帝国

検索結果:13件

  • ブラック企業の社員、皇帝になる

    初めての異世界系です!

    200

    0


    2021年7月21日更新

    ある日日々の残業で階段を滑らせ、死んでしまった不運な男 アガ ショウマ そんな彼は突如異世界に転生してしまった!? これで残業から開放される‥と、思ったら勇者じゃなくて国王!? 異世界に行ってもブラック三昧!小国家からの成り上がりストーリー!!

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • HPなんてただの飾りです

    HPバーを引っこ抜け!

    0

    0


    2021年7月10日更新

    HPバーに触れてみると、ボロッと抜け落ちた。俺のHPは飾りだったのだ。俺だけHPが存在せず、どんな攻撃・魔法をも寄せ付けない、無敵になってしまったのである。だが、その効力は、たったの三分間。引っこ抜けばまた無敵になる。その都度繰り返し、俺はSSS級ダンジョンを踏破していくのであった――。※なろう、カクヨムでも掲載中です

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 女帝陛下依存性―RUDIE'S ADDICTION―

    ★架空現代世界の恋と革命と核爆弾の話★

    3,500

    0


    2021年6月28日更新

    不安定な世界情勢。 いままさに革命により1つの王国が消え、新たな国家が生まれようとしていた。 その革命に命を燃やした青年は、抹殺すべき女王に魅せられ・・・ 彼はいかにして革命を壊す革命をはじめたか。 またはその恋心を突き通し帝国を築くのか。 破壊? 構築? これは愛の物語。 もしくは女帝陛下に心を奪われた依存症の話。 核爆弾をどれほど愛しているかのストーリー出もある。 もうどれでもいいしなんでもいい。 ゴミ溜めに咲く花のフラワーオブロマンス。 舞台は現代世界にも通じる架空世界・架空の国家 ルード。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • ダンジョンテラーTRPGルールブック

    良ければ応援お願いします

    49,400

    0


    2021年6月21日更新

    剣、魔法、銃。様々な武器がある世界。あらゆる国が開拓地を求めて領土を広げた末に発見されたのは最果ての孤島だった。そこにあったのはおぞましい魔物が跋扈する遺跡と、その遺跡が抱える途方もない財宝だ。冒険者たちは財宝、名誉、はたまた国の使命を持ってダンジョンへ、はたまたダンジョンへ向かう冒険者と戦う。 この作品はそんな冒険者としてダンジョンを探索することができるようになるためのTRPGルールブックだ。多種な種族。多種な職業。冒険者たちはスキルポイントを取得して強くなっていく。下級冒険者から中級冒険者へ。進行するほどMPへの対応も変わるだろう。

    読了目安時間:11時間7分

    この作品を読む

  • ―皇帝恋歌―【読者ルート選択型小説】

    お好きなキャラクターのルートをどうぞ!

    800

    0


    2021年5月5日更新

    はるか昔――とある星には四つの大国が存在した。 しかし、この星は世界をまたがる戦乱が絶えなかった。あの四人の王が、現れるまでは。 大帝国の王は帝国を打ち破って征服し、そのライバルたる大公国の公は周囲の小国をまとめて制圧し君臨した。 ほかの国々も少しでも争いを起こせば倒されるかもしれないと思い、世界は暫定的な平和を取りもどす。 これは、大公国に征服された小国の王女だった少女をヒロインとし、その道をたどる物語である。 あなたはどの道を選択しますか? 業火の復讐を、共にたどりますか? たくさんの死を乗り越えながら、幸せな世界をつかみますか? 永遠の栄華を手にしますか? それとも―― ☆この小説のおすすめの読み方☆ ・まずは「キャラクター紹介」で、攻略したいルートを決めてください。 ・小説本文の『あとがき』部に、選択肢が置いてあります。 ・選択肢のどれかを選びましたら、指示に従って該当ルートの小説ページに飛んでください。 ・こんな感じでどんどん進めて行ってください! 隠しルートありですが、ルート開放はゆっくりしていくので、よろしくお願いします!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 落ちた少女の海洋都市《アトランティス》

    悲しくも努力した先を目指す少女を綴る物語

    100

    0


    2021年5月2日更新

    「出来損ないの子供だ、なんでお前はこんな子を産んでしまうんだ」 「ごめんなさい、あなた」 南北戦線と呼ばれる戦争の真っただ中、世界は帝国からの名誉を得るために、自身の子供を立派な戦士に育て上げようと躍起になっていた。かくゆう私の両親も、その中の一つでした。 しかし幾ら指導を受けても、実を結ばなかった私は見限られてしまい、存在をなかったことにするため、身動きが取れない状態にしたうえで、海に投げ捨てられてしまいました。 そのまま死を覚悟した私ですが、奇跡にも海底に沈んだ都市へと沈んでいき、そこである男に助けられる事になりました。 そう――そこは、過去に繁栄を遂げ、そして失墜、忘却された伝説の海洋都市、アトランティスだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • あれが、あれして、あれになるものがたり

    あれがあれになるやつです

    0

    0


    2021年1月18日更新

    滝の音と聞き間違う程の雨の中、 一人の男が膝を着き、濡れた地べたに額を擦り付け、涙を、悲しみを、嗚咽を、最愛の人を失った苦しみをながしていた。 「また、またなのか……また私は大切なものを守れなかったのか?…………くそ!!クソ!!糞が!!また、私は守れなかった!!」 彼が額を擦り付けている先には、人であったであろう存在が横たわっている。 その存在は、右手首から先が無く、左腕はかろうじて繋がってはいるがそれも気持ちほどである。 右足には何本もの杭が刺さっており、所々、骨が見え隠れしている。左足に至っては黒々く炭化しており、雨の影響により、時間が経つほどに黒い灰が流れ出している。 内臓は抉り出され、小腸や大腸がそこら辺に散らかり、一部、蝶々結びをされている。そして、本来であれば小腸や大腸が入っているであろう空間には目玉を抉り盗られだであろう少女の生首が入れられていた。 首から上は無く、生け花のように、申し訳程度に複数の薔薇が刺されている。 そんな、存在がの前で男は哭いていた。 それはそうだろう、いま目の前にある痛々しい遺体は、 最愛の娘のものなのだから…………

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 破壊令嬢アヌリウム~伝説の竜と契約した奴隷少女は、己を追放した世界に復讐する~

    竜魔法を使う破壊令嬢は、帝国に叛逆する。

    1,000

    0


    2021年1月8日更新

    改変後の本伝はこちら‼️ →https://novelup.plus/story/826194915 二九六番。 それが、少女の名前だった。 帝国の大地下都市、その最深部でボロ雑巾のように扱われていた少女は、やがて瀕死となって処分が決定される。 そんな折、突如、少女は草花が広がる楽園のような場所に誘われる。 そこで、一匹の老いた竜と出会う。白く彩られた美しい竜は、少女に問うた。 『――お主は、死にたいと思っておるのか?』 自分を取り巻く感情の意味が分からない少女は、しかし竜が紡いだ言葉を聞き、自分が恐怖に涙していることを知る。そして、竜は少女に言う。 『お主は、お主の願いを見つければよい。望まずして死ぬというのなら、せめてお主が望むかたちで死んでほしい。……それが、儂の願いじゃ』 己の願いが分からない少女は、竜に願われて力を授かる。 ――龍の巫女、十七代目の継承者。神聖種族が一種、『聖天竜』より授かりし竜魔法。 この世で身分を分ける唯一の手段――魔法。少女はいつしか剥奪された名前を呼ばれ、戦う術を持ち、死の際から返り咲く。 そうして、奴隷の叛逆が始まる。 やがて、地下都市に蔓延る強大な敵の数々を倒し、少女は地上に這い上がる。その先で、少女はフォーツェルトの家名を持つ男勝りな美女剣士――セチアと出会う。 これが、運命の出会いとなった。公爵令嬢の立場を嫌うセチアに匿われることとなった少女は、その見返りとしてセチアの代わりに公爵令嬢の役割を任じられた。それもまた、国家に叛逆するために重要な手札となる。 同時に、セチアは語る。 「――この屋敷の仲間と、そしてお前と共に、私はこの力が全てだっていう血みどろな世界を変えてやるのさ」 これは、一人の奴隷少女が莫大な力を授かり、一人の令嬢と出会って始まる叛逆の物語。 少女の名は、アヌリウム。 竜の巫女であり、破壊令嬢こと――アヌリウム・フォーツェルト。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 天剣の誓い

    貧乏な人が土地を耕し帝国を創る神話

    1,200

    3


    2020年12月24日更新

    あるとき正夫は、ぐうらたら生活を改善するために土地を耕して、食糧を作る事にしました。はじめは順調にいっていました、しかし食料を狙って盗賊たちが畑を襲うようになったのです。すると正夫は盗賊たちに食料を分け与える事を思いつきます。そして盗賊の頭は恩を感じて正夫の護衛をすると言ってきたのです。正夫と盗賊の頭は利害関係を大切にして、仁義を重んじる重要性に気づきます。それから時が過ぎ、隣国から使者がきました。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 殺戮ジパング ~元寇・九州本土防衛戦~

    ユーラシア最強VS獰猛すぎる鎌倉武士団

    309,100

    1,658


    2020年11月27日更新

    ユーラシア大陸の覇王、クビライハーンは黄金の国ジパングを狙う。 征服した高麗を尖兵として日本に向かう未曾有の大艦隊。 精強無比、大陸を席巻した蒙古の兵団。そして抑圧され鬱屈しまくった高麗兵。 迎え撃つは、騒乱の中で武を磨き続け、殺しの技を極めつくした鎌倉武士団。 重装騎馬弓兵の突撃が蒙古・高麗軍を蹂躙する。殺戮する。殺しまくる。 なぜ、クビライは日本を狙ったのか? 通説を完全無視したエンタメ「元寇」小説。 ■参考文献■ 戦争の日本中世史 呉座勇一 異国合戦 岩井三四二 日朝中世史恨みの起源 室谷克実/監修 アンゴルモア・-元寇合戦記- 1~10巻 たかぎ七彦 井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機 モンゴル襲来と国土防衛戦 北岡正敏 蒙古襲来の真実 北岡正敏 モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島 森平雅彦 本当に悲惨な朝鮮史 麻生川静男 時宗の決断 北条氏と鎌倉幕府 細川重男 鎌倉武士の実像 石井 進 モンゴル襲来と神国日本 三池純正 蒙古襲来 新井孝重 蒙古襲来と北条氏の戦略―日本国存亡の危機 「蒙古襲来絵詞」を読む 大倉隆二 襲来上下 帚木蓬生 鎌倉時代医学史の研究 服部敏良 悪党 小泉宜右 世界史のなかの蒙古襲来 宮脇淳子 モンゴル帝国の興亡 上下 軍事の日本史 本郷和人 北条時宗 川添昭二 中世社会の基層をさぐる 勝俣鎭夫 歴史群像 2014年8月号「蒙古襲来」中西豪 歴史群像 2016年6月号「武者の世①弓矢と騎馬」樋口隆晴 渡辺信吾 歴史群像 2016年8月号「武者の世②大鎧」樋口隆晴 渡辺信吾 戦争文化論 上下 マーチン・ファン・クレフェルト 新時代「戦争論」 マーチン・ファン・クレフェルト 兵器と戦術の日本史 金子 常規 戦争の世界史上 ウィリアム・H・マクニール 戦国の軍隊 西股総生 錯覚の心理トリック 清田予紀 暴力の人類史 上下 スティーブン・ビンカー 世界史の新常識 文藝春秋/編

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む

  • 異能者たちは戦場より家族を選ぶ

    思いつくままに書いてます

    300

    0


    2020年6月1日更新

    特別な力を持った「異能者」は、戦争が勃発し続ける世界で忌み嫌われてきた。無数の砲弾やカノン砲を受けても死ねない「身体が丈夫な異能」を持った少年ハロ・ハルジオンもその一人。彼はラナキュラス帝国軍所属のスミレ・オニキス曹長に助けられ、同じ異能者を保護して安全に暮らすことを提案されるが、軍への不信に判断を迷う。そんな時に出会った自称「次期赤龍女王」と名乗る幼女、ガーネット・リューエンをはじめ、多くの出会いを通じて人を守るための道を歩んでゆく。 ※小説家になろうでも同じく投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • 死霊の王は、亡国の姫君に傅く

    死霊の王と亡国の姫君と小姑軍団のお話。

    2,400

    0


    2020年5月5日更新

    生と豊穣を司る女神を奉じた小さな国は、死と再生を司る神に仕える老帝に侵略される前に、自ら滅びました。 そうして生き残ったのは、たった一人のお姫様。 お姫様を守るのが夢だった騎士は、滅んだ国で彼だけのお姫様を拾いました。 そして、お姫様には王子様!! の思い込みで、騎士は、死霊を統べるお城から王子様を拾ってきましたとさ。 ――ところで、お姫様の周りには、実は亡霊な小姑軍団がいたのです。 死と再生の神から恩寵を与えられた王子様のおかげで、誰にも見えなかった小姑軍団は、生きているみんなと話せるようになったのでした。 【死霊の王と亡国の姫君と小姑軍団のあれやこれや】 *なろうでも投稿中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • 田舎娘エルフの帝都研究生活。田舎娘は別に都会で生活したいわけじゃないのです!

    田舎娘が魔法生物の研究生活を始める!

    0

    0


    2019年11月7日更新

    運命のイタズラで、帝都のど真ん中にある世界屈指の研究施設に勤めることになった田舎出身のエルフのリューナ。魔法生物解剖学第2研究室の扉を開けるとそこには、キテレツな研究員や実験、それから悲しき日常が待っていた! 朝から晩まで休みなく働くブラックな研究室と、ラボ畜思考に侵された研究員との生活。果たしてリューナはこの世界でやっていけるのだろうか… そして帝都という大都会で田舎純度100%のリューナは生きていけるのだろうか… これは、運命のイタズラに惑わされた1人の女の子のお話である。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む