少年少女

検索結果:16件

  • 平成最後の夏、何かを成したかったから。

    ♡1,500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・9話 今際 夜喪

    2020年8月8日更新

    暗がりを恐れているのか、灯りが恋しかったのか。それとも君も、死にたかったのか。 白熱灯に触れた羽虫は、ジジッとノイズと共に生命を散らして、地に落ちる。イカロスだっけ、太陽を目指してロウで固めた翼を羽ばたかせたのは。少しだけ似ているかもしれない。 いいな。空を掴めない掌で、太陽に焦がれた。遠い、遠い、蒼穹の中の光への羨望は、日に日に募っていく。 きっと、どこかで野垂れ死んでしまう、羽虫のような存在。死んだって誰も気にかけない、ちっぽけな何か。 夏は嫌い。溶けて消えてしまえとでも言いたげな炎天下が嫌いだった。夏休みの宿題を終わらせなければと焦らされる感覚が嫌だった。何かしなければいけない気がする感覚も嫌で、堪らなく嫌いなのに、夏の終わりが来ると、どうしてか寂しくなるのが、何よりも嫌いだった。 ヒグラシの声に、耳を塞ぎたくなる。毎年同じ臭いのする、別の夏を見てきて、思う。 死んでしまいたいなって。 登場人物 日暮 禅/ヒグラシ ゼン 源氏 蛍/ゲンジ ケイ 薄羽 秋津/ウスバ アキツ

  • 夜の町で怪物と戦う少年少女達の物語

    ♡6,300

    〇200

    SF・連載中・5話 あべしん

    2020年8月7日更新

    (読者様からのアドバイスで、1話、2話の構成を少し変えました。ストーリー展開は特に変わらないです) カリンスク粒子という特殊な霧に包まれた夜の町を舞台に、少年少女達は戦う。 イドと呼ばれる巨大な生き物を狩るために、そして町の人々の命を守るために…夜を駆ける。 これは、人知れず闇を纏って戦う少年少女達の、喪失と成長の物語。 ※中高生の頃に考えてた(妄想していた)お話を、小説にしてみました。いわゆる俺TUEEE系ではないですが、中二成分は強めかもしれません。 読みやすいようにがんばって書きます。 ご意見、ご感想など聞かせてもらえると嬉しいです。

  • 生きている僕と亡くなった彼女の日々。

    ♡34,200

    〇100

    文芸/純文学・連載中・10話 ちづこ

    2020年8月6日更新

    ――時代は1939年 (昭和14年) 葉月のある日、主人公である菊之助は四年前に亡くなった幼馴染で許嫁である、みよ子が何故か見えるようになる。 菊之助は亡くなった彼女が現れたことを戸惑いながらも、昔のようにみよ子に接していく。――自分の所為で彼女は死んだと自身を責めながら。一方、みよ子はそんな菊之助に想いとひとつの願いを抱いていた。 葉月に長月。霜月に師走。弥生に卯月。 月や時間が過ぎ去ると共に、やがて時代は戦争時に移り変わり、菊之助も兵隊として戦うことになってしまう。 ――四年前に止められていた二人の間を繋ぐ花が、今ゆっくりと開いていく。 * 時代背景は昭和時代ですが、昭和時代の知識はあまり深く問いません。 * 新しく書き直しました。ご迷惑をおかけします。

  • 都市伝説をめぐる、少年少女のひと夏の物語

    ♡200

    〇0

    ホラー・完結済・163話 ノコギリマン

    2020年8月4日更新

    ~都市伝説をめぐる、少年少女のあるひと夏の物語~ 家族の薦めでジョギングを始めた“私”は町で赤いワンピースの女に出会い、「ヘビとクモ。どちらがお好きですか?」と問われる。怯えながら「クモ」と答えた私は足早にそこを去り、その夜、「この町で頭部のないバラバラ死体が発見される」というニュースを知る。そしてその翌日、娘が失踪する。 一方、小学六年生の宮瀬慎吾は、転校生の山下奈緒子に心を奪われる。 ひょんなことをきっかけにして奈緒子と親しくなった慎吾は、夏休みに入り、林直人、高島早智子とともに四人で都市伝説めぐりをすることに。 それぞれに孤独感をかかえた少年少女四人の、あるひと夏がはじまる。 ◆◆◆ ぜんぶで49章構成になります。 少々、長いですが、興味があればぜひ。 最後まで読んでいただければ、面白いと思います。 お気軽に感想、ブックマーク、★などいただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。 下記サイトにも投稿しています。 エブリスタ〈27,000PV達成しました〉 https://estar.jp/novels/25614105 カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054894729363 アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/novel/315752692/213355365 小説家になろう https://ncode.syosetu.com/n0804cq/

  • 恋の初めの少年少女を描いた恋愛掌編

    ♡400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 海山堂

    2020年6月25日更新

    少年と少女は恋の初め、冬の帰り道を二人で歩く。手をつなぐことさえぎこちない二人だったが、冬の凍てつく寒さにあらわれた思いやりが思いがけず、二人の距離を急速に近づけてゆく。

  • 少年少女の幼い心情に秘められた恋心と見栄

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 海山堂

    2020年6月9日更新

    夏の終わりの夕方の公園で、男の子たちにまじって遊ぶ一人の女の子。砂地に描かれたSの字の中でグループは二手に分かれて宝を奪い合う。それぞれの軍のリーダーのカズマとハルヒコは策略をめぐらし、両軍はケンケンでぶつかり合った。やがて五時の鐘が鳴ると、みんな散り散りに家路につく。一人の女の子と男の子を残してー。

  • 反対の位置にいる2人の運命、殺し屋と探偵

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・2話 もとき

    2020年6月4日更新

    人類は、拳銃、刀剣、爆弾など殺人の武器など開発した。そして、そんな中で子どもたちは普通に生きられる子と生きられない子に別れた。殺人集団に入っていたり、またはその逆に探偵の集団に入っていたり。これらの子どもたちは才能があるものに、裏社会が勝手にスカウトする。いつもは普通に学校生活をしているが、指示が出れば仕事をする。そんな中での対に当たる、少年少女の物語。

  • 宇宙を漂流する事になった少年少女の物語

    ♡1,500

    〇0

    SF・連載中・13話 夜神 颯冶

    2020年5月24日更新

    宇宙漂流記 ここに記っされたのは、宇宙を漂流した 総勢42名の少年少女の日記をもとに再構成したものである。

  • その六人は、世界を変える。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・55話 真白芽依

    2020年4月9日更新

    『僕があなたの痛みも苦しみも、すべて飲み込んであげる。』 イメージ動画→https://www.youtube.com/watch?v=_VmDo82-DXg&feature=youtu.be 未来、地球――世界は振り続ける毒の雨の影響で崩壊を目前としていた。残されたわずかな土地と水源を巡って争い続ける人類の下に、予言の救世主、六人のマキナレアが現れた。人類はマキナレアたちに代理戦争をさせようとするが、マキナレアは逃亡する。 マキナレア、機巧人間と呼ばれる六人の名前は、少女体のケイッティオ、ギリヴ、ハーミオネ、少年体のモンゴメリ、ミヒャエロ、レレクロエ。 彼らはかつて人間だった。 義父から虐待を受け、庇った母が殺されたケイッティオ。 不貞の子として、唯一の家族である母を亡くしてからはストリートチルドレンとして生きて来たミヒャエロ。 貴族の娘として生まれ、父が目の前で一般市民を馬車で轢き殺し、笑っているのを見たハーミオネ。 孤児で、体を売りながら生きて来たギリヴ。 そして、何もかもを手に入れながら、何も持っていなかった少年と、 ささやかな幸せを持ちながら、ただ一つの愛に飢えていた少年。 初めてできた友達のために、自分と他人を犠牲にした罪人。 なぜ僕らは救世主になるのか? この逃亡は、生まれ生き死ぬ理由を見つけるためのモラトリアム。人類と戦いながら逃げ続け、辿り着いた先で彼らの選んだ答えは―― 世界は救われるのか?救世主たちは幸せだったか? たった一人の願いをかなえるために生まれた、少年たちの拙い計画。悲しく切ない物語。 終わりゆく世界で痛みを抱え続けた子供たちの、恋の灯の物語。 ※旧題「都に霞むアムリタ」

  • 今書くべきお話があると思い投稿しました。

    ♡40,200

    〇659

    SF・完結済・3話 六葉翼

    2020年4月3日更新

    今より壁一枚くらい先かもしれない。もう今かもしれない。そんな時代。小学校に通う少年ヒロトの通う小学校は流行病でお休み中。そんなヒロトに彼の母は「学校に行くわよ」と突然言い出しました。休校になった学校でヒロトを待っていた光景とは?現代を生きる子供たちや僕ら大人。一人でも多くの人の胸に届けと思い、六葉の葉をすりつぶし書きました。よろしくお願い致します!

  • 少年少女の物語が今始まる

    ♡45,350

    〇695

    異世界ファンタジー・連載中・25話 もりもりベース

    2020年3月5日更新

    曰く、その“門”の中には個人が一生をかけても使い切れないほどの財宝が眠っている。 曰く、その“門”の中には世界中の研究者が集まっても解明できない法則に満ちている。 曰く、その“門”の中には人類の常識を超越するほどの叡知や不死の法が隠されている。 今日も一人、また一人と金銀財宝を求め、あるいは研究意欲を刺激され、あるいは“門”を踏破した英雄となるため、希望と期待を胸にその地へ集う。 本作の主人公『カイ』もまた一攫千金を夢見てこの迷宮都市のある島『アベンド』へとやってきた新米冒険家の一人。 だが、“門”の迷宮に挑む彼の前に現れた一人の少女との出会いによって、彼は迷宮の中に眠る大きな謎を解き明かしていくこととなるのだった。 これは、そんな少年と少女の未知なる迷宮に隠された謎に挑むワクワクとドキドキの冒険ファンタジーである! ※他の作品に集中したいため更新停止してます

  • 儚い夏の一生。人生に疲れたあなたへ。

    ♡9,100

    〇100

    文芸/純文学・完結済・3話 鯰屋

    2020年1月28日更新

    受験生と括られる少年は、受験勉強と盆参りのために一人祖母の家へ。 そこで出会う不思議な少女との、ひと夏のたった一瞬の物語。

  • 世界が滅びる時、何をしていますか?

    ♡199,850

    〇1,990

    文芸/純文学・完結済・23話 木村竜史

    2019年12月19日更新

    そう遠くない未来。 巨大な隕石が地球に落ちることが確定した世界に20歳を迎えることなく地球と運命を共にすることになった少年少女達の最後の日々。 諦観と願望と憤怒と愛情を抱えた彼らは、最後の瞬間に何を成し、何を思うのか。 「俺は」「私は」「僕は」「あたし」は、大人になれずに死んでいく。 『20-1』それは、決して大人になることのない、子供達の叫び声。 ジャンル『純文学』日間、週間、月間一位、総合日間5位の経験あり。

  • どれだけ時間が経とうとも、きっと忘れない

    ♡7,100

    〇200

    文芸/純文学・完結済・5話 白胡麻もち

    2019年11月14日更新

    ある日、河童と出会った少年・和田隼人。 その河童は日本中のあちこちを旅していて、隼人が住む島に観光でやって来たのだという。 島を案内する中で、彼はクラスメイトの少女・安藤チエの、知らない一面を発見する。 鉄仮面で、誰に対しても不愛想な女の子。そんな彼女も巻き込んだ夏の1日は、とても眩しくて、温かくて、どこか儚くて――。 少年少女と旅河童が贈る、とある夏の日を描いた『ほんわかしてちょっぴり泣ける』ハートフル・ストーリー。 ・全5話/小説家になろうにも重複投稿しています(完結済み) ・表紙画像はGIRLY DROP様からお借りしています

  • 不老不死の少年少女の、出会いと別れの物語

    ♡1,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・29話 槙村

    2019年8月1日更新

    少年は生き続ける。終わりのない命を隠して。少女は生き続ける。終わりのない命を隠して。 ――――これは、死ぬことのない少年少女の、それぞれの出会いと別れを書いたお話。 ・連作短編集形式となっております。

  • よろしくお願いしますm(_ _)m

    ♡200

    〇0

    SF・連載中・13話 Regulus

    2019年7月15日更新

    全国で起きた天使を名乗る正体不明のテロリストによる人工衛星を用いた『天地落とし』により世界の領土の約半数が天使に奪われた。 天使達は大型の機械、『天機』を操り奪いきれなかった領土を侵略していく。 誰しもが不可能と思われた天使からの領土奪還は人類が結束したゲリラによる天機の強奪により、人類は天使に対抗する策を見出す。 国は残された領土を奪還すべく『天使殲滅策略本部』を設置し本格的に領土奪還を試みるのだった。 死神の異名を持つミツキは、同郷の新兵ミユキら天使殲滅策略本部のメンバー共に天使から領土を奪還していく。 ミツキの失くした記憶、内部に潜む天使のスパイ、人々の考察飛び交うロボットアクション。 戦争ってのは悲しいものなんだ。 何て肩書きはしたものの、ただのロボットオタク作者が趣味全開で書いた小説です。 既に他サイトに上がっているものと同作品ですが、こちらでは話の区切りを細かくし、読みやすいように投稿します。 なんだもう他サイトに上がっているものか、などと思わず是非ご一読よろしくお願いしますm(_ _)m