少し不思議

検索結果:10件

  • ノベプラの作品紹介です。

    ♡121,424

    〇2,760

    その他・連載中・18話 野上

    2020年1月19日更新

    舞台等の台本風にノベルアップ+の作品を紹介して見ようと思います。 以下本文より改変及びに一部抜粋。 制服姿の二人の少女が公園のベンチで話をしている。 少女1「ねぇ、ノベプラ堂って本屋なんだけど、知ってる? そこ本屋なのに本が置いて無いんだってー」 少女2「なにそれ、本屋じゃ無いでしょそれ」 少女1「でもね、行った人は面白い作品に出会えたって、みんな言ってるらしいよ」 少女2「ますます分からん」 首を傾げる少女2 少女1「ニーはそうゆーの好きでしょ。少し不思議なの」 ニーと呼ばれた少女「確かに好きだけど、どこにあるのよ、そのナンタラ堂ってのは」 少女1「どこにでもあって、どこにもないって聞いたから、ニーに話したんだよ。アタシも気になるからそーゆーのに強いニーならなにか分かるかなって」 ニーと呼ばれた少女「シンプルに考えればネットかな? スマホが通じれば『あるし』スマホが無ければ『無い』になるでしょ」 少女1「あっそっか! んじゃ探そうか? ノベプラ堂」 ニーと呼ばれた少女「ハイハイ、検索検索、あーも検索しなさいよね」 あーと呼ばれた少女「はーいって、あれ? なんかマップが出たんだけど、どうする?」 ナレーション「 不思議な本屋『ノベプラ堂』を探し出した少女達。 少女達が『ノベプラ堂』で見たモノとは」

  • 平安時代末期を生きた鬼たちのおはなし

    ♡69,600

    〇150

    歴史/時代・連載中・63話 田中ヒロミチ

    2020年1月19日更新

    その風体は金色の髪、金色の眼。 平安時代末期、はじまりの舞台は混沌たる平安京……から少し北にある鞍馬山。天狗に拾われた少年鬼後は、修験者を相手に遊び、山の中を跳び回る日々を過ごしていた。 そんなある日、修験者たちに混じって一人の少年が鞍馬山を訪れる。名を仁科大助と言った。……後に歴史の裏舞台で暗躍することとなる男である。 時を同じくして鞍馬寺へと預けられた遮那王(源九郎義経)は年の近い二人の噂を聞きつけ鞍馬山へと足を踏み入れる。 鬼後は、小さな胸に大志を抱く二人に惹かれ、次第に憧れていく。また、仁科大助と遮那王は、自由に生きる鬼後に惹かれていった。 ひとつの時代が終焉を迎えようとするなか、それでも彼らは新時代を担う立役者となるべく、時に醜くも足掻き、泣き、笑い、絆を深めながら成長し、それぞれの路へと進んでいくことになる。 絡み合うように啀み合う『鬼たち』の思惑と混在する野心は、誰にも譲れぬ夢を果たすために、周囲を容赦なく巻き込んで肥大化していく。 そして彼らは『忍び』となった。 ※表紙:九藤 朋さん作

  • ふわふわ

    ♡500

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・1話 洞貝 渉

    2019年11月3日更新

    ケサランパサラン。 白い毛玉のような物体で、空中をフラフラと飛んでいると言われる。 穴の開いた桐の箱の中でおしろいを与えることで飼育でき、増殖したり持ち主に幸運を呼んだりするといわれている。 ※他サイトにも投稿しています。

  • 場違いな気がするけれど、女性向け恋愛短編

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・5話 うめこ

    2019年10月28日更新

    落ち込んでいる主人公がたまたま入った喫茶店は、別人に変身させてくれる不思議な店員がいた。 違う自分になって、主人公は好きなひとに会いに行く。

  • 黄昏カフェで聞いた話

    ♡4,200

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・5話 金澤尚子

    2019年10月2日更新

    「黄昏カフェ」の店長から珈琲一杯飲む間に聞いた話を纏めました。

  • 胸キュンとコメディ

    ♡1,100

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・4話 けろよん

    2019年9月29日更新

    このパーティーにお前いらないわ。愛華は小学校の頃からずっと組んでいたパーティーから突然追放を言い渡されてしまう。ショックを受けていじける愛華。そこに一緒にスローライフをしませんかと誘ってきた少女がいた。愛華は彼女と一緒に朝顔を育てるスローライフをすることになった。

  • 少女と自転車の物語

    ♡22,700

    〇445

    現代ファンタジー・連載中・48話 けろよん

    2019年8月31日更新

    中学を卒業した春休み。田中結菜は自転車を買ってもらった。 普通だと信じていたその自転車。それになぜか兄の悠真の意思が宿り、彼は行方不明になった。 結菜は事件の謎を解き明かすために自転車に乗って町を走ることになった。

  • 僕達は猫耳になった

    ♡370

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・7話 けろよん

    2019年7月3日更新

    未知のウイルスか何が原因なのかは分からないが、人々は突如として猫耳を発症した。崩れゆく日常? 人々の運命は果たして。

  • 少し不思議なボーイミーツガールです。

    ♡1,300

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・1話 猫屋ちゃき

    2019年6月12日更新

    ある大雨の日、郁は雨宿りに飛び込んだ校舎裏の古びた温室で、見慣れない男子と出会う。 同学年なのに、これまで見たことがなかった武田くんと。 武田くんと毎日放課後温室で交流していくうちに、彼に惹かれていく郁。 でも、いつも温室を出るとすぐにいなくなってしまっている。メアドを交換してもメールが届かない。微妙に会話が噛み合わない。 そんなことの積み重ねから、少しずつ互いに違和感を覚えていってしまう。 そして出会った日と同じような嵐の日に、ふたりは決定的なことに気づいてしまう。 「俺たち、ここから出たら会うことも話すこともできないんじゃないのか……?」

  • 少し不思議のショートショート

    ♡898

    〇0

    SF・完結済・1話 けろよん

    2019年6月8日更新

    花子さんは超能力者だ。 生まれた時から空を飛んだり、別の場所にワープしたり、見えない電波と交信したり、手を触れずに物を浮かべたりすることができた。 ある日、彼女が超能力者だということがみんなにバレてしまって……