幕末

検索結果:52件

  • 追憶の華

    徳川最期の姫は、新たな世を創り上げる

    9,744

    0


    2021年10月10日更新

    幕末を一度生きた女が居た。土方歳三に助けられ、新選組として生きた彼女は、土方歳三の懐刀。不思議な髪色をした彼女は、彼らの光であり、希望。仲間が死にいく姿を目の当たりにしながら、彼女自身は、死ぬ事すら許されなかった。平成まで生きた彼女は、再び幕末へとタイムスリップを果たした。再び仲間に出会うも、彼らは、彼女を覚えていなかった。 だが、彼女は、誓う。歴史をぶち壊し、彼らと共に、明治を生きると。 タイトルの★は、性的シーンや残虐シーンに使用させて戴いてます。 他サイト投稿作品「浅葱色を求めて…」を少し変えた作品です。 史実どおりではございません。若干ファンタジー入ります。逆ハー傾向かもしれないので嫌いな方はご注意下さいませ

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:20時間28分

    この作品を読む

  • いけず

    いけず、と呟いた。鼻の奥がつんとする。

    2,300

    200


    2021年9月22日更新

    沖田総司は寝付いている。 ろくに食べもせず、飄々として弱っていく。 沖田様は、生きたいと思うてはらへんのやろか。 透き通って消えてしまいそうや。 町娘の御料理奮闘記。 氷月あやの名義でアンソロジー収録済み。 富士見L文庫『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりました

    なろうで10kPV/d超えたサーガです。

    86,200

    20


    2021年8月19日更新

    犬並みの嗅覚を持つ俺は、高校で同級生になった彼女に一嗅ぎ惚れした。 それは、普通の高校生が決して踏み込んではならない世界への入り口だった。 歴史、世代、国境を超えて話は進みます。 こちらでも連載させていただきます。 なお、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間37分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,200

    375


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む

  • 朝敵、まかり通る

    幕末時代伝奇。忍法帖バトル!

    122,000

    355


    2021年4月17日更新

    時は幕末。 薩摩藩が江戸に総攻撃をするべく進軍を開始した。 江戸が焦土と化すまであと十日。 江戸を救うために、徳川慶喜の名代として山岡鉄太郎が立ち上がる。 ここに時代伝奇バトルが開幕する!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む

  • 紅白歴史コンテスト(白組)参加作品

    10,800

    35


    2021年3月13日更新

    文久を迎えるすこし前の頃、練兵館の「双璧」と讃えられる二人が二八蕎麦を手繰りながら雑談をしていた。 なんでも、あくる日は互いに「用事」があるとのことだったが、お互いにいつものことと深くは考えなかった。 しかし、この「用事」が思いがけない場所で事件を引き起こすことに!? ※本作品は幕末という時代をテーマにしたフィクションです。実際の歴史上の人物、団体および事件とは無関係です。 ※写真:渡邉昇(わたなべ のぼり)

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 戦国三昧 劉備玄徳と源義経と織田信長と幕末長州藩の戦い

    劉備玄徳対源義経対織田信長対大村益次郎

    2,500

    0


    2021年2月26日更新

    バイオコンピュータゲーム「戦国三昧」で劉備玄徳と源義経と織田信長と大村益次郎が対戦します。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 空色のツバサをください

    新選組小説編集者のタイムスリップ現地取材

    200

    0


    2021年1月29日更新

    歴史小説作家の編集者が、幕末にタイムスリップ! 作家先生の為、新選組に入隊して、突撃現地取材! もちろん、タイムスリップしたことも、仕事も、女性であることも秘密です! イケメンぞろいの歴史上人物に囲まれ、ドタバタ逆ハー生活! ……の、はずだったのですが。 あれ? 何かがいろいろおかしい。 今は……今はまだ、サヨナラは言わないで。 「先生のお役に立てますよう、命懸けで取材してまいります」 「……ダメだよ。そんなのいいから。必ず、俺のところに帰ってきてね」 密かに想いを寄せる小説家と共に京都を訪れるが、事故を切っ掛けに幕末へタイムスリップ。 必ず帰ることができると信じ、幕末を生きる少年として、取材の為、新選組へ入隊を試みる。 しかしすぐに副長・土方歳三には女だとバレてしまう。 その取材能力を買われ、諸士取締役兼監察として入隊を許されるが、絶対条件は、命令に背かないことと、女であることを隠し通すこと。 「今すぐ去りなさい。ここはあなたのいる場所ではありません」 「バカじゃないの」 女嫌いだからバレにくいだろうと同室になったが、いつも冷たい態度の沖田総司。 「ごめんね、怖がらせて」 「急に、いなくなったりしないですよね?」 初めての本音、初めての笑顔。 知れば知る程、惹かれていく。 「ありがとう。僕に、触れてくれて」 言葉にすればすごく陳腐な、ありきたりな感情だ。 名を付けるなら、今まで知らなかった感情だ。 真剣を持たないなら足で、走れなくなれば素手でも戦う。 戦場では誰も待ってくれないなら、自分から飛び込んでやる。 会えなくなるのは、現代に帰る時か、どちらかが死ぬ時。 別れは必ず、突然にやってくる。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • そして貴方に口づけを

    歴史×タイムスリップ

    500

    0


    2021年1月28日更新

    貴方に"生きて欲しい"ただそれだけ。 歴史を変えてはいけない。 そんなこと誰だって知ってる。 でも、この知識が貴方の役に 立つのなら、貴方の為に使いたい。 ーーーーー1864年幕末。 新撰組の活躍が目立つ中 あたしが出会ったのは貴方でした。 たとえ歴史の教科書にのっていなくても 必死に生きていた人がいる。 「だって、生きたいんだ。貴方のいる時代で。」 世ノ中ハ 夢カウツツカ ウツツトモ 夢トモ知ラズ アリテナケレバ あたしは貴方を守るためにここにきた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 小菊の一生

    幕末の怪奇を岡田以蔵が少女と共に斬る。

    3,200

    100


    2021年1月26日更新

    文久三年の京の街。京を守るための結界が妖の手によって破られる。岡田以蔵は陰陽師・西園寺景虎からある刀を回収するという仕事を請け負い、一人の少女・小菊と出会う。刀から顕現した彼女は妖を唯一倒せる存在だった。 景虎に頼まれて、以蔵は小菊と共に妖退治に巻き込まれて行く羽目になる。妖を退治していくうちに二人の間には亀裂が走ったりもするが、徐々に信頼しあうようになる。 下女・あやめの恋慕、以蔵の過去、勝海舟の護衛、小菊の誕生について、そして最後の妖。 様々な妖を倒しながら、二人が最後に選んだ選択は――。 これは二人が、幕末の怪奇を共に斬る物語。

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む

  • シンセン

    「お前……沖田総司になれ」

    2,400

    0


    2020年11月8日更新

    新選組随一の剣の遣い手・沖田総司は、池田屋事変で命を落とす。 戦力と士気の低下を畏れた新選組副長・土方歳三は、沖田に生き写しの討幕派志士・葦原柳を身代わりに仕立て上げ、ニセモノの人生を歩ませる。 しかし周囲に溶け込み、ほぼ完璧に沖田を演じる葦原の言動に違和感がある。 まるで、沖田総司が憑いているかのように振る舞うときがあるのだ。次第にその頻度は増し、時間も長くなっていく。 「このカラダ……もらってもいいですか……?」 葦原として生きるか、沖田に飲み込まれるか。 いつだって、命の保証などない時代と場所で、大小二本携えて生きてきたのだ。 武士とはなにか。 生きる道と死に方を、自らの意志で決める者である。 「……約束が、違うじゃないですか」 新選組史を基にしたオリジナル小説です。 諸説ある幕末史の中の、定番過ぎて最近の小説ではあまり書かれていない説や、信憑性がない説や、あまり知られていない説を盛り込むことをモットーに書いております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間12分

    この作品を読む

  • 人斬り黄金伝

    幕末三大人斬りによる黄金争奪戦がはじまる

    19,800

    25


    2020年10月18日更新

    幕末時代伝奇小説。 坂本龍馬の黄金を巡って、田中新兵衛、岡田以蔵、河上彦斎が争奪戦を繰り広げる。 黄金を手にするのは誰なのか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • だましだまし

    幕末、かの試衛館で侍の死体が見つかった。

    36,600

    105


    2020年7月26日更新

    時は幕末、黒船来航から数年後。 剣術道場試衛館で、お侍の死体が見つかった。 やる気ゼロの若き同心小野田正太郎が、事件の解決に乗り出す。 真面目な岡っ引きと謎のヤクザ者、そして後の新選組となる彼らの力を借りつつ見えてくるのは—— 「いっそ、雨なら楽なのに」 ——事件が、過去を掘り返す。 ※このお話は虚構です。 ※流血表現有 ※他サイトにて掲載中(完結済)のものを加筆・修正したものとなります。

    読了目安時間:8時間24分

    この作品を読む

  • 桜の花びらが降る、その頃に

    沖田総司と内縁の妻といわれる石井秩のお話

    100

    0


    2020年4月12日更新

    池田屋騒動から半年。 沖田総司はその後、診療所で出会った石井秩と親しくなり、そして――。 Twitterの「#歴創版日本史ワンドロワンライ」というタグで「桜」をテーマに書かせていただいた掌編になります。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 明治仕舞屋顛末記

    明治初期を舞台に、史実を交えた創作です

    8,850

    1,000


    2020年4月6日更新

    大政奉還から十余年。年号が明治に変わってしばらく過ぎて、人々の移ろいとともに、動乱の傷跡まで忘れられようとしていた。 東京府と名を変えた江戸の片隅に、騒動を求めて動乱に留まる輩の吹き溜まり、寄場長屋が在る。 そこで、『仕舞屋』と呼ばれる裏稼業を営む一人の青年がいた。 彼の名は、手島隆二。またの名を、《鬼手》の隆二。 金払いさえ良ければ、鬼神のごとき強さで何にでも『仕舞』をつけてきた仕舞屋《鬼手》の元に舞い込んだ、やくざ者からの依頼。 それをきっかけに、旧時代の因縁が絡み合い、その中で出会った志士《影虎》とともに、やがて《鬼手》は、己の過去に向き合いながら、新時代に生きる道を切り開いていく。 *明治初期、史実・実在した歴史上の人物を交えて描かれる 創 作 時代小説です *登場する実在の人物、出来事などは、筆者の見解や解釈も交えており、フィクションとしてお楽しみください

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間13分

    この作品を読む

  • 新選組散華 ~そして少年は大人になる

    市村鉄之助と土方歳三の二年間の物語

    3,300

    0


    2020年3月26日更新

    戊辰戦争終結後の明治二年七月――、武州多摩・日野の地を目指す一人の少年がいた。彼の名は、市村鉄之助。新選組隊士であり、新選組副長・土方歳三の最も近くにいた少年である。 彼は遥か北の地から、新選組隊士として最後の任務を果たそうとしていた。副長・土方から託された想いを届けるために。 これは副長付き隊士となった市村鉄之助と、新選組副長・土方歳三との二年間の物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間19分

    この作品を読む

  • 斎藤一、闇夜に駆けよ

    「さよなら」――吐息のようにつぶやいた

    18,600

    0


    2020年3月9日更新

    新選組三番隊組長、斎藤一。 剣の腕を無敵と謳われる斎藤は、表立った活躍の陰で、粛清や偵察の任務もまた課されていた。 右手の儀礼の剣で人を欺き、左手の戦闘の剣で人を殺す。 嫌いではないものを斬ること、走狗として遣われること、仲間を欺き裏切ること、何のために戦うのかがわからぬこと、己の存在価値が見出せぬこと。 そうした全てに苦悩し、胸に葛藤を抱えながら、若き剣士、斎藤一が闇深き幕末の京都を駆け抜ける。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

  • バケモノと呼ばれた男

    変わらぬモノは、バケモノだ。

    2,300

    40


    2020年1月25日更新

    江戸の世が終わりかけているある日。 村の少年・小弥太は、山に隠棲する一人の男と出会った。小弥太は男を剣の師匠と仰ぐが、男にはある秘密があった。 時代ものですが、時代考証とかは多目に見て下さい(笑)。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 小さな壬生浪士

    幕末を駆け回る、幼い新撰組隊士の話し

    63,900

    9,560


    2020年1月17日更新

    時は幕末、文久3年。 京の壬生村で暮らす少年、空汰は日々剣の修行に励んでいた。 そんなある日、空汰は江戸からやってきたという浪士達と出会うーーー。 史実×創作。 新撰組の名で知られる壬生浪士達と、そんな彼らと歩む少年のお話しです。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10時間25分

    この作品を読む

  • 追憶の華〜浅葱色〜

    土方歳三に助けられた女の子の話

    6,000

    0


    2019年12月4日更新

    土方歳三に助けられた女の子は、髪の色が桜色で瞳は碧色。出生の秘密さえ忘れてしまった彼女は、土方に恋をした。しかし、彼には許嫁が居た。似合いの二人で想いを告げることなく彼女は、彼の横で戦い続ける事を決めた。 そんな彼女に沖田は惹かれていく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間17分

    この作品を読む