島津

検索結果:3件

  • 令和欲張りギャグコメディ「しまづの県」

    無謀にもメジャーを目指して頑張るぞい!

    247,928

    6,383


    2022年1月23日更新

    現代っぽい日の本でお菓子製造を営む株式会社しまづの面々と全国の戦国時代にどこかで聞いたような人々があれこれするお話。 随所にアニメや漫画などのパロディーを散りばめて、戦国島津を全く知らない人にも楽しんでもらいつつ、島津の魅力を味わってもらおう、ついでにアニメ化やゲーム化やいろんなタイアップを欲張りに求めていくスタイル! 登場人物は戦国島津、戦国武将、島津ゆかりの風味(ここ大事!)で舞台は現代っぽい感じ。(これも大事!!) このお話はギャグパロディ小説であり実在の人物や組織、団体などとは一切関係ありません。(ということにしておいてください、お願いします)

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • 戸次の鬼姫~立花誾千代異譚~

    気が向いたらみてね。

    15,100

    100


    2021年12月31日更新

    中原では織田信長が長年の宿敵であった武田氏を長篠の戦いで破り、本願寺の最終要塞石山を開城させ、畿内を中心に急速に版図を広げる。信長が天下人へと上り詰めようとしていたとき、九州では大友・島津・龍造寺を中心とした争いが激しさを増していた。だが、大友氏は天正6年に勃発した耳川の戦いで島津氏に大敗。もはや劣勢を隠し切れない。大友の沈淪をみた龍造寺も盟約を破棄、大友領へと勢力の拡大を図る。 斜陽の大友氏の苗裔にあたる『戸次』の姓を持つ少女。 名は誾千代、鬼道雪の異名をもつ戸次鑑連の一人娘。 立花山城督の地位を継ぎ、十三となった誾千代は思う、 「彼丈夫也、我丈夫也、吾何畏彼哉」と。 後の世の人々に『西国一の女丈夫』と畏怖されることとなる少女は、城督として自分の運命に立ち向かうと誓った。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間40分

    この作品を読む

  • 戦国九州三国志

    大友、島津、龍造寺そして毛利の激闘

    15,877

    45


    2020年7月23日更新

    戦国時代九州は、三つの勢力が覇権をかけて激しい争いを繰り返しました。南端の地薩摩(鹿児島)から興った鎌倉以来の名門島津氏、肥前(現在の長崎、佐賀)を基盤にした新興の龍造寺氏、そして島津同様鎌倉以来の名門で豊後(大分県)を中心とする大友家です。この物語ではこの三者の争いを主に大友家を中心に描いていきたいと思います。

    読了目安時間:3時間27分

    この作品を読む