巫女

検索結果:46件

  • 自滅型カップルの性愛日記

    ♡1,100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・5,347字 Sジラフ

    2020年11月28日更新

    浮世離れした青年・牙隹(はとり)は、日々の煩悩を女装によって紛らわす生活のなか、東海(あずみ)という大財閥の令嬢と出逢う。 女学園時代の戒律を、成人した現在でも死守しつづける東海は、笑顔を見せることも嘘をつくことも、そして恋に身を焦がすこともない。 しかし、欺瞞と裏切りばかり味わってきた牙隹にとって、嘘をつかない東海との真心の交流は、人生で初めての大きな救いとなっていく。 一方、父と姉による背徳を見せられながら生きてきた東海もまた、牙隹との自然なコミュニケーションに安らぎを感じるようになる。 そしてある晩、二人は星空の下、とうとう肉体関係に及ぶのだが…… やがて、牙隹と東海、二人それぞれの生活に破滅が訪れたとき、果てのない逃避行が始まってゆく。 だが、生活能力を持たない二人には、堕落と背徳の日々しか待っていなかった。 自分たちの性を売り、ゴミを漁って生きる毎日。 憂世の理不尽は、愛の力をも圧倒してしまうのか? ◆ ●他所(ハーメルン、ノクターンノベルズ、ミッドナイトノベルズ)にて掲載中のR18小説のR15版。 ●この作品は完全なフィクションであり、現実に存在する人物、団体、価値観、倫理観などとの関連は一切ありません。 ●絵師さんによる美麗な挿絵多数! ●その他の画像は、『著作権フリー立ちキャラクター素材集』の「vol.5」と「vol.7」、ならびに『著作権フリーイベントCG素材集vol.2』を購入して作成したもの。 ●表紙:Ai kisaragi様

  • 見た目幼女が巫女になって黒龍とイチャラブ

    ♡100,500

    〇500

    恋愛/ラブコメ・連載中・68話・141,572字 茄子

    2020年11月28日更新

    いつからか、私を呼ぶ声が聞こえているような気がしていた。 例えば夏祭りに幻想的に赤く灯る赤提灯を見た時、例えば秋の燃えるような紅葉の紅に目を奪われた時、例えば冬の白い雪の中に咲く椿の赤さに目が惹かれた時、呼び声は強くなるような気がする。 そしてある日、私は点滅する赤い工事のランプに惹かれてふらり、と道路に踊りでて車に跳ねられて、宙を舞い、地面に叩きつけられた。 けれど目覚めた時は病院ではなく、どこかのお堂のような場所で、六芒星の上に全裸で寝そべっていた。 恐怖に怯えていると、平安時代の陰陽師のような格好をした男が部屋に入って来て私に着物を与えてくれた。 そして告げられたのは私を龍神の巫女候補として召喚したのだと言う事。 正直「は?」という感じだけれども、他の同じように召喚された少女達と龍神の巫女と成る為の儀式を行う。 それぞれ龍神の巫女になっていく中、私は災いを呼ぶと言われている黒龍の巫女になってしまった。 黒龍の巫女になったと言うだけで、周囲から嫌厭され、隔離された生活が始まるが、龍神の巫女になった者は必ず都にある穢れが溜まっている場所に行き浄化をしなければいけないと言われ、私も行こうとするが、止められてしまった。 曰く、余計な事をして黒龍の穢れを広めるなという事なのだ。 他の少女達が毎日忙しく巫女業に勤しんでいる中、私は腫れものを扱うように、嫌悪感に満ちた視線を向けられ屋敷の中で一人過ごしている。 黒龍の巫女となったからと言って、一人用の局も与えられ、本当にやる事と言えば御簾や几帳の隙間から中庭にある紅葉の木を眺めるぐらい。 だって、本を読めと言われても、ミミズが這いずり回ったような字で、なんて書いてあるのかわからないし、誰かと和歌を交換しようにも、黒龍の巫女である私と交流を図りたいとする人なんていなかった。 退屈な時間を過ごしていると、ある日、紅葉の木の下に艶やかな長い黒髪の、血のように紅い瞳を持った男の人が立っているのに気が付いた。 どうせ誰も居ないのだし、と思って十二単の裾を持って中庭に下りてその人に近づいてみると、「譲羽」と親し気に名前を呼ばれた。 ああ、私はこの紅い瞳を知っている。

  • 変わらない形をあなたに

    ♡656,268

    〇18,787

    現代/青春ドラマ・連載中・50話・254,863字 兎禾

    2020年11月26日更新

    その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。 これから始まる私の物語の最初の一ページ。 ……その一行目。 彼女との出会いが私にとって大きな意味を持つ。 なんて、今の私は知る由もないのだけれど──。 私達を繋いだのは一枚の折り紙。 それは時を越え届けられた想いの形でした。 折り紙を通して織りなす少女達の群像劇。 彼女達が最後に見るその形とは……? 和の心と作法とその由来。 あたりまえだけど、知らないものがここにはあります。 四季織のいろは。 変わらない形を、あなたに── この作品は毎週月曜日と木曜日に更新致します。 コメントだけでも気軽に頂けると嬉しいです!!

  • ビキニアーマーコンテスト用の新作です

    ♡61,850

    〇34

    異世界ファンタジー・連載中・36話・96,417字 とんこつ毬藻

    2020年11月22日更新

    【クイーンズブレイド杯小説コンテスト/ビキニアーマー大賞部門応募作品】 女神の楽園《アテナワールド》 七名の女神により創られた人間、魔族、亜人、獣人が暮らす世界。 この世界には、美闘姫闘技大会《ディーヴァコロシアム》という、 女神より神託を受けた美闘姫《ディーヴァ》のみが出場を許される女性限定の闘技大会があった。 ある者は国の力を誇示するため、己の信念を貫くため、欲望のため、金のため、名誉のため……。 それぞれ意思を持った者が集うバトルフィールドへその日、一人の少女が舞い降りた。 「もう~、どうしてこんなに露出度の高い衣装な訳?」 とある過酷な運命を背負った少女は、戦場で踊る。 これは、 人間、魔族、亜人、獣人、 美闘姫闘技大会《ディーヴァコロシアム》という闘いの舞台に翻弄される美闘姫《ディーヴァ》達の物語である――

  • 巫女とその守護者を書いた物語

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・18話・118,124字 司馬田アンデルセン

    2020年11月15日更新

    黒坂羽黒が全国優勝した翌日の日のことである。羽黒が朝の新聞を取りに家の門を出るとそこには巫女服の女の子が倒れていた。彼女はどうやら何者かに追われているらしい。羽黒は彼女を守るため守護者になることを決める。

  • 縁切り神社にお参りしたら……。

    ♡2,900

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・3,165字 水沢ながる

    2020年11月13日更新

    思いを寄せる麻里佳をゲットする為に、彼女と恋敵の縁を切ろうと縁切り神社に参拝した真也。 果たして縁は切れるのか? 一応ジャンルを「恋愛/ラブコメ」にしたけど、これはラブコメになるんだろうか……?

  • 天狗と巫女の本格派平安冒険活劇!

    ♡500

    〇0

    歴史/時代・完結済・129話・873,761字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    どこからともなく笑い声が聞こえてくる。さては今宵も誰ぞが化かされたか。 化かしたのは山の怪異である“天狗”を名乗る、水目桜月鳥(ミズメノサクラツキトリ)なる翼を持った不思議な物ノ怪。 しかしミズメは、出羽国が月山を根城に、悪徳役人を騙してその富を貧者に分けたり、暴れて手が付けられない物ノ怪を退治する自称正義の物ノ怪である。 ある満月の晩、ミズメがいつものように愉しく辻捕り男を化かしていると、雇われ巫女が物ノ怪退治と称して立ちはだかった。 彼女はお人好しで方向音痴の巫女、その名は乙鳥(オトリ)という。 ふたりの出逢いが日ノ本を巻き込む大難事へと発展してゆく……。 狐狸に蛇に穴熊。神に物ノ怪、悪鬼悪霊、坊主に仙人。武士に狩人、貴人に変態、陰陽師。これらを相手取り、天狗と巫女が大暴れ。 歌詠み袖交う、みやびやかなる都人の時代を舞台にした平安幻想活劇。 あなたもきっと、天狗に化かされるに違いない。 (当作品は2020年7~11月のあいだに小説家になろうさんで連載していた作品です。完結済み) ※拙作「巫覡、寿ぐ(ふげき、ことほぐ) https://novelup.plus/story/790901231」と同世界の時代違いのおはなしです。 ストーリー上の続編ではありませんが、よろしければこちらも。

  • 古代巫女巫女活劇!

    ♡3,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・150話・787,812字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    ――こんな筈じゃなかったのに。 初仕事を終えた娘は守護霊の説教を頭に浴びつつ、破れた服を縫いながらぼやいた。 彼女は元は温かな隠れ里で家族と共に里を切り盛りする優しく働き者の娘だった。 ところがある日、里は黒い衣を纏った術師集団に襲われ、滅ぼされてしまう。 唯一人生き残った娘は、里の守護霊に巫女としての天才的な才能を見いだされ、里を滅ぼした者達への復讐を命じられる。 巫女と成った娘は持ち前の優しさを振り撒き、旅の道中に村々を助けながら、守護霊と共に復讐を目指す漂泊の旅を行う。 出逢い別れる巫覡や神々。そして、鬼。彼等と時に分かり合い、時に術を向け合いながら運命の糸を紡いでゆく。 神が佑(サキ)わい、巫覡(フゲキ)寿(コトホ)ぐ時代。 古代日本を舞台とした神と巫女の活劇物語。 果たして彼女は、己の生に本当の安らぎを取り戻す事が出来るのであろうか?

  • カクヨムからの転記です。

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話・16,116字 一葉(いちよう)

    2020年11月1日更新

    五來善繡(ごらい ぜんしゅう)紛れもなくこの物語に登場する少女の名前。 ただ生まれた時は別の名前だった。その名を知る者はもうこの世には存在しない。 そして今は「キメラ」と呼ばれたりもする、人で無いモノたちから。 齢《よわい》三歳にして一度命を閉じている、両親によって河原に突き落とされ誰も知らないところで命を絶った。 少女を見付けた人の通報で病院に運ばれる時に奇跡的に息を吹き返していた。 しかしその時を待つだけだった少女が八年の年月を経て病院のベッドで目を覚ます。

  • なんでもありの和風ファンタジー

    ♡1,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・62話・130,264字 参(まいり)

    2020年10月31日更新

    完結しました!ありがとうございます!! 月映結稀(つきかげゆき)は巫女である。 巫女は人々が無意識に生み出す不の産物…呪(のろい)を浄化し、世のバランスを保つのが使命であり仕事である。巫女は守護守(しゅごもり)と契約し、より強固な力を得る。 守護守とは巫女以外は見えない存在。数多の物質・事象に宿る守護であり人の形をとる。 富士の結界の元で学びの期間を過ごしていた結稀に突然降りてきたのは姉兄の呪化。今の結稀には姉兄を浄化しきれない…彼女は幼少期に共に過ごした災厄の守護守に願う。 「私に力をください」 かつて婚姻の契約を承諾した災厄の守護守は、完全無欠天上天下唯我独尊の最強の守護守であり、結稀は振り回されながらも共に全国を渡り、いつしか自身の気持ちに気付いていく。 器とは何か、巫女とは何か、守護守とは何か。 ※この小説内において意味や立ち位置等が実際と異なるものがあります(神器、巫女、土地などなど)。なんでもありです。 ※カテゴリーはファンタジーですが、恋愛要素も入れていく予定です。 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

  • 八百万の神犇めく空に咲く悲恋の華

    ♡51,400

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・7話・25,355字 駿河防人

    2020年10月29日更新

    タキオン・ソード第二部開幕―― 理力文明の最盛期、二つの大国が戦争を迎える中、蒼い髪の少女は、異界への活力流出現象を止めるため、精霊王たる女神との契約をめざし、世界中を旅することに。 次の目的地は、八百万の神が犇めく神秘の島国、アスカ皇国。 彼の地にて、再び超常の剣をめぐる冒険が幕を開ける! ことの始まりに、少女を守護する騎士・ダーンは、馴れない軍人の立場にあって、初の潜水艦戦闘を経験する。未知の力《星沁》が干渉するアスカ皇国にて、新たな出会いと戦いが待っていた! 第二部も、お色気シーン満載です!

  • 初詣の話。お正月に読むと暖かくなる。

    ♡400

    〇5

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・3,857字 エトナ

    2020年10月19日更新

    柊は初詣を楽しみにしていた。気温とは別に、暖かくなるものを感じる。

  • 太陽なんかいらない。

    ♡600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・26,446字 しろん

    2020年10月6日更新

    太陽がない雪の世界。大地は降り積もる雪で覆われて、海は凍り、季節は無くなった。とてもとても人々が生きていける世界ではないが、代わりの太陽を作り上げた東の神子により熱は失われていない。西には雪風を抑え込む巫女がおり、人々は辛うじて生きていられる。 故に世界の半分は雪がなく、世界の半分は雪原となっている。 最果ての西に居る雪風の巫女様リイヴは、お腹を空かせながらも従者のイースレイと楽しく暮らしている。日に十時間の界律があろうとも、優しいナイトの彼と幸せそうだ。 最果ての東には、太陽の神子様焔が従者の水面と騒々しい毎日を送っている。 ある日世界が、二人の結婚を熱望していく。 穏やかな毎日を過ごしていけたら……。そう思っている四人の元に、不穏の影が忍び寄り……!? これは、世界を背負う子供と、世界を憎む大人の物語。 ※ハーメルンの方にも投稿しています。 https://syosetu.org/novel/229534/

  • オリジナル恋愛ファンタジー

    ♡1,600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話・969字 椿・巫女

    2020年9月10日更新

    王道の騎士の出るお話。 ドラゴンとのバトル、巫女との絆、騎士の選択・・・王道ファンタジーを目指して恋愛モノ書いています。 甘い砂糖を吐けるような甘い感じの恋愛モノを書けたらいいなと思いながらバトルシーンにも力を入れていきたい。 一体未来はどうなっているのだろうか―――?

  • これは、少年と少女が手を繋ぐまでの物語。

    ♡5,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・16話・32,668字 鶴亀七八 / ユウキ

    2020年9月6日更新

    ──罪火。 それは人が化け物になった姿。 これは罪火と戦い人々を守る巫女と騎士の物語。 ファンタジーです。 一話2000文字前後。 文体は絵本風を意識。 気持ちセリフ多めを意識。 不定期更新。

  • 姫さま…俺、強くなるよ。約束の大地へ。

    ♡2,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・1,468字 雛乃まいん

    2020年8月28日更新

    紅の国、アシュランド。 「姫さま。また、そんな」 俺はこの国の宝である、隠された姫君。紅の巫女姫、リコリス様の姿を追う。俺の仕事が蒼き蝶の騎士だから、だけじゃ無い。俺は…俺は、貴女を…護りたいから。 「ラウル〜」 無邪気なリコリス様。貴女様だけは、俺が必ず。 この作品は、立華様のイラストより発想させて書かせて頂いております。立華様、本当にありがとうございます。イラストも、立華様です♡⤴︎

  • これは、幸せを追い求める、少女たちの物語

    ♡2,000

    〇100

    現代/その他ファンタジー・完結済・102話・523,408字 平河廣海

    2020年8月17日更新

    魔法。 それは、かつて神が村を救った、神の御業。 村の巫女が民を導いた、奇跡の業。 そう伝わる、伝説上の存在であり、希望そのもの。 しかし、いつしか魔法は呪いの存在となる。 親しい者たちの死、デマ、いじめ、差別……。 数多の不幸が、魔法を使えてしまった少女を襲っていた。 今や、魔法は呪いそのもの、少女を不幸へと縛り付ける、柵となったのだ。 魔法。 それは希望であり、呪いそのもの。 少女たちは幸せになるため、ひたすらにあがく。 たとえそれが、いかなる結果をもたらそうとも。 ※この小説は、小説家になろうで完結、カクヨムにも投稿しています。 ※次回の投稿日は、後書きに記載しております。

  • 龍の末裔、人として顕在せり

    ♡12,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・14話・33,268字 室士郎

    2020年8月15日更新

    ナナシ 彼は捨て子であり、村の皆から半ば厄介者扱いされてきた。 だが、長老の孫娘・瀬里華はそんなナナシに恋心を抱いていた。 そんなときに村に野良龍が襲いかかる。 基本的に龍に傷を付けられるのは王家の血筋を引いた者のみ。だが、ナナシは龍をひとりで撃退してしまう。 それをきっかけにふたりが思いを確認し婚約したとき、朝廷の王家が目をつけ、瀬里華を幕府の将軍への手土産としてしまう。 婚約者を奪われ、生まれ育った村を焼き捨てられ、ナナシは子龍と改名し復讐の旅へと赴く。 それはナナシにとっての理想郷を目指す旅でもあった。

  • 江戸時代、神社の娘と付喪神の珍妙な日常譚

    ♡3,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話・23,713字 みずしろ

    2020年8月14日更新

    『人々から「付喪神神社」と呼ばれる朝日山神社には、曰く付きの器物が集まっている――』 時は徳川が天下を治めていた、いつかのどこか。 朝日山神社の娘・千春は、毎日付喪神たちのお世話で大忙し。 お喋りなかざぐるまに、料理好きな包丁とお目付役の水瓶。 毎日必ずお八つを要求する時計もいれば、舞好きな神楽鈴に仲間に入りたい木霊まで。 そして、また新たな付喪神が……。 千春と付喪神たちの愉快で珍妙な日常譚。 ※1 個人サイト、カクヨムでも掲載しています。 ※2 ゆる〜い感じなので厳密な時代考証はしていません。 ※3 作中に出てくる「付喪神物語」は創作です。実在しても一切関係ありません。 ※4 気まぐれ更新になります。

  • 悪意を操る男と、悪意に染まらぬ男の話

    ♡8,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・39話・135,110字 叶遼太郎

    2020年8月12日更新

    anti…反対、対抗 ant…蟻 i、I…私、俺、僕、自分 malice…悪意 悪意に抗うちっぽけな私の物語。 作者が色んな格闘技漫画とか小説とか読んで自分でも書いてみたいと思ったから出来上がった作品です。