平安時代

検索結果:21件

  • 鬼喰いの浄鬼師~現代と過去で妖しを退治しちゃいます~

    平安時代に持ち込んだのはファブリーズ

    45,671

    20


    2021年4月14日更新

    平安時代の夜空に浮かぶファブリーズ。 そんな異質な一文から始まるこの物語。 レーザーポインターの結界、対魔のLEDライト。鬼を追跡するドローン。 現代アイテムと陰陽道を組み合わせた術を使うのは令和に生きる青年たち。 時には、悪霊や鬼に取り憑かれた罪もない人々に、憑侵除霊(ダイブ)する事で精神世界に侵入。 重力も秩序も無いその混沌とした世界で、制限時間内に取り憑く邪鬼を打ち払え!! 現代に生きる阿形 桃眞(あがた とおま)は、興味本位で目覚めさせてしまった異形の存在に、両親や友達を殺されてしまう。 間一髪、陰陽師達に救われた桃眞は、令和の時代にも存在する陰陽寮へと連れられる。 外界とは隔絶されたその世界で、桃眞は、復讐と大切な人々を守る為に陰陽師となるべく寮生活を始めるのだった。 個性の強い仲間達との寮生活、青春、恋愛。笑いと涙……。 桃眞達は、令和時代と平安時代を行き来しながら真実を追い求め、成長してゆく。 今までに見た事もない、新しい陰陽師物語が君を待っている。 そう……これは、令和時代の陰陽師達の物語だ。 本格的! 現代陰陽師×ハリポタな雰囲気が漂う、青春ホラーバトルファンタジー!! ※推定読了時間を明示してます。一般的に人の読了時間は1分間に約600文字と言われております。 そこからおおよその読了時間を算出しておりますので、参考にして頂けると幸いです。 空いてる時間にサクッと読んでみて下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間37分

    この作品を読む

  • とべない天狗とひなの旅

    人とあやかし、心ふれあう物語

    98,900

    596


    2021年2月28日更新

    越後の山村で暮らす童女ヒナの前に、翼を失った天狗が落ちてきた。 人間嫌いで悪行の限りを尽してきた天狗、フェノエレーゼ。 主君サルタヒコの怒りを買って、翼を封じられたのです。 「心から人間に寄り添い助けろ。これ以上悪さをすると天狗に戻れなくなるぞ」 「なんで私が人間なんか助けなきゃいけないんだ!」 フェノエレーゼの事情を知って、ヒナは旅についていくことに決めました。 「へのえさん、わたしがんばってお手伝いするわ! やくにたちたい!」 フェノエレーゼはしかたなく、ヒナをオトモに旅に出た。 あんまり大丈夫じゃなさそうな組み合わせの旅はじまりです。 完結まで毎日連載しています 壱〜陸 越後(現・新潟県) 漆、捌 上野国(群馬県) 玖 武蔵国(埼玉県~東京都) 拾 甲斐国(山梨県) 拾壱 駿河国(静岡県) 拾弐 遠江国(静岡県西部) 結 三河国(愛知県) 絵・文 ちはやれいめい フェノエレーゼデザイン トトさん https://mypage.syosetu.com/432625/ ロゴデザイン・ロータスさん https://novelup.plus/user/971037561/profile 小説家になろうとアルファポリスでは終章連載中 参考文献 越後の民話 日本の民話3/水沢謙一 陰陽道とは何か/戸矢学 画図百鬼夜行全画集/鳥山石燕 日本の妖怪&都市伝説事典/ながたみかこ 日本の伝説西日本編/大川悦生 新潟県伝説集成上越編・中越編/小山直嗣 妖怪学入門/佐藤友之編 よくわかる日本刀/株式会社英和出版社発行 ふるさとの伝説日本発見/暁教育図書 図説日本の妖怪/監修・岩井宏貴 編・近藤雅樹 源氏物語絵巻五十四帖/監修船橋聖一・久松潜一 京都・社寺の昔ばなし/河野伸枝 日本のかたち五・民家/文・立松和平 写真・日竎貞夫 山と渓谷社 日本民家紀行/高井潔 図解日本史/成美堂出版 玉水物語/著者不明 酒呑童子神社に残る酒呑童子伝説看板より(こちらは本でなく立て札) 三国自然歩道を歩く人のために 三国峠の伝説/笛木大助 神社の解剖図鑑/米沢貴紀 日本貨幣カタログ2003/日本貨幣商協同組合 日本密教 その展開と美術/佐和隆研(NHKブックス) 北越雪譜/鈴木牧之 名著刊行会 滋賀むかし話おもしろ話 弘法大師さま四国ふしぎな昔話

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間6分

    この作品を読む

  • 異聞平安怪奇譚

    平安時代の暗部を今、紐解く。

    246,210

    14,722


    2021年2月9日更新

    時は平安、日ノ本は荒れ魑魅魍魎が跋扈し乱が起こり崩壊しかけた。 煌びやかな京の外は魔境。 血風が舞い、悲哀と怨嗟が渦巻く闘いの連鎖ーー陰謀深く、妖は定命の者を嘲笑う。 そんな時代に後世にて英雄と呼ばれる、源満仲公、頼光公、藤原秀郷公、平将門公らが妖怪怪異、悪漢を相手取り熾烈な闘いを繰り広げる物語。 史実や伝承を骨組みにさらにファンタジー要素を盛り込んだ話となっています。 ノベルアップ+の歴史・時代小説大賞において、最終選考落選!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間45分

    この作品を読む

  • 恋に落ちたファーストレディ

    北条政子をモデルにした愛の物語

    1,800

    0


    2021年2月2日更新

    罪人から頂点まで昇り詰めた男に恋をした女の一生。 男の死後までも支え続けた女の矜持とは。 ※フィクションです

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • さあ歴史好きの皆様、変わったものが読みたい皆様。 ここらで一つ「狂言」なんて如何でしょうか。 【第一弾】の狂言は『井杭』。 特に歴史好きの皆様にお勧めします。 何故なら、かつてこの狂言は日本史上最高の役者によって演じられております。 かつて時の天皇陛下の前で演じられたその時の『井杭』の演者は―― ――豊臣秀吉公、徳川家康公、前田利家公―― どうです? 豪華とは思いませんか? 官位の高さが最高じゃないですか。 自らを歴史好きを自認する皆さまであれば、豊臣秀吉公、徳川家康公、前田利家公が役者をした演劇を知らないなんて、勿体ない。 教養の一環としても是非知っていてほしい。そんな御話です。 あらすじ いつもいつも屋敷の主人に頭を叩かれる美少年、井杭。 何とか頭を叩かれるのを防ごうと清水寺の観世音菩薩に祈願をしたところ、姿が消える不思議な頭巾を賜った。井杭はその頭巾を被って姿を隠し頭を叩かれまいとする。 最初の内は成功するが腕の良い占い師の登場で次第に追い詰められていく井杭。 井杭は、屋敷の主人と占い師の鼻を明かせるのだろうか。 さて「井杭」の著作権ですが、これに限らず私がこれから書く狂言を基にしたシリーズの底本は国立国会図書館デジタルコレクションにて公開されている―― ――『和泉流狂言大成 山脇和泉 著 (わんや江島伊兵衛, 1919) 』全4巻となっています。 著作者は4巻とも『山脇 和泉』と奥付に記載されております。 この『山脇和泉』とは和泉流宗家の名跡であり、御本名は『山脇 元照』氏(没年1916年“大正5年” 2月25日『新選 芸能人物事典 明治~平成 日外アソシエーツ[編]』)となります。 よって著作権の保護が終了しております。 しかしこのことを証明するにはこの『あらすじ』は余りにも狭すぎるので、後に設ける『第一話の後書き』の中において細かい事を書くことに致します。 *この作品は『小説家になろう』様にも投稿しております

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • めぎつね

    それは破滅への転落か、救済へのいざないか

    700

    0


    2020年11月26日更新

    権力の中枢に食い込んだ傾国の美女。 亡国の王家の血を引く笛の名手の男。 二人が出会った時、女の運命が狂い始める。 だがそれは、女にとってはどうだったのか……。 短編「泣いた男」の前日譚の側面も持つ、短編和風ファンタジー平安時代風味の第0弾!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 天狗、月に哄笑ふ(てんぐ、つきにこえわらう)

    天狗と巫女の本格派平安冒険活劇!

    900

    15


    2020年11月7日更新

    どこからともなく笑い声が聞こえてくる。さては今宵も誰ぞが化かされたか。 化かしたのは山の怪異である“天狗”を名乗る、水目桜月鳥(ミズメノサクラツキトリ)なる翼を持った不思議な物ノ怪。 しかしミズメは、出羽国が月山を根城に、悪徳役人を騙してその富を貧者に分けたり、暴れて手が付けられない物ノ怪を退治する自称正義の物ノ怪である。 ある満月の晩、ミズメがいつものように愉しく辻捕り男を化かしていると、雇われ巫女が物ノ怪退治と称して立ちはだかった。 彼女はお人好しで方向音痴の巫女、その名は乙鳥(オトリ)という。 ふたりの出逢いが日ノ本を巻き込む大難事へと発展してゆく……。 狐狸に蛇に穴熊。神に物ノ怪、悪鬼悪霊、坊主に仙人。武士に狩人、貴人に変態、陰陽師。これらを相手取り、天狗と巫女が大暴れ。 歌詠み袖交う、みやびやかなる都人の時代を舞台にした平安幻想活劇。 あなたもきっと、天狗に化かされるに違いない。 (当作品は2020年7~11月のあいだに小説家になろうさんで連載していた作品です。完結済み) ※拙作「巫覡、寿ぐ(ふげき、ことほぐ) https://novelup.plus/story/790901231」と同世界の時代違いのおはなしです。 ストーリー上の続編ではありませんが、よろしければこちらも。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:29時間8分

    この作品を読む

  • 陰陽仙華

    陰陽師と式神のあやかし退治物語

    2,200

    0


    2020年6月29日更新

    舞台は平安時代。夜になれば戯れに人を喰らうあやかし達が跳梁跋扈する、そんな世界。 力持たぬ人々に代わってあやかしを討つのが、陰陽師の役目であった。 陰陽師の青年、橘行実(たちばなのゆきざね)はある日あやかし退治の現場で一本の針を見つける。 ただならぬものを感じた行実は、針について調べを進めることにしたのであった。 式神を駆使した行実のあやかし退治は、果たしてどんな結末を迎えるのであろうか・・・ 「陰陽仙華」はブログで連載していた小説に加筆・修正を加えてまとめたものです。 永山嘉月の創作ラボ https://kaduki-nagayama.hatenablog.com/ 16000字程度と読みやすいボリュームなので、ちょっとした暇つぶしにもピッタリ! 和風ファンタジー好きの方にオススメですよ~。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 灰艶ノ京~平安蒸気幻想奇譚~

    暇つぶしのお供に。平安スチームパンク!

    163,450

    3,665


    2020年6月10日更新

    天喜二年(1054年)。 藤原道長の孫、後冷泉天皇の御代。 とある陰陽師が蒸気機関を実用化してから、二十数年。 摂津国渡辺津にて上洛を夢見る少年は、ある日、京から来た陰陽師と出会う。 それは、彼を蒸気機関と怪異うごめく平安京に誘うものだった。 蒸気の都にて、太刀をぶん回して怪異を叩き斬る。 脳筋武士の平安スチームパンク。 ※本作品は、「小説家になろう」様、「カクヨム」様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間55分

    この作品を読む

  • 鬼のいる間に

    闇に囚われ鬼へと堕ちた、とある女の物語

    800

    0


    2020年5月19日更新

    今は昔。瑞穂国(みずほのくに)の桃花京(とうかきょう)に、怪異があった。 平安であった都に瘴気が満ちて鬼が溢れ、夜ごと人が消える。鬼祓いの術師たちでさえも。 後の記録では、薄暗闇と恐怖に満ちた都から瘴気を祓ったのは、一人の陰陽術師であったと記録される巨大な怪異。 その怪異の最中、未だ誰も生きて帰ったことのない怪異の中心……。 呪術によって異界と化し、現世(うつしよ)から隔絶された、とある屋敷の奥の奥で。 一人の女が、首の落ちた遺骸の姿で転がっていた。 女の名は、萌木(もえぎ)。 陰陽術を用いる師と共に騒動を鎮めんとした鬼祓いの巫女にして、異界へ引きずり込まれて力尽きた内の一人。 慟哭する師の腕の中で、物言わぬ女の躯体は霧雨の中、力なく横たわる。 愛弟子の死を無意味にせぬため、都を闇より救うため、男は怨霊の跋扈する屋敷を脱するために立ち上がった。 その背後で、首のない女の躯が、ゆっくりと起き上がる……。 己の父代わりにして、愛した男でもある師。 彼と共に脱出を図る、若く可憐な一人の巫女。 瘴気に憑かれ、狂乱する呪術の主。 交錯する思惑の中、萌木という女は如何に鬼へと堕ちたのか。 冴え冴え暗い異界を彷徨う鬼は、歴史に何を刻んだのか。 これは閉ざされた闇から、生きて出ること叶わなかった女の物語。 ※この作品は「小説家になろう」さまに同名義で重複投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間15分

    この作品を読む

  • いつか飛び立つその日まで

    賀茂保憲と安倍晴明、若き日のふたりのお話

    500

    0


    2020年4月20日更新

    中務省・陰陽寮の学生である賀茂保憲が帰宅すると、妻の気色がひどく悪い。 話を聞けば、預かっている子供が女房に悪戯をしたということだった。 若き日の賀茂保憲は預かっている子供・安倍晴明の元へ行き――、そして……。 Twitterの「#歴創版日本史ワンドロワンライ」というタグで「師弟」をテーマに書かせていただいた掌編になります。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 坂上田村麻呂異世界伝説

    坂上田村麻呂の異世界奮闘記

    1,000

    0


    2020年3月10日更新

    延歴22年、遂に念願の悪路王の首をとった坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)は戦場の最中目眩を起こす。悪路王の首が取られた事により、相見えていた蝦夷達は散り散りと山へ逃げ、東和の地は見事平定されたが、それでもなお田村麻呂の目眩が収まることは無かった。 田村麻呂は馬から崩れる様に落ちると、文室綿麻呂(ふんやのわたまろ)はすぐ様駆け寄る。田村麻呂の尋常ではない動悸と熱気にあてられ、綿麻呂も目眩を覚える。 そのまま地面に突っ伏す2人に対し、3万といた兵士達は誰も気づかない。2人を熱気だけが包み込み、そのまま深い眠りに落ちる。そして、次に田村麻呂が目を覚ますと、そこは異国の地であったという…

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 金色小鬼は京に忍ぶ

    歴史コン駄目だったので70話で力尽きます

    90,300

    150


    2020年2月29日更新

    その風体は金色の髪に金色の眼 平安時代末期、はじまりの舞台は混沌たる平安京……から少し北にある鞍馬山。天狗に拾われた少年鬼後は、修験者を相手に遊び、山の中を跳び回る日々を過ごしていた。 そんなある日、修験者たちに混じって一人の少年が鞍馬山を訪れる。名を仁科大助と言った。……後に歴史の裏舞台で暗躍することとなる男である。 時を同じくして鞍馬寺へと預けられた遮那王(源九郎義経)は年の近い二人の噂を聞きつけ鞍馬山へと足を踏み入れる。 鬼後は、小さな胸に大志を抱く二人に惹かれ、次第に憧れていく。また、仁科大助と遮那王は、自由に生きる鬼後に惹かれていった。 ひとつの時代が終焉を迎えようとするなか、彼らは新時代を担う立役者となるべく、時に醜くも足掻き、泣き、笑い、絆を深めながら成長し、それぞれの路へと進んでいくことになる。 現世を生きる『鬼たち』の思惑と混在する野心は、誰にも譲れぬ夢を果たすために、周囲を容赦なく巻き込んで肥大化していく。 ある者は平清盛率いる平氏に ある者は後白河院に、 ある者は台頭する源氏に そして彼らは『忍び』となった。 …あと女装したりさせられたり、酒に酔ったり酒臭かったり、飛んだり跳ねたり、百鬼夜行に出会ったり、懐かれたり、軟禁されたり……殺したり、殺されたり。 (70話で)空からアレが降り注ぐまでは、それが彼らの世界の全てだった。 ※表紙:九藤 朋さん作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間2分

    この作品を読む

  • 蜈蚣切(むかできり) 史上最強の武将にして最強の妖魔ハンターである俺が語るぜ!

    実在した史上最強のスーパーヒーロー武勇伝

    1,300

    0


    2020年1月10日更新

    俺の名は藤太(とうた)。史上最強の武将にして、史上最強の妖魔ハンターだ。 言っておくが俺は歴史上実在した人物だ。平将門討伐の武功をたて、数々の鬼や妖怪を退治して民衆を救ったスーパーヒーローでありながら、現代(いま)の世の中で知名度がイマイチなことに憤慨した俺は、この冨井とかいうホラ吹き作家に憑依して、お前らに俺の偉業を語ることにしたぞ!特に全国の佐藤という苗字の奴は必ず読め!なにしろ俺はお前らの祖だからな。それ以外の奴らも読め。そして俺の名を天下に知らしめろ!

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 篁少年の閻魔帳 ~お節介な鬼と伊吹の山神~

    こう見えて一応、歴史モノなのです……。

    14,600

    0


    2019年11月30日更新

    大同5年、西暦換算810年。 後に『薬子の変』と呼ばれる事件の最中、少年『竹生』は、父、小野岑守とともに近江国へとやってきたが、そこで夜盗に襲われ、瀕死の重傷を負う。 そんな竹生を助けたのは、『亞輝斗』と名乗る風変わりな金髪の『鬼』と、彼を『神』と崇める少年『義覚』だった。 比叡山を目指す亞輝斗と義覚だが、都の混乱の影響もあり、岑守の命により足止めを余儀なくされる。 そんなとき、『もう一人の珍客』が現れて……? これは、後に『地獄の官吏』と呼ばれる、『小野篁』の、異形とのファースト・コンタクトの物語。 ※※※ ……とまぁ、ファンタジー全開ですが、この物語の登場人物の9割はWikipediaさんに個別専用ページがあります(何)。 ※※※ 第一回歴史・時代小説大賞短編部門、最終選考まで残ってました! 皆様ありがとうございます!!!

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

  • 都の空の朧月

    平安時代も、メイドさん(女房)は大忙し!

    2,000

    200


    2019年11月10日更新

    落ちぶれた宮家の姫に仕える紀乃は、今日も舞い込む騒動に大忙し。 朝から伯母宮さまの御呼び出しかと想ったら、急に言い付けられる引越し……その裏に隠された陰謀とは? 和歌をモチーフに、まだ幼い姫と東宮の恋愛に奔走する、平安時代のメイド(女房)さんの物語です。古典がわからなくても、和歌が読めなくてもo.k!です。 カクヨムに同名同題にて、掲載しております。 ちなみに、第3回カクヨムコンの中間選考、突破作品でありますが、ジャンルは恋愛だったりします。 だってカクヨムコンには、歴史ジャンルが無いんだもんっ!(笑)

    読了目安時間:4時間51分

    この作品を読む

  • 「磨爪師」~爪紅~

    平安時代のネイリストの物語です。

    15,100

    0


    2019年11月10日更新

    平安の御代、特殊な家系に生まれた鳳仙花は幼い頃に父親を亡くし、母親に女手一つで育てられた。母親の仕事は、宮中の女房たちに爪のお手入れをすること。やんごとなき者達の爪のお手入れは、優雅で豊かな象徴であると同時に魔除けの意味も兼ねていた。 鳳仙花が八歳の頃から、母親に爪磨術について学び始める。この先、後ろ盾がなくても生きていけるように。 鳳仙花が十二歳となり、裳着の儀式を目前に母親は倒れてしまい……。親の後を継いで藤原定子、そして藤原彰子の専属磨爪師になっていく。 長徳の政変の真相とは? 枕草子の秘めたる夢とは? 道長が栄華を極められたのは何故か? 藤原伊周、隆家、定子や彰子、清少納言、彼らの真の姿とは? そして凄まじい欲望が渦巻く宮中で、鳳仙花は……? 彼女の恋の行方は? 磨爪術の技を武器に藤原定子・彰子に仕え平安貴族社会をひっそりと、されど強かに逞しく生き抜いた平安時代のネイリストの女の物語。 ※当時女子は平均的に見て十二歳から十六歳くらいで裳着の儀式が行われ、結婚の平均年齢もそのくらいだったようです。平均寿命も三十歳前後と言われています。 ※当時の美形の基準が現代とものと著しく異なる為、作中では分かり易く現代の美形に描いています。 ※また、男性の名は女性と同じように通常は通り名、または役職名で呼ばれ本名では呼ばれませんが、物語の便宜上本名で描く場合が多々ございます。 ※物語の便宜上、表現や登場人物の台詞は当時の雰囲気を残しつつ分かり易く現代よりになっております。 ※磨爪師の資料があまり残って居ない為、判明している部分と筆者がネイリストだった頃の知識を織り交ぜ、創作しております。 ※作中の月日は旧暦です。現代より一、二か月ほどズレがございます。 ※作中の年齢は数え歳となっております。 ※「中関白家」とは後世でつけられたものですが、お話の便宜上使用させて頂いております。 以上、どうぞ予めご了承下さいませ。

    読了目安時間:6時間37分

    この作品を読む

  • 源平合戦前夜物語~不遇の老将源頼政、齢七十にして天下を覆す

    源頼朝が現れる前の源平合戦

    23,100

    105


    2019年11月4日更新

    平安時代末期、平家政権の全盛期。 京で細々と勢力を保っていた源氏の貴族、頼政は御所に現れる妖怪『鵺』を討てと命を受ける。 しかし、そこに現れたのは妖怪ではなく、子供の盗賊であった。 その盗賊を保護することに決めた頼政は共に平家が幅を利かせる時代を生きていくことになる。

    読了目安時間:4時間4分

    この作品を読む

  • 長者山 ( 源義家率いる10万の軍勢に立ち向かった、少女の物語 )

    改稿中です。

    101,921

    3,416


    2019年11月3日更新

    武士が勃興した平安時代。源義家という巨大な盛名を持つ武将と、当時の人口がおよそ六百万人であった時代に十万という、圧倒的な源氏軍を前にして真っ向から抵抗した常陸国(現在の茨城県)の少女「いかつち姫」と、それに関わる人々の様々な思惑や葛藤を描いていきます。 現在の茨城県には十万原という地名があるそうで、長者山という城跡が残っているのを聞きました。勿論、本当に十万の大軍が存在したのは疑問ですが、兵站の概念が無く洗練された攻城技術も無い軍隊が、城砦を落城させられるのかも、大いに興味をそそられました。 なぜか関東には、義家に滅ぼされる長者伝説が多く散見しています。なぜ、そのような行動が伝承されていったのかを、自分勝手に解釈していますので、稚拙な点や歴史事実の誤認にはご容赦ください。歴史小ネタで脱線しがちですが、よろしくお願いします。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • 出来損ない陰陽師と妹姫

    平安時代が舞台です。のんびり更新です

    1,550

    0


    2019年10月31日更新

    時は平安。後白魚天皇の治世は長く、それなりに安定している。 そんな中、出来損ない陰陽師、と陰口をたたかれる若い男がいた。その名も橘寛輔。中将の位にあるが――熱心なのは女遊びだけというとんでもない男である。が、そんな男でも、妹姫は可愛いと見え……。 妹の恋を全力で応援する兄、寛輔を心配する父。寛輔を中心とした、ほのぼの平安譚。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む