平安時代

検索結果:6件

  • 平安時代の暗部を今、紐解く。

    ♡27,460

    〇4,115

    歴史/時代・連載中・34話 豚ドン

    2019年9月22日更新

    時は平安、日ノ本は荒れ魑魅魍魎が跋扈し乱が起こり崩壊しかけた。 煌びやかな京の外は魔境。 血風が舞い、悲哀と怨嗟が渦巻く闘いの連鎖ーー陰謀深く、妖は定命の者を嘲笑う。 そんな時代に後世にて英雄と呼ばれる、源満仲公、頼光公、藤原秀郷公、平将門公らが妖怪怪異、悪漢を相手取り熾烈な闘いを繰り広げる物語。 史実や伝承を骨組みにさらにファンタジー要素を盛り込んだ話となっています。

  • これは神にすら挑んだ……紅の鬼の物語り。

    ♡7,800

    〇0

    歴史/時代・完結済・6話 夢幻泡影

    2019年9月18日更新

    闇に燃ゆるは曼殊沙華。 乱麻を断つは血色の刃。 輪廻に輝く月の下、鬼のまなこに浮かぶは怨讐か涙か。 歴史に埋もれし朱の英雄譚、今、ここに開幕!

  • 暇つぶしのお供に。平安スチームパンク!

    ♡10,200

    〇200

    その他・連載中・4話 鉢棲金魚

    2019年9月12日更新

    天喜二年(1054年)。 藤原道長の孫、後冷泉天皇の御代。 とある陰陽師が蒸気機関を実用化してから、二十数年。 摂津国渡辺津にて上洛を夢見る少年は、ある日、京から来た陰陽師と出会う。 それは、彼を蒸気機関と怪異うごめく平安京に誘うものだった。 蒸気の都にて、太刀をぶん回して怪異を叩き斬る。 脳筋武士の平安スチームパンク。

  • 源平合戦の時代のあれこれをまとめています

    ♡3,100

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・6話 さくも

    2019年9月9日更新

    「朝日将軍 源義仲」という小説を執筆しています。 https://novelup.plus/story/972380208 その連載にあたり、細々とした注釈や、歴史上の解説などを「あとがき」に記載していく予定だったのですが、想像以上に分量が増えてしまったので、コラムとしてまとめることにしました。 小説読んでいて、毎話毎話、長文のあとがきがついていたら読む気なくしてしまいますもんね。 ということで、このコラムは小説にリンクしつつ話していく、という形になります。 ちなみに、私の専攻は日本史じゃありませんので、ほとんど手探りで本を読み、資料を集め、調べながら書いています。 もし間違ってるぞーという部分があればそれとなーく教えてください。

  • 歪められた英雄の歴史が、ここに。

    ♡14,400

    〇0

    歴史/時代・連載中・1話 さくも

    2019年9月5日更新

    源平合戦。 平安時代の終わり、源氏と平氏の戦いと言われる戦乱の時代である。 その時代を、必死に生き抜いた一人の男がいた。 彼の名は、源義仲。 木曽の山中から挙兵し、圧倒的兵力差の中でも戦い抜き、京の都から平家を追い落とした希代の英雄である。 彼は、どこまでも人間らしい英雄であった。 そして誠実に生き抜いた。どこまでも誠実に、ひたむきに生き抜いた。――そんな男だった。 ※プロローグ祭参加作品です。9月中は更新しません。10/1より連載します。 ※ノベルアップ+様 × 歴史探訪様 の共同企画「歴史・時代小説大賞」に参加するつもりです。よって、プロローグ祭の結果に関わらず100%連載します。 ※基本的に、歴史の知識がなくても楽しめるような作りを目指します。 ※残酷描写・暴力描写・性的描写に関しては、そこまでキツい表現でやるつもりはありません。が、一応、時代的にもそこを無視して書くわけにはいかないので、「あり」に設定しておきます。 ※時代考証やら補足説明やらを「あとがき」に入れていくつもりだったのですが、書いていたらなかなかの分量になってしまったので分割することにします。 「めちゃくちゃわかりやすい『平家物語』と『源平盛衰記』のあれこれ」 https://novelup.plus/story/341940398 小説にはなくても問題のなさそうな知識などは、こちらにコラムとしてまとめていくので、興味のある方は一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

  • その姫はまるで、兎のような姿だった

    ♡400

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 水無月龍那

    2019年8月15日更新

    二の姫は屋敷の人達から気味悪がられている。 赤い瞳。白い髪。まるで兎のようだと彼女たちは言う。 そんな彼女がちょっとだけ外に出てみた話。