家庭

検索結果:10件

  • 朝の自傷と33℃

    ただ書き殴っただけ。自衛推奨。

    1,200

    0


    2022年7月9日更新

    いつも日曜日は10時頃まで寝ているAは、珍しく朝8時に目が覚めた。2階の自室から1階のリビングに向かうと、両親は朝食を食べ始めるところだった。 ※家庭内での出来事を含みます。 ※直接的な暴力は一切ありませんが、言葉の暴力は多めなので、心が健康な時に読む事をおすすめします。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 父親に精神病院へ連れて行かれた話。

    ブログに書くのもアレかなと思い、作品に。

    4,700

    0


    2022年6月17日更新

    私が保育園に通っていた頃。 父は、私を見知らぬ街へと連れて行った。 そこまで重い話ではありません。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • うちの夫は家事育児をしない!

    ダメ夫に疲れてます!!!

    5,800

    0


    2022年3月24日更新

    まだ小さい娘の母親である石川梨花は「りっちゃん」というユーザーネームでSNSアカウントを持っていた。それは所謂育児垢、ママ垢と呼ばれるもので育児に関する呟きに混じり、夫への饒舌な愚痴と悪口が書かれてあった。 一つの家庭を守る二十後半の女のお話。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • イヤッ!ドメスティック140字小説集

    家庭的でイヤ〜な小説をたくさん書きます!

    66,800

    11


    2022年2月19日更新

    140字以内で紡がれた、ちょっとイヤな気分になったりもしかしたら怖かったりする小説集だよ。 家庭の話がメインだよ(学校の話等例外あり)。 Twitterにあげたものをこちらにもまとめておくよ。 更新できる日は大体20:05更新です! この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • 夫暗殺計画

    夫婦仲を考えさせる物語です

    3,000

    0


    2021年10月13日更新

    私は、夫を暗殺すると決めた。海外のある事件を知った時、私の計画は動き出した。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • テレビ床の足

    足が生えていた、たぶん、人間の足。

    300

    0


    2021年7月24日更新

    テレビが怖い主人公の話です。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 逃げ出したい夜

    僕の日常を見つけてくれてありがとう

    500

    0


    2021年7月8日更新

    僕の日常の物語

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 間違いだらけの七つの大罪

    一風変わったホームコメディです

    34,902

    0


    2020年10月27日更新

    ――これは、『家族』を信じられない女の子と、七つの大罪を司る三人の『間違いだらけの』悪魔たちが、『家族』になっていく物語。 主人公・比良坂故(ひらさかゆえ)は、幼いころ母親に捨てられて以来、『家族』というものを信じられなくなっていた。 一生ひとりきりで強く生きてやる……そう決意していたユエの前に突如として現れた、不法侵入者三人。 不思議なちからを操る彼らは、魔界から『研修』にやってきた悪魔だという。 『傲慢』を司るルシファー。 『色欲』を司るアスモデウス。 『暴食』を司るベルゼブブ。 しかし彼らはそれぞれの職能とは真逆の『問題』を抱えていた。 ルシファーは自己評価が低く、すぐ『自分探しの旅』に出てしまう。 アスモデウスは潔癖症で、多感な年ごろの女子のごとく性的なことを避ける。 ベルゼブブは拒食症で、やせっぽちの男の子。 彼らの『問題』を力技で解決していくにつれて、ユエもまた『家族』というものと向き合い始めることになり…… 悪魔としては『間違いだらけ』でも、この出会いは『間違い』じゃない。 家族を信じられないユエが、三人の問題ある悪魔たちと『家族』を再生していく物語。

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

  • 見知らぬ子供

    その夫婦に子供はいないはずだった

    22,100

    10


    2020年5月6日更新

    ある日、桜木康子は奇妙な電話を受けた。 「ぜひお宅のタケミチくんに……」 小学校向けの教材のセールス電話だ。しかし康子に子供はいないのだった。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 仕組み

    事実と真実は似ている様で全く違うもの

    1,000

    0


    2019年7月30日更新

    ノンフィクションですが、フィクションかもしれない。 そんな物語。 これがノンフィクションだと、貴方は言い切れますか?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む