差別

検索結果:16件

  • 人は恐怖の心を無くして生きていられない

    ♡225

    〇25

    現代/その他ファンタジー・連載中・10話・46,551字 金木 犀

    2020年10月21日更新

    高校二年生になる少年「向日 討夜」は無根拠な殺人衝動と貼り付けられたような不自然で異常な記憶に苦悩していた。 ※向日 討夜という登場人物は私作品の「星の守護者」に登場する向日 討夜との直接の関係ありません。別の世界線、人物の話だと捉っていただいて結構です。

  • 悲しい記憶を乗り越えて剣を取る

    ♡2,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・12話・34,659字 夜色椿

    2020年9月27日更新

    宝石の子( https://novelup.plus/story/120323352 )の登場人物であるヴェルデを中心とした過去編ですが、単体でも読むことができます。 片目が赤いオッドアイであるために化け物と呼ばれた幼子がいた。 そんな哀れな幼子ヴェルデを弟として迎え入れたジュール。 ヴェルデは何度も何度も壁にぶつかり、苦しみあがきながらも幸せを手に入れるために努力を重ねる。 差別、誘拐、トラウマ、ヴェルデの行く先を阻むものは多い。けれど、彼には愛する人と、愛してくれる人がいた。

  • 恋人以上家族未満の兄妹の冒険ファンタジー

    ♡8,900

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・70話・195,723字 ゆう

    2020年8月29日更新

    ジャンル別日間最高33位✨ありがとうございます! 突然、両親が行方不明になった、ごく普通の生活を送っていたはずの智奈《ちな》。 智奈の前に転校生として現れたのは、謎の少年、霧亜《きりあ》だった。 お前は異世界の人間で、オレの妹だ。 『バベル』と呼ばれる異世界からやってきた、魔術師だと主張する霧亜は、智奈と謎の同居を始める。 とある事件に巻き込まれた二人は、霧亜のやって来た『バベル』に転移してしまった。 バベルは、獣化動物という妖怪や神獣たちと共存し、魔術師と体術師によって根深い溝のある不思議な世界だった。 バベルではタブーとされる、魔術師と体術師の血を持つ子供を、『混血人種』と呼ぶ。 父親が魔術師、母親が体術師の間に生まれた兄妹。恋人以上、家族未満の微妙な関係の主人公2人が送る、冒険ファンタジー。 魔術!体術!美少女!イケメン! 銀髪隻眼!金髪赤眼! 幼女!ショタ!美魔女!イケおじ! 動物!妖怪!神獣! みつけられるか!?細すぎるパロディ! 刺され誰かの性癖に! カクヨム、小説家になろうにも掲載。 ノベリズムにて、少し違った展開、違った登場人物で連載中

  • クトゥルフコンクール内で、最も異質な文章

    ♡3,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・9,570字 クワガタの人

    2020年8月12日更新

    人間というのは、その程度なのです。 私が連載している作品のとあるモブの過去を、エッセイっぽい文章にしたものです。 Call of Haster の「“The Innsmouth Plague”」というお話と重なるところがいっぱいあるので、既視感を感じると思います。というか、ほとんどおんなじこと言ってます。 なのでこのお話は、あくまで長編の物語を見るのが嫌な人向けに書いたものになります。 以上のことを留意して、お話を読んでくださいね。 応援スタンプ、レビュー等をしていただけると泣いて喜びます。 余談ですが、これを読む前にラヴクラフトの書いた「ダンヴィッチの怪」を読んでおくと、この作品の見方が変わるやもしれません。 ……公式が『TRPGのネタになるような』って言ってるのに、真逆のこと書いてんのは流石に草生える

  • 新たな仲間を求めて……愚弟の旅、開幕。

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・10話・67,435字 紅城楽弟

    2020年8月5日更新

    崩壊する帝国を描くSF戦記 第一章。 愚弟として生まれ、賢帝と崇められ、最期に暴君となった男の生涯とは……? ~これまでのあらすじ~ 世界の7割を支配する星間連合帝国。 寝たきりの皇帝に代わって宰相である野心家ハーレイ=ケンノルガ・ルネモルを始めとした宰相派が実権を握り、帝国内には不穏な空気が流れていた。 そんな中、皇后が自らの命と引き換えに双子の皇子を生み命を落とす。科学的に賢兄・愚弟と証明された双子は、皇族派筆頭の執政大臣ベルフォレスト・ナヤブリの謀略によって愚弟は囮として危険な帝星に残し、賢兄は死んだことにしてセルヤマ星へ送ることになる。 命令を受けた皇后直轄護衛騎士団団長のシャイン=エレナ・ホーゲンは双子の命を第一に考え、大臣の命に背き賢兄を残して愚弟をセルヤマに送る。 やがて時は流れ、成長した愚弟ダンジョウ=クロウ・ガウネリンは凡庸ながらも純粋で正義感に満ちた性格とカリスマ性によりタクミ・マウント、ビスマルク・オコナー、フィーネ・ラフォーレなど友人にも恵まれ逞しく成長していた。 一方、優秀でありながらも愚弟と蔑まれてきた賢兄ランジョウ=サブロ・ガウネリンは、その自尊心を傷つけられ孤独に生きていた。ランジョウは優秀でありながらもその事実を認めてもらえず、自らを侮辱した従兄ザイク=モウト・イルバランを血闘の末に殺害。自らの力を証明するも唯一信頼していたベルフォレストにも否定され絶望する。しかし、その光景を見ていたハーレイの息子である神栄教の枢機卿コウサ=タレーケンシ・ルネモルンは1つ懸念を抱くのだった。 再び時は流れ、ダンジョウは仲間達とともに先光団を結成し、周囲の平和を人知れず守りながらフィーネと徐々に心を通わせていた。そんな中、帝国内部に不穏の空気が蔓延る。各惑星の首脳陣さえ知らないところで、隣国ローズマリー共和国のスパイ情報が送られてきたのだ。そして、その情報を基にセルヤマでスパイの摘発が行われ、フィーネはスパイとして連行され見せしめとして左目を奪われる。 フィーネと話をするため、ダンジョウやシャイン、そして先光団の面々は彼女の奪還作戦を決行する。仲間達の助けもありフィーネと再開したダンジョウは、スパイなど必要のない世界を作ろうとフィーネと誓い合う。 そして、自らの皇子という素性を知ったダンジョウは、帝星に戻るためビスマルクと旅立つのだった。

  • オーラが見える青年との出会い

    ♡0

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・3話・11,598字 テネシ

    2020年6月19日更新

    この作品は自主制作映画化を前提として戯曲形式で書かれています。 「back beat 1」の続編となっています。 宮城県仙台市にある芸能プロダクションを舞台に主人公である演技講師荏原とレッスン生達が繰り広げる青春ストーリー。 人に色がついて見える青年「拓真」が新たにオーディションに合格し、荏原のクラスに加入した。 彼は人とはどこか違う感覚を持っている。 「人と違うということは悪いことなのか?」 「人同じでなければ、夢すらも目指しちゃいけないのか?」 レッスン生や講師の様々な思いが交錯する 荏原は生徒達を導いていけるのだろうか

  • 私の思った事を、書き連ねました。

    ♡2,100

    〇21

    歴史/時代・完結済・2話・5,233字 はむりん

    2020年6月14日更新

    『Re:ゼロから始める異世界生活』と言うアニメをご存知だろうか。今回は、その登場人物「エミリア」と、世界で問題視されている「人種差別」について、世界の現状と歴史、エミリアの境遇と台詞から私が思う”差別について”を述べた作品です。お暇な時にでも御一読して頂けると幸いです。

  • 平穏を望む皇子は何故暴君になったのか…

    ♡10,500

    〇0

    SF・完結済・41話・221,755字 紅城楽弟

    2020年6月10日更新

    地球からは見えない遠い銀河の中に輝く恒星・海陽。 12の惑星が集まる海陽系で、1つの時代が終わり新時代を迎える。 3000年以上に渡り海陽惑星系を徹底管理・支配してきた星間連合帝国が、 自由と平穏を求める統合軍によって滅ぼされたのだ。 ――それから78年後。 歴史学者のトーマ・タケダは最終戦争の真の背景を解き明かすため、 最後の皇帝ダンジョウ=クロウ・ガウネリンの生涯を辿っていた。 皇太子の愚弟として生まれ、 多くの英傑を率い、 国民に敬われる賢帝となり、 最後に暴君となった男。 ダンジョウは如何にして生き、死んでいったのか? 巨大な星間連合帝国 女性が主権の握るローズマリー共和国 世界中に数多の信徒を持つ神栄教 社会の裏で蠢くマフィアや軍需企業 陰謀、野心、愛憎、差別、 多種多様な人々が様々な感情の中で繰り広げるSF戦記 序章。 ※カクヨム なろう でも連載中。

  • お前も十字架を燃やすのか?

    ♡7,100

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話・1,667字 タツマゲドン

    2020年6月3日更新

    今お前は奴らの言いなりだ。 今もお前は奴らの言いなりだ。 それでも今お前は奴らの言いなりだ。 いいか、今お前は奴らの言いなりになってるんだ!!!!!

  • 知らないことが傷つける

    ♡15,600

    〇200

    文芸/純文学・完結済・4話・11,904字 凪沙帳

    2020年6月1日更新

    【第36回織田作之助青春賞第三次審査通過作品】 大学一回生の楸(通称サギ)は常磐(通称トキ)に恋をする。 よくある青春ボーイミーツガールのはずが、サギが出会ってしまったのは、自分の理解が及ばないフェミニズムとジェンダーの世界だった。 ただ深く考えないこと、ただ深く知らないこと、それがあなたの大切な人を傷つけるかもしれない。 地獄のすれ違いキャンパスライフ、開幕――

  • 差別する者と差別される者。そんなお話です

    ♡66,300

    〇3,800

    文芸/純文学・完結済・16話・46,808字 カリスケイ

    2020年5月27日更新

    誰もが首から上を持たない、首無しの人間の世界で、主人公には首も顔もあった。 そのために周囲からは忌避され虐げられ続けてきたが、彼は暴力によって抗う。 しかし忌避されてきた一方で、刑務官である彼は、囚人を見下し、金品を巻き上げることに勤しむのだった。 人に見下され、人を見下しながら、暴力とともに生きる主人公の物語。

  • やめようLGBT差別

    ♡9,000

    〇300

    エッセイ/評論/コラム・完結済・6話・4,024字 安房桜梢(SAKURA-AWA)

    2020年5月22日更新

    LGBT(トランスジェンダー)への差別についての簡単に考察するコラムです。

  • 511

    『511』に込められた、その意味は。

    ♡1,000

    〇0

    SF・連載中・11話・26,639字 日比谷響

    2020年4月14日更新

    ネグレスト国、クレイフト区。その区に配属された心優しき冷酷な少年、アミン。 この物語は、アミンの目を、心を、精神を通して映し出される、痛く悲しい争いの一片。 ※この作品は「小説家になろう」さん、「カクヨム」さん、「MAGNET」さん、「LINEノベル」さんにも投稿しています。

  • あなたのために、真珠を吐きたい

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・32話・171,680字 真白芽依

    2020年3月26日更新

    いつかの時代、どこかの場所。青い世界で、貝は人になった。 彼らはヒトを喰らう――真珠は大人になった証だから。 黒真珠を吐く、貝の少年、オログ。 真珠を吐けない、貝の少女、テルネラ。 人類を導く、青い目の少年、ウルリヒ。 女神の戯れから始まった歪な世界で、彼らは出会い、別れ、再び出会う。 二つの種族の未来のために。 マイムマイム――それは二つにわかたれた海を、一つにつなぎ直す遥かな運命の物語。 イラスト:木原幸矢さん(Twitter ID:@kihara213)

  • 孤独な旅人たちに手を差し伸べるのはあなた

    ♡1,700

    〇5

    異世界ファンタジー・完結済・31話・160,888字 笹野にゃん吉

    2019年9月26日更新

    〈ガラスの靴〉を履いた者は、珠玉の相に恵まれるという。 これに魅せられたエルクニア王国女王は、各地に散らばる〈ガラスの靴〉の欠片を集めさせるため、欠片を持ち寄った者に多額の褒賞金を与えると発表した。 たちまち〈ガラスの靴〉の欠片を見出さんとする旅人たちが現れ、俗に言う冒険者時代が幕を開けた。 そして今―― 西の地では顔に醜い傷痕を刻んだ女が、 東の地では絶世の美貌に男惑わす女が、 〈ガラスの靴〉の欠片を求め、旅を始めようとしていた。 迫害が、裏切りが、思惑が――彼女たちの旅に絶えることない試練を与える。 踏み出すほどに心は迷い、傷ついていく。 それでもなお彼女たちは〈ガラスの靴〉を求めるのか? 道半ばで旅を諦めるか? あるいは、過酷なる運命に命潰えるのか? 欲望が紡ぐ冒険の中、明らかになる世界――そして人の姿とは。

  • 伯爵夫人として当然の事をするお話です。

    ♡1,700

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・8話・36,025字 ぬい

    2019年7月25日更新

    高嶺の花として扱われ、誰も近寄ってこないレティシアに、結婚の話が舞い込んだ。相手は、五回の結婚がすべて破綻した伯爵で、彼の領地には、バケモノがいると言う。