届け、言葉の力PJ

検索結果:235件

  • 魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    ♡175,210

    〇13,995

    異世界ファンタジー・連載中・2500話 ぽてゆき

    2019年11月16日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡1,082,935

    〇8,895

    異世界ファンタジー・連載中・205話 白玖

    2019年11月16日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 非正規ルートこそ、この物語の征く王道だ!

    ♡66,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・35話 トワイライトGoodman

    2019年11月15日更新

    少し捻くれていて、普通ではない何かになりたい高校生「小野田陽凪(オノダ カゲナギ)」と、そのクラスメイトで文武両道で性格もいい陽キャ「神夏磯悠貴(カミガソ ユウキ)」は、七夕の日の夕暮れ時に名も知ぬ異世界の地に転移してしまう。 彼の地には一つの巨塔が悠然とそびえ立っていた。 その巨塔は山脈をも飲み込み、海洋をも塔内に有し、あまりの巨大さ故に地上からでは塔の頂上を望むことはかなわない。 塔の中には海、山、川、湖、砂漠、雪原など自然界にある、ありとあらゆる地形に加え浮遊島が存在し、塔内の中央には天まで届くような巨大な大樹が立っている。 そこには数多の町や村、集落などが点在し文明が根付いていた。 なれど、人類が到達できたのは塔の下層領域に過ぎず、それ以外の領域は未開の地である。 人々はその未開の地に眠る、数多の財宝、資源、生命、そして未知の力や知識を求めた。 そんな人類の新たな時代を創り、あらゆる夢への概念を内包したこの巨塔を人々はバベリアと呼んだ。 そんな世界に転移した二人は、悠貴がまぁあぁチートな能力を持っていたが為に平凡以下であるはずの陽凪も共に、その地で「フロンティア」と呼ばれる者、いわゆる冒険者となり人探しをするために人類の最前線である浮遊島を目指し、大いなる天空を翔ける旅路に出ることになる…

  • 届け、言葉の力PJ に参加しています

    ♡3,000

    〇0

    その他・連載中・3話 真朱マロ

    2019年11月15日更新

    思いつくままに綴った言葉たち。蓮ほど清らかになりきれないけど、蕾がほころぶように言葉も咲くでしょう……たぶん。

  • 短い詩の花束をあなたに……。

    ♡11,800

    〇400

    その他・連載中・81話 蒼月 凜

    2019年11月15日更新

    エミリー・ディキンスンが大好きで、その昔詩を書きはじめました。 失意の胸へは だれも踏み入ってはならない 自身が悩み苦しんだという よほどの特権を持たずしては―― (『エミリ・ディキンスン詩集~続自然と愛と孤独と~』(中島完さん訳/国文社刊より) この詩は、東日本大震災が起きた時、朝日新聞の天声人語で取り上げられていた言葉と聞きました。 エミリーのような天才ほどの癒しの力はないにしても、少しでも何かお心に届くものがあったとしたら嬉しいですm(_ _)m

  • 被災地応援

    ♡2,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話 春瀬由衣

    2019年11月15日更新

    突如街が戦火に焼かれ身寄りを失った孤児たちがいた あの日の日常はもう戻らない けれど、再構築することはできるはず 絶望から立ち直るはみ出し者たちの物語です。絶望の描写がもしかしたら重いかもしれません、ご注意ください。

  • 2019年11月15日更新

    友人のアドバイスによりダークなホワイトから改題しました 遺伝子工学の若き研究者「阿久 真人」は優秀であったが倫理観の欠如により学会を追われ、就職もままならなかった。 ある日、差出人不明の論文とゲノム解析資料、計算式が真人のPCに 送られてきた。 怪しいと思いながら内容に関心があったので解析して論文を返信した真人の元に、絵に描いたような怪しい人物が現れ破格の高待遇で彼を研究者として迎え入れたいという。 行くところの無い真人は世界征服を企む、秘密結社ギャラクティカダークに研究員として就職した。 陽気な上司や一癖二癖ある同僚と色々謎な幹部達に囲まれ真人は世界征服のための研究に励むのであった。

  • 非転生転移ファンタジーになります。

    ♡81,100

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・184話 鰯づくし

    2019年11月15日更新

    物心つかない頃に暗殺ギルドに拾われた少女、イグレット。 彼女は暗殺の道具として育てられ、使われてきた。 あまりに暗殺向きな異能を持つがために重宝され、それゆえ酷い訓練を押し付けられ。 感情の起伏のない、選りすぐりの暗殺道具として育ち、『ゴースト』と呼ばれるようになった彼女。 その日も、いつものように仕事をこなすだけ、だった。 しかし、受けた仕事はいつもと違うワケありもの。 標的は、公爵家の長男。 絶大な権力を持つ公爵家の、『勇者』に等しい武力を持つ男。 圧倒的な力を持つ相手を標的とする依頼を受けた彼女には、予期せぬ出会いと、予期せぬ出来事が待ち受けていた。 そしてその出会いは、彼女を『日常』から連れ出すことになる。 これは、道具として育てられた少女が、道具として作られた少女に出会い、人として歩み始める物語。 ※「小説家になろう」にて連載中の作品の転載になります。

  • 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影の活躍!

    ♡80,500

    〇2,775

    歴史/時代・連載中・196話 薔薇美

    2019年11月15日更新

    時は江戸中期。若き富羅鳥藩主が何者かに暗殺され富羅鳥城から盗み出された秘宝『金鳥』『銀鳥』。 『銀鳥』は年寄りの銀煙、そして、対の『金鳥』は若返りの金煙が吹き上がる玉手箱であった。 そう、かの浦島太郎が竜宮城から持ち帰った玉手箱と同じ類いのものである。 誰しもが乞い願う若返りの秘宝『金鳥』を巡る人々の悲喜こもごも。忍びの『金鳥』争奪戦。 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影がお江戸日本橋を飛び廻る。

  • [言葉の力]嬉しいも悲しいも抱いていたい

    ♡8,100

    〇250

    その他・連載中・25話 葵井柳宇

    2019年11月15日更新

    停電や闘病や大切な人を亡くした経験などを元にしたり、日常の何気ない出来事を元にしたり。その日その日に感じたことを詩にしています。

  • おためしで最初の4話だけ読んでみて

    ♡504,700

    〇15,350

    異世界ファンタジー・連載中・73話 Imaha486

    2019年11月15日更新

    2019年10月18日より「届け、言葉の力PJ」タグを設定し、全てのノベラポイントが令和元年台風19号被害支援プロジェクトへ募金されるようにしました。 また、ランキング影響を懸念される方向けに募金専用タイトル (災害に対する備えに関する実用記事)も公開しましたので、併せて下記作品もご覧ください。 novelup.plus/story/828305668 以下、本来のあらすじです --- 「今までお疲れさま」 シーフのカナタはそんな一言で勇者パーティを追放されてしまった。 故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿の宿泊費は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 かつて救われないまま忘れ去られた者達を全員救済し「真のエンディング」へと繋がるトゥルーエンドルートを切り拓く事! 【追記】 第1回ノベルアップ+小説大賞 一次に続き二次選考通過しました! これまで応援頂いた皆様、そしてこれから読もうと思って訪ねて頂いた皆様、ありがとうございます。 引き続き御愛顧の程、宜しくお願い申し上げます(*・ω・)ノ

  • ずれてる部長のオカルト研究部へようこそ

    ♡62,800

    〇2,475

    ホラー・連載中・89話 あいうえおうり

    2019年11月15日更新

    そこの君、オカルト部へようこそ! 絶対入部するよな!? この町の不思議なこと怪奇なことを全て解決、 俺の呪術はキレキレだ! ねこむすめを従えて、オカルト調査に余念なし! 「落ち着きや、満夜、ひかれてんで。あとうちは満夜の手下じゃない」 「これが落ち着いていられるかぁ! 怪異に立ち向かうべくおまえのねこむすめパワーも全開だ!」 「それはやめてぇや」 平凡な高校生の芦屋満夜、でも平凡な性格じゃない彼は、 黒髪の美少女——クロネコに取り憑かれてねこむすめに変身する——を従えて、今日も平坂町の怪異に立ち向かう! イラスト:ろは様

  • いざという時、後悔しないために。

    ♡17,100

    〇250

    エッセイ/コラム/評論・連載中・3話 穂紬きみ

    2019年11月15日更新

    令和元年、10月13日。 台風19号による大雨で増水した千曲川が越水。 そして自宅近くの支流が氾濫。 まさか自分が被災者になるとは夢にも思わなかった私から皆さんへ贈る、いざという時ちょっと役に立つかもしれない読み物。 不定期連載。

  • わしは偉いのじゃ!お犬様じゃからな!

    ♡26,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・16話 越川陽登

    2019年11月15日更新

    江戸時代前期、第五代将軍徳川綱吉によって「生類憐れみの令」が発令されてしばらく経った江戸の街にて。 中野犬小屋で、保護された犬の世話をしていた徒目付・伝之助は、ある日にひどく衰弱した犬が犬小屋にやって来たのを見る。 具合が悪そうなのを心配し、甲斐甲斐しく世話を焼いた伝之助。そのおかげで犬はみるみる元気になったのだが。 「うむ、苦しゅうない!」 なんと、人間の言葉を喋りだした。 自らを萬吉と名乗ったその犬は、元々上野国の新田氏の人間だったとか、御仏の怒りに触れて犬に変えられたとか、なんとも信憑性に欠ける話ばかりを止めどなく話してくる。 そんな萬吉を犬小屋も不気味がり、伝之助に押し付けるようにして放逐。伝之助はやむなく犬小屋から宛がわれた平屋で、萬吉を飼うことにしたのだった。 世紀の悪法と名高い生類憐れみの令の蔓延る中野の街中で、伝之助と萬吉のすったもんだの共同生活が始まる。 ※第1回歴史・時代小説大賞参加作品です。

  • 人外多めの異世界ものです

    ♡1,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・22話 不喋

    2019年11月15日更新

    小さい頃から苛めにあい高校を休学し実家の神社を手伝いをしていた影里 春希は なにも分からないまま魔界(異世界)に飛ばされてしまう ※この物語には、人外表現が多めに出てきます。苦手な方には、お勧めしていませんのであしからず。

  • 自分が思っている事を適当に書きます

    ♡29,650

    〇0

    2019年11月15日更新

    100年後に読んでも古さを感じない小説はあるのか? どうすれば書けるのか? 僕が小説について考えたアレコレを適当に書きます。皆さんの意見を聞かせてくれたら嬉しいです。

  • 終末×召喚×異世界ファンタジー

    ♡1,536,925

    〇47,450

    異世界ファンタジー・連載中・103話 緋雁✿ひかり

    2019年11月15日更新

    【第二部(連載中):第十三章~】※第二部単独でもお楽しみ頂けます。 #男性主人公 #転生 #コメディ #ラブコメ #チート #ハーレム #シリアス #バトル #召喚 ――霊界を漂う少年の肉体と魂。 そのまま、死の安らぎへと身を委ねようとしたその時、ベリオドールと名のる意識体から語りかけられる。 『前世とは別の世界で、新たに生を受ける気はないか?』 意識体の語る〝成すべき道〟を求めて異世界へ降り立つ少年。 覚醒直後、目の前に現れたのは、彼を呼び出したという召喚士のケモミミ少女だった。 前世の記憶を失ったまま、謎に満ちた異世界で少年の冒険が始まる。 ※「図書室のアルマデル」の世界観をそのままに、第一部とは別の男性主人公で再構成したものです。 ※比較的、第一部より王道転生モノに寄せて書いております。 ※転生、チート、ハーレムといった要素がお好みの場合はこちらだけでもお試し下さい(✿ㆁᴗㆁ)ノ♪ ―――――――――――――― 【第一部(完):序章~第十二章】 #女性主人公 #転移 #コメディ #ラブコメ #終末 #魔導書 #召喚 #成長 #微百合 姉がオリンピック金メダリストになった翌日、妹の嘉納翠玉妹は、クラスメイトの取間凜に図書室で話しかけられる。 初めて話した凜から「あと二十四時間で世界は永遠の玉響を迎える。救われたくば魔導書アルマデルに己の魔法円をかざせ」と伝えられた。 意味が分からず帰途に着く翠玉妹。 世界が急速に、終末へと向かっているとも知らずに……。 ※終末に向かう現代ドラマパートに約8万字を要しております。なかなか異世界転移(転生)しませんので、ご注意ください。 (異世界の冒険を早く楽しみたい!という方は、第二部からのお読みいただくことをお勧めいたします) ※現在、プロローグの一部を非公開とさせて頂いております。 ※レイティングは念のため設定してますが、暴力描写・性描写ともに、それほど過激な内容はございません。 ―――――――――――――― ※作者ツイッター:https://bit.ly/2NoWbCV ※イラスト/あままつ様ツイッター:https://bit.ly/2WWDgDu

  • 週末更新予定。

    ♡14,030

    〇5

    恋愛/ラブコメ・連載中・22話 なるたき彩月

    2019年11月15日更新

    寝て起きたら知らない世界にいた鈴木茉莉香。どうやらくそゲー評価の乙女ゲームの悪役令嬢に転生したようだが、悪役令嬢として生きてきた記憶が全くない。記憶喪失とごまかして生きていこうとするものの、なんだか知っている乙女ゲームの内容と大分変わっているようで――とりあえず、ヒロインはどこ行った? 記憶喪失とごまかしている令嬢とやっちゃった王子の物語。

  • 古の秘密は、僅か六歳の少女に託された。

    ♡603,130

    〇46,315

    異世界ファンタジー・連載中・81話 二鳥

    2019年11月15日更新

    万物創造の影、太陽と月の庇護を受け、墓はここにある―― 砂漠の国を巡る旅芸人・シェセプ一座に身を寄せるルキのもとへ、その身体能力を買った考古学者から依頼が舞い込む。 「古の遺跡を暴こうとする奴らから娘を守ってほしい」 当初は不可解な依頼に乗り気でないルキだったが、危険に曝される少女を見捨てることはできず……。 異国情緒溢れる物語世界での冒険を堪能してみませんか? 少女を護る末に辿り着く【左目】の因縁──物語も佳境へ★砂の旅路を行く、第五章開幕! 「一座のみんなは大好きよ。本当はね、お腹も減ってる。でも、あたしがここに慣れちゃって、ふつうに毎日を過ごしたら、パパは絶対に帰ってこない気がしたの……」(第二章より【コケモモジャムのパイ 】) ◇◆◇◆◇◆ ※この物語はフィクションであり、過去および現在の実在人物・団体等とは一切関係ありません。 ※また、法律・法令もしくは条令に違反する行為を容認・推奨するものではありません。 ◇◆◇◆◇◆ 10/18 50話からTwitterの宣伝に利用した画像をおまけで展示中(illustration:minatoさま) ご覧くださり、ありがとうございます。 誤字脱字のご指摘等はTwitterのDMまたはコメント欄からお気軽にご報告ください。 (Twitter:@n1t0uxu) ※多忙期につき、スタンプ&コメントへのお返事が遅れる場合がありますが、総て大切に拝見しております。いつもありがとうございます! ※「届け、言葉の力PJ」にともない、こちらの作品の貢献Pを寄付金として託すことに致しました。ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします。 表紙イラスト:仁藤あかねさま タイトルロゴ:二鳥

  • 眠れない夜の読み物に。

    ♡200

    〇0

    純文学/文芸・連載中・6話 江東うゆう

    2019年11月15日更新

    星ばかり見ていた高校生たちの話。 舞台は平成二年から四年。 今と同じ、改元があって間もないころです。 バブルの時代でもありました。 なつかしいあのころのこと、当時高校生だった私の視点で書いてみたいと思います。 ゆるゆる進めるので、ひまつぶしに読んでいただけるとうれしいです。 千葉県に友人がいます。 もしかして被害に遭っているかもしれないけれど、いま、連絡して何かできるわけでもない、という思いあり、 まだ、連絡できていません。 ニュースで見る各地の被害の大きさに、心が立ちすくんでしまっているのかも知れません。 チキンな私にできることはただ、募金箱にお金を入れることだけという情けない状況。 恥ずかしいです。 なんてことはおいといて。 とにかく募金だ! そして、多少は役に立つ可能性があるのなら、作品だ! そんなわけでよろしくお願いいたします。