届け、言葉の力PJ

検索結果:283件

  • 魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    ♡285,260

    〇15,545

    異世界ファンタジー・連載中・3270話 ぽてゆき

    2020年1月24日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

  • 歴史ファンタシーですよろしくお願いします

    ♡2,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・42話 ko

    2020年1月24日更新

    戦国の世の中に一人の少年がいた。その名は外岡士郎、士郎は心優しく平和を願いながら弱いもののために悪い大名からお金を盗み分け与えてるため泥棒をしていたそんな少年と少女ながら長作城の城主天羽経丸は幼なじみでお互いにぶつかり合いながらも協力しこの戦国の世を共に生き抜くこととなった。

  • ずれてる部長のオカルト研究部へようこそ

    ♡88,000

    〇2,875

    ホラー・連載中・117話 あいうえおうり

    2020年1月24日更新

    そこの君、オカルト部へようこそ! 絶対入部するよな!? この町の不思議なこと怪奇なことを全て解決、 俺の呪術はキレキレだ! ねこむすめを従えて、オカルト調査に余念なし! 「落ち着きや、満夜、ひかれてんで。あとうちは満夜の手下じゃない」 「これが落ち着いていられるかぁ! 怪異に立ち向かうべくおまえのねこむすめパワーも全開だ!」 「それはやめてぇや」 平凡な高校生の芦屋満夜、でも平凡な性格じゃない彼は、 黒髪の美少女——クロネコに取り憑かれてねこむすめに変身する——を従えて、今日も平坂町の怪異に立ち向かう! イラスト:ろは様

  • 新宿歌舞伎町に、異世界居酒屋があるそうだ

    ♡3,050

    〇10

    現代ファンタジー・連載中・23話 八百十三

    2020年1月24日更新

    東京都新宿区、歌舞伎町。 世界有数の繁華街に新しくオープンした居酒屋「陽羽南(ひばな)」の店員は、エルフ、獣人、竜人!? 異世界から迷い込んできた冒険者パーティーを率いる犬獣人の魔法使い・マウロは、何の因果か出会った青年実業家に丸め込まれて居酒屋で店員として働くことに。 仲間と共に働くにつれてこちらの世界にも馴染んできたところで、彼は「故郷の世界が直面する危機」を知る―― ※カクヨム、小説家になろう、アルファポリスにも並行して投稿しています https://kakuyomu.jp/works/1177354054886816699 https://ncode.syosetu.com/n5744eu/ https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/477278369

  • 週末更新予定。

    ♡26,630

    〇5

    恋愛/ラブコメ・連載中・29話 なるたき彩月

    2020年1月24日更新

    寝て起きたら知らない世界にいた鈴木茉莉香。どうやらくそゲー評価の乙女ゲームの悪役令嬢に転生したようだが、悪役令嬢として生きてきた記憶が全くない。記憶喪失とごまかして生きていこうとするものの、なんだか知っている乙女ゲームの内容と大分変わっているようで――とりあえず、ヒロインはどこ行った? 記憶喪失とごまかしている令嬢とやっちゃった王子の物語。 タグをちょこっと変更。

  • SF×ロボット物×ボーイミーツガール!

    ♡14,600

    〇10

    SF・連載中・6話 赤坂しぐれ(らぶもあい)

    2020年1月24日更新

    2089年。 小惑星ポーリフィオの衝突により、世界は大きく変容した。 洪水によって陸地の三分の一が失われ、衝突時の熱線によって世界規模の火災が発生。急激に温暖化は進み、いまでは12月にも関わらず、35度を越える猛暑日となっていた。 人々は被害が大きかった沿岸部などを放棄し、都心部に大きな街を築きあげた。 だが、そんな放棄された場所にも、人が暮らしている。 その中の一人、アスマ。 十四歳の彼は、育ての親である龍之介という老人と共に、貧しくも仲良く暮らしていた。 ある日、アスマが家に戻ると、スーツ姿の者たちが龍之介を取り抑えている所を目撃してしまう。 咄嗟に掴みかかるアスマであったが、リーダーである中村雨水という男に難なく捕まってしまう。 しかし、何故か雨水はすぐにアスマを解放し、こう言い放つ。 「お前、俺達と一緒に『街』へ行かねえか?」 その問いに悩むアスマ。だが、龍之介を置いていくことができず、断ろうとする。 が、その龍之介から後押しをされ、アスマは旅立つことになった。 到着した街で出会った七人の少年少女達。 天にそびえ立つ巨人、対小惑星用縮退炉搭載型二足歩行機動兵器『スカイドライバー』。 アスマの運命は、その出会いから始まった。 ※本作は様々な情報を元に、私の独自の見解などを織り混ぜたフィクション作品となっております。 ここが違う、あそこは違うなどのご指摘はありがたいのですが、恐らく直すことがないので生暖かくよろしくお願いします。(誤字脱字は随時募集中!)

  • 2020年1月24日更新

    高校三年生のケントはある日帰宅しようと教室の扉を開けた。しかし、そこにあるはずの廊下は無く異世界の城に繋がっていた。異世界人のみに与えられる「紋章」の力を求めたプラトン王国の聖女が異世界勇者召喚の儀式を行ったからだ。 その儀式に巻き込まれたケントにも例に漏れず「紋章」の力が発現する。 「剛力紋」や「魔導紋」などの様々な「紋章」の力がクラスの皆に発現するが、ケントに現れた「紋章」は王国の学者も知らないものだった。しかし、その後に行われたステータスチェックを行うと同時にケントは捕らえられてしまう。 ケントが戸惑っていると、目隠しをされて外に連れ出される。着いた場所は森の中。そして連れ出した騎士はケントに言った。 ケントの「紋章」は、「弱体紋」という「紋章」で戦えば戦うほど弱くなっていくという「紋章」であると。 ケントは役に立たないとされ、魔の森と呼ばれる森に棄てられたのだった。 剣を与えられたものの行くあてもなく、魔の森を彷徨っていたケントに叫び声が聞こえた。駆けつけると、一人の少女が魔物に襲われている。ケントは堪らず庇い、少女を逃がし魔物と戦い、難なく勝利するが、その時に体が重くなったように感じ「紋章」の効果に戦慄する。 魔物と戦ったことにより、周囲の魔物に気付かれ数々の魔物に襲われてしまう。重くなり、傷付いた身体で潜むケントは近づく足音を聞いた。魔物に襲われて死ぬと思ったケントの前に現れたのは、先程庇った少女であった。 その獣人の少女に案内されて、ぽつんと佇む一軒の家に辿り着く。その家に住むのは彼女と一人の老エルフだった。その老エルフはケントの「弱体紋」を見てこう語る。その「紋章」は最強の「紋章」であると…… これは虐げられた少年が、比類なき力を手に入れて旅をするおはなし。

  • 人の願いで少女は変わる

    ♡5,700

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・8話 久末 一純

    2020年1月24日更新

    金なし親なし未練なし。 そこまで言うならやってやる。 それがわたしの義務ならば。 魔法少女になってでも。

  • ヒーローといいつつちょっとダークヒーロー

    ♡663,520

    〇14,785

    異世界ファンタジー・連載中・168話 男爵オルタネイティブ

    2020年1月24日更新

    ヒーローを夢見た少年が成長して現実を知り、それでも英雄的行動を行って命を喪う。 だがその行為を世界を管理する女神に認められて世界を変革させるために異世界へと転生させられる。 同じ頃、一人の魔女が勇者のパーティーから追放されていた。 自身の愛人として残るならば面倒をみてやるという勇者を拒絶した魔女は勇者の怒りを買い、一人あてもなく冒険を続ける。 ヒーロー志望と魔女が出会う時、世界が動きはじめる。 まあ普通の転生ものです。 マイペース更新。

  • 本能寺の変の黒幕を転生者は知る

    ♡90,400

    〇100

    歴史/時代・連載中・30話 吉良山猫

    2020年1月23日更新

    俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

  • 非転生転移ファンタジーになります。

    ♡123,150

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・229話 鰯づくし

    2020年1月23日更新

    物心つかない頃に暗殺ギルドに拾われた少女、イグレット。 彼女は暗殺の道具として育てられ、使われてきた。 あまりに暗殺向きな異能を持つがために重宝され、それゆえ酷い訓練を押し付けられ。 感情の起伏のない、選りすぐりの暗殺道具として育ち、『ゴースト』と呼ばれるようになった彼女。 その日も、いつものように仕事をこなすだけ、だった。 しかし、受けた仕事はいつもと違うワケありもの。 標的は、公爵家の長男。 絶大な権力を持つ公爵家の、『勇者』に等しい武力を持つ男。 圧倒的な力を持つ相手を標的とする依頼を受けた彼女には、予期せぬ出会いと、予期せぬ出来事が待ち受けていた。 マナ・ドール。 1500年前、古代魔法文明時代に作られていた人型兵器。 人のように作られ、人のように話し、考える、少女の形を模した道具。 その出会いは、彼女を『日常』から連れ出すことになる。 その先々で起こる様々な事件と出会い。 それらを通して、二人の絆は深まっていく。 これは、道具として育てられた少女が、道具として作られた少女に出会い、人として歩み始める物語。

  • 全員に裏の顔。大航海時代風ミステリー

    ♡6,600

    〇0

    ミステリー・連載中・5話 もず

    2020年1月23日更新

    大航海時代を舞台にしたラテン風・ミステリーロマン! 新大陸が発見され、皆が富や新しい知識を得ようと集う港町マラカ。 その地の有名大学へ、無限の富を生む禁術を手に入れるというひそかな野望を持ってセサル=イグレシアスはやってきた。 しかし、海を渡ってきた異教の神にとりつかれることに。 財宝を司る美少女だが、かなり強引。 さらにマラカで巻き起こる怪奇現象・殺人事件! 異端審問の恐怖におびえ、わがままな美少女神に悩まされ、いけすかない領主の息子といがみ合いながら、セサルは真相に迫る。 そんなことをしていて、富は手にできるのか!? むしろ学業は!? *** ぼちぼち挿絵も入れていこうと思います🎨

  • 届け、言葉の力PJ参加中!

    ♡5,550

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・22話 一花カナウ

    2020年1月23日更新

    ノベルアップ+を使ってみて感じたことをつらつら書き残しておこうと思った。 ご意見あればコメントください。 投稿してみての所感を残す場所です。

  • え、妖狐だと80歳ってまだ若者なの?

    ♡39,600

    〇300

    恋愛/ラブコメ・連載中・17話 八百十三

    2020年1月23日更新

    稲月孝夫、八十歳。 最愛の妻には二年前に先立たれ、趣味の料理と読書をして持ち家の一軒家で悠々自適、一人暮らしの日々を過ごしていると、ある日庭先に一人の美少女が転がり込んできた。 狐の耳と尻尾を生やした美少女は、孝夫を一目見るや、びしりと指を突き付けてこう言った。 「うむ、お主、合格じゃ!わしの夫としてやろう!」 いやいや、こんな八十の爺を捕まえて何を、と思っていたら美少女の術で自分も妖狐にされてしまった! しかも妖狐の八十歳はまだまだ若者だそうで、それ相応に若返ってしまった! 老衰で死ぬには数百年は生きないとならないらしい。愕然とする孝夫はなし崩し的に、自宅に転がり込んできた美少女妖狐・蛍と一緒に生活することになったのだった。

  • びいえる風味コメディーです。

    ♡42,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・38話 KUZ

    2020年1月23日更新

    くにたちみちよ君は幼馴染みの平川美紀男が大好き……男同士ですが。高校生になって素敵な同級生、江藤なつきと親密に……男同士ですが。美術部の台矢、中山田先輩、ライバル稲月高校演劇部等々、個性的な連中が巻き起こす青春絵巻。それでは間もなく開演です!

  • 人はきっかけがあれば強くなる。そんな物語

    ♡2,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話 奈菜瀬 晴人

    2020年1月23日更新

    ここは5歳になると、創造神『アルファー』に祈りを捧げることで全人類は加護という特別な力を得ることが出来る世界。 そんな世界で1人の少年、ウルフに与えられたのは”無”の加護。名称通り、何も無い加護である。 それがあって、ウルフは過酷な人生を送ることとなる。 だが、彼は夢であるSランク冒険者になるためにFランク冒険者となるが実績を何一つ残すことが出来なかった。 それによって、彼は”無能”と呼ばれるようになる。 更に、そんな”無能”なウルフと一緒にいた幼馴染が優秀でありSランク冒険者にパーティーを勧誘され、ウルフがいるからと断っているのを彼は目撃してしまった。 それ以降、自分が生きているから幼馴染の枷へとなっていると思うように遂に自ら命を絶とうと決心する。 そして、数多くの人が自ら命を絶っている場所である『魔の森』へと踏み入る。 そこで、ウルフは1人の女性に出会う。 そして、彼は彼女にこう言われた。 「君の加護は”無能”の”無”なんかじゃない。”〇〇”の”無”だ!!」 「君なら…………絶対にSランク冒険者になれる!!」と。 さぁ、ここから始めよう。”無能”と呼ばれ続けてきた1人の悲しき冒険者の下剋上を!!

  • なんであなたは生きて、わたしは死ぬの?

    ♡1,700

    〇5

    ミステリー・連載中・59話 小欅 サムエ

    2020年1月22日更新

    2019年 東京。奇怪な絵描きの焼死体、首のないまま撮影スタジオに着いたモデル。不可解な事件が連続していたこの都市に、主人公の高島 春来(タカシマ ハルキ)は暮らしていた。 ある日彼は、同級生の宮尾 藤花(ミヤオ トウカ)、岬 千弦(ミサキ チヅル)と共に、代々木駅付近のビルの屋上で、回転しながら串刺しになる男を目撃した。警察官の態度に怒りを覚え、彼らは事件を追うと決めた。しかし、それは彼らの意志ではなく、すでに決まっていたことだった。 果たして、彼らを待ち受けるものとは。そして、犯人の目的とは。 ※「小説家になろう」、「カクヨム」各サイトにて同時連載

  • 読まないと分からない楽しさがココに!

    ♡204,226

    〇975

    異世界ファンタジー・連載中・68話 リゥル

    2020年1月22日更新

    主人公、帯刀奏。彼は刀鍛冶の人間国宝である、帯刀響の孫である。 亡くなった祖父の刀を握り泣いていると、突然異世界へと召喚されてしまう。 召喚されたものの、周囲の人々の期待とは裏腹に、彼の能力が期待していたものと違い、かけ離れて脆弱だったことを知る。 そして失敗と罵られ、彼の祖父が打った形見の刀まで侮辱された。 それに怒りを覚えたカナデは、形見の刀を抜刀。 過去に、勇者が使っていたと言われる聖剣に切りかかる。 ――この物語は、冒険や物作り、によって成長していく少年たちを描く物語。 カナデは、人々と触れ合い、世界を知り、祖父を超える一振りを打つことが出来るのだろうか……。

  • 異世界×転生召喚 ※副題思案中・・・

    ♡2,281,754

    〇59,905

    異世界ファンタジー・連載中・137話 緋雁✿ひかり

    2020年1月22日更新

    【タイトル変更のおしらせ】 作品タイトルを「エインヘリアル・ヘルヘイム」に変更させていただきました。 (旧タイトル:「図書室のアルマデル~少女は終末に最強サーヴァントをめざします。」) 大した理由はありませんが、コンテスト二次落ちで験が悪くなったので気分転換に(;^_^A タイトル回収は第二部に入ってからとなります。 引き続き、本作を宜しくお願い致します。 ※本作の再構成版(第二部スタートver.)をカクヨムでも投稿しております。 ―――――――――――――― 【第二部(連載中):第十三章~】※第二部単独でもお楽しみ頂けます。 #男性主人公 #転生 #コメディ #ラブコメ #バトル #召喚 ――霊界を漂う少年の肉体と魂。 そのまま、死の安らぎへと身を委ねようとしたその時、ヘリオドールと名のる意識体から語りかけられる。 『前世とは別の世界で、新たに生を受ける気はないか?』 意識体の語る〝成すべき道〟を求めて異世界へ降り立つ少年。 覚醒直後、目の前に現れたのは、彼を呼び出したという召喚士のケモミミ少女だった。 前世の記憶を失ったまま、謎に満ちた異世界で少年の冒険が始まる。 ※比較的、第一部より王道転生モノに寄せて書いております。 ※チート、ハーレムといった要素がお好みの方も、試しいただけましたら幸いです(✿ㆁᴗㆁ)ノ♪ ―――――――――――――― 【第一部(完):序章~第十二章】 #女性主人公 #転移 #コメディ #ラブコメ #終末 #魔導書 #召喚 #成長 #微百合 姉がオリンピック金メダリストになった翌日、妹の嘉納翠玉妹は、クラスメイトの取間凜に図書室で話しかけられる。 初めて話した凜から「あと二十四時間で世界は永遠の玉響を迎える。救われたくば魔導書アルマデルに己の魔法円をかざせ」と伝えられた。 意味が分からず帰途に着く翠玉妹。 世界が急速に、終末へと向かっているとも知らずに……。 ※現在、プロローグの一部を非公開とさせて頂いております。 ※レイティングは念のため設定してますが、暴力描写・性描写ともに、それほど過激な内容はございません。 ―――――――――――――― ※作者ツイッター:https://bit.ly/2NoWbCV ※イラスト/あままつ様ツイッター:https://bit.ly/2WWDgDu

  • 2020年1月22日更新

    友人のアドバイスによりダークなホワイトから改題しました 遺伝子工学の若き研究者「阿久 真人」は優秀であったが倫理観の欠如により学会を追われ、就職もままならなかった。 ある日、差出人不明の論文とゲノム解析資料、計算式が真人のPCに 送られてきた。 怪しいと思いながら内容に関心があったので解析して論文を返信した真人の元に、絵に描いたような怪しい人物が現れ破格の高待遇で彼を研究者として迎え入れたいという。 行くところの無い真人は世界征服を企む、秘密結社ギャラクティカダークに研究員として就職した。 陽気な上司や一癖二癖ある同僚と色々謎な幹部達に囲まれ真人は世界征服のための研究に励むのであった。