥羽 勇 城ノ口警部補 赤澤 勉 赤澤 美琴 建田 俊樹 藤島 修斗 三井 照之 周防 大吾 怪盗クロウ カグツチ イワ ネク ツツ ヒヤ タケ

  • チャラい鉱石少年×夏嫌いツンデレ少女

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・2話・2,831字 上月琴葉

    2020年8月9日更新

    「夏がきらきらしてるのなんて、物語の中だけだと思ってた」 夏嫌いなツンデレ少女瑠璃はひょんなことからクラスのノリの軽い男子菫の石を割ってしまう。 引き換えにお願いされたのは「鉱物の物語を紡ぐこと」。

  • 愛されたい愛したい全ての人へ

    ♡26,400

    〇100

    現代/その他ファンタジー・完結済・24話・160,919字 夜色椿

    2020年8月2日更新

    中世から現代に移り変わる狭間の時代。消えゆく不思議や妖精たちを惜しんだ見世物小屋シルク・フリークが隆盛を極めていた。 だが、そこで見世物にされているのは身体改造を施された見目のいい子供たち。 そんな子供たちの中にたった一人本物がいた。 宝石から生まれた不思議な少年ローズが発見されたことから始まる愛を探訪する物語です。 愛されたい子供たちと愛したい大人たちの儚く切ない、けれど幸せに向かって力強く歩み続ける彼らの物語をお楽しみください。 完結済みとさせていただいておりますが、番外編や続きなどでお会いできたらと思います。 表紙は菌類さんtwitterID @mushroomfields に描いていただいたものです。 続編はこちら https://novelup.plus/story/267391809

  • 名前は不思議な力を持っているのです

    ♡1,600

    〇0

    文芸/純文学・完結済・7話・21,028字 日曜日夕

    2020年7月2日更新

    丘の上に建つ大きな屋敷に住む、真っ白なドレスを着た紅い瞳の女の子。ある日彼女は名前が欲しいと、屋敷を飛び出しました。白い鳥を追いかけて公園まで来た彼女は、自分の名前を探し始めるのでした。

  • 異世界戦隊ストーリー爆誕!?

    ♡31,350

    〇105

    異世界ファンタジー・連載中・160話・706,867字 桐生連

    2020年5月19日更新

    夢の戦隊のレッドになれた!異世界で!? 遊園地のヒーローショーで敵兵のスーツアクターをしていた青年、猿渡涼はある日憧れのレッドのスーツをこっそり着た日に不思議な石を拾い控え室を後にすると扉の先は異世界だった!!そこでは悪の軍団が本当にいた。そこで出会った身体が宝石のティラノサウルスに選ばれ涼は本当に戦隊をする事になった。集う仲間は個性的すぎる面々、果たして異世界を平和に出来るのか!?

  • カッコかわいい猫と強い美女の活躍をどうぞ

    ♡300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・27話・53,015字 赤だしお味噌

    2020年5月17日更新

    猫だ猫だと言われ続けてブチ切れた黒猫は里を捨て、美人妹助手と共に大都市で探偵業を営んでいた。 黒猫は宝石を探している。 理想の体を手に入れるための、伝説の宝石だ。 世の秘密を暴く探偵とは、所在不明の宝石を追う彼にとって理想的な職業だった。 猫の耳、猫の鼻、夜の翼、不思議パワーを駆使すれば、人の秘密を暴くのはお茶の子さいさい。 戦闘センス抜群の妹と力を合わせれば異形の存在を相手取っても怖いものなし。 しかしそんな彼の元に持ち込まれる依頼は、ひと癖もふた癖もあるヘンテコな依頼ばかり。 戦闘狂娘の素行調査。 寝取られそうな男の浮気調査。 下着ドロの追跡。 極道動物組織の取りまとめ。 サイコ少女の罠。 悪徳女警官のヘルプ要請。 ゴリラとの再会。 街の闇に紛れる強盗団。 謎のいけ好かない白鳥怪盗との出会い。 まさかの巨大昆虫との友情。 性欲お化け騎士団の魔の手。 そして、異形の存在を暗躍させる教授との対決。 そんな忙しくも楽しげな日々を送る黒猫と妹助手は、やがて都市の存続をかけた大きな事件に巻き込まれていくことになる。 妹に溺愛される礼服猫よ翔(かけ)ろ! 宝石を手に入れる、その日を夢見て! ◇◆◇ 不定期ですが、区切りでまとめてアップします。 短編連作形式です。1エピソード1万字前後でサクサク。お気軽にどうぞよろしくお願いします。 外部サイトでも掲載しています。

  • 百合と鉱物が題材のエログロナンセンスです

    ♡31,100

    〇375

    SF・連載中・42話・335,345字 高橋末期

    2020年4月12日更新

    2010年代、千葉県市川市 鈴木一(ハジメ)は呆然していた。 ハジメの恋人であるハルが真珠の肉体を駆使して、縦横無尽に水晶で出来ているかのような人間と闘う姿に。 和嶋治(ハル)は自失していた。 ハルとハジメが初めてキスをした場所の目の前から、巨大なジャンボジェット機のエンジンが、こちらへ目掛けて突っ込んでくる事に。 石英の超常的存在「インクルージョン」 魂と因果律の鉱物「一〇五」 無機物の肉体「ミネラルウェア」 そして、武具となる真珠の衣服「フラクチャードレス・ソリタリーシェル」 因果は駆け巡り、二人の少女は、過去、未来、現在を巻き込む、途方もない事態に巻き込まれる。 劣悪なブロックバスター映画のように、CGで出来たような鉱物は木っ端微塵に砕け散り、ハードロックの重低音が鳴り響く、硫黄と硝煙の臭いの中、ハルはエログロに、ハジメはナンセンスに触れ合い、少女達は終わる事のない、永遠のダンスを踊り続ける。 できたてのポップコーンと、キンキンに冷えたコーラの準備を、座り心地の良い椅子に座ってご覧ください。 ※劇中のイラストは「みどうにこ」@midounikoです。 ※上記の通り、本編はエロとグロとナンセンスな表現で書かれているので、苦手な方は注意してご覧ください。 ※どちらかと言えば、タテ読み推奨です。

  • 凄惨な過去から、鮮やかな宝石達の未来へ

    ♡34,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・31話・161,167字 真白芽依

    2020年3月28日更新

    戦争の空襲に耐えていた少年ミチルは、ある日空爆に遭い、気を失った。次にミチルが目を覚ました時、世界は瓦礫だらけ、たった一本の薄荷色のタワーが空にそびえていた。瓦礫の中で生きる薄荷色の髪と目を持つ少年少女達。二千年の眠りを経て目覚めたミチルの身体もまた、彼ら同様、薄荷色の宝石と化していて――。これは、生き延びた戦争孤児達の、大陸を経た淡い恋、宝石奇譚。 ※十二話『ミントブルーの欲望』にて、『鉄道唱歌 第一集 東海道編』の歌詞を一部引用しております。 ※二十二話『ミントブルーと賛美歌』にて、『Amazing Grace』の和訳を一部台詞にて使用しております。 ※二十三話『ミントブルーと雨』にて、『Amazing Grace』の歌詞を引用しております。 イラスト:飯田愛さん(Twitter ID:@SiS_109)

  • 宜しくお願い致します。

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・1,061字 RARUTI

    2020年3月4日更新

    王女アリサ・メーグルは宝石大好き王女。 王女アリサには婚約している王子がいます。 王女はあまりにも宝石が大好きで王子から 婚約破棄を告げられる。 その時、王女アリサは!?

  • 人魚の涙は命の値段

    ♡2,400

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・4話・8,985字 アオカラ

    2020年2月27日更新

    主人公スイラは海のように深く、涙のように美しい宝石で彩られた水の都市に住んでいる普通の娘であった。 そんな彼女がおつかいに出たある日、人魚であるセギルと出会い、自分の住んでいる水の都市の秘密を知らされることになる。 真実を確かめるために、スイラはセギルへ協力する事を決意する。都市の奥深くにあるとされる、海の牢獄をその目で見届けるために。

  • 三題噺 お題は「天然。坂道。太陽」

    ♡6,150

    〇20

    ホラー・完結済・2話・6,626字 紫雀

    2020年2月25日更新

    丘の上の喫茶店のお話です。

  • モモンガ賢者と「私」のにわか探偵奇譚

    ♡1,900

    〇1,000

    現代/その他ファンタジー・完結済・16話・19,961字 泊脊令

    2019年12月9日更新

    北風が吹いた冬も近いある日、モモンガの賢者ポラトゥーチ博士が「私」のもとを訪れた。 同じ日、「私」は偶然、戦友の妹と出会うが、彼女から兄が大事な宝石を持って行方をくらましたと信じられないことを聞かされる。ひさしぶりのポラトゥーチ博士と再会を喜び合った後、戦友の名誉のために彼の実家〝栗鼠見荘〟へ向かう。 最後にとってつけたように年の瀬要素があります。